Lubitel 166+シリーズの紹介 パート07: Lubitel 166+のご先祖様たち(その1)

Lubitel 166+のようなカメラは、まずそのカメラの歴史を勉強することもいいと思います。温故知新という言葉がありますが、良き昔を知ることで、新しい何かを見つけられるかもしれませんしね。このレビューではLubitel 166+のご先祖様たち、つまりLubitel 166+の前身モデルなどを紹介していきます。どんな機能やデザインが受け継がれてきたのか、みなさんと一緒に見て行きましょう!

Lubitel 166+ やLubitel 166 Universal のご先祖様はとても興味深い機種で、いろんな機能やデザインを既に搭載した初期型二眼レフでした。後にこのタイプのデザインをベースに最終型が作られました。

KOMSOMOLETS [1946-1950]

ソビエト連邦によって作られた、とても初期型の二眼レフです。実はこの機種はフォクトレンダーのブリリアントという機種をもとにデザインされたようです。ロモグラフィーのデザイナーたちはこのデザインをシンプルすることで自分たちのモデルを発表しました。第二次世界大戦後、ベークライトという合成樹脂が使われていたことによって、このカメラの製造にもプラスティックの代わりにベークライトが使われました。このカメラの残念なところは、ほぼコレクターアイテムということです、なぜなら機械式機能が欠けているからです。覗くレンズと映すレンズは連動しておらず、しばし撮影には難しいカメラとなっていました。

興味深いのは、フィルターなどを搭載できる機構があり、これもフォクトレンダーのブリリアントを元に設計したのかなとも考えられます。

LUBITEL [1949 – 1956]

そしてその後、遂にLubitelの名前にふさわしい後継機種が出ました。そのLubitelの名前を授かった二眼レフはフォーカス連動レンズを搭載、シャッタースピードの種類の多さ、そして広角とf2.8の明るいレンズ、などなど。とても充実したスペックとなりました。

実はLubitelはアマチュアという意味でもあって、元とは言うと写真学科などの生徒たちにも普及できるようにと考慮したのですが、それ以上に誰にでも接してもらえる、みんなが使える二眼レフに、という願いも込められていたそうです。コストを低く保つため、またベークライトが使われました。この機種がとても成功したことで、中国ではコピー版も販売され、その名も長楽(1961)と名付けられました。(おそらく中国の長楽市で作られたのでしょうね)

Alessandro Panelli (またの名を yo.panic もしくは .panic) はイタリアのベニス地方、パドーバで医学部生をやりながら写真家、作家として活動しています。
彼の生活などもっと知りたいかたは是非こちらをご覧ください。 FacebookやGoogle+でも検索してください。

2013-05-23 #ライフスタイル yopanic の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • ロモグラフィーコミュニティーメンバーによるLC-A 120の素晴らしい写真

    2014-12-25 #ライフスタイル chooolss の記事
    ロモグラフィーコミュニティーメンバーによるLC-A 120の素晴らしい写真

    これまでLomo LC-A 120がどのような写真が撮影できるのかを皆様にお見せしてきました。LC-A 120はプレオーダー最初の発送が完了し、幸運にもこのカメラを最初に手にすることができた人々のもとへと到着しました。さて、今度はコミュニティーメンバーである皆様がこの素晴らしいカメラで撮影した写真を私たちに見せる番です!

  • LomoAmigos: The Watanabes

    2015-02-05 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: The Watanabes

    The Watanabesは日本で活躍するインターナショナルバンド。日本の単語がところどころに聞こえてくる、ノスタルジックでちょっぴり切ない哀愁溢れるフォークロックを奏でます。そんなWatanabesにロモグラフィーのカメラをお貸出しし、思う存分に撮影していただきました!

  • Lomo'Instant ギャラリー: カラーフィルター

    2014-06-11 #ライフスタイル cheeo の記事
    Lomo'Instant ギャラリー: カラーフィルター

    ロモグラファーがあっと驚くような新商品を開発して、皆様にアナログで撮影する新たなる楽しみを与えられること。それが嬉しくって新商品を開発するときはとってもわくわくしているんです!今回は話題沸騰中のLomo'Instantのサンプルショットをご紹介します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Russar+ Lens x Lomochrome Purple ギャラリー

    2014-04-10 #ライフスタイル chooolss の記事
    Russar+ Lens x Lomochrome Purple ギャラリー

    Russar+で撮影された写真をもっと見て、どんな写りをするのか見てみたいと皆さん思われていることでしょう。そんな皆様に4月より通常販売を開始したロモグラファーの大のお気に入りフィルム・LomoChrome Purpleを使った写真をご紹介いたします!Russar+のすばらしい写真をチェックしてください。

  • フィルムを壊すコツ:アンモニア・フィルムスープで自家現像

    2014-06-09 #gear #tipster aguillem の記事
    フィルムを壊すコツ:アンモニア・フィルムスープで自家現像

    あなたはフィルムスープのことは知っていますよね。では、現像する前にフィルムにアンモニアを飛び散らしたら、どんなことが起きるか見てみたいとは思いませんか?

  • ボケの基本:あなたがボケについて知るべきこと

    2014-04-28 #gear #tipster plasticpopsicle の記事
    ボケの基本:あなたがボケについて知るべきこと

    ボケに興味があり、うまく使いこなしたいと思っていませんか?この記事では、皆さんが知るべき基礎知識をご紹介します。あなたもボケを使いこなして、作品のアドバンテージとして使えるようにしましょう!

    1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ここだけのコツをおさらい!: LC-Wideで陽気なロモライフを

    2015-01-21 #gear #tipster cheeo の記事
    ここだけのコツをおさらい!: LC-Wideで陽気なロモライフを

    ウルトラ・ワイドで、超・頼りがいのある Minigonレンズが特徴的なLomo LC-Wide。その優れたキャラクターから、私達コミュニティのメンバーからも絶大な人気を得ています。 あなたもここで紹介するいくつかのシンプルなコツを一つか二つモノにすれば、このカメラがなぜそんなにも人気なのかきっとわかるはず!

  • Nagaさんによる究極のカスタマイズKonstruktor第二弾!:Konstruktor C

    2014-03-08 #gear #tipster ciscoswank の記事
    Nagaさんによる究極のカスタマイズKonstruktor第二弾!:Konstruktor C

    撮影が出来ない観賞用のKonstruktor Transparent Collector’s Edition。 カメラのメカニズムを知る為に、透明なボディで出来ています。 普通に撮影しようとすると、透明なボディが光を通し、フィルムが感光してしまうので撮影はできません。 しかし、この観賞用Konstruktorを、東京のクリエイター・Nagaさんが撮影可能に改造しちゃいました!!

  • Lomo'Instantであなたの冬をもっとわくわくさせよう!

    2014-12-17 #gear #tipster fl0werp0wer の記事
    Lomo'Instantであなたの冬をもっとわくわくさせよう!

    冬がやってきました! クリスマスと一緒にLomo'Instantカメラを最大限に楽しんでみませんか?この記事ではクリスマスまでの間、プレゼントや飾り付けに素敵な個性を与えてくれる5つの魔法のトリックを紹介します。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • フジFPフィルムを使ってあなたのポロライド 80 シリーズを甦らせよう!

    2014-12-26 #gear #tipster stratski の記事
    フジFPフィルムを使ってあなたのポロライド 80 シリーズを甦らせよう!

    もう生産終了になったフィルムにしか対応していないからと、使うことを諦めていたカメラたち。そのカメラが、ある日使えることになったらとっても嬉しいですよね。この記事では、80 シリーズのポロライドカメラを、甦らせるある方法を紹介しています。

  • なぜフィルムで撮るのか。そこにLOMOのカメラがあるからだ。

    2014-08-26 #レビュー gakurou の記事
    なぜフィルムで撮るのか。そこにLOMOのカメラがあるからだ。

    フィルムで写真を撮っていると、なぜフィルムで撮るか聞かれることが良くある。 まぁいろいろな理由があるけど、僕にとって一番の理由はLOMOのカメラがあるからだ。 LOMOのカメラを使うということは、新しい世界を旅することと良く似ている。

    1
  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!