StereoKino: 3Dのアナログムービーを作れ!

2013-06-02 2

大丈夫、みなさんがタイトルを見間違えたわけじゃない。そしてみなさんの思った通り。このポストでは、そのことについて書いていくよ。Lomokinoを2つ使って、3Dのアナログムービーを作り出す。まあ少なくとも僕は挑戦してみたわけだ。

ご注意: red/cyan anaglyph glassesを持っていない人には、この記事はちょっと退屈かもしれない。

StereoKinoを作る

ここで使用する手順や材料のほとんどは、LomoKino 自動巻き上げ機を作るときに使ったものと同じ。ただその量に関して言えば、どう考えても2倍は必要なんだけどね。立体像を試してみたいなら、これを読んでみるといいよ。手順すべてを書くと読むのが大変だと思うから、写真を見てほしい。それで十分分かると思う。何か質問があれば、喜んで答えるからね。

撮影前に、左右のカメラとフィルムに印をつけておこう。混乱しないようにね。

それが終わったら、StereoKinoの外見と音はこんな風になる。(消音にしたくなるかもしれないけど)

フレームの後処理

まず普段通りにフレームをスキャンしてトリミング(リンク先は英語)しよう。左のカメラは逆さまになっているから、こっちのフレームは回転させなきゃいけない。次に動画編集ソフトにフレームをインポートするんだけど、右側のカメラのフレームの上に左側のものを入れてね。それから、RGBの設定を変える。(左: R100、G0、B0 – 右: R0、G100、B100) で、左のフレーム(今は赤になっている)の「レイヤーモード」を「差モード(difference)」にするんだ。これはとっても単純。ここで分かりやすく説明されているよ。(リンク先は英語)

全部簡単にいけばいいんだけど、そうはいかない。まずカメラが連動しなかったし、モーターのせいでそれぞれのカメラが揺れてしまった。さらにautomated cropのせいで、出来上がったフレームに小さなズレや揺れが入ってしまった。結局フレームを1つ1つ並べ直さなきゃいけなかったし、片方のカメラが速く回りすぎてたこともあって、そのときは1度撮り直さなきゃいけなかった。左右のペアがきちんと合ったのは全部で数枚だったかな。

ほとんどの部分がもうめちゃくちゃだったし、思っていた立体的な効果を出すことはできなくて、むしろ頭が痛くなったけど……作るのは楽しかったし、片側のモーターを取れば「普通の」使い方もできるからね。

2013-06-02 #ビデオ #gear #tutorials # # # # #diy #lomokino #3d # #tipster #stereo # # stouf の記事
翻訳 tea-tea

2 Comment

  1. stouf
    stouf ·

    @tea-tea 翻訳してくれてありがとう!

  2. tea-tea
    tea-tea ·

    sorry for the very late reply!
    thank you for the nice article:)

他の記事を読む

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • 天から覗く

    2016-08-03 #culture lomographymagazine の記事
    天から覗く

    生活していると気付くのは、自分の目線の高さはそこまで変わりがないってこと。たまにはその目線の高さ、変えてみませんか?

    2016-08-03
  • 【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    2016-07-22 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    LC-Aの32回目のバースデーを記念して行われた本コンテスト。「あなたにとって特別な日」をテーマにフィルム写真を募集致しました。そこに集まったのは、300枚を超える力作の数々。このコンテストのためにロモホームを開設して応募して下さった方や、いままでロモグラフィーのコミュニティーを盛り上げてくださった方など様々な方がいらっしゃいました。どの作品も素晴らしく、選考は大変難航しました。その中から選ばれた10作品、ぜひお楽しみください。また受賞作品は直営店Lomography+とポパイカメラ2号店にて展示が行われます!そちらにも足をお運びください。

    2016-07-22
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ピギーポイントってなあに?

    2016-07-01 #ニュース ciaoannacotta の記事
    ピギーポイントってなあに?

    ロモホームに加入した時や、ニュースレターを読んでいるとよく見かける「ピギー」という言葉。ピギーって…ブタのこと?ピギーは確かにブタのことを指しますが、ロモグラフィーのピギーはお買い物ポイントのことを指します!ピギーをゲットする方法は様々。ピギーをゲットしてお得なロモライフをお送りください!

    2016-07-01
  • [LomoAmigo] SuperSampler: moron_non

    2016-08-10 ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] SuperSampler: moron_non

    Instagramで話題の人気フォトグラファー、moron_nonさん。爽やかでフレッシュな作風、さらにはフィルムで撮影されている写真を拝見し、お声掛けしたところ…なんとまだ現役の大学生!今回は「4連写カメラ・SuperSamplerを使ってみたい!」と嬉しいリクエストを頂きましたので、夏の日差しをたっぷり写した写真を撮影して頂きました。

    2016-08-10
  • ジャズの酔いしれるような音を映像でも表現:Petzval 58でムービー撮影!

    2016-05-01 #ニュース #ビデオ #gear lomographymagazine の記事
    ジャズの酔いしれるような音を映像でも表現:Petzval 58でムービー撮影!

    New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensを使って、NYで開催されたJazz Age Lawn Partyを動画で撮影しました。このレンズ越しに映る人々は、ジャズの音色と溶け合い、そして混ざり合っていくように見えます。映像クリエイターの方もぜひこのレンズで作品を撮ってください。

    2016-05-01
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

    2016-05-10
  • 【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016-08-22 lomographyplus の記事
    【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016年8月11日(山の日)に行われた『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』はLomography製のフィルムから他社製品のフィルムを気軽に体験できるという夏の光を写すにはピッタリのイベントでした。今日はそのイベント模様をレポート!夏らしさ溢れるスペシャルな写真の数々は必見です!!また参加者みなさまのギャラリーと共に、使用フィルムの特長や撮影時のテクニックについてもご紹介も致しますので、どうぞごゆっくりご堪能下さいませ。

    2016-08-22
  • レポート&テクニック:直営店Lomography+主催2016年10月15日(土)『フラッシュ・マスター ワークショップ!』

    2016-10-24 #gear lomographyplus の記事
    レポート&テクニック:直営店Lomography+主催2016年10月15日(土)『フラッシュ・マスター ワークショップ!』

    2016年10月15日に行われた直営店Lomography+主催『フラッシュ・マスター ワークショップ!』をレポートします! ロモグラフィーならではのフラッシュ撮影テクニックが沢山詰まったワークショップとなりました。 撮影方法も盛りだくさんの内容となっているので、是非ご一読ください!!

    2016-10-24
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • モノクロ写真に学ぼう: モノクロの魅力とは?

    2016-09-14 Ciel Hernandez の記事
    モノクロ写真に学ぼう: モノクロの魅力とは?

    モノクロ写真のいいところは、ただクラシックでかっこよく見えるだけではありません!実はモノクロ写真は、撮影技術にもいい影響を与えてくれるって知っていましたか?

    2016-09-14
  • 魅惑のハンドメイドフィルム:Revolog 創業者へのインタビュー

    2016-07-23 #people bgaluppo の記事
    魅惑のハンドメイドフィルム:Revolog 創業者へのインタビュー

    学校の卒業制作で取り組んだ「特殊効果フィルムを作る」というプロジェクトが、国際的なビジネスへと成長することを誰が想像していたでしょうか。Revologの創業者であるハンナ・プリビッツァーとミカエル・クレブスはまさにそれを体現した二人です。ウィーンを拠点にアナログ写真に情熱を注ぐフォトグラファーである二人が創業したフィルム会社、Revolog。ここまでの道のりを伺ってみました。

    2016-07-23
  • 本日よりプレオーダー受付開始! Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    2016-05-24 #gear #ニュース Lomography の記事
    本日よりプレオーダー受付開始! Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    お待たせ致しました。クラウドファンディングプロジェクト終了後もお問合せがありましたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens。本日5月24日(火)よりオンラインショップにてプレオーダー(予約)の受付が始まりました。こちらは一本一本ハンドメイドのプレミアムレンズとなっており、発送予定時期は2017年2月となっております。皆さまに早くお届けした気持ちはございますが、ご紹介する作品をご覧頂きながらご自身で撮影される時を思い浮かべて頂けると嬉しく思います。

    2016-05-24