ロモグラフィーのSmartphone Film Scannerで、もう少しだけ鮮明にスキャンする簡単な方法

2013-04-26 2

ロモグラフィーのSmartphone Film Scannerは完璧な機械ですよね。35mmフィルムをたくさんスキャンするのも、速くて簡単。プロ用のスキャナーではないことを考えると、出来上がりは本当に満足いくものです。でも、我々ロモグラファーは手を加えることが好き。ものには必ず改良の余地があるんです。

ロモグラフィーのSmartphone Film Scannerはアナログのフィルムからデジタル写真を作り出す際にスマートフォンを使います。そんなわけで、スキャンに挑戦したときの写真の出来映えは、携帯電話のカメラの能力によって大きく変わるんです。特に、どれほど近くまで焦点を合わせられるかが大切な要因です。

説明書に書かれているように、使用するスペーサーの数が合っていれば、スキャンの仕上がりはより良いものになります。スペーサーが多すぎると、距離が遠くなって写真が小さくなり、結果的に質が落ちますし、スペーサーが少なすぎると、焦点が合わなくなるでしょう。自分の場合は、スペーサーを2つ使ったときが一番良かったようです(iPhone 4Sを使っています)。

iPhone 4Sならスペーサーを2つ使うのが一番賢い選択です。

こんな風にフィルムをスキャンすると、仕上がりが良くなります。でも自分は好みが違うっていう人は、限界まで試してみるといいですね。それで、もっといい仕上がりを追及して色々とやってみた結果、いつも通り解決策はとても簡単なものだと分かりました……クローズアップフィルターです!

LC-A+でクローズアップフィルターを使う方法を書いたこの 記事 を読んでくださった方もいるかもしれませんね。まさにここに出てくる37mmのクローズアップフィルターが、このフィルムスキャナーにぴったり合うのです!単純に挿入されている黒いスポンジを取って、クローズアップフィルターを代わりに入れれば終わりです!

こうやって簡単に調整するだけで、ネガにぐっと近づくことができ、より大きな写真を撮れるのです。+10フィルターを使うと、スペーサーを1つ減らしても写真に焦点が合います。

最初に一目見ただけでは、撮れた写真にそんなに差がないように思えるかもしれないですね。色の違いは恐らく、光源に近づいたことで生まれたもので、ここでは重要な点ではありません。

スペーサー2つでフィルターなしで撮影
スペーサー1つで+10フィルターで撮影

でも細かい部分に注目してみると、クローズアップフィルターを使うと差が出ることがすぐに分かります!左側の写真はフィルターなしで撮影されたもので、期待通り、いいものが出来ていますね。でも+10フィルターを使って撮られた右側のものは、明らかにもっと細かい部分が写っています(IRISH MUSIC BARの文字を見てみてください)。

上の写真の細かい部分

というわけで、スキャンするときにもう少し細かい部分まで簡単に写したい方は、とにかくクローズアップフィルターを使ってみてください!

2013-04-26 #gear #tutorials #tipster # # #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about # #film-scanner # # # sandravo の記事
翻訳 tea-tea

2 Comment

  1. sandravo
    sandravo ·

    @tea-tea Thanks for translating!

  2. tea-tea
    tea-tea ·

    I thank YOU to write an useful article! I myself have recently got a film scanner, so i will read this again when i use it:)

他の記事を読む

  • LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    2016-07-31 #gear #people ihave2pillows の記事
    LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    LomoChrome Purple XR 100-400は伝説の赤外カラーフィルム、コダック・エアロクロームおよびエクタクローム プロフェッショナル インフラレッド (EIR)フィルムに対するロモグラフィーなりの答えです。それは先代と同様に高い技術力を要求してくるものでしたが、このフィルムで撮った作品は驚きに満ちています。それではいかにしてパープルを引き出すか。そのための簡単なガイド記事です。

  • 【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    2017-03-21 #tutorials #ビデオ lomographymagazine の記事
    【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    フィルムを自分でスキャンすると色んな利点があるってご存知ですか?毎回のデータ化のコストもかからないし、現像所では取り扱ってくれないフォーマットのフィルムもスキャンできちゃいます。フィルムスキャンにまだ挑戦したことの無い方のためにスキャナ選びの注意点と便利なツールをご紹介!

  • LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    2016-12-06 #people mpflawer の記事
    LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    プロのスノーボーダーであるVictor Davietから愉快な旅行風景が届きました!写真とスノーボードをこよなく愛するVictorはVansとAct Snowboarding magazine主催のスノーボード旅行にもLC-A+を連れて行きました。いったいどんな写真になったのでしょうか?

    2016-12-06
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • フィルムビギナーズ必見!あなたにピッタリのフィルムがわかる「Film Dating」

    2017-02-20 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    フィルムビギナーズ必見!あなたにピッタリのフィルムがわかる「Film Dating」

    みなさん、「Film Dating」をご存知ですか?このツールを使うと、簡単な質問に答えるだけであなたにピッタリのオススメフィルムがわかっちゃいます!

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【Lomography x YellowKornerコラボ企画】 写真家・嶋本麻利沙によるワークショップ開催決定!

    2016-10-18 #culture #ニュース #people trifivy の記事
    【Lomography x YellowKornerコラボ企画】 写真家・嶋本麻利沙によるワークショップ開催決定!

    【LomographyとYellowKornerのコラボ企画開催決定!】 プロのカメラマンから写真を学んでみませんか?この度、雑誌やCDジャケットなどをメインに活躍する写真家・嶋本麻利沙氏を講師に迎え、YellowKorner x ロモグラフィーのLC-A+を使ったワークショップの開催が決定しました!第一線で活躍するプロの方から直接学ぶことのできる貴重な機会ですので是非奮ってご参加ください。

  • イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    2016-08-31 #gear #ニュース Lomography の記事
    イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    とうとうミステリープロダクトのベールがはがされました。クラウドファンディングに舞い戻ってきたのは、コンパクト、丈夫そして自動。 Lomo’Instant Automatは目まぐるしい日常を支える心強い機能がいっぱいのインスタントカメラです。初心者の方にはもちろん、プロの方も驚きの仕上がりでストレスなく楽しめます!9月6日(火)よりはじまるMotionGalleryでのプロジェクトにて、最大35%割引で「いま」を「いま」創り出すインスタントカメラをGETしましょう!

    2016-08-31
  • 色んな視点で街を見てみよう!

    2016-12-24 #culture lomographymagazine の記事
    色んな視点で街を見てみよう!

    窮屈な街のなかですら、毎日たくさんのことが起こっています。ここではロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた街の写真をご紹介します!さぁ、あなたも今すぐカメラを持って街に飛び出しませんか?

    2016-12-24
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    2017-06-02 trifivy の記事
    3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    LC-A+の魅力をそのままに、超広角レンズを搭載したLC-Wide。ですが、凄いのはレンズだけではありません!LC-Wideならフォーマットを変えて何通りも楽しめることをご存知ですか?今日はロモグラフィーのコミュニティーから、LC-Wideを使って色んなフォーマットで撮影した作品をご紹介します!!

    2017-06-02
  • 【フィルムユーザー必見】暗室がなくても簡単に現像できる LAB-BOXがKickstarterに登場!

    2017-02-22 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【フィルムユーザー必見】暗室がなくても簡単に現像できる LAB-BOXがKickstarterに登場!

    もうフィルムの現像に暗室はいらない!?誰でも簡単にフィルムを現像できる LAB-BOXがKickstarterに登場!ars-imago international.が発表したこの魔法の箱。アナログ写真好きには大ニュースです。

  • Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    2016-12-01 #culture Ciel Hernandez の記事
    Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    その昔、心霊写真は死んだ親族とつながるための方法として一大ブームとなりました。しかし撮影技術の進歩とともに、そのトリックが見破られてしまった現代では目にすることも少なくなりつつあります。そんな心霊写真の意外ともいえる誕生秘話に迫りました。

    2016-12-01