インスタントメモリー

フィルム写真を待たずに手にすることができる方法の1つ、インスタント写真。現像処理の時間もなし、フィルムを巻き上げる必要だってありません!コミュニティーメンバーの写真から私たちのお気に入りの50枚のインスタント写真をご紹介いたします。

フィルム写真に忍耐がいる理由は、ゆっくりとしたフィルム写真のプロセスを受け入れ、愛する写真が出来上がり、あなたの生活にやってくるのを待つ必要があるから。めまぐるしいスピードの現代社会において、この時間はとっても大切で代え難い楽しみです。でも、時には早い結果を手にしたいと願ってしまう時もありますよね。この願望に応えてくれるフィルムと言えば、インスタントフィルム!

この記事ではコミュニティーよりアップロードされた私たちのお気に入りの50枚のインスタント写真をご紹介いたします。インスタント写真もロモグラフィーはとっても大好きです!

Credits: jennsonnatalieerachellightbluecopefansatomipearlgirl77tracyvmooreopon21hillebarakalofilife_on_marslisamariesimpsondisdisliid6ovaxposedadam_g2000mylatehopelostlittlekidsam_rmaggie_mshiseitenricoinbrooklynpattyequalsawesomenigelkjohncccgionniredgibb9kleeblattvicunaericeast & sahilkarkhanis

2013年5月末日まで LC-A Instant Back+ を>font color="red">半額でお求め頂けるキャンペーンを実施中です!

2013-05-15 #instant-film #instant-back #lifestyle #instax #instant-camera #polaroid mayeemayee の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    2016-02-25 #tutorials lomographymagazine の記事
    アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    動物は予測できない気まぐれな被写体です。フィルムで撮影するとなると、更に難易度はあがるでしょう。動物の自然なありのままの行動を記録するのが一番ですが、動物園やサファリパークのような飼いならされた場所では、場所の制限もありますし、上手に賢くフレーミングする必要がありますね。この記事では、ロモグラフィーコミュニティーメンバーが写したお手本写真を参考に、アニマル写真の極意をリストアップしました。

  • Lomo'Instant Wide Gallery: 標準レンズ

    2015-10-15 #ニュース #gear Lomography の記事
    Lomo'Instant Wide Gallery: 標準レンズ

    ロモグラフィーが新たに発表したLomo'Instant Wideは、その名の通り幅広いインスタント写真の撮影を楽しめます。あなたが遭遇した面白い場面、あなたが見た素敵な景色を、白枠フレームで飾られた写真に残しましょう。サンプル写真を紹介するにあたり、まずは標準搭載レンズで撮影されたスタンダードな写真からご紹介します!

  • テクニック: ilcontrariodimeが考案した「フォト・スクラッチ」

    2016-03-24 #people #tutorials bartolomo の記事
    テクニック: ilcontrariodimeが考案した「フォト・スクラッチ」

    人の創作意欲に限界はない!新しいものを取り入れ、新しいものを創り出すことは私たちのライフワークです。アナログ写真を愛するロモグラフィーコミュニティーのメンバーであるilcontrariodimeは、フィルムに何か思いついたものを描く「フォト・スクラッチ」というテクニックを作り上げました!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • クロスプロセスギャラリー: Agfa CT Precisa

    2016-02-02 #gear lomographymagazine の記事
    クロスプロセスギャラリー: Agfa CT Precisa

    正しい構成、完璧な被写体、そしてAgfa CT Precisaフィルムでクロスプロセス処理。この3つがそろったとき、出来上がった写真は素晴らしい結果を残します。優雅な景色から親しい人のありふれた素顔まで、スライドフィルム Agfa CT Precisaで写された写真を紹介します。

  • 写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    2016-02-19 #gear lomographymagazine の記事
    写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    ロモグラフィーはヴィンテージなもの好きなブランドとして知られていますよね。ノスタルジックな雰囲気の写真を撮影できるカメラやフィルムもありますが、オリジナルな作品を作りだそうとする写真家の技巧によっても様々なエッセンスを加えられます。

  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 12/17(木)のアドベントカレンダー: 最終日!フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    2015-12-17 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/17(木)のアドベントカレンダー: 最終日!フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    この季節は写真をたくさん撮影します。クリスマスに年末年始とイベント事が盛りだくさん待ち構えています!そんな季節にアナログカメラでたくさん写真を撮れるようにフィルムを買っておきましょう!本日まで同じフィルムパックを3つご購入で1パック分無料になるキャンペーンを実施中!

  • 恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    2015-10-08 lomographymagazine の記事
    恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    Lomographyサイトには、炎を写した写真がたくさん上がっています。このトピックをこの時期に題材にしたのも、ハロウィーンが近いからというわけでもありません。私たちは恐れられているものが写真向きの傾向があると感じています。不気味なヴィネットに誇張された色...このシリーズ最初の本記事は、火に対する恐怖症(pyrophobia)について着目したいと思います。

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • LOMO LC-Aで写し出す冬の色

    2015-12-11 #ニュース #gear tomas_bates の記事
    LOMO LC-Aで写し出す冬の色

    コートを着て、LC-A+を手に冬の散歩を楽しみましょう。35mmフィルムに写し出される景色は、やっぱり寒そうだけどとってもチャーミングな雰囲気で包まれます。ヴィネット(周辺光量落ち)効果や鮮やかな発色は写真に個性をプラスし、あなただけの一枚に。この記事ではロモグラフィーのコミュニティー上にアップロードされたLC-A+(LC-A)の冬の写真をご紹介します!

  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!