春の光

待ちわびたころ、心が弾む春がやってきます。寒い冬の後(私はリスボンに住んでいるので、そんなに寒くはなありませんが)にやってくる明るい日々。光はフォトグラファーにとって大切です。とりわけ、スタジオで撮影するより外に出て行くロモ哲学に沿うとね。

Credits: yopanic

私は今リスボンに住んでいるので、雪についてはそんなに心配していませんでした。ここは、絶対雪が降りません。けれども、パラダイスのようなこの場所でさえ、気候による季節の変化を感じることができます。とりわけ、光は目に見えた変化があります。それはフォトグラファーにとって大切な目玉です。写真撮影の基本であり、たくさんのテクニカルな選択のベースになります。

Credits: yopanic

Lomography Tungsten X 64は春の期間にとても役に立ちます。感度設定を200(私は LC-Wide を使っています)で、午後の終わりに撮影すると、昼よりたくさんの水平の日光を手に入れることができます。これはTungsten X 64スライドフィルムを使う観点から重要です。本当によい結果を生み出すオーバー露光になるからです。

Credits: yopanic

他のフィルムで、水平の光はある種の光のフレアを生みます。残念ながら、光のフレアはこれらによっておきてしまいます:

  • カメラ
  • フィルム
  • フィルムの感度
  • カメラのISO設定
  • 光の方向
  • 激しい光
Credits: yopanic

また、私たちはロモ哲学も考慮しなくてはいけません。これによると、パーフェクトな人工光のある家やスタジオに居続けるより、外に出て写真を撮影したほうがいいとのこと。10ゴールデンルールの1つに制定されているのは、「どこにでもカメラを連れて行こう」です。外で雨が降っているときでさえ、どこにでも連れて行くことができるんです。まれに、雨の中撮った写真がアメージングな結果になることがあります。春になった今、どこにでも連れて行くことができるんです。

Credits: yopanic

Alessandro Panelli (aka yo.panic or .panic) は医学生であり、フォトグラファーであり、Padova (イタリア、ベニスの近く)出身のライターです。彼のライフワークは こちら や彼のFacebookまたはGoogle+でご覧いただけます

2013-04-16 #ライフスタイル #tungsten #light #64 #lomography #analogue-lifestyle #spring #springtime-scenes yopanic の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • 写真で想いを繋げよう!GAMA ROCK × Lomographyコラボ企画 「#ガマレポ」 Twitterキャンペーン!

    2015-09-16 #world #ニュース #イベント ciscoswank の記事
    写真で想いを繋げよう!GAMA ROCK × Lomographyコラボ企画 「#ガマレポ」 Twitterキャンペーン!

    シルバーウィークを目前に、少し涼しくなりました。夏が終わり、今年もGAMA ROCKの季節がやってきました!宮城県塩釜市で9/20(日)に開催されるGAMA ROCKは、音楽とアート、そして食を存分に楽しめるフェスティバルです。なんと今年はロモグラフィーとGAMA ROCKの豪華グッズが当たるキャンペーンを実施しています!

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #world #テクニック beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #world #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

  • Lomography+主催【Petzval X'mas直前ワークショップ!】

    2015-11-13 #gear #ニュース #イベント Lomography+ の記事
    Lomography+主催【Petzval  X'mas直前ワークショップ!】

    秋真っ盛りですが、あと少しでクリスマスの季節がやってきます! そこで、Lomographerのみなさんとちょっと早いクリスマス気分を、美しいPetzval 85mm Lensと一緒に味わってみませんか?

  • 【満員御礼・受付終了】 平間写真館 x Lomography  スペシャルワークショップ開催!

    2015-11-27 #people #イベント deco の記事
    【満員御礼・受付終了】 平間写真館 x Lomography  スペシャルワークショップ開催!

    写真家 平間至さんとロモグラフィーのコラボレーション! LC-A+と新商品Lomo'Instant Wideを使ったスペシャルワークショップを開催いたします! 平間至さんと一緒に撮影ができるだけではなく、今回はスタジオを使用して新商品Lomo'Instant Wideでのポートレイト撮影も体験できる盛りだくさんの内容です。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 2016年1月のトレンド写真

    2016-02-06 #world #ニュース lomography の記事
    2016年1月のトレンド写真

    わざわざ寒い思いをして出かけなくても、暖かくて快適な家でフィルム越しに絶景を楽しめます。先月コミュニティーでトレンドとなった写真はフォギーな冬の風景や建築物の写真などが目立ちました。冬を感じる写真をこちらの記事でお楽しみください!

  • Awesome Albums: 『Blizzard 101 New York』 by duffman

    2016-01-30 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Awesome Albums: 『Blizzard 101 New York』 by duffman

    写真を撮ることをやめさせるものとは、一体何なのでしょうか?世界的に大寒波に見舞われた今月、大吹雪がニューヨークを襲った時でさえも、写真を撮り続けたひとりのロモグラファーがいます。

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 【参加者募集中! Lomography+】アーツ千代田3331でカメラの課外授業!学生限定ワークショップ

    2015-07-17 #people ameli124 の記事
    【参加者募集中! Lomography+】アーツ千代田3331でカメラの課外授業!学生限定ワークショップ

    今回Lomography+では、夏休みの始まりに合わせて【学生限定】特別ワークショップを開催いたします!題して、「真夏のカメラ課外授業」。場所は1階にLomographyがショップを構えるちょっと変わった学校・アーツ千代田3331。カメラが大好きな学生さんは勿論、今までカメラを触ったことがない・・・という学生さんも大歓迎。色んなフィルムカメラと一緒にワクワクできる授業を沢山ご用意してお待ちしておりますので、是非ご参加ください!

  • スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    2015-10-06 #people ciscoswank の記事
    スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    東京で活躍する書家兼デザイナー 國廣沙織さんにPetzval 58 Bokeh Control Art Lensの被写体になっていただきました。彼女はひらがなアクセサリーのデザインや書道に関するワークショップの開催など、「書」を基盤にした様々な活動をしています。そんな國廣さんに自身の活動について、そして書に込める思いを伺いました。Petzval 58 Bokeh Control Art Lensが作り出すぐるぐるボケのポートレイトとともにお楽しみください。

  • スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    2015-11-19 #gear #ニュース ciscoswank の記事
    スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    発送開始日も目前に迫ってきたLomo'Instant Wide。インスタントカメラはフィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant Wideを日本スタッフで一足お先にテストしてみました。話題のカメラは実際のところどうなのか?みなさん気になるところだと思うので感想を述べたいと思います!