Konstruktor カメラの組み立て方

6

Konstruktorカメラの新しいオーナーになったことを誇りに思いますか?あなたはこれからアメージングな写真をこの35mm一眼レフカメラで撮影することが楽しみで仕方がないでしょうね。このガイドで、私たちはあなたを簡単にこのカメラを作る為の課程をご説明します。

カメラのパーツを並べましょう

これらの図表はカメラのパーツをお見せしています。

あなたがKonstruktorを手に入れたばかりの時、カメラのいくつかのパーツはパーツグリッドの中にプラモデルの様におさまっているでしょう。あなたの為に組立プロセスを簡単にさせるため、いくつかはすでに組み立てられています。始める時にするべきベストなことは、あなたが持っている全てのカメラパーツをチェックして、各項目ごとで図表と比較して合わせ用意することです。パーツの番号は説明書の一番最後のページにあります。これは組立プロセスの各ステップをたくさん簡単にさせるでしょう!

*ネジはほとんど予備がついていないのでなくさないようにご注意を!広い机に広げて下さい。

レンズの組み立て方

必要パーツ:S1ネジx4、S4ネジx2、B16、 B17、 B18、 A8

  1. 構造図
  2. まずパーツB16とB18を結合されます。それから2つのS4ネジをパーツB16の側面に差しこんで締めます。
  3. B16/18とパートB17を連結させます。
  4. それからB16/17/18をパーツA8に結合させます。パーツA8はグリット内にあります。
  5. パートA8の上部にS1ネジを4つ取り付けます。
  6. レンズの完成です。

フードビューファインダーの組み立て方

必要パーツ:A7, A12, A13, A14, P11, B27

  1. 構造図
  2. パーツP11をA12の上にはめてください。きちんとはまるとA12が上に開きます。
  3. パーツA13とA14をフードビューファインダーの側面にはめ込みます。
  4. パーツA7に拡大ルーペB27を取り付けます。上下にご注意を。
  5. P11にA7を留めます。
  6. フードビューファインダーの完成です。

カメラボディーを組み立てる

必要パーツ:S2ネジx1、P8、B9、B21

  1. 構造図
  2. このステージの為に必要なパーツ
  3. カメラボディーB21にバネB9を取り付ける位置を図と確認しましょう。
  4. P8とB9を組み合わせます。接合させた時、バネB9の上部のひっかかりがP8の上に見えるはずです。
  5. P8へネジS2を締めます。
  6. 装置が完成しました。

必要パーツ: B20、B22、P4

  1. 構造図
  2. このステージではこのパーツが必要です。
  3. レバーP8を動かします。そうするとパーツB22を配置するスペースができます。挿入する位置を確認して下さい。
  4. カメラボディーの下部の溝にP4を差し込みます。P4の溝にパーツB22を押し込んでP4のギアを固定します。

必要パーツ:ネジS2 x1、P1、P2、P3、P9、B4

  1. 構造図
  2. このステップに必要なパーツ
  3. B4にパーツP1を置きます。それからパーツB4をしっかりとはめ込みます。カメラボディーの下部の小さな穴にB4の下部が入らなくてはいけません。(ここで一度心が折れそうになりました)上から強く押すとはまります。
  4. カメラボディーのP9にネジS2をねじ込みます。ネジを締めても、P9はまだ自由に回ることができるようになっているはずです。
  5. カメラボディーにP3を取り付けます。
  6. P1のギアにP8がロックされる位置までこの方向でこのステップの構造図デモンストレーションのため先ほど組み立てたP4を回転させます。
  7. 固定された位置にP8を保ったまま、P1の上にパーツP2を加えます。
  8. 装置が完成しました。

その他パーツの組み立て

必要パーツ:S3ネジx1、A10、B7、B13、B

  1. 構造図
  2. 巻き戻しキーの為の必要パーツ
  3. A10とB7を接続します。それから、ネジS3を上部でそれらを一緒に抑えるように締めます。
  4. 光学ユニットの上にマット面を下にして、B13を置きます。
  5. シートのヘリにご注意ください。これは光学ユニットの上のヘリにフィットするように組み立てなくてはいけません。

必要パーツ:S2ネジ x4、B10、B21、B24、P12、B25、B26

  1. 構造図
  2. 次のステップに必要なパーツ
  3. 図面で見えているようにB24とB10を取り付けます。
  4. 構造図は、次のステップをお見せしています。
  5. 図面で見えているようにP12を取り付けます。このステップの一部として、あなたはパーツB10(カメラボディーに取り付けられている金属の部分)をP12の上にひっかける必要があります。針を使うことはこのやっかいな部分の組み立てプロセスを行う為によいトリックです。
  6. P12にネジS2x3を取り付けて固定します。
  7. 写真のようにパーツB26を加えます。
  8. ネジS2を1つ使って、B26をネジで固定します。
  9. B25を上からのせます。

各要素をつなぎ合わせる

必要パーツ:P10とカメラカバー前面

  1. 構造図
  2. 写真のようにカメラカバーにP10を接合します。 方向にご注意。

必要パーツ:S3ネジx2、B、B19、 B21、 N1

  1. 構造図
    ステップ a) – カメラボディーのフィルムカートリッジ部分に裏蓋のB19を取り付けます。上下を間違えて持つとパーツが落ちるのでご注意を。
    ステップ b) – 写真のようにカメラボディーへ三脚ネジN1を取り付けます。
    ステップ c) – 写真のように全てのカメラボディーパーツを組み合わせます。2つのネジでS3をB21の側面にねじ込みます。

必要パーツ:ネジS3 x4、A11、カメラボディー

  1. 構造図
  2. カメラボディーにA11を加えます。
  3. S3ネジを4つ使用して、しっかりと固定します。
  4. このステップが完成された後の状態

必要パーツ:ネジS3 x1、巻上げキー、A1, A4, A6, B30, B31

  1. 構造図
  2. このステップに必要なパーツ
  3. カメラボディーに巻き戻しキーを取り付けます。
  4. シャッターボタンA6を取り付けます
  5. A4/B30 をのせます。P8は固定された位置に保ったまま、A4が‘21’に合うように移動します。
  6. A1へバネB31を取り付けて、カメラボディーに押しこみます。
  7. S3と位置をネジ締めします。
  8. 装置が完成しました。

必要パーツ:ネジS3x1 、A5(説明書のパーツではA3?)、フードビューファインダー、カメラボディー

  1. 構造図
  2. 全てのフード羽を広げてから、カメラボディーの溝にスライドさせます。
  3. カメラボディーにパーツA5(A3)を取り付けます。
  4. S3でネジ固定します。

組立の仕上げ

  1. 構造図
  2. レンズ固定器具を押さえ、撮影レンズを回してロックします。レンズはクリック音の後正しく組み込まれます。
  3. (カメラボディーの上に撮影レンズが挿入された時、アンロックマークとマッチします。)

最後の仕上げ

必要パーツ:B28, B29, 追加のステッカー

  1. 構造図
  2. 完成されたレンズにこの黒いステッカーを加え、ネジを隠します。
  3. Add the Konstruktor ラベルを加え、他のステッカーであなたのカメラを飾り付けましょう!

Konstruktor は世界初のDIY35mm一眼レフカメラ。1からカメラを組み立て、カメラのメカニズムやアナログ写真に隠された仕組みを楽しく学ぶことができます。 オンラインショップ または Lomography+ でキットを手にして、世界でたった一台のカメラを創りましょう!詳細は マイクロサイト よりご覧いただけます。

2013-06-13 #ビデオ #gear #tutorials #tipster #how-to-build-konstruktor #konstruktor #how-to-build tomas_bates の記事
翻訳 kyonn

6 Comment

  1. ak74m
    ak74m ·

    ミラーやシャッターは、組み立て済みの光学ユニットとして提供されるのですね。できればこの部分も組み立てたかったです、難易度が高くなってしまうのでしょうが。

  2. ak74m
    ak74m ·

    マイクロサイトからマニュアルをダウンロードしたら、ちゃんと光学ユニットの組み立て方も書いてありました。さすが!

  3. kyonn
    kyonn ·

    @ak74m 一度組み終わった後も、ネジを外して分解できるので(パーツが分からなくなってしまいそうですがw)色々やってみてくださいー!!

  4. tigercatsum
    tigercatsum ·

    ひょっとして、アイレベルファインダーも出てきたりして...

  5. kyonn
    kyonn ·

    @tigercatsum ひょっとすると、他のカメラのパーツを組み込んで、アイレベルファインダーもできちゃったりするかも...

  6. izayoi7
    izayoi7 ·

    フイルム(パトローネ)を入れる部分のビス穴二つには「各要素をつなぎ合わせる」のところでビスをねじ込んでいいのでしょうか^^)

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    2018-04-26 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    #イットガーリー はインフルエンサーたちの日常を温かみのあるフィルム写真で切り取った写真集。いままで様々な形でコラボしてきた #イットガーリー × Lomographyが今回展示を開催することとなりました!来場者プレゼントもあるのでお楽しみに。

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。

  • 【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    2017-08-26 refallinsasaki の記事
    【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第二弾は京都市左京区正往寺町にある Photolabo hibiさん!普段からロモのフィルムやカメラを使っているお店の方に、個人的にイチオシのカメラや今後お店でやってみたいイベントについてお話していただきました。お近くにお住いの方は必見です!

  • ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    2017-06-29 #gear
    ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    街の撮影ならいつでも、どこでもロモグラフィーの自分で組み立てる一眼カメラKonstruktorがぴったり!今日はその理由を素敵な写真と一緒にご紹介致します。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    2017-07-23 #culture
    ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    青は落ち着いた静かな印象を与える色であると同時に、冷たさを表す色でもあります。おそらく青が嫌いだという人は少ないのではないでしょうか?なぜ私たちは青に安らぎを感じるのでしょう?

  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。