Lomography Smartphone Film Scanner:素晴らしいスキャナー

シンプルが一番だって時があるよね。小さなスキャナーが登場した時が、まさにその時だ。俺が、この面白いスキャナーを初めて使った経験について書くから、読んで理解をもっと深めてよ!

俺はテスターとして、一番初めに Lomography Film Scanner を手にする事ができてすっごくラッキーだったよ。ここ数週間、この素晴らしいアクセサリーの特徴と、可能性のすべてを試してみたんだ。だから信じてよ。このスキャナーで、ものすごく楽しい経験ができたんだ。

初めて使う前に、俺のスキャンは、少しだめかもって思ってたんだ。だって、3年も使ってるiPhone 3GSだからさ。こんなにクラシックなスマホを使っても、スキャンの出来は、すばらしく良かったんだ。

スキャナーはすごくシンプルで、そのお陰で、簡単に準備し、使う事ができる。君が必要になるものは、これだ:

バックライト。2本のAAバッテリーが必要です。左側は、フィルムを入れる場所(“Insert film here”って書いてある、これってバカにされてる証拠だよ!)。フィルムの始まりの部分を、スムースにつまみ部分まで入れる。さぁ、電源を入れて!ライトを出そう!

3つのスペーサー。これらの部品は、君のスマホを持ち上げるために必要で、ネガに焦点を当てる。俺のiPhoneのカメラは、2つのスペーサーで十分だった。君が写真にしたい部分に焦点が合うように、必要な分だけスペーサーを使うこと。もし必要以上に使ったら、スマホをネガから、すごく離さなきゃいけなくなる。そうすると、イメージがバカみたいに小さく写るんだ。これは、初めてやる時にありがちな失敗だね。

スマホ用の調節ホルダー。両側から二本の腕を出し、ホルダーの裏にあるボタンを押す。スマホを、置くところに置き、二本の腕で抑える。そして、アプリを起動させ、スキャナの穴に合わせて、写真が真ん中かつ、焦点が合うように、スマホを上下左右に動かして。

つまみを、君が使いたいフレームまで動かして。画面を、イメージに焦点が合うように、正しく現れるようにタップし、撮影して!

公式のスキャナー用ロモグラフィーアプリが、この時はまだ無かったんだ(現在は無料専用アプリがリリースされています)。でも、色を反転させるし(ネガからポジに)、LomoKinoで撮ったものから映画が作れるし、パノラマ写真もスキャンできる。アプリが出るまで、君は自分で選んだソフトを使って、色を反転させなければいけない。プロセスは、君の好み次第。やり方が Adobe Photoshopを使用してSmartphone Scannerネガ画像を反転させる方法 に載っているよ。

Color negative, black and white, X-Pro, E6-developed slides,スキャナーはどんなフィルムでも大丈夫!

俺の場合、簡単な方法を使った:ネガ写真を撮ると、自動的にiCloudを通して、スマホからMacへ送られる。一度、フレームをトリミングし、色を反転させ、自動的にカラー/コントラストを調整するデスクトップソフトを使った事がある。でも、スマホで全てのプロセスが出来る、無数の写真編集アプリを使えば、パソコンなんていらない。

写真を反転させるプロセスは、複雑に聞こえるかもしれないけど、実際けっこう簡単で、すぐに出来る。それに、公式アプリを使えば、絶対に難しくないし、より早くできる。

Smartphone Film Scannerでいくつかのショットをスキャン

iPhoneカメラアプリで写真を撮った時、画像がきれいに現れるまで、いろんな所をタップすると良い時があるよ。君が見ているのは、最終イメージのネガで、暗くても、確実に明るくなる事を、覚えておいて。

パノラマ写真を撮った事があるんだ。パノラマ写真を、異なるパートでスキャンした後、写真編集ソフトで1枚にしてみたんだけど、これがその結果だ:

もし、スキャナーについて言わなければいけない事があるとしたら、それはシンプルだな。使い方とか必要ない程、簡単に、直感的に使える。ただ箱から出せば、準備出来たも同然だ。毎回使う度に、必要なことは:数ある利点の一つを言うと、俺のEpson V500を使はない事で、面倒くささが無くなるってことかな。パソコンは関係ない。重くなく、どこへでも持っていけるからね。本当に早いんだ。ネガの色を反転させた後、どんな風になるのか、すぐに見たい時に見れるから、すごく便利なんだよ。

典型的な、午後の楽しいスキャニング!

現像し忘れていたフィルムを、手軽にスキャンできる方法だ。まぁ、確かに最高に良い出来とは言えない(最終的に、仕上がりは君のスマホのカメラ次第だから)、でも、これは本当に早く、また簡単に使う事ができて、目的にあったスキャンが出来るんだ。特に、今すぐにでも、君の写真をwebやSNSでシェアしたい時にね。

この直感的な操作は、君が描く新たな、どんな実験にも使う事ができるし、そのうち、このスキャナーに関するクレイジーな記事が、たくさん出てくるよ。

このスキャナーは、俺の期待を超えたものだって認めざるをえない。素晴らしい可能性をもった、シンプルな製品。早く、簡単にスキャンでき、予想以上に満足のいく出来上がりだ。挑戦しても、君を失望させる事はないよ!

Lomography Smartphone Film Scannerでスキャンした写真を、 この記事 でもっと見る事できるよ。

35mmフィルムをスマートフォンを使用して簡単にスキャンし、シェアすることができる新しいスキャナー Lomography Smartphone Scanner は現在 オンラインショップ でお買い求めいただけます。

2013-04-08 #gear #tester #film #scan #analogue #requested-review #lomography-smartphone-film-scanner #experience #kickstarter #first-contact #scanning #review vgzalez の記事
翻訳 pamiyu

他の記事を読む

  • 楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    2015-06-03 #places Jill Tan Radovan の記事
    楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    旅する人が求めて止まないのは、普段出来ないような特別な体験ですが、誰もが生涯に一度といった冒険と巡り合う訳ではありません。チャンスが訪れた時、Stephane Heinzさん (ロモグラフィー・コミュニティーではvicunaの名でよく知られていますね) はこれを逃さず、フランスのホームタウンから遠く離れた地への旅と、そこでの生活を見事掴み取る事が出来ました。妻のKathiさんと揃って帰国した彼の手にする旅行鞄は、貴重な経験と、人生の教訓でいっぱいでした。今回のトラベルキャンペーンの場を利用して、彼の4年に亘る仏領ポリネシアでの冒険についてvicunaに語ってもらいましょう。

    2
  • 2015年9月のトレンドアルバム

    2015-10-03 #ニュース Eunice Abique の記事
    2015年9月のトレンドアルバム

    私たちが見てきたもの、経験してきたものを表現するのに、時折言葉では足りないと感じることがあります。そういった場合、思い出が詰まったスナップショットならば、更に記憶の最限度は高まります。ロモグラファーたちの9月を、精選されたアルバムを通して振り返りましょう。

  • スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    2015-10-06 #people ciscoswank の記事
    スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    東京で活躍する書家兼デザイナー 國廣沙織さんにPetzval 58 Bokeh Control Art Lensの被写体になっていただきました。彼女はひらがなアクセサリーのデザインや書道に関するワークショップの開催など、「書」を基盤にした様々な活動をしています。そんな國廣さんに自身の活動について、そして書に込める思いを伺いました。Petzval 58 Bokeh Control Art Lensが作り出すぐるぐるボケのポートレイトとともにお楽しみください。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    2016-05-05 #ニュース #ビデオ #gear #people Lomography の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影された“The Sea Within.”は、香港のビジュアルアーティストであるHeiwa Wongによって監督された音楽とイメージをミニマルアートとして巧みに扱いながら、強い感覚の経験を呼び起こす短編映画です。自然と身体のつながりについて触れ、見る者を冷静と情熱の間を行き交う旅へと誘う作品を彼女のインタビューと共にお楽しみください。

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #tutorials beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 壱岐紀仁

    2016-05-16 #ニュース #people #ビデオ ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 壱岐紀仁

    初監督作品「ねぼけ」がモントリオール世界映画祭に正式出品されるなど、精力的に活動中の映画監督・フォトグラファーの壱岐紀仁さん。「ねぼけ」はなんとMotionGalleryで制作・宣伝費の一部資金の支援を募り、プロジェクトが成功したことによって撮影された作品です。今回はDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの"いろけ"に心動かさた壱岐監督から、落語家の洗練された所作をシンプルにしかし大胆に写し撮ったショートムービーが届きました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    2016-04-22 #ニュース #gear shhquiet の記事
    Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    そよぐヤシの木、きらめく波、やすらぐフラの音色。南国ハワイのなごやかな雰囲気を身にまとった爽やかな一台が、大人気Lomo’Instantシリーズに新登場!GWのお出掛けや近所へピクニックに行かれる際、ぜひホノルルを連れて行ってください。そして撮った写真をその場でチェックしてみんなでシェアしましょう;)

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    2016-02-18 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo'Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

  • Lomo'Instantに関するFAQ

    2015-06-16 #ニュース #people #gear #tutorials lomographyplus の記事
    Lomo'Instantに関するFAQ

    世界で一番クリエイティブなインスタントカメラ、Lomo'Instantをお楽しみの皆さん!より楽しんで頂くために、あなたのLomo’Instantに関する疑問を解決いたします!かなり掘り下げた内容までお答えしますので、是非ご一読ください!

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!