Diana Multi Pinhole Operator:多彩な色、結果、そして楽しみ

Diana Multi Pinhole Operatorは、ダイアナファミリーの楽しいアナログトイの一つ。レンズのことを考えないで、ピンホールを使ってドリーミーな写真を楽しもう。ハチのように世界をめぐって、マルチピンホールを使おう。

Credits: nike-liscaljet

レンズやフラッシュを使わなければ、このプラスチックカメラは本来の軽さになる。だから、どんなとこでも持っていこう。必要な物は十分な(日)光と露光するための数秒間。こういった基準を踏まえて、私はマルチピンホール・オペレーターの魔法を最大限に楽しむためには、夏の間に持ち歩くことだと考えたんだ。このレビューでは、休暇中に訪れたユーゴスラビアとイタリア、フランスでのミュージックフェスの時に撮影した写真を紹介するわ。

Diana Multi Pinhole Operator では一枚の写真を撮影するのに、一つ、二つ、それか三つのピンホールから選択することができる。一つ使えば、オールドファッションな撮影。レンズの代わりにピンホールを使うことで、ドリーミーでソフトフォーカスな仕上がりになるの。

1) モンテネグロ, 2) イタリア, 3) マケドニア, 4) イタリア, 5) イタリア

二つ使えば、一回の撮影で二重露光が可能。もちろん、露光時間は半分位まで短くなる。それか、三つ使えば、三重露光ができるわ。露光時間はもっと短くなる。なぜなら、ホールが多ければ多いほど、フィルムに入る光の量が増えるから。

ピンホールをたくさん使うからといって、いつものレンズカメラのように多重露光ができないってわけじゃないの。ただし、露光時間を短くすることを忘れないのと、二つ以上のピンホールで多重露光をすると、断片的な写真ができやすいということは頭に入れておいて。複眼で見ているような写真が撮影できるかな?

1) マケドニア, 2) イタリア

私の経験だと、動きが激しいものは、三つのピンホールで撮ると、ごちゃごちゃしてしまう。ピントが合わないの。反対に、どんな動きを撮影しているかによるけども、そのボケが味を出すこともある。複数のピンホールを使うと、多重露光の必要なしに、写真に動きと奥行きを与えられる。

Diana Multi Pinhole Operator には、ピンホールの前に取り付ける、特別なカラーフィルターが付属してくる。このフィルターとピンホールを組み合わせることで、3D写真のようなものを撮影できるの!私は、夏のイベント独特の雰囲気が出てる、ミュージックフェスの写真が特にお気に入り。

ヘルフェスト, フランス

日差しの強い夏の日に使ったレッドスケールフィルムは良い選択だったわ。でも、マルチピンホール・オペレーターが、今年の夏はどんな魔法を見せてくれるのかとても楽しみ。

イタリア

_ Diana Multi Pinhole Operator は一回の撮影に一つ、二つ、又は三つのピンホールを選択可能。カラーフィルターと組み合わせれば、ミディアムフォーマットピンホールの可能性は無限大!今すぐ Diana Multi Pinhole Operator を手に入れよう!_

2013-04-28 #gear #lomography #camera-review #long-exposure #colour #summer #user-review #pinhole-camera #festival #review #former-yugoslavia #multi-pinhole nike-liscaljet の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • LC-Aカメラの実力を引き出す、すぐに出来る5つの方法

    2015-06-19 #gear K. Aquino の記事
    LC-Aカメラの実力を引き出す、すぐに出来る5つの方法

    本日6月19日はLC-Aの誕生日!今年2015年にLC-Aは31歳の誕生日を迎えます。そんなLC-Aとの撮影をこれからもずっとお楽しみいただくために、すぐに出来る5つの方法をラインナップしました。Lomo LC-A+とLC-Wideの強みを引き出して、撮影を楽しみましょう。

  • LomoChrome Turquoise Filmを裏返してみる

    2015-06-26 #gear Eunice Abique の記事
    LomoChrome Turquoise Filmを裏返してみる

    LomoChrome Turquoiseフイルム。その視線を釘付けにする予測不可能な色彩は極めて印象的だ。そこで私は考えた。これと 「レッドスケール」 を組み合わせたら、さらに劇的な結果が得られるのではないかと。意外なことに、撮影した写真のカラーパレットはLomoChromeTurquoiseの柔らかで繊細な側面を顕わにするものだった。

  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 新登場: Lomo'Instant Wide

    2015-10-13 #ニュース #gear Lomography の記事
    新登場: Lomo'Instant Wide

    過ぎし日のポラロイドのように、撮ってすぐにワイドサイズの写真に残せたら・・・そして想像力あふれるユニークな撮影がインスタント写真で楽しめたら、どんなに素敵なことでしょう!そんな夢を実現するのがLomo’Instant Wideです。初心者でも使いこなせる自動露出のオートモード、シャッターリモコン機能付きレンズキャップ、長時間露光と多重露光、フラッシュ用のカラーフィルターなど、Lomo’Instant Wideは全てが革新的。そして創造性に溢れています。

  • Petzval Gallery: 彼女に恋する10個の理由

    2016-01-13 #gear lomographymagazine の記事
    Petzval Gallery: 彼女に恋する10個の理由

    Lomographyが再誕させたPetzvalレンズは、美しい顔を愛おしく思うさまざまな理由を与えてくれます。Petzvalが捉えた、「彼女」の美しさをお楽しみください。

  • 幻想的なピンホール写真ギャラリー

    2015-09-05 lomographymagazine の記事
    幻想的なピンホール写真ギャラリー

    HolgaやOndu、そして自分で作ったものでも、ピンホールカメラで低速度撮影された写真はとても幻想的。この記事でコミュニティーメンバーが撮影したピンホール写真をお楽しみください。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    2015-10-06 #people ciscoswank の記事
    スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    東京で活躍する書家兼デザイナー 國廣沙織さんにPetzval 58 Bokeh Control Art Lensの被写体になっていただきました。彼女はひらがなアクセサリーのデザインや書道に関するワークショップの開催など、「書」を基盤にした様々な活動をしています。そんな國廣さんに自身の活動について、そして書に込める思いを伺いました。Petzval 58 Bokeh Control Art Lensが作り出すぐるぐるボケのポートレイトとともにお楽しみください。

  • Lomo'Instant Wide Gallery: ウルトラワイドアングルレンズ

    2015-10-20 #ニュース #gear Lomography の記事
    Lomo'Instant Wide Gallery: ウルトラワイドアングルレンズ

    Lomo'Instant Wideに標準搭載されているレンズは90mmレンズ(35mm換算で35mm)。それだけでもかなり広角ですが、ウルトラワイドアングルレンズをつければ超広角の写りを楽しめます!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • ロモグラフィースタイルのピンホール写真

    2016-04-17 Lomography の記事
    ロモグラフィースタイルのピンホール写真

    4/24(日)は世界ピンホール写真の日。この日に備えて、ピンホール写真のアイディアをチャージしよう!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • ターコイズブルーの世界を楽しむためのコツ

    2015-06-04 #people hodachrome の記事
    ターコイズブルーの世界を楽しむためのコツ

    皆さんは新しく発売されたネガフィルム「LomoChrome Turquoise XR 100-400」をもう試してみましたか?「淡い色は透き通ったアクアブルーに、真っ青な空やエメラルドグリーンの海は輝くゴールデンカラーに変色する衝撃的なフィルム」と銘打って発売されたこのフィルムですが、実際に使ってみた感想とその特徴などをまとめてみましたので、まだ使っていないという方はぜひ参考にしてみてください♪