チュートリアル: 引き伸ばし器を使ってプリントしよう

自分で撮影した写真を自分でプリントしてみたい? そんなあなたにはこのヒントが役に立つはず!

私が思うに、本当の意味で写真が趣味っていうなら、フィルムを現像して終わりじゃありません。アナログ写真のエッセンスを味わうために、自分の写真を自分でフォトグラフィックペーパーにプリントしてみましょう!

このチュートリアルでは、引き伸ばし器を使って写真をプリントする方法を説明します。特にモノクロフィルムをプリントするのに役立つヒントです。もちろん、カラーフィルムもプリントできますが、この方法ではカラーフィルムも白黒写真になります。
注意点として、B&Wペーパーはすべての色に敏感に反応するわけではないので、もしかしたらちょっと奇妙な結果になってしまうかもしれないことは覚えておいてください。

プリントに必要なアクセサリー

  • 引き伸ばし器(私は古いDurst M301を使っています。)
  • フォトグラフィックペーパー(はじめは Ilford Multigrade 4のような多様なコントラストを出すものをオススメします。私はこれの pearl / semi-opaqueバージョンを使っています。)
  • Multigrade コントラストフィルター
  • 現像に必要な薬品(現像液、停止液、定着液)実は、水を十分に使用することで停止液の代わりにすることができます。 (私が使っている現像液は ILFORD PQ Universalです。定着液には Ilford Rapid Fixerを使用しています。)
  • 現像の段階でフォトグラフィックペーパーを薬品に浸すのに使用するボウル3つ。
  • フォトグラフィックペーパーをはさむ為のトング(薬品には手で触れないように!)
  • 薬品の温度を測る水温計
  • 薬品をかき混ぜるにつかうかき混ぜ棒数本
  • 暗室用レッドライト
  • 最後にペーパーを洗浄するように使う水をいれる大きめの容器
  • そしてもちろん、、暗室!私の場合は暗くしたお風呂場ですが。。

次に紹介するアクセサリーは必須ではありませんが、あると非常に便利です。
フォーカススコープ
イメージを詳細に見ることができる顕微鏡のようなものです。フィルムの粒状感をチェックすることができます。

papers

1. 薬品を混ぜる

パッケージに書いてあるインストラクションに従いましょう。
薬品の温度は必ず20°に。1、2°の違いでも大きな違いが出てしまいます。

私の場合は

  • Mix 1 +9, 1ℓの混合物が必要なら、100mlの薬品と900mlの水が必要です。

定着液も同じようにつくります。:

  • 1 +4, 200mlの定着液に800mlの水を加えます。

小さめのペーパーを使用する場合は、これの半分の量で十分でしょう。

3つのボウルを順番に並べます。現像、停止、定着の順です。
ボウルに作った薬品をいれます。私の場合は、停止液はただの水を使用しますが、クエン酸を使用することもできます。

2. 引き伸ばし器にネガをはめます。

できあがるイメージは上下逆さになりますので、注意が必要です。裏返してはめましょう。

place negative in the enlarger

3. 写ったイメージにフォーカスしていく

最終的にプリントするシートのサイズと同じサイズのペーパーを引き伸ばし器にはめます。
引き伸ばし器のスイッチをいれ、高さを調整し、映し出されるイメージがシート全体とちょうど重なるようにします。

引き伸ばし器の上部にあるノブを使い、イメージに焦点をあわせます。
ここで、もしフォーカススコープを持っているなら、フィルムの粒状感にもフォーカスしましょう。スコープをイメージが写し出されているところの真ん中におき、イメージを見てみるだけでいいです。

4. 露出をセットし、multigradeフィルターを装着します。

よりディテールを出せるように露出はF8あたりにしましょう。
引き伸ばし器の上部のフィルターフォルダーに、Multigrade フィルターn2を挿入します。このフィルターは平均的なネガティブにおいて、いいレンジのプリントの色調を出してくれます。

5. テストプリント

  • 明かりを消し、レッドランプを点灯させます。
    フォトペーパーを実際に使用して、テストプリントします。(暗闇かレッドライトの中で)一枚とりだし、カットするなどして、適度な大きさにします。その時の大きさは、適正露出を見極めるためにある程度のディテールが見えるような大きさにしましょう。
  • ペーパーの露光部を上にして、プロジェクションプレーンに置きます。
  • タイマーで測りながら、プロジェクターのライトを2秒間点けます。
  • マットカードを使い、1/5ほどカバーして、もう2秒露光します。
  • 2/5ほどカバーして、4秒露光します。
  • 3/5ほどカバーして、8秒露光します。
  • 4/5ほどカバーして、12秒露光します。

6. テストプリントを現像する

以下はレッドライトを点灯させながら行なってください:

  • テストプリントを現像浴させます。タイマーを使い60秒測りましょう。容器をやさしくシェイクし、薬品が全体に行き渡るようにします。
  • 60秒たったら、速やかに現像液から取り出し、30秒間停止浴させます。
  • ラストステップ。30秒間定着液に浸します。
  • さいごに、ペーパーを十分に水を貼った容器に移し、1~2分洗います。

それではテストプリントの結果を見てみましょう。もう明かりをつけても大丈夫。
ペーパーには5つの色のストライプが写り上がります。
一番明るい部分は、2秒露光したものです。次が4秒
三番目が8秒 (2 +2 +4)で、4番目は16秒s (2 +2 +4 +8)です。最後は28秒 (2 +2 +4 +8 +12).になります。

どの秒数のものと、絞りものがいいのかメモしてみましょう。
5つの中のどれかが適正露出になっていると思います。
もし、全部明るすぎるなら、絞りを2段階あけるか、秒数を増やしましょう。
暗すぎるのなら反対に、絞りを1段階しめてもう一度テストしてみましょう。

テストプリントはこんな風にできあがります。

シートの上にグラデュエートフィルターを置いてテストする方法もあります。
その場合はこういった風になります。

7. 仕上げプリントをする

  • 露光時間を決めたら、引き伸ばし器に新しいフォトグラフィックペーパーをのせて、露光していきます。
  • このチュートリアルのステップ6を参考にして、現像しましょう。
final print

8. 適正コントラストについて

もし写真のコントラストのバランスがいまいちだと感じたら、引き伸ばし器にコントラストフィルターをのせて調整する必要があります。

プリントした写真があまりにグレーだったり、しっかりとした黒が出ていなかったり、クリーンな白のハイライトがきつすぎる時には、Multigradeフィルターを使ってみましょう。3かそれ以上にするといいと思います。そうしたら、チュートリアルのステップ5を参考にもう一度テストしてみましょうね。

コントラストがきつすぎる場合には、Multigradeフィルターの1がいいです。

チュートリアルは以上です!
あとはぜひ挑戦して、楽しんでくださいね!

この方法でプリントした私の写真を最後に載せておきます。

2013-05-28 #gear #テクニック #black-white #select-type-of-tipster #photographic-paper #development #print #tipster #gionnired #tutorial #enlarger #select-what-this-tipster-is-about gionnired の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • 超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    2016-02-04 #gear #テクニック imbaaa の記事
    超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    ありきたりなカラー写真に飽きてきていませんか?時にはレトロ風味な写真も撮りたくなりますよね。そんな時に役立つのがこのテクニック。LC-Aで使えるオレンジフィルターを自作しましょう!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • 新登場:Pixelstick — 未来のライトペインティングツール

    2015-03-20 #gear #ニュース #ビデオ shhquiet の記事
    新登場:Pixelstick — 未来のライトペインティングツール

    今まで、自分の手からサイコウェーブを放出してみたいと思ったことはありませんか?ついに、そんな夢が敵う時代になりました!Pixelstick は200色のフルカラーLEDを搭載した全長1.8mのライトペインティングツールです。このスティックを使えば、今までの常識を覆す近未来的で超ハイレベルなライトペインティング体験ができます!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #テクニック tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • LC-Aカメラの実力を引き出す、すぐに出来る5つの方法

    2015-06-19 #gear #ライフスタイル K. Aquino の記事
    LC-Aカメラの実力を引き出す、すぐに出来る5つの方法

    本日6月19日はLC-Aの誕生日!今年2015年にLC-Aは31歳の誕生日を迎えます。そんなLC-Aとの撮影をこれからもずっとお楽しみいただくために、すぐに出来る5つの方法をラインナップしました。Lomo LC-A+とLC-Wideの強みを引き出して、撮影を楽しみましょう。

  • 一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    2015-08-13 #gear #テクニック hodachrome の記事
    一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    一人で撮影に行ったときに「あ~、ここで人間入れて撮りたいな~」と思ったことはありませんか?そんな一匹狼な貴方のために、「LC-A+でセルフタイマー」を使ったセルフポートレートを撮る方法をご紹介します。自分撮り以外にもカップルでツーショット、撮影会などで全員で集合写真を撮りたい場合などにも使えますよ。

    2
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 東京カメラガールズで秋の写真コンペティション開催中!

    2015-11-17 #people #ニュース #ライフスタイル ciscoswank の記事
    東京カメラガールズで秋の写真コンペティション開催中!

    東京カメラガールズは写真好き女子のための写真サークル。写真撮影に役立つ情報の発信や、メンバーで集まって撮影を行うイベントなどを定期的に開催しています。そんな東京カメラガールズでは、現在「秋の写真」コンペティションを開催中!ロモグラフィーのカメラが入賞者に贈られます!

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • 三脚を立てたままLC-A+のMX(多重露光)スイッチを操作する方法

    2015-04-13 #gear #テクニック hodachrome の記事
    三脚を立てたままLC-A+のMX(多重露光)スイッチを操作する方法

    LC-A+を三脚に取り付けると、カメラの底の部分と三脚の設置部分が固定されるため、多重露光用のMXスイッチを操作するのが難しくなります。なので、三脚を用いた多重露光がしたい場合は撮影ごとに三脚から取り外す必要があり少し面倒でした。そこで、それを解決する方法をいくつか考えてみましたのでご紹介します。ちょっと強引な方法もあるので誰にでもできるものではないのですが、機会(そして機械)があったらトライしてみてください♪

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    2015-05-21 #world #ライフスタイル K. Aquino の記事
    大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    都市や大自然での生活の上に成り立つ広大な帝国を、カメラのように小さなものが表すことができるってなんて素敵なことでしょう!高い建物やとても広い場所に囲われた人々は、控えめで、撮影距離からミニチュアサイズに写っています。この記事ではそんな巨大な世界と人々との対比が面白い4つの写真を紹介します。

  • Petzval 58 Bokeh Control Lens: ファッションフォトグラファーIssa Ngのファーストインプレッション

    2015-06-12 #people #ライフスタイル #レビュー Jill Tan Radovan の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Lens: ファッションフォトグラファーIssa Ngのファーストインプレッション

    Issa Ngは香港を拠点に活動するファッションとコマーシャルフォトグラファー。彼は長年、広告業界で様々なインターナショナルブランドのアートディレクターやスタイリストとして活動してきた経歴を持っています。それゆえ、コンセプトの確立や構成、激しいイメージングにおいて彼の素晴らしいセンスに基づくスタイルを表現できます。彼は現在ポートレイトに特化し、絶えずフレッシュで面白いプロジェクトを求めています。そんな彼がLomography Petzval 58 Bokeh Control lensでの撮影についてインタビューで語ってくれました。

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。