Flitetest.com 飛べ!Diana F+!

3

アナログ写真でできる色んな実験の可能性って本当に無限大ですね。 flitetest.comの人たちが、Lomographyを新たな高みに連れていってくれました。実際に、その文字通りになんです。 彼らはなんと、Diana F+をラジコンヘリに装着し、instant Backを使って素晴らしい写真を撮影したんです。 そのプロジェクトの様子をご覧ください。

Most photos included here made by Dave Knop

つまりは物の見方のことですよね。
私たちは、自分が世界をどう見ているかを写真に撮ります。そして、それを他の人と共有しているんです。Lomographyは写真の根幹に立ち返るための道を示していて、日に日にデジタル化されている生活から少し距離をとって、ほんのわずかな瞬間にある、光の粒をガラスのプリズムを通してフィルムに焼き付けることの楽しさを教えてくれます。そこに新たな優位性を探すのです。原っぱに寝転んで、カメラを構えて撮るのもよし、木によじのぼって普段とはちがった珍しい角度から写真を撮るのもよし。

インターネット番組 Flite Test のクルーはそれをまったく新しい次元で実行しました。彼らはlomoというノスタルジックなカメラをラジコン飛行というハイテクシステムに縛りつけ、いわゆるRCエアクラフトというものをやってのけました。

それを実行するには何が必要だったのか、そしてエアリアルLomographyはどんな風景を捉えたんでしょう。準備でいちばん大変だったのは、ロモコプターの制作とそれを番組のなかでホストであるDavidがしているように操るためのスキルでした。

あなたはそういうスキルを持ってますか? なら実はさらに二つのものが必要です。
Lomography カメラ とラジコン操作できる飛行デバイスです。今回、Flite Testチームはトリコプター(プロペラが三個あるヘリコプター)を使用しました。

カメラは使いなれたものがいいかもしれません。これは人気の Diana F+ camera です。Lomographyのクラシックカメラで、120フィルムを使用します。より操作を簡単に、そしてイメージを瞬間で切りとるために、Instant Backを使い、Fuji Instax Mini フィルムを装填しました。

でも、それだけではありません。ただカメラをエアクラフトに取り付けるだけでは、ロモっぽいイメージを撮ることはできないのです。さらに、カメラを作動させなければならないからです。このエピソードでは、Davidが (自動制御装置で動く)サーボモーターの糸と管を使い取り付けています。そうすることによって、もう一つのコンとラーラーを使い、カメラを作動させることができるのです。

さぁ、これでついにカメラを飛ばすことができます。さらに、地面にいながらカメラを作動させることもできるんです。このフィルムなら、撮影したあとにフィルムを送り出す必要もありません。捉えたイメージはすぐにインスタントフィルムにプリントされるからです。
でもいったいどうやってカメラに写るものが見れるんでしょうか?
そこで、Flite Testのメンバーは更なる工夫をしました。Davidがビデオダウンリンクシステムを使い、Diana F+のビューファインダーから見える景色を見るための仕組みについて解説してくれています。

彼はビデオカメラを固定するために加工しやすいプラスチックを使用しました。
さぁ、これで飛んでいるカメラが見ている景色を地上にいながらにして見ることができます。
ビデオトランスミッターはDianaの後ろ側に取り付けられました。これが地面にいるオペレーターにシグナルを送ります。
ビデオが捉えたイメージは、地上にある基地に送られ、小型テレビスクリーンを通して見ることができます。
テレビスクリーンの映像は、メガネ型の装置でも見ることができます。そうすることによって、実際に飛んでいるカメラに乗っているような感覚になれるのです。

このエピソードの撮影中、Joshはインスタントフィルムを使い、写真を撮りました。彼はDianaが見ている景色をFat Shark FPV Goggleを使い、」見たのです。

トリコプターの飛行はボードスタビリゼーションシステムでサポートされていました。トリコプターにはHobbyking KK2.0 Multi-rotor LCD Flight Control Boardという装置によって制御され、撮影日のような風の強い日であっても、マルチローターを安定させることができたのです。

もし、あなたがこのRCエアクラフトを飛ばしたいのなら、まだまだ知らなければならないことがあります。なぜなら、熟練したパイロットであっても毎回、何かしらのトラブルを起こしてしまうからです。

たとえトリコプターがダメージをおったとしても、撮影できた写真は非常に価値のある一枚になります。

自作のトリコプターを制作してみたいのなら、 Flite Test YouTube channel. をチェックしましょう。
さらに詳細が解説されています。

制作にあたっての注意点や、飛行のアドバイス、そして飛ばすのに適したロケーションなど、Flite Testのコミュニティーメンバーがアドバイスをしてくれるかもしれません。 彼らの ウェブサイトや掲示板 にいってみましょう。

Text by Fred Provost of Flite Test

この記事で紹介された機材:
* Diana F+ camera
* Diana F+ Instant Kit (Instant Film camera add-on)
* Fatshark AttitudeSD FPV Goggles - with Built in Headtracker
* Tricopter Motors
* NTM Prop Drive Series 28-30A 750kv / 140w motors
* KK2.0 Control Board

2013-03-26 #gear #tipster #remote-controlled-camera #vintage #remote-controlled #35mm-films #model-plane #rc #flitetest #diy #art #flitetest-com #flying-camera #panorama #editorial-series #diana-f #analogue-cameras #news #accessories #120-films #analogue-photography #instant-photography #features bohlera の記事

1 Comment

  1. npkishi
    npkishi ·

    F is for flying! 面白い~!!

  2. gakurou
    gakurou ·

    Greatest job!!  既製品じゃなくて、自作のラジコンヘリ(しかも、3つの回転翼!)というところが、素薔薇すぎマス!

  3. keni
    keni ·

    アナログ精神あふれるハイテクな試みですな!

他の記事を読む

  • フィルムを操る: 漂白剤、洗剤とネガを混ぜる

    2014-11-23 #gear #tipster neonlights の記事
    フィルムを操る: 漂白剤、洗剤とネガを混ぜる

    私はたくさんの物質、大抵の腐食剤でフィルムマニピュレーションの実験をしてきました。出来上がるイメージはとっても変わっていて、時にはそれがなんなのかわからない人もいるでしょう。写真は漂白剤と洗剤の粉を混ぜ合わせた実験の結果です。

  • 【スペシャルインタビュー】CAMPFIREチーフキュレーターによるPetzvalレビュー!

    2014-06-30 #レビュー choko3 の記事
    【スペシャルインタビュー】CAMPFIREチーフキュレーターによるPetzvalレビュー!

    昨年から今年にかけて、ロモグラフィーでは3つのプロジェクトをクラウドファンディングプラットフォーム『CAMPFIRE』 (キャンプファイヤー)で実施しました!今回、初めてのプロジェクトからずっと関わって頂いているキュレーターの出川さんにPetzvalレンズを試して頂きました。普段から写真を撮られている出川さんは、なんとロモグラファーでもあります!そんな出川さんが撮影した美しい写真をお楽しみください。

  • LomoAmigo : Alison Scarpullaが LC-Wideで撮影

    2014-08-19 #people #Lomoamigos tomas_bates の記事
    LomoAmigo : Alison Scarpullaが LC-Wideで撮影

    アメリカ人の才能ある写真家Alison Scarpullaは、多重露光やフィルムを浸したりする、シュールで感情に訴える様な、実験的な写真を撮る。最近Lomographyマガジンで彼女の作品がいくつか取り上げられていて、俺たちは彼女の作品の虜になり、LC-Wideで新しい作品を撮って欲しいと頼んでみたら、了承してくれたんだ。ここでしか読めない彼女のインタビューと、素晴らしい写真を見て行ってよ!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • LomoChrome Purple gallery:日本の景色を紫色に染めてみよう!

    2015-03-17 #gear #ライフスタイル ciscoswank の記事
    LomoChrome Purple gallery:日本の景色を紫色に染めてみよう!

    LomoChrome Purpleで日常のワンシーンや、目に見える景色を切り取ったら、どんな写りをするのでしょう? ロモグラフィーのコミュニティー上には、日本で撮影されたLomoChrome Purple写真がたくさんアップロードされています。 本日はその一部をピックアップしてご紹介します!

  • Lomo LC-A+でストリート写真を撮ってみよう

    2014-07-02 #gear #tipster plasticpopsicle の記事
    Lomo LC-A+でストリート写真を撮ってみよう

    Lomo LC-A+を連れて、本気でストリート写真を撮った事がないの?それならこの記事を読んで、撮影する準備を整えて、ストリートに出てアートな写真を撮りまくっちゃおう!

  • 狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    2014-09-01 #gear #tipster blackfairy の記事
    狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    残念ながら、出来あがった写真が期待通りではない、というのは時々起こること。見てみると、素敵だと言える写真ではない。色使いもつまらなくて、被写体もありふれたもの……。確実に、年間最優秀写真にはならない!ここでは35mmフィルムのネガを修正することで、そういった写真たちにもう一度チャンスをあげたいと思っているの。この記事のアイディアを使って実験して、Lomography Smartphone Scannerを使ってネガをスキャンしてね。何でもやってみて。燃やしたり、引っかいたり、塩酸やバルサミコ酢、マニキュア液、漂白剤、ラズベリー果汁なんかを掛けたり。想像力を働かせて、新しいフィルムスープのレシピをメモしてね!この記事では、効果の例を見ることができるわ。

    1
  • ショップニュース

    イギリスから来たDIYカメラ VIDERE

    イギリスから来たDIYカメラ VIDERE

    VIDEREは自分で組み立てるタイプのDIYピンホールカメラキット。約1時間であなたのカメラコレクションの中でも個性を放つユニークなのピンホールカメラが完成します。精密にレーザーカットを施した0.4mmのピンホールを搭載し、120フィルムにクラシカルなピンホール写真を写し出します。

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • 若さゆえのスタート

    2015-01-19 #ライフスタイル cheeo の記事
    若さゆえのスタート

    なぜ、写真を撮ることに免許は必要ないのでしょうか? それは、あなたがどんなに若くても、写真というクラシックなアートを楽しめるからなのです。

  • Community Amigos: 猫ロモグラファーnpkishi、Petzvalレンズで撮る

    2015-04-20 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Community Amigos: 猫ロモグラファーnpkishi、Petzvalレンズで撮る

    ロモグラフィーのコミュニティーに悶絶モノの愛くるしい猫写真をたくさんアップロードしているnpkishiさん。気ままにのびのびと暮らしている猫たちの様子をLC-AやDiana F+、Lomo'Instantをはじめとするロモグラフィーのカメラやその他のアナログカメラで収めています。そんな彼女の猫写真に惚れ込んだロモグラフィーは、npkishiさんにPetzvalレンズを貸出し最強のPetzval猫ショットを撮っていただきました。顔がほころぶこと間違い無し!ぐるぐるボケで彩られた猫たちの写真とインタビューをお楽しみください。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • LomoAmigos: The Ting Tings、Sprocket Rocketで撮る。

    2014-09-10 #people #Lomoamigos hannah_brown の記事
    LomoAmigos: The Ting Tings、Sprocket Rocketで撮る。

    The Ting Tingsは数々のヒット曲を世に送り出しているマンチェスター出身のポップデュオ。2008年のスーパーヒットソング『That's Not My Name』で一躍有名になりました。2014年、The Ting Tingsはニューアルバム 『Super Critical』で再びシーンに戻ってきました!そんな彼ら、実は大のフィルム写真ファンなんです。(彼らのウェブサイトにも書かれている事実です!)今回、Sprocket Rocketを貸出しイビサ島での様子を写真に残していただきました!

  • LomoAmigo: 信岡麻美、Lomo'Instantで撮る

    2014-12-04 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigo: 信岡麻美、Lomo'Instantで撮る

    信岡麻美さんはInstagramで1万6000人以上のフォロワーを持つ Super Kawaii 女の子。普段からアナログ写真を好み、Diana miniも使用されています。ひたすらカワイイ、けど毒っ気もありアートのにおいがぷんぷんする...そんな独特な世界観のLomo'Instant写真をインタビューと共にお楽しみください!

  • Lomo’Instant 僕のテクニック

    2014-11-13 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant 僕のテクニック

    今年クラウドファンディングでLomo’Instantプロジェクトを支援して、先週ついに僕のところにLomo'Instantが届いたんだ!様々な機能が僕を自然と実験的な撮影に導いてくれて、違ういろのカラーフィルターを使って多重露光をしたり、フィルムを排出した後にできるクリエイティブなテクニックを試したりしているよ。僕が発明したテクニックと、今度試したいと思っているテクニックをこの記事で紹介するね!