Lubitel 166+シリーズの紹介 パート04:主な仕様 その他の機能

ここまで主な仕様ということでいくつか基本的な機能をお話ししてきましたが、今回はそれ以外の機能、どんな機能がこのLubitel 166+を特別にしているのかをお話ししていこうと思います。基本的なものはオリジナルのLubitel 166 Universal から引き継いでいるのですが、ロモグラフィーによって生まれ変わったLubitel 166+に追加された機能なども紹介したいと思います。

プラスティックボディ
なぜ Lubitel 166+ はプラスティック製なのでしょうか?答えは簡単です。鉄で出来ているカメラよりプラスティックで出来ていた方が軽いからです。昔、芸術学部や写真学科の生徒はお金がなく、鉄で出来ている頑丈なカメラなどはよっぽどお金がない限り手に入れることは出来ませんでした。そしてなにより重いカメラはそう簡単に毎日持ち歩ける物ではありません。ローレイフレックスなどを使ったことがある方はご存知だと思いますが、とても重くて、首が痛くなります…

寄れる焦点距離
オリジナルのLubitel 166 Universalは1.4mしか寄ることが出来なかったのですが、新しいLubitel 166+はなんと0.8mまで寄ることが出来ます。(焦点距離が短いということです)このことによって、もっと多彩な写真を撮ることが可能になります。例えば、ポートレートを撮る時でもちょっと寄るだけでだいぶダイナミックな写真になったり、手や足を撮ったり…(常にクリエイティブに撮りましょう!楽しいですよ!)寄ることで背景もボケます。もっともっといろんな可能性が発見できると思いますよ!

ゾーンフォーカス
LC-A のように、Lubitelにもゾーンフォーカス機能が付いています。これは焦点を合わせる際に距離を想定してその距離ゾーンにフォーカスをセットして撮影するものです。(LC-Aと同じく0.8m, 1.5m, 3m, 無限、となっています)  Lubitelはゆっくり撮りたい物を撮るために洗練されたカメラでもあります。しかしこのゾーンフォーカスを使うことで、しっかりとその場その場の瞬間を撮影することも可能になっています。

バッテリー不要
バッテリー切れで結局写真が撮れていなかった!そんな経験ないですか?私はとにかくバッテリー切れが嫌いで、LC-Aを使っている時も何度かそういう事態があって…とにかく気をつけるのが面倒!そんなあなたにLubitelはもってこいです!バッテリーを必要としないLubitel、いつどこでも楽しく写真撮影が出来ますよ!

Alessandro Panelli (またの名を yo.panic もしくは .panic) はイタリアのベニス地方、パドーバで医学部生をやりながら写真家、作家として活動しています。
彼の生活などもっと知りたいかたは是非こちらをご覧ください。
FacebookやGoogle+でも検索してください。

2013-04-24 #gear #part-4 #review #lubitel #lomography #166-series #04 #04-4-120mm-regular-contributors #whynotwinnipeg #user-review #tech-specs yopanic の記事
翻訳 whynotwinnipeg

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

  • Lomo Lubitel the Love Spy

    2015-07-31 #gear K. Aquino の記事
    Lomo Lubitel the Love Spy

    マニュアルフィルムカメラで誰かを写すということは、その人物が細部まで写されるに値するということです。Lomo Lubitelはたくさんのバラ色の恋愛シーンを写し出してきました。

  • 【hodachrome製品レビュー】Lomo'Instant Wide

    2016-06-21 #gear hodachrome の記事
    【hodachrome製品レビュー】Lomo'Instant Wide

    ロモグラフィーから昨年下旬に発売されたインスタントカメラ「Lomo’InstantWide」を私hodachromeが使ってみました。このカメラは、多重露光(MX)などさまざまな撮影機能に加え、アクセサリーやレンズバリエーションも豊富で話題のカメラなのですが、今回はhodachromeらしく多重露光を駆使した撮影をメインにいろいろ試してみましたのでぜひその作例を解説と共にご覧ください♪

    3
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ダン・ミンデルがKodakのフィルムで撮ったスター・ウォーズ/フォースの覚醒 (J.J. エイブラムス監督)

    2016-01-06 #ニュース lomographymagazine の記事
    ダン・ミンデルがKodakのフィルムで撮ったスター・ウォーズ/フォースの覚醒 (J.J. エイブラムス監督)

    待望の新作 スター・ウォーズ/フォースの覚醒、みなさんはもうご覧になられましたか? なんとこの映画はKodakのフィルムを使って撮影されているのです。倒産の危機にあったKodakを救ったスター・ウォーズ、そんな話をきいたらますますファンになっちゃいますね。

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • 親子向けサマーワークワークショップ「写真教室」@3331こども芸術学校※受付終了※

    2016-07-14 ciaoannacotta の記事
    親子向けサマーワークワークショップ「写真教室」@3331こども芸術学校※受付終了※

    昨年大好評頂きましたアーツ千代田3331主催「3331 こども芸術学校」で開かれた親子向けサマーワークショップ。今年もロモグラフィーは「写真教室」を開くことが決定いたしました。フィルム写真の楽しさをお子様と一緒に体験して頂けますので、夏の思い出作りにぜひいらしてください♪※各教室、定員に達しましたので申し込みを締め切らせて頂きます。ありがとうございます!※

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    2015-11-19 #ニュース #gear ciscoswank の記事
    スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    発送開始日も目前に迫ってきたLomo'Instant Wide。インスタントカメラはフィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant Wideを日本スタッフで一足お先にテストしてみました。話題のカメラは実際のところどうなのか?みなさん気になるところだと思うので感想を述べたいと思います!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • Daguerreotype Achromat Art Lens-写真黎明期の美しく幻想的な世界があなたの手からよみがえる

    2016-04-07 #ニュース #gear Lomography の記事
    Daguerreotype Achromat Art Lens-写真黎明期の美しく幻想的な世界があなたの手からよみがえる

    *Daguerreotype Achromat Art Lens* は自分で見ている世界をそのまま、いえ、それ以上を写し出す能力を兼ね備えたプレミアムレンズ。ソフトフォーカスから鮮明でシャープな写り、さらにはユニークなボケまでもたった一台で表現することができます!写真を愛する人々の創造性を刺激し、その好奇心をくすぐるユニークなパートナーとなること間違いなしのレンズが新たにロモグラフィーに登場します!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 『ダゲレオタイプ』にまつわる19世紀当時の人々の苦労話

    2016-05-02 #ニュース #gear Lomography の記事
    『ダゲレオタイプ』にまつわる19世紀当時の人々の苦労話

    1839年に誕生した『ダゲレオタイプ(銀板写真)』。撮影から現像までの全工程で様々な機材が必要で、フォトグラファーは機材の持ち運びに大変苦労しました。また撮影される側も10~30分と長い間じっとしていなくてはならず、同じく大変な思いをしていました。それでもなお、ダゲレオタイプは19世紀当時の大発明であり、今日の写真には欠かせない存在です。

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Disclosure @ マディソンスクエアガーデン

    2015-11-14 #people Lomography の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Disclosure @ マディソンスクエアガーデン

    DisclosureはHoward LawrenceとGuy Lawrenceの兄弟ユニット。音楽一家に生まれ、ガレージでエレクトロミュージックを演奏しながら育ってきた彼らの夢は、あの有名なニューヨークのマディソンスクエアガーデンでプレイすること!そしてその夢はついに先月実現したのです。この記事ではPetzval 58 Bokeh Control Art Lensで捉えたDisclosure初のマディソンスクエアガーデンでのライブの様子をお届けします。