ロモグラフィーのSmartphone Film Scannerで、もう少しだけ鮮明にスキャンする簡単な方法

2

ロモグラフィーのSmartphone Film Scannerは完璧な機械ですよね。35mmフィルムをたくさんスキャンするのも、速くて簡単。プロ用のスキャナーではないことを考えると、出来上がりは本当に満足いくものです。でも、我々ロモグラファーは手を加えることが好き。ものには必ず改良の余地があるんです。

ロモグラフィーのSmartphone Film Scannerはアナログのフィルムからデジタル写真を作り出す際にスマートフォンを使います。そんなわけで、スキャンに挑戦したときの写真の出来映えは、携帯電話のカメラの能力によって大きく変わるんです。特に、どれほど近くまで焦点を合わせられるかが大切な要因です。

説明書に書かれているように、使用するスペーサーの数が合っていれば、スキャンの仕上がりはより良いものになります。スペーサーが多すぎると、距離が遠くなって写真が小さくなり、結果的に質が落ちますし、スペーサーが少なすぎると、焦点が合わなくなるでしょう。自分の場合は、スペーサーを2つ使ったときが一番良かったようです(iPhone 4Sを使っています)。

iPhone 4Sならスペーサーを2つ使うのが一番賢い選択です。

こんな風にフィルムをスキャンすると、仕上がりが良くなります。でも自分は好みが違うっていう人は、限界まで試してみるといいですね。それで、もっといい仕上がりを追及して色々とやってみた結果、いつも通り解決策はとても簡単なものだと分かりました……クローズアップフィルターです!

LC-A+でクローズアップフィルターを使う方法を書いたこの 記事 を読んでくださった方もいるかもしれませんね。まさにここに出てくる37mmのクローズアップフィルターが、このフィルムスキャナーにぴったり合うのです!単純に挿入されている黒いスポンジを取って、クローズアップフィルターを代わりに入れれば終わりです!

こうやって簡単に調整するだけで、ネガにぐっと近づくことができ、より大きな写真を撮れるのです。+10フィルターを使うと、スペーサーを1つ減らしても写真に焦点が合います。

最初に一目見ただけでは、撮れた写真にそんなに差がないように思えるかもしれないですね。色の違いは恐らく、光源に近づいたことで生まれたもので、ここでは重要な点ではありません。

スペーサー2つでフィルターなしで撮影
スペーサー1つで+10フィルターで撮影

でも細かい部分に注目してみると、クローズアップフィルターを使うと差が出ることがすぐに分かります!左側の写真はフィルターなしで撮影されたもので、期待通り、いいものが出来ていますね。でも+10フィルターを使って撮られた右側のものは、明らかにもっと細かい部分が写っています(IRISH MUSIC BARの文字を見てみてください)。

上の写真の細かい部分

というわけで、スキャンするときにもう少し細かい部分まで簡単に写したい方は、とにかくクローズアップフィルターを使ってみてください!

2013-04-26 #gear #tutorials #tipster # # #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about # #film-scanner # # # sandravo の記事
翻訳 tea-tea

2 Comment

  1. sandravo
    sandravo ·

    @tea-tea Thanks for translating!

  2. tea-tea
    tea-tea ·

    I thank YOU to write an useful article! I myself have recently got a film scanner, so i will read this again when i use it:)

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • 【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    2017-12-27 #gear refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    普段はほとんど LC-A+ でしか撮影しない私ですが、この夏はロモグラフィーの新しいアートレンズ Neptune Convertible Art Lens System の試作品が届いたのでフィルムで何本か撮影しました。Neptune Lensは、35mm、50mm、80mmのレンズセット。レンズベースをカメラに装着すれば、簡単にこの3つのフロントレンズを付け替えられます。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017-11-20 #culture #ニュース #places choko3 の記事
    《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017年11月に25周年を迎えるロモグラフィー(Lomography)。25周年を盛大にお祝いするべく、なんとロモグラフィー発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップワークショップを12/2(土)に開催!ウィーンで撮影されたフィルムの上に、東京で撮影されたショットが重なる奇跡のフィルム…!仕上がりはそれぞれの国で展示予定。この記念すべき年にふさわしいワークショップにあなたも参加してみませんか?

  • 《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    2017-08-22 #ニュース ellakoppensteiner の記事
    《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    アナログを愛する皆さま、こんにちは!私たちロモグラフィーは現在、新しいプロダクトを開発中。まだ詳しくはお伝えできませんが、早く言いたくてウズウズしています。どんなプロダクトか気になりますよね?答えの発表まで、ちょっとだけヒントをお届けします!

  • Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    2017-06-04 Eunice Abique の記事
    Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    Lomo LC-Aは、ロモグラフィーの始まりともいえるカメラです。その誕生日を記念して、世界のロモグラファーがこの魅力的なアナログカメラがどのようにして自分たちの人生の一部となったかを語ってくれました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ロモグラフィーが代官山 北村写真機店をジャックする!~LOMOGRAPHY博物館~

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    ロモグラフィーが代官山 北村写真機店をジャックする!~LOMOGRAPHY博物館~

    2017年11月に25周年を迎えるロモグラフィー(Lomography)。25周年を盛大にお祝いするべく、なんと11/23(祝木) から 代官山 北村写真機店をロモグラフィーがジャック!『LOMOGRAPHY博物館』として、ロモグラフィーの歴史を振り返ることのできる展示や巨大ロモウォールが設置されます!

  • 3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    2017-06-02 trifivy の記事
    3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    LC-A+の魅力をそのままに、超広角レンズを搭載したLC-Wide。ですが、凄いのはレンズだけではありません!LC-Wideならフォーマットを変えて何通りも楽しめることをご存知ですか?今日はロモグラフィーのコミュニティーから、LC-Wideを使って色んなフォーマットで撮影した作品をご紹介します!!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1