ロモ・ルービックキューブ - DIY

2013-04-04 1

世界中で有名なルービックキューブを知らない人なんているのだろうか?誰も「私!」って言って手を上げたりしないでしょう。そして、ロモ・ルービックキューブ。知らないって?大丈夫。数秒後には作り方まで分かっているから!

素晴らしいでしょ?そうでもないって?ロモグラフィーとロモカメラで撮影した写真は、 ルービックキューブ を100%アナログ風にカスタマイズするのに最高のアクセサリーだよ。自作のロモ・キューブを作ろう!

必要な物:

1、 ルービックキューブ一つ
2、 ロモグラフ6枚
3、 定規
4、 カッター又はハサミ(私は両方使う)
5、 両面テープ
6、 写真を分割するソフトウェア又は手でやるための鉛筆
7、 遊ぶまでの我慢

さぁ、始めよう:
1. キューブを用意して
このアイデアを思いついた時に、ちょうどミディアムサイズを二つ持っていて、ラッキーだったよ。個人的には黒いのが好き。でも、そうでなくても、どんなサイズでもいいから、お好みの物を使ってね。
2. 写真を選ぶ
赤、緑、青、黄色、オレンジ、そして白。これらの色はオリジナルのルービックキューブの組み合わせで、私のロモ・キューブで使っている色でもある。あなたのファイルを探して、キューブに合うような「単色」のロモグラフを見つけよう。私のセレクション:

Rojo: Kodak EIR Infrarrojo, verde: Kodak Elitechrome 200, amarillo: Lomography X-Pro 200, azul: Fuji Superia 100, naranja: Lomography Red Scale 100, blanco: Kodak T-Max 400.

それぞれの面で違う写真が見えるから、写真的な魅力が残っていて、とてもいいと思う。

3. フレームを決めて、格子状に線を描く
まず初めにすることは、色のついた部分のサイズを計る。私の物の場合、一辺が1.5cmだったから、写真を4.5×4.5cmに調節して、3×3で、一辺が1.5cmコマを9個できるように線を引いた。

A.コンピュータプログラムを使って調整する。私はFreehandを使ったけど、あなたの得意なものを使って。感動を残すために、私は格子線を引いた写真6枚を全部集めて、10×15cmの長方形に収めた。そしてそれを普通の写真のように印刷したの。

手書きで調整する。もしあなたが100%アナログ人間でも問題ない!使いたい写真を焼き増しして、定規と鉛筆を使って、格子線を引くんだ。間違えないように気をつけてね。

二つキューブを持っていたので、一枚目はマット紙で二枚目は光沢紙の、二回印刷した。指紋が付きにくいから、マット紙をお勧めするわ。

4. カット&ペースト 線に沿って切っていき、キューブに貼り付ける。我慢しながら、一面ずつやるといいよ。思ったよりも時間がかかるかもしれないけど、価値があるよ。

あなたのロモ・キューブの完成!

本棚やカメラ用の棚を装飾するのにもってこいだと思うよ。良いギフトにもなるし、あなたの写真を見せる方法の一つにもなる。それに、ロモグラフィーで色彩の遊びができるという証拠にもなる。あと、何よりも、面白いチャレンジに挑戦できるよ。私がどれだけ早くロモ・キューブを解いたか、ご覧ください:

2013-04-04 #ビデオ #gear #tutorials #diy #tipster #lomo #lomography #cube #fotos #cubo #analogicas #rubik susielomovitz の記事
翻訳 54070

ホリデーシーズンがやってきた!ロモグラフィーのホリデー特集ページでは、ホリデー限定のコンペティションや、 クイズを開催中!大切な人へのクリエイティブなプレゼントをお探しの方はこちらのページをチェック!

1 Comment

  1. susielomovitz
    susielomovitz ·

    Thanks for translating :).

他の記事を読む

  • 実験を重ねて生まれた夢の景色:Dustin Adamsへのインタビュー

    2017-02-04 #people Ivana Džamić の記事
    実験を重ねて生まれた夢の景色:Dustin Adamsへのインタビュー

    「夢のような景色」という言葉から、どんな風景を想像しますか?それは Dustin Adamsの写真にふさわしい表現だと言えるでしょう。スケートボードがきっかけでカメラを始めて以来、彼は素晴らしい写真を撮り続けています。

    2017-02-04
  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17 lomographymagazine の記事
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • Lomography Color Negative F²/400 ギャラリー

    2017-03-10 refallinsasaki の記事
    Lomography Color Negative F²/400 ギャラリー

    【在庫限り!Lomography Color Negative F²/400 再入荷のお知らせ】目の覚めるような鮮やかなブルーが特徴の、F²/400 フィルム。もうすでにフィルムをGETしたラッキーな方も、これから購入を考えている方も、こちらのギャラリーでどんな写真を撮ろうか想像を膨らませてみてください!

    2017-03-10
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    2017-07-23 #culture lomographymagazine の記事
    ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    青は落ち着いた静かな印象を与える色であると同時に、冷たさを表す色でもあります。おそらく青が嫌いだという人は少ないのではないでしょうか?なぜ私たちは青に安らぎを感じるのでしょう?

    2017-07-23
  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Alessandro Cinque: Minitar-1 Art Lensで捉えたキューバ

    2017-01-18 #culture #people lomosmarti の記事
    Alessandro Cinque: Minitar-1 Art Lensで捉えたキューバ

    最近キューバから戻ったばかりのAlessandro Cinque。色鮮やかで生命力溢れるキューバの風景を、ロモグラフィーのMinitar-1 Art Lensで捉えました。写真は異文化を知り、理解するために欠かせないもの。異国の人々の日常を想像したくなるようなショットの数々をご覧ください。

    2017-01-18
  • Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    2017-03-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    性的対象として見られがちな女性の身体については多くの議論があります。それは実際のところ何を意味し、どのような影響を及ぼしているのでしょうか。ここでは、女性を写した写真とともにその真髄に迫ります。

    2017-03-16
  • CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

    2017-03-16 #ニュース #people Jill Tan Radovan の記事
    CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

    ccwuはロモグラフィーのコミュニティーでもお馴染みなので、名前を聞いたことがある方もいるはず。台北・台湾を拠点とする彼は、いつもその素晴らしい作品で非凡な才能を証明してきました。ccwuのような才能溢れる写真家とNew Russar+ Lensが出会うと、どんな素晴らしい化学反応が起こるのでしょうか?覗いてみちゃいましょう!

    2017-03-16
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • ロモグラファーの週末チェックリスト:フォトグラファーの春の大掃除!

    2017-04-14 #tutorials lomographymagazine の記事
    ロモグラファーの週末チェックリスト:フォトグラファーの春の大掃除!

    待ちに待った春がやってきました!冬の眠りから目覚めて、新しい季節をフレッシュに始めましょう!まずは撮りためた写真やカメラを整理整頓するところから始めてみませんか?

    2017-04-14
  • Simple Use Film Camera × クリエイティブオフィス 301 代表 大谷省悟

    2017-05-19 trifivy の記事
    Simple Use Film Camera × クリエイティブオフィス 301 代表 大谷省悟

    企画とデザインを中心としたクリエイティブ・チーム 301を2014年に立ち上げ、その代表を務める大谷 省悟さん。アートから食事まで何でも仕事に繋げてしまうストイックでクリエイティブな大谷さんの生活を Simple Use Film Camera のレンズから覗いてみましょう!

    2017-05-19
  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

    2017-08-24