Lubitel 166+シリーズの紹介 パート04:主な仕様 その他の機能

ここまで主な仕様ということでいくつか基本的な機能をお話ししてきましたが、今回はそれ以外の機能、どんな機能がこのLubitel 166+を特別にしているのかをお話ししていこうと思います。基本的なものはオリジナルのLubitel 166 Universal から引き継いでいるのですが、ロモグラフィーによって生まれ変わったLubitel 166+に追加された機能なども紹介したいと思います。

プラスティックボディ
なぜ Lubitel 166+ はプラスティック製なのでしょうか?答えは簡単です。鉄で出来ているカメラよりプラスティックで出来ていた方が軽いからです。昔、芸術学部や写真学科の生徒はお金がなく、鉄で出来ている頑丈なカメラなどはよっぽどお金がない限り手に入れることは出来ませんでした。そしてなにより重いカメラはそう簡単に毎日持ち歩ける物ではありません。ローレイフレックスなどを使ったことがある方はご存知だと思いますが、とても重くて、首が痛くなります…

寄れる焦点距離
オリジナルのLubitel 166 Universalは1.4mしか寄ることが出来なかったのですが、新しいLubitel 166+はなんと0.8mまで寄ることが出来ます。(焦点距離が短いということです)このことによって、もっと多彩な写真を撮ることが可能になります。例えば、ポートレートを撮る時でもちょっと寄るだけでだいぶダイナミックな写真になったり、手や足を撮ったり…(常にクリエイティブに撮りましょう!楽しいですよ!)寄ることで背景もボケます。もっともっといろんな可能性が発見できると思いますよ!

ゾーンフォーカス
LC-A のように、Lubitelにもゾーンフォーカス機能が付いています。これは焦点を合わせる際に距離を想定してその距離ゾーンにフォーカスをセットして撮影するものです。(LC-Aと同じく0.8m, 1.5m, 3m, 無限、となっています)  Lubitelはゆっくり撮りたい物を撮るために洗練されたカメラでもあります。しかしこのゾーンフォーカスを使うことで、しっかりとその場その場の瞬間を撮影することも可能になっています。

バッテリー不要
バッテリー切れで結局写真が撮れていなかった!そんな経験ないですか?私はとにかくバッテリー切れが嫌いで、LC-Aを使っている時も何度かそういう事態があって…とにかく気をつけるのが面倒!そんなあなたにLubitelはもってこいです!バッテリーを必要としないLubitel、いつどこでも楽しく写真撮影が出来ますよ!

Alessandro Panelli (またの名を yo.panic もしくは .panic) はイタリアのベニス地方、パドーバで医学部生をやりながら写真家、作家として活動しています。
彼の生活などもっと知りたいかたは是非こちらをご覧ください。
FacebookやGoogle+でも検索してください。

2013-04-24 #レビュー #part-4 #166-series #lomography #04-4-120mm-regular-contributors #lubitel #whynotwinnipeg #user-review #tech-specs #04 yopanic の記事
翻訳 whynotwinnipeg

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lubitel 166+の写真がもっと素敵になる10個の方法

    2015-07-20 #gear #テクニック Julien Matabuena の記事
    Lubitel 166+の写真がもっと素敵になる10個の方法

    The Lubitel 166+はロモグラフィーが誇る様々な機能が凝縮されたクラシックなソヴィエトカメラ。 この記事では、このカメラでの撮影がもっと上手になる10個の方法をご紹介します。

  • Pixelstickレビュー: ロモグラフィー香港チームが使ってみた!

    2015-07-02 #gear #ライフスタイル candilsw の記事
    Pixelstickレビュー: ロモグラフィー香港チームが使ってみた!

    Pixelstickは、まさにマスト・ハブ・アクセサリー。多彩なカラーと模様が、強烈なライトペインティングを生み出す。大きさは1.8メートル、高再現度を誇る200色のフルカラーLEDを搭載!長時間露光機能付のカメラと三脚を手にすれば、あとはただ、暗闇のなかでPixelstickを振り動かすだけで、夢みたいな写真が何ダースでも思いのままに。まずは、我らが盟友、ロモグラフィー香港のみんながこのPixelstickで撮影した写真を見てみてくれ!

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Lomo Lubitel the Love Spy

    2015-07-31 #gear #ライフスタイル K. Aquino の記事
    Lomo Lubitel the Love Spy

    マニュアルフィルムカメラで誰かを写すということは、その人物が細部まで写されるに値するということです。Lomo Lubitelはたくさんのバラ色の恋愛シーンを写し出してきました。

  • New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: CAMPFIRE史上最も支援総額を集めたプロジェクトになりました!

    2015-06-22 #gear #ニュース #ビデオ K. Aquino の記事
    New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: CAMPFIRE史上最も支援総額を集めたプロジェクトになりました!

    クラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREにて支援を募集中の『伝説のポートレイトレンズ・Petzvalをボケ調節機能を備えた58mmレンズに!』プロジェクト。なんと、今までCAMPFIRE上て行われたプロジェクトの中で最も支援金額を集めたプロジェクトになりました!ご支援いただいた皆様、誠にありがとうございます!引き続き7/6(日) 00:00まで支援を受け付けているので、チェックし忘れていた方はこの記事でささっと現在のプロジェクト進捗状況を確認しましょう。

  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people #ライフスタイル #Lomoamigos Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ダン・ミンデルがKodakのフィルムで撮ったスター・ウォーズ/フォースの覚醒 (J.J. エイブラムス監督)

    2016-01-06 #world #ニュース lomographymagazine の記事
    ダン・ミンデルがKodakのフィルムで撮ったスター・ウォーズ/フォースの覚醒 (J.J. エイブラムス監督)

    待望の新作 スター・ウォーズ/フォースの覚醒、みなさんはもうご覧になられましたか? なんとこの映画はKodakのフィルムを使って撮影されているのです。倒産の危機にあったKodakを救ったスター・ウォーズ、そんな話をきいたらますますファンになっちゃいますね。

  • スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    2015-11-19 #gear #ニュース ciscoswank の記事
    スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    発送開始日も目前に迫ってきたLomo'Instant Wide。インスタントカメラはフィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant Wideを日本スタッフで一足お先にテストしてみました。話題のカメラは実際のところどうなのか?みなさん気になるところだと思うので感想を述べたいと思います!

  • 新登場:Pixelstick — 未来のライトペインティングツール

    2015-03-20 #gear #ニュース #ビデオ shhquiet の記事
    新登場:Pixelstick — 未来のライトペインティングツール

    今まで、自分の手からサイコウェーブを放出してみたいと思ったことはありませんか?ついに、そんな夢が敵う時代になりました!Pixelstick は200色のフルカラーLEDを搭載した全長1.8mのライトペインティングツールです。このスティックを使えば、今までの常識を覆す近未来的で超ハイレベルなライトペインティング体験ができます!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    2015-03-21 #gear #ニュース shhquiet の記事
    Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    Belair X 6-12を一台手に入れると、まるでカメラを2台も3台も手に入れたかのように感じれます。中判カメラですが、インスタント写真の撮影が可能になる裏蓋も別途販売しています。そして120フィルムでも3種類のフォーマットで撮影できるのがBelair X 6-12の強み。用途に合わせてフォーマットを変えれるので便利です。この記事ではクラシックな6x6フォーマットで撮影された素晴らしい写真の数々をご紹介します。Enjoy!

    1
  • LC-A 120でスクエアスナップを撮影しよう!

    2015-05-13 #gear #ニュース pripri2000 の記事
    LC-A 120でスクエアスナップを撮影しよう!

    いつでも、どこでもあなたの世界を切り取って色鮮やかなワイドアングル写真に残そう!LC-A 120は豊富なISO設定、多重露光用MXスイッチなど、実験的な写真を楽しめる機能を搭載し、あなたのアドベンチャーをサポートします。LC-Aのように手軽に素早く簡単に撮影が出来て、中判カメラながらコンパクトサイズで毎日持ち歩きたくなるカメラです。120フィルムを使ったことがないから不安?心配はいりません!120フィルムは種類も豊富で、何より35mmフィルムより高解像度なのでより美しく仕上がります!百問は一見にしかず。LC-A 120のちょっとしたギャラリーをご用意したのでご覧下さい。

  • 一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    2015-08-13 #gear #テクニック hodachrome の記事
    一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    一人で撮影に行ったときに「あ~、ここで人間入れて撮りたいな~」と思ったことはありませんか?そんな一匹狼な貴方のために、「LC-A+でセルフタイマー」を使ったセルフポートレートを撮る方法をご紹介します。自分撮り以外にもカップルでツーショット、撮影会などで全員で集合写真を撮りたい場合などにも使えますよ。

    2