アナログ写真が好きな理由

鮮やかな色、予想外の光の漏れ、ざらざらとした粒子―アナログ写真を好きになる理由はたくさんある。でも、もっともっと知りたい。なぜあなたは好きなの?

Photo by: fafascinado

ロモグラファーから集めた声をいくつか紹介するよ。 Happy World Analogue Day, Lomographers!

Credits: deepfried_goodness

「私がアナログ写真を好きな理由は、どんどん進んでいくデジタルの世界から、逃避できるから。」 – deepfried_goodness

Credits: lakandula

「私がアナログ写真を好きな理由は、世界の平凡な景色を美しい記憶に残せるから。」- lakandula

Credits: herbert-4

「私がアナログ写真を好きな理由は、ネガ、写真、スライドが物質的な物で、ソフトウェアや複雑な機械なしで、見ることができるから。成熟して、変わらないテクノロジー、シンプルな機械、それと、薬品。対して、デジタルは未熟で、急速に変わっていくテクノロジー。CDに保存された.jpgファイルは、100年後に、開いて印刷することができるのだろうか?永続性に関しては、Tri-Xのような白黒写真をもっと撮影して、本物の写真を残そう。」 – herbert-4

Credits: spookydirt

「私がアナログ写真を好きな理由は、アート+光+不思議な化学反応+ランダム=楽しい」 – spookydirt

Credits: myfolkway

「私がアナログ写真を好きな理由は、一度その瞬間を捕えると、もうそのままにするしかない。あとはフィルムが終わるのを待つだけ。ラボからフィルムが返ってくるのを待っている間もわくわくする。結果は良いかもしれないし悪いかもしれない。でも、いつも楽しめるし、毎回何かを学ぶことができるんだ。」 – myfolkway

Credits: merelgroebbe

「私がアナログ写真を好きな理由は、常にどこかかしら、自分ではコントロールできないところがあるから。完璧な写真を撮ろうとすることはできるけど、私はどんなふうに仕上がるか100%分かり得ないところが好き。時々がっかりすることもあるけど、大抵は思ったよりも上手くいく。」 – merelgroebbe

Credits: meatoyz1

「私がアナログ写真を好きな理由は、落ち着いて、その瞬間に感謝して、シャッターを切る…そして、その後に現像されたフィルムに感謝するんだ!」 – meatoyz1

Credits: desibel

「私がアナログ写真を好きな理由は、私のこの世界に対する、見方や感じ方を変えることができるから。」 – desibel

Credits: blueskyandhardrock

「私がアナログ写真を好きな理由は、自分に自由を与えてくれるから。そして、私の不完全さを祝福してくれるから。」 – blueskyandhardrock

Analogue Day site へどうぞ。

2013-03-31 #ライフスタイル #community #world-analogue-day #analogue #analogue-photography #film shhquiet の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • 写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    2016-02-19 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    ロモグラフィーはヴィンテージなもの好きなブランドとして知られていますよね。ノスタルジックな雰囲気の写真を撮影できるカメラやフィルムもありますが、オリジナルな作品を作りだそうとする写真家の技巧によっても様々なエッセンスを加えられます。

  • Lomo'Instantで瞬間を、永遠に

    2015-06-14 #gear #ライフスタイル bgaluppo の記事
    Lomo'Instantで瞬間を、永遠に

    インスタント写真はなんというか、ノスタルジックな感じがする。そう語る人は多い。自分でLomo'Instantカメラを使う時は、Splitzerやカラーフィルター等の奇抜なアクセサリーを併用する事も多いが、それでも確かに、そこには何かが在って...。それはあの幻想的なヴィネット効果のせいかしら?私はいつも、時間を遡り、そこに収められた瞬間をもう一度生きてみたいと願わずにはいられなくなるのだ。アナログ写真と古き良き思い出の導きのもと、私達はウィーンの名所旧跡の幾つかを訪れると、次また次とシャッター切った。写真ギャラリーをとくとご覧頂きたい!

  • LC-Wideで「ツール・ド・フランス」

    2015-05-23 #world #ライフスタイル #ロケーション lomographyfrance の記事
    LC-Wideで「ツール・ド・フランス」

    Lomo LC-Wideがロモグラファーやアナログ写真愛好家の心に占める位置には、特別なものがある。そのコンパクトなサイズのおかげで、旅の伴侶として最適であるにとどまらず、日常生活にも違和感なく溶け込み、更にワイドな17mmの広角レンズは手にする者の創造力を刺激して止まない。そんなLC-Wideが最近、何でも見てやろうとフランスに旅立った。フランスの美しい街並みと自然風景の写真日記がお土産だ。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #world #テクニック beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    2016-02-25 #world #テクニック lomographymagazine の記事
    アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    動物は予測できない気まぐれな被写体です。フィルムで撮影するとなると、更に難易度はあがるでしょう。動物の自然なありのままの行動を記録するのが一番ですが、動物園やサファリパークのような飼いならされた場所では、場所の制限もありますし、上手に賢くフレーミングする必要がありますね。この記事では、ロモグラフィーコミュニティーメンバーが写したお手本写真を参考に、アニマル写真の極意をリストアップしました。

  • LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    2015-05-14 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    東京の学芸大学駅のmonogramはカメラやカメラグッズの販売の他に、現像サービスやギャラリーを展開しており、写真好きにとってはたまらない空間となっています。そんなmonogramの店長である東尚代さんにLomo LC-A 120を試していただきました!普段からフィルムに慣れ親しんでいてロモグラフィーの商品も使い慣れている東さんは、一体どのようなスクエアショットをLC-A 120で写したのでしょうか?

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 12/16(水)のアドベントカレンダー: フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    2015-12-16 #gear #ニュース Lomography の記事
    12/16(水)のアドベントカレンダー: フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    あなたの愛するカメラで、年末年始の思い出を切り取る準備は万端ですか?アナログ写真はカメラがあってもフィルムがなくては始まらない!あなたのアナログ熱をロモグラフィーがサポートします!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • 世界中の活気あるアート地区10か所

    2015-09-08 #world #ライフスタイル #ロケーション lomographymagazine の記事
    世界中の活気あるアート地区10か所

    発想豊かなアーティストたちが再構築したストリートは、まるで屋外ギャラリーのよう。ポスターやグラフィティーで彩られた壁やコンセプトショップが連ねる世界のアートな場所10か所を、アナログ写真とともにご紹介します。