Lubitel 166+シリーズの紹介 パート11: 「Project +」の歴史(その2)

Lubitel 166+をバカにしたら大間違いですよ!この子持つポテンシャルは巨大、そしてそのカメラに秘められた歴史の数々。前回の記事に続いて「Project +」の秘密を解き明かしていきましょう。一体どんなことがLOMOやロモグラフィーの存在を変えていくことになったのでしょう?

たかが単なるカメラにすぎないだろ?.
−友達はそう呟いたが、それは間違いである− なぜならLubitelの「Project +」には沢山のヨーロッパにおける歴史的秘話が沢山あるからだ。

冷戦終了後に何があったのかを見てみよう。

Komsomoletsを生産後、数年してからGOMZは二つのレンズが連動して動くカメラの開発に取りかかった。だんだんとそれは Lubitel 166 Universalに進化していった。

80年代も終わりに差し掛かった時、ロシアと東ドイツの技術が混ざり合った歴史的出来事も終わり、ベルリンの壁の崩壊、そして1989年、冷戦が終了した。
この時に起こった出来事がロシアに幸いな事件をもたらした。冷戦終了後、ロシアのカメラを輸出し始めることが出来て、90年代前半には二人のオーストリア・ウィーンの学生たちがロモのLC-Aを使い、新しい写真のスタイルに試しみる。

そのウィーン出身の学生ふたりはやがてロモグラフィーを結成した。(意識はしてなかったものの、後現在のロモグラフィーに発展する) LC-Aは見たことも無い写真を作り出すと評判になった。そして電話がなり始め、ひとつ売れ、ふたつ売れ、後一週間に4,5個売れ始め、その後ロモグラフィーの人気が始まった。

ひとつ興味深い事と言えば、どうやってロシアのカメラが流通に乗って普及されたのか、ということ。時代的に海外に輸出したりすることはとても難しかったというに、そんな時代背景にも関わらずLC-Aは他のヨーロッパ諸国で人気になっていきました。実際のところ、東ヨーロッパ諸国ではLC-Aやロモカメラの中古品が結構出回っているのです)

Lubitelも同じように売れたのですよ。それはLC-Aより生産量は少なかったものの、勢いはすごかったです。1990年代ってすごい時代で、約八百万から一千万ものロシアンレンズが出回ったそうです。eBayやヤフーオークションなどのインターネットオークションが存在する大分前の話ですが、ロシアンレンズは世界中のカメラ、写真ファンから人気だったのです。それが今や多くのファンはデジタルフォトグラフィーに移ってしまいましたけどね。

Alessandro Panelli (またの名を yo.panic もしくは .panic) はイタリアのベニス地方、パドーバで医学部生をやりながら写真家、作家として活動しています。
彼の生活などもっと知りたいかたは是非こちらをご覧ください。 FacebookやGoogle+でも検索してください。

関連記事
Lubitel 166+シリーズの紹介 パート10: 「Project +」の歴史(その1)
Lubitel 166+シリーズの紹介 パート09: Lubitel 166+のご先祖様たち(その3)
Lubitel 166+シリーズの紹介 パート08: Lubitel 166+のご先祖様たち(その2)
Lubitel 166+シリーズの紹介 パート07: Lubitel 166+のご先祖様たち(その1)
Lubitel 166+シリーズの紹介 パート06: Lubitel 166+の哲学(その2)
Lubitel 166+シリーズの紹介 パート05: Lubitel 166+の哲学(その1)
Lubitel 166+シリーズの紹介 パート04:主な仕様 その他の機能
Lubitel 166+シリーズの紹介 パート03:主な仕様 35mm フォーマット
Lubitel 166+シリーズの紹介 パート02:主な仕様 ビューファインダー
Lubitel 166+シリーズの紹介 パート01:主な仕様 レンズ

2013-09-01 #ライフスタイル #medium-format #35mm #lubitel #part-2 #11 #plc #166-series #lomography #whynotwinnipeg #2 #11-120mm-regular-contributors #120 #lubitel-166 #analogue-lifestyle #history-of-the-project #user-review yopanic の記事
翻訳 whynotwinnipeg

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • 大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    2015-05-21 #world #ライフスタイル K. Aquino の記事
    大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    都市や大自然での生活の上に成り立つ広大な帝国を、カメラのように小さなものが表すことができるってなんて素敵なことでしょう!高い建物やとても広い場所に囲われた人々は、控えめで、撮影距離からミニチュアサイズに写っています。この記事ではそんな巨大な世界と人々との対比が面白い4つの写真を紹介します。

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • 2015年9月のトレンドアルバム

    2015-10-03 #world #ニュース Eunice Abique の記事
    2015年9月のトレンドアルバム

    私たちが見てきたもの、経験してきたものを表現するのに、時折言葉では足りないと感じることがあります。そういった場合、思い出が詰まったスナップショットならば、更に記憶の最限度は高まります。ロモグラファーたちの9月を、精選されたアルバムを通して振り返りましょう。

  • Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    2016-04-22 #gear #ニュース shhquiet の記事
    Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    そよぐヤシの木、きらめく波、やすらぐフラの音色。南国ハワイのなごやかな雰囲気を身にまとった爽やかな一台が、大人気Lomo’Instantシリーズに新登場!GWのお出掛けや近所へピクニックに行かれる際、ぜひホノルルを連れて行ってください。そして撮った写真をその場でチェックしてみんなでシェアしましょう;)

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • Konstruktorの写真がもっと素敵になる10個の方法

    2016-02-20 #gear #テクニック Julien Matabuena の記事
    Konstruktorの写真がもっと素敵になる10個の方法

    DIY一眼レフカメラ Konstruktor を組み立て終えた?それならば次は撮影に移りましょう。この記事でKonstruktorで写真を撮るときに知っていると便利なアイディアを10個、書き出してご紹介します!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #テクニック ciscoswank の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people #Lomoamigos bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • Lomo'Instant Wideをご予約いただいた皆様にLomography Light Painterをプレゼント!

    2015-11-05 #world #ニュース leora の記事
    Lomo'Instant Wideをご予約いただいた皆様にLomography Light Painterをプレゼント!

    Lomo’Instant Wide を12月発送予定のプレオーダーで予約して、もっと多くの人にクリスマスや年末年始にこのカメラを存分に楽しんでいただきたい!そんな思いから、予約特典が増えることになりました!ご予約いただいた皆様全員にキーホルダー型のライトペインティングツール・Lomography Light Painterをプレゼントします!今からご予約いただいた方にももちろんプレゼントしますので、プレオーダー受付が終了する前に予約しておきましょう!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。