The Konstruktors: Earlybirdへのインタビュー

2013-06-28

Earlybirdさんこんにちは!彼はロモグラフィーコミュニティーの中の有名人の1人。今、彼はKonstruktorという新たな職業を持っています!彼のギャラリーはあなたを感動させるでしょう。さあ、見てみて。

フルネーム : Hannes Volkmer
ユーザーネーム : earlybird
撮影場所 : ドイツ

あなたについて何か教えて!
俺は配管工で、小さな病院の設備マネージャーとして働いている。音楽とフィルム写真(サプライズ!がいっぱい!)が好き。日課は、仕事をする、犬と散歩する、写真を撮る、現像して、フィルムをスキャンする。それから、音楽を一緒につくっている2つのバンドのどっちかと練習すること。

Konstruktorを体験してみてどうだった?
まず第一に、フォーカスとフレーミングがフルコントロールできるロモグラフィーカメラとして機能しているところが素晴らしかった。多分、俺らが一眼レフカメラが好きかって理由はそこだよね。このカメラはとても軽いし、ウエストレベルファインダーがいいよね。オーバーラッピングしないで出てきた写真が素晴らしい!

Konstruktorの一番好きな所は?
ウエストレベルファインダー!フォーカススクリーンの上に写るファインダーの中の眺めが好き。フォーカスを合わせる時に十分時間がある時は、ルーペが素晴らしいツールだ。

Konstrukutorで撮影したり制作したりするときに何か面白い出来事はありましたか?
ロモミーティングの為にオーバーハウゼンにいた時、駅でいくつか写真を撮ったんだ。行動中に、年配の夫婦が俺の隣に立っていたことに気付いた。見上げると、男が言ったんだ。「わお!ウエストレベルカメラじゃないか!」そこから彼らと会話して、数分フィルム写真について話したんだ。それから彼らの写真も撮った。巻き上げる時にフィルムが破れちゃって、皆さんにお見せできる写真がないのが残念。

これからKonstruktorを使う方になにかアドバイスはありますか?
フィルムを巻き戻す時には注意して。フィルム巻き戻しノブをゆっくり回すんだよ!

Konstruktorを購入するKonstruktorサイトへ

Konstruktor は世界初のDIY35mm一眼レフカメラ。1からカメラを組み立て、カメラのメカニズムやアナログ写真に隠された仕組みを楽しく学ぶことができます。 オンラインショップ または Lomography+ でキットを手にして、世界でたった一台のカメラを創りましょう!詳細は マイクロサイト よりご覧いただけます。

2013-06-28 #35mm #lifestyle #slr #konstruktor #konstruktor-interview #konstruktor-testers tomas_bates の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

    2016-03-01
  • 魅惑のハンドメイドフィルム:Revolog 創業者へのインタビュー

    2016-07-23 #people bgaluppo の記事
    魅惑のハンドメイドフィルム:Revolog 創業者へのインタビュー

    学校の卒業制作で取り組んだ「特殊効果フィルムを作る」というプロジェクトが、国際的なビジネスへと成長することを誰が想像していたでしょうか。Revologの創業者であるハンナ・プリビッツァーとミカエル・クレブスはまさにそれを体現した二人です。ウィーンを拠点にアナログ写真に情熱を注ぐフォトグラファーである二人が創業したフィルム会社、Revolog。ここまでの道のりを伺ってみました。

    2016-07-23
  • Lomo'Instant Wide First impressions: dop

    2015-10-27 #gear jillytanrad の記事
    Lomo'Instant Wide First impressions: dop

    ロモグラフィーコミュニティー内ではdopとして活動しているDiana。彼女はLomo'Instant Wideのプロトタイプをテストするレアな機会に恵まれました。彼女のLomo'Instant Wide体験を伺ったインタビューをこの記事でお楽しみください!

    2015-10-27
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • [LomoAmigo]Petzval 85 Art Lens: Yusaku Aoki

    2016-06-17 ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo]Petzval 85 Art Lens: Yusaku Aoki

    Yusaku Aoki さんは川の流れに身を任せるように、各国で撮影をされているフォトグラファーです。ポートレイトを主に撮影されているので、今回はLomography New Petzval 85 Art Lensで撮影して頂きました。インタビューへの軽やかな返答と濃厚な写真、そのコントラストをお楽しみ下さい。

    2016-06-17
  • New Russar+: AM Renault (山中遊子)、大阪で撮る。

    2015-10-26 #people #gear h31d1 の記事
     New Russar+: AM Renault (山中遊子)、大阪で撮る。

    香港を拠点に活動する若き写真家 AM Renault。ハイキンググループ「山中遊子」の中心人物であり、自然を愛してやまない人物です。彼はSix Dimen Boyという写真家グループに参加しており、見たものをそのまま記録するだけではなく、アートとデザインの要素を取り入れ人々にインスピレーションを与える作品を撮ります。そんなAMが彼の父親との日本旅行にNew Russar+を持っていき、旅を記録してきました。大阪の日常シーンを写した写真を、彼のインタビューとともにお楽しみください。

    2015-10-26
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

    2016-03-31
  • LC-Aが写し撮るニュージーランドの「青」

    2016-06-20 #people lomographysoholondon の記事
    LC-Aが写し撮るニュージーランドの「青」

    2015-2016年の夏(北半球では冬)、ステファン・ダウリングは生まれ故郷であるニュージーランドを再訪しました。滞在期間中、彼は最も信頼し愛用しているクラシカルなコンパクトカメラ・LC-Aを持ち歩いて気ままに撮影をしたそうです。滞在時の楽しい思い出と共に、LC-Aで撮影された写真をお楽しみください。

    2016-06-20
  • ロモロケーション: Agfa Precisa CTで写し出す大阪の二面性

    2016-02-24 #places lomographymagazine の記事
    ロモロケーション: Agfa Precisa CTで写し出す大阪の二面性

    桜の季節の大阪城、道頓堀の街並み―大阪には日本の古き良き場所がたくさんあります。一方で、ユニバーサルスタジオジャパンのような西洋文化を取り入れた観光名所も多数。大阪港を構え商人の街として繁栄してきた大阪は、文化的な面でも面白い土地です。そんな和と洋の二面性が、近年海外からの旅行客を伸ばしている大阪の魅力なのでしょう。

    2016-02-24
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    2016-04-09 #ニュース #gear Lomography の記事
    First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    パリを拠点に活動しているAnna Rakhvalovaは、人が輝くその瞬間(トキ)を写す才能を持ったフォトグラファーです。彼女が撮るポートレイトは、その人の魅力がもっとも輝くアングルと明るさで表現されています。さて今回新しく誕生したDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは、果たして彼女の期待を上回ることができたのでしょうか?

    2016-04-09
  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    2016-05-05 #ニュース #ビデオ #gear #people Lomography の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影された“The Sea Within.”は、香港のビジュアルアーティストであるHeiwa Wongによって監督された音楽とイメージをミニマルアートとして巧みに扱いながら、強い感覚の経験を呼び起こす短編映画です。自然と身体のつながりについて触れ、見る者を冷静と情熱の間を行き交う旅へと誘う作品を彼女のインタビューと共にお楽しみください。

    2016-05-05
  • [募集終了] Lomography+主催 【フィルム・ビギナーズ・ワークショップ!】

    2016-02-16 #ニュース #gear lomographyplus の記事
    [募集終了] Lomography+主催 【フィルム・ビギナーズ・ワークショップ!】

    「フィルムカメラを始めたいけど分からないことがありすぎて・・・・」というそこのアナタ! Lomographyスタッフがそんな悩みを解決いたします! フィルムのいろはを習得してフィルムカメラの世界へ飛び込みましょう!

    2016-02-16