ロモグラフィーのSmartphone Film Scannerで、もう少しだけ鮮明にスキャンする簡単な方法

2

ロモグラフィーのSmartphone Film Scannerは完璧な機械ですよね。35mmフィルムをたくさんスキャンするのも、速くて簡単。プロ用のスキャナーではないことを考えると、出来上がりは本当に満足いくものです。でも、我々ロモグラファーは手を加えることが好き。ものには必ず改良の余地があるんです。

ロモグラフィーのSmartphone Film Scannerはアナログのフィルムからデジタル写真を作り出す際にスマートフォンを使います。そんなわけで、スキャンに挑戦したときの写真の出来映えは、携帯電話のカメラの能力によって大きく変わるんです。特に、どれほど近くまで焦点を合わせられるかが大切な要因です。

説明書に書かれているように、使用するスペーサーの数が合っていれば、スキャンの仕上がりはより良いものになります。スペーサーが多すぎると、距離が遠くなって写真が小さくなり、結果的に質が落ちますし、スペーサーが少なすぎると、焦点が合わなくなるでしょう。自分の場合は、スペーサーを2つ使ったときが一番良かったようです(iPhone 4Sを使っています)。

iPhone 4Sならスペーサーを2つ使うのが一番賢い選択です。

こんな風にフィルムをスキャンすると、仕上がりが良くなります。でも自分は好みが違うっていう人は、限界まで試してみるといいですね。それで、もっといい仕上がりを追及して色々とやってみた結果、いつも通り解決策はとても簡単なものだと分かりました……クローズアップフィルターです!

LC-A+でクローズアップフィルターを使う方法を書いたこの 記事 を読んでくださった方もいるかもしれませんね。まさにここに出てくる37mmのクローズアップフィルターが、このフィルムスキャナーにぴったり合うのです!単純に挿入されている黒いスポンジを取って、クローズアップフィルターを代わりに入れれば終わりです!

こうやって簡単に調整するだけで、ネガにぐっと近づくことができ、より大きな写真を撮れるのです。+10フィルターを使うと、スペーサーを1つ減らしても写真に焦点が合います。

最初に一目見ただけでは、撮れた写真にそんなに差がないように思えるかもしれないですね。色の違いは恐らく、光源に近づいたことで生まれたもので、ここでは重要な点ではありません。

スペーサー2つでフィルターなしで撮影
スペーサー1つで+10フィルターで撮影

でも細かい部分に注目してみると、クローズアップフィルターを使うと差が出ることがすぐに分かります!左側の写真はフィルターなしで撮影されたもので、期待通り、いいものが出来ていますね。でも+10フィルターを使って撮られた右側のものは、明らかにもっと細かい部分が写っています(IRISH MUSIC BARの文字を見てみてください)。

上の写真の細かい部分

というわけで、スキャンするときにもう少し細かい部分まで簡単に写したい方は、とにかくクローズアップフィルターを使ってみてください!

2013-04-26 #gear #tipster sandravo の記事

1 Comment

  1. sandravo
    sandravo ·

    @tea-tea Thanks for translating!

  2. tea-tea
    tea-tea ·

    I thank YOU to write an useful article! I myself have recently got a film scanner, so i will read this again when i use it:)

他の記事を読む

  • LomoAmigos: The Watanabes

    2015-02-05 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: The Watanabes

    The Watanabesは日本で活躍するインターナショナルバンド。日本の単語がところどころに聞こえてくる、ノスタルジックでちょっぴり切ない哀愁溢れるフォークロックを奏でます。そんなWatanabesにロモグラフィーのカメラをお貸出しし、思う存分に撮影していただきました!

  • 狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    2014-09-01 #gear #tipster blackfairy の記事
    狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    残念ながら、出来あがった写真が期待通りではない、というのは時々起こること。見てみると、素敵だと言える写真ではない。色使いもつまらなくて、被写体もありふれたもの……。確実に、年間最優秀写真にはならない!ここでは35mmフィルムのネガを修正することで、そういった写真たちにもう一度チャンスをあげたいと思っているの。この記事のアイディアを使って実験して、Lomography Smartphone Scannerを使ってネガをスキャンしてね。何でもやってみて。燃やしたり、引っかいたり、塩酸やバルサミコ酢、マニキュア液、漂白剤、ラズベリー果汁なんかを掛けたり。想像力を働かせて、新しいフィルムスープのレシピをメモしてね!この記事では、効果の例を見ることができるわ。

    1
  • 建物や街角での撮影をRussar+で楽しもう!

    2014-04-18 #gear #tipster plasticpopsicle の記事
    建物や街角での撮影をRussar+で楽しもう!

    Russar+のように多用途でお使いいただけるレンズにはたくさんの撮影スタイルがあります。自分のL39、もしくはMマウントカメラにRussar+を装着したとき、あなたなら何をどのように撮影しますか?Russar+はスーパーワイドアングルレンズなので建築物や街中での撮影にぴったりです。 この記事で少し、簡単なテクニックをご紹介いたします!

  • ショップニュース

    春の感謝際2015:人気のカメラやアクセサリーが大幅値下げ!

    春の感謝際2015:人気のカメラやアクセサリーが大幅値下げ!

    いつもロモグラフィーをご利用いただいている皆様と春の到来を一緒にお祝いできるように、様々なアイテムを値引き中!Splitzerやフラッシュ、その他カメラなど欲しかったアイテムを手にいれるチャンス!3月5日(木)までの限定セールとなるので急いでアイテムをチェックしてみてね!

  • 赤と緑のフィルターのヒント

    2014-05-01 #gear #tipster hannah_brown の記事
    赤と緑のフィルターのヒント

    もしあなたがひらめきがなくって、毎日同じように生きていくのに飽き飽きしていたら、恐れることはないです! この簡単なフィルターのテクニックによって、あなたは全く新しい色の爆発を写真に注入できます。詳しく読んでみてください。

  • Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    2014-10-10 #gear #tipster gakurou の記事
    Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    今まで光を意識してなかったわけではないけれど、Petzval Lensを使うようになって、より光を意識するようになった。 日中に見える物は、すべて太陽の光の反射によるもので、その最大の光を捉える方法をPetzval Lensが教えてくれました。 まったく当たり前のことを書いていますが、ちょっと読んでみてほしい光の捕え方です。

    1
  • LC-A 120で写し出すオーストリアの田園風景

    2014-11-25 #ニュース tomas_bates の記事
    LC-A 120で写し出すオーストリアの田園風景

    ロモグラフィー本社のあるオーストリアのウィーンでは肌寒い季節になりました。こんな季節に美しい夏の終わりを写し出した写真を見るとノスタルジックな気分に導かれます。私たちの同僚のDreamが LC-A 120で写し出したオーストリアの田園風景を見て、冷たい冬の訪れとともにやってくるブルーな気分を払拭しましょう。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • MX(多重)機能のないカメラで多重露光をする方法

    2014-03-04 #gear #tipster hodachrome の記事
    MX(多重)機能のないカメラで多重露光をする方法

    皆さんの大好きな(きっと大好きなはず!)の多重露光(MX)。皆さんはどんなカメラで楽しんでいますか?いろいろなカメラで簡単にMXが可能ですが、持っているカメラの中には、気に入っているんだけど多重露光の機能がないというカメラもありますよね。今回は、そんなMX機能のないカメラで多重露光を可能にするという方法を教えちゃいます。

  • ボケの基本:あなたがボケについて知るべきこと

    2014-04-28 #gear #tipster plasticpopsicle の記事
    ボケの基本:あなたがボケについて知るべきこと

    ボケに興味があり、うまく使いこなしたいと思っていませんか?この記事では、皆さんが知るべき基礎知識をご紹介します。あなたもボケを使いこなして、作品のアドバンテージとして使えるようにしましょう!

    1
  • Sprocket Rocket: 私の夏にぴったりのカメラ!

    2014-06-15 #レビュー sirio174 の記事
    Sprocket Rocket: 私の夏にぴったりのカメラ!

    春の晴れた日のアウトドアライフや、もうすぐやってくる夏のシーズンを写真に残すために、ちょっと変わったカメラを探していませんか? でしたら、Sprocket Rocketを。楽しくて最高のカメラです!簡単に使えて、面白い写真をのこせますよ。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 初めてのLC-A体験: 夢のLC-A+ RL

    2014-06-13 #ライフスタイル ekeupratama の記事
    初めてのLC-A体験:  夢のLC-A+ RL

    ロモグラフィーに参加しているすべての人々が頼もしくて魅力的なこのカメラを手にすることを夢見るでしょう。わたしにとっては今でも、このカメラを持っていることが夢のようです。

  • 空に浮かんだ幻想的な写真を撮ってみよう

    2014-12-14 #gear #tipster hodachrome の記事
    空に浮かんだ幻想的な写真を撮ってみよう

    空に浮かんだ城、ビル群、島、人物…。皆さんはこういった幻想的で不思議な写真を見たことはありませんか?これはスプリッツァーを使った多重露光のテクニックの一つで、ちょっとコツを覚えておくだけで誰でもかんたんに幻想的で魅力的な写真を撮ることができちゃいます。

  • スニペットとビネット:フォトグラファーJamie Beckの目から見るニューヨーク

    2014-03-22 #ライフスタイル cheeo の記事
    スニペットとビネット:フォトグラファーJamie Beckの目から見るニューヨーク

    あなたは今までに、他の人の目から見た世界がどう映るか考えたことがありますか?写真を使うことで見ることができますが、Jamie Beckは、ただ見るだけでなく、より素晴らしいものにしました。