Diana Multi Pinhole Operator:多彩な色、結果、そして楽しみ

2013-04-28

Diana Multi Pinhole Operatorは、ダイアナファミリーの楽しいアナログトイの一つ。レンズのことを考えないで、ピンホールを使ってドリーミーな写真を楽しもう。ハチのように世界をめぐって、マルチピンホールを使おう。

Credits: nike-liscaljet

レンズやフラッシュを使わなければ、このプラスチックカメラは本来の軽さになる。だから、どんなとこでも持っていこう。必要な物は十分な(日)光と露光するための数秒間。こういった基準を踏まえて、私はマルチピンホール・オペレーターの魔法を最大限に楽しむためには、夏の間に持ち歩くことだと考えたんだ。このレビューでは、休暇中に訪れたユーゴスラビアとイタリア、フランスでのミュージックフェスの時に撮影した写真を紹介するわ。

Diana Multi Pinhole Operator では一枚の写真を撮影するのに、一つ、二つ、それか三つのピンホールから選択することができる。一つ使えば、オールドファッションな撮影。レンズの代わりにピンホールを使うことで、ドリーミーでソフトフォーカスな仕上がりになるの。

1) モンテネグロ, 2) イタリア, 3) マケドニア, 4) イタリア, 5) イタリア

二つ使えば、一回の撮影で二重露光が可能。もちろん、露光時間は半分位まで短くなる。それか、三つ使えば、三重露光ができるわ。露光時間はもっと短くなる。なぜなら、ホールが多ければ多いほど、フィルムに入る光の量が増えるから。

ピンホールをたくさん使うからといって、いつものレンズカメラのように多重露光ができないってわけじゃないの。ただし、露光時間を短くすることを忘れないのと、二つ以上のピンホールで多重露光をすると、断片的な写真ができやすいということは頭に入れておいて。複眼で見ているような写真が撮影できるかな?

1) マケドニア, 2) イタリア

私の経験だと、動きが激しいものは、三つのピンホールで撮ると、ごちゃごちゃしてしまう。ピントが合わないの。反対に、どんな動きを撮影しているかによるけども、そのボケが味を出すこともある。複数のピンホールを使うと、多重露光の必要なしに、写真に動きと奥行きを与えられる。

Diana Multi Pinhole Operator には、ピンホールの前に取り付ける、特別なカラーフィルターが付属してくる。このフィルターとピンホールを組み合わせることで、3D写真のようなものを撮影できるの!私は、夏のイベント独特の雰囲気が出てる、ミュージックフェスの写真が特にお気に入り。

ヘルフェスト, フランス

日差しの強い夏の日に使ったレッドスケールフィルムは良い選択だったわ。でも、マルチピンホール・オペレーターが、今年の夏はどんな魔法を見せてくれるのかとても楽しみ。

イタリア

_ Diana Multi Pinhole Operator は一回の撮影に一つ、二つ、又は三つのピンホールを選択可能。カラーフィルターと組み合わせれば、ミディアムフォーマットピンホールの可能性は無限大!今すぐ Diana Multi Pinhole Operator を手に入れよう!_

2013-04-28 #gear #pinhole-camera #camera-review #summer #festival #multi-pinhole #review #user-review #long-exposure #colour #lomography #former-yugoslavia nike-liscaljet の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • [LomoAmigo] LC-Wide: Erina Uemura

    2016-08-13 ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] LC-Wide: Erina Uemura

    Petzval85で撮影されたBonnarooフェスティバルもぐるぐるとパワフルでしたが、LC-Wideで撮られたフィルム写真はまた別の味があります。粒子一つ一つから音が聴こえてきそうな、なめらかで人のぬくもり感じる写真をお楽しみください。

    2016-08-13
  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

    2016-03-05
  • イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    2016-08-31 #gear #ニュース Lomography の記事
    イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    とうとうミステリープロダクトのベールがはがされました。クラウドファンディングに舞い戻ってきたのは、コンパクト、丈夫そして自動。 Lomo’Instant Automatは目まぐるしい日常を支える心強い機能がいっぱいのインスタントカメラです。初心者の方にはもちろん、プロの方も驚きの仕上がりでストレスなく楽しめます!9月6日(火)よりはじまるMotionGalleryでのプロジェクトにて、最大35%割引で「いま」を「いま」創り出すインスタントカメラをGETしましょう!

    2016-08-31
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    2016-07-22 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    LC-Aの32回目のバースデーを記念して行われた本コンテスト。「あなたにとって特別な日」をテーマにフィルム写真を募集致しました。そこに集まったのは、300枚を超える力作の数々。このコンテストのためにロモホームを開設して応募して下さった方や、いままでロモグラフィーのコミュニティーを盛り上げてくださった方など様々な方がいらっしゃいました。どの作品も素晴らしく、選考は大変難航しました。その中から選ばれた10作品、ぜひお楽しみください。また受賞作品は直営店Lomography+とポパイカメラ2号店にて展示が行われます!そちらにも足をお運びください。

    2016-07-22
  • Petzval Gallery: 彼女に恋する10個の理由

    2016-01-13 #gear lomographymagazine の記事
    Petzval Gallery: 彼女に恋する10個の理由

    Lomographyが再誕させたPetzvalレンズは、美しい顔を愛おしく思うさまざまな理由を与えてくれます。Petzvalが捉えた、「彼女」の美しさをお楽しみください。

    2016-01-13
  • 【レビュー】Diana F+ Lensシリーズ×デジタルカメラ

    2016-11-09 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Diana F+ Lensシリーズ×デジタルカメラ

    直営店スタッフがDiana F+ Lensシリーズをテストしてみました! ドリーミーな写りで有名なDiana F+のレンズは、デジタルカメラに装着するとどのような写真を生み出してくれるのでしょうか? レンズの特徴を活かしたテクニックもあわせてご紹介します!

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

    2016-01-26
  • ロモグラフィースタイルのピンホール写真

    2016-04-17 Lomography の記事
    ロモグラフィースタイルのピンホール写真

    4/24(日)は世界ピンホール写真の日。この日に備えて、ピンホール写真のアイディアをチャージしよう!

    2016-04-17
  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 映画『キャロル』の"視線"ショット

    2016-08-16 #culture #ビデオ lomographymagazine の記事
    映画『キャロル』の"視線"ショット

    許されぬ恋は熱く燃え上がるもの。映画『キャロル』で頻繁に使用されていた主人公のまなざしを思わす”視線”ショットの数々。2015年の代表的な愛の映画から抜粋された美しいシーンを観ながら、見つめること、を見つめてみましょう。

    2016-08-16
  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

    2016-05-10
  • STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    2016-04-04 #ニュース #gear Lomography の記事
    STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    ええ、あなたの目はうそを言ってはいません...。私たちロモグラフィーは、新しい製品の発表に向けて最終準備をしているところです!これからいくつかヒントを出していくので、息をついて落ち着いて、物の見方を変えて、集中していてください。

    2016-04-04