Flitetest.com 飛べ!Diana F+!

3

アナログ写真でできる色んな実験の可能性って本当に無限大ですね。
flitetest.comの人たちが、Lomographyを新たな高みに連れていってくれました。実際に、その文字通りになんです。
彼らはなんと、Diana F+をラジコンヘリに装着し、instant Backを使って素晴らしい写真を撮影したんです。
そのプロジェクトの様子をご覧ください。

Most photos included here made by Dave Knop

つまりは物の見方のことですよね。
私たちは、自分が世界をどう見ているかを写真に撮ります。そして、それを他の人と共有しているんです。Lomographyは写真の根幹に立ち返るための道を示していて、日に日にデジタル化されている生活から少し距離をとって、ほんのわずかな瞬間にある、光の粒をガラスのプリズムを通してフィルムに焼き付けることの楽しさを教えてくれます。そこに新たな優位性を探すのです。原っぱに寝転んで、カメラを構えて撮るのもよし、木によじのぼって普段とはちがった珍しい角度から写真を撮るのもよし。

インターネット番組 Flite Test のクルーはそれをまったく新しい次元で実行しました。彼らはlomoというノスタルジックなカメラをラジコン飛行というハイテクシステムに縛りつけ、いわゆるRCエアクラフトというものをやってのけました。

それを実行するには何が必要だったのか、そしてエアリアルLomographyはどんな風景を捉えたんでしょう。準備でいちばん大変だったのは、ロモコプターの制作とそれを番組のなかでホストであるDavidがしているように操るためのスキルでした。

あなたはそういうスキルを持ってますか? なら実はさらに二つのものが必要です。
Lomography カメラ とラジコン操作できる飛行デバイスです。今回、Flite Testチームはトリコプター(プロペラが三個あるヘリコプター)を使用しました。

カメラは使いなれたものがいいかもしれません。これは人気の Diana F+ camera です。Lomographyのクラシックカメラで、120フィルムを使用します。より操作を簡単に、そしてイメージを瞬間で切りとるために、Instant Backを使い、Fuji Instax Mini フィルムを装填しました。

でも、それだけではありません。ただカメラをエアクラフトに取り付けるだけでは、ロモっぽいイメージを撮ることはできないのです。さらに、カメラを作動させなければならないからです。このエピソードでは、Davidが (自動制御装置で動く)サーボモーターの糸と管を使い取り付けています。そうすることによって、もう一つのコンとラーラーを使い、カメラを作動させることができるのです。

さぁ、これでついにカメラを飛ばすことができます。さらに、地面にいながらカメラを作動させることもできるんです。このフィルムなら、撮影したあとにフィルムを送り出す必要もありません。捉えたイメージはすぐにインスタントフィルムにプリントされるからです。
でもいったいどうやってカメラに写るものが見れるんでしょうか?
そこで、Flite Testのメンバーは更なる工夫をしました。Davidがビデオダウンリンクシステムを使い、Diana F+のビューファインダーから見える景色を見るための仕組みについて解説してくれています。

彼はビデオカメラを固定するために加工しやすいプラスチックを使用しました。
さぁ、これで飛んでいるカメラが見ている景色を地上にいながらにして見ることができます。
ビデオトランスミッターはDianaの後ろ側に取り付けられました。これが地面にいるオペレーターにシグナルを送ります。
ビデオが捉えたイメージは、地上にある基地に送られ、小型テレビスクリーンを通して見ることができます。
テレビスクリーンの映像は、メガネ型の装置でも見ることができます。そうすることによって、実際に飛んでいるカメラに乗っているような感覚になれるのです。

このエピソードの撮影中、Joshはインスタントフィルムを使い、写真を撮りました。彼はDianaが見ている景色をFat Shark FPV Goggleを使い、」見たのです。

トリコプターの飛行はボードスタビリゼーションシステムでサポートされていました。トリコプターにはHobbyking KK2.0 Multi-rotor LCD Flight Control Boardという装置によって制御され、撮影日のような風の強い日であっても、マルチローターを安定させることができたのです。

もし、あなたがこのRCエアクラフトを飛ばしたいのなら、まだまだ知らなければならないことがあります。なぜなら、熟練したパイロットであっても毎回、何かしらのトラブルを起こしてしまうからです。

たとえトリコプターがダメージをおったとしても、撮影できた写真は非常に価値のある一枚になります。

自作のトリコプターを制作してみたいのなら、 Flite Test YouTube channel. をチェックしましょう。
さらに詳細が解説されています。

制作にあたっての注意点や、飛行のアドバイス、そして飛ばすのに適したロケーションなど、Flite Testのコミュニティーメンバーがアドバイスをしてくれるかもしれません。 彼らの ウェブサイトや掲示板 にいってみましょう。

Text by Fred Provost of Flite Test

この記事で紹介された機材:
* Diana F+ camera
* Diana F+ Instant Kit (Instant Film camera add-on)
* Fatshark AttitudeSD FPV Goggles - with Built in Headtracker
* Tricopter Motors
* NTM Prop Drive Series 28-30A 750kv / 140w motors
* KK2.0 Control Board

2013-03-26 #gear #テクニック #ビデオ #remote-controlled-camera #vintage #instant-photography #rc #flying-camera #diana-f #news #art #remote-controlled #features #diy #analogue-photography #35mm-films #flitetest #model-plane #analogue-cameras #accessories #panorama #120-films #flitetest-com #editorial-series bohlera の記事
翻訳 keni

3 Comment

  1. npkishi
    npkishi ·

    F is for flying! 面白い~!!

  2. gakurou
    gakurou ·

    Greatest job!!  既製品じゃなくて、自作のラジコンヘリ(しかも、3つの回転翼!)というところが、素薔薇すぎマス!

  3. keni
    keni ·

    アナログ精神あふれるハイテクな試みですな!

他の記事を読む

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #ロケーション #テクニック hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    2015-07-23 #people #Lomoamigos petit_loir の記事
    ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    ドイツのトップロモグラファー達を紹介する本シリーズ ( ※lomography.deで連載中) 、今回はシュトゥットガルト出身のFabiをご紹介します!本年度のLomoWochenende実行チームの一員として、一大プロジェクトに取り組まれている最中ですが、それだけではありません! 我々のインタビューでは、写真撮影と並んで彼が情熱を傾けるスケートボードについて、また今から5年以上も前にロモグラフィーを訪れることとなった経緯についてなどなど、たくさん語ってくれました。

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 #world #ライフスタイル Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #world #テクニック beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • アナログ写真の実験的なテクニック 10のリスト

    2016-04-23 #world #ライフスタイル #テクニック lomographymagazine の記事
    アナログ写真の実験的なテクニック 10のリスト

    フィルムスープからEBSまで、アナログ写真は実験的なテクニックがたくさん。マッドサイエンティストになった気分でこのリストで紹介するテクニックを是非お試しあれ!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • 新登場: Lomo'Instant Wide

    2015-10-13 #gear #ニュース Lomography の記事
    新登場: Lomo'Instant Wide

    過ぎし日のポラロイドのように、撮ってすぐにワイドサイズの写真に残せたら・・・そして想像力あふれるユニークな撮影がインスタント写真で楽しめたら、どんなに素敵なことでしょう!そんな夢を実現するのがLomo’Instant Wideです。初心者でも使いこなせる自動露出のオートモード、シャッターリモコン機能付きレンズキャップ、長時間露光と多重露光、フラッシュ用のカラーフィルターなど、Lomo’Instant Wideは全てが革新的。そして創造性に溢れています。

  • ギャラリー: 日本の夏の景色

    2015-07-15 #world #ライフスタイル ciscoswank の記事
    ギャラリー: 日本の夏の景色

    7月も中旬に差しかかり、もうすっかり夏ですね!毎日暑い日が続いていますが、外に出ないで太陽の下で輝く被写体たちを写真に収めないでいるのは勿体ない!日本の夏を写した写真を見て、インスピレーションを得たら、今すぐカメラを持って飛び出そう!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    2016-04-22 #gear #ニュース shhquiet の記事
    Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    そよぐヤシの木、きらめく波、やすらぐフラの音色。南国ハワイのなごやかな雰囲気を身にまとった爽やかな一台が、大人気Lomo’Instantシリーズに新登場!GWのお出掛けや近所へピクニックに行かれる際、ぜひホノルルを連れて行ってください。そして撮った写真をその場でチェックしてみんなでシェアしましょう;)

  • LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    2016-02-18 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo'Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?