Konstruktor カメラの組み立て方

6

Konstruktorカメラの新しいオーナーになったことを誇りに思いますか?あなたはこれからアメージングな写真をこの35mm一眼レフカメラで撮影することが楽しみで仕方がないでしょうね。このガイドで、私たちはあなたを簡単にこのカメラを作る為の課程をご説明します。

カメラのパーツを並べましょう

これらの図表はカメラのパーツをお見せしています。

あなたがKonstruktorを手に入れたばかりの時、カメラのいくつかのパーツはパーツグリッドの中にプラモデルの様におさまっているでしょう。あなたの為に組立プロセスを簡単にさせるため、いくつかはすでに組み立てられています。始める時にするべきベストなことは、あなたが持っている全てのカメラパーツをチェックして、各項目ごとで図表と比較して合わせ用意することです。パーツの番号は説明書の一番最後のページにあります。これは組立プロセスの各ステップをたくさん簡単にさせるでしょう!

*ネジはほとんど予備がついていないのでなくさないようにご注意を!広い机に広げて下さい。

レンズの組み立て方

必要パーツ:S1ネジx4、S4ネジx2、B16、 B17、 B18、 A8

  1. 構造図
  2. まずパーツB16とB18を結合されます。それから2つのS4ネジをパーツB16の側面に差しこんで締めます。
  3. B16/18とパートB17を連結させます。
  4. それからB16/17/18をパーツA8に結合させます。パーツA8はグリット内にあります。
  5. パートA8の上部にS1ネジを4つ取り付けます。
  6. レンズの完成です。

フードビューファインダーの組み立て方

必要パーツ:A7, A12, A13, A14, P11, B27

  1. 構造図
  2. パーツP11をA12の上にはめてください。きちんとはまるとA12が上に開きます。
  3. パーツA13とA14をフードビューファインダーの側面にはめ込みます。
  4. パーツA7に拡大ルーペB27を取り付けます。上下にご注意を。
  5. P11にA7を留めます。
  6. フードビューファインダーの完成です。

カメラボディーを組み立てる

必要パーツ:S2ネジx1、P8、B9、B21

  1. 構造図
  2. このステージの為に必要なパーツ
  3. カメラボディーB21にバネB9を取り付ける位置を図と確認しましょう。
  4. P8とB9を組み合わせます。接合させた時、バネB9の上部のひっかかりがP8の上に見えるはずです。
  5. P8へネジS2を締めます。
  6. 装置が完成しました。

必要パーツ: B20、B22、P4

  1. 構造図
  2. このステージではこのパーツが必要です。
  3. レバーP8を動かします。そうするとパーツB22を配置するスペースができます。挿入する位置を確認して下さい。
  4. カメラボディーの下部の溝にP4を差し込みます。P4の溝にパーツB22を押し込んでP4のギアを固定します。

必要パーツ:ネジS2 x1、P1、P2、P3、P9、B4

  1. 構造図
  2. このステップに必要なパーツ
  3. B4にパーツP1を置きます。それからパーツB4をしっかりとはめ込みます。カメラボディーの下部の小さな穴にB4の下部が入らなくてはいけません。(ここで一度心が折れそうになりました)上から強く押すとはまります。
  4. カメラボディーのP9にネジS2をねじ込みます。ネジを締めても、P9はまだ自由に回ることができるようになっているはずです。
  5. カメラボディーにP3を取り付けます。
  6. P1のギアにP8がロックされる位置までこの方向でこのステップの構造図デモンストレーションのため先ほど組み立てたP4を回転させます。
  7. 固定された位置にP8を保ったまま、P1の上にパーツP2を加えます。
  8. 装置が完成しました。

その他パーツの組み立て

必要パーツ:S3ネジx1、A10、B7、B13、B

  1. 構造図
  2. 巻き戻しキーの為の必要パーツ
  3. A10とB7を接続します。それから、ネジS3を上部でそれらを一緒に抑えるように締めます。
  4. 光学ユニットの上にマット面を下にして、B13を置きます。
  5. シートのヘリにご注意ください。これは光学ユニットの上のヘリにフィットするように組み立てなくてはいけません。

必要パーツ:S2ネジ x4、B10、B21、B24、P12、B25、B26

  1. 構造図
  2. 次のステップに必要なパーツ
  3. 図面で見えているようにB24とB10を取り付けます。
  4. 構造図は、次のステップをお見せしています。
  5. 図面で見えているようにP12を取り付けます。このステップの一部として、あなたはパーツB10(カメラボディーに取り付けられている金属の部分)をP12の上にひっかける必要があります。針を使うことはこのやっかいな部分の組み立てプロセスを行う為によいトリックです。
  6. P12にネジS2x3を取り付けて固定します。
  7. 写真のようにパーツB26を加えます。
  8. ネジS2を1つ使って、B26をネジで固定します。
  9. B25を上からのせます。

各要素をつなぎ合わせる

必要パーツ:P10とカメラカバー前面

  1. 構造図
  2. 写真のようにカメラカバーにP10を接合します。 方向にご注意。

必要パーツ:S3ネジx2、B、B19、 B21、 N1

  1. 構造図
    ステップ a) – カメラボディーのフィルムカートリッジ部分に裏蓋のB19を取り付けます。上下を間違えて持つとパーツが落ちるのでご注意を。
    ステップ b) – 写真のようにカメラボディーへ三脚ネジN1を取り付けます。
    ステップ c) – 写真のように全てのカメラボディーパーツを組み合わせます。2つのネジでS3をB21の側面にねじ込みます。

必要パーツ:ネジS3 x4、A11、カメラボディー

  1. 構造図
  2. カメラボディーにA11を加えます。
  3. S3ネジを4つ使用して、しっかりと固定します。
  4. このステップが完成された後の状態

必要パーツ:ネジS3 x1、巻上げキー、A1, A4, A6, B30, B31

  1. 構造図
  2. このステップに必要なパーツ
  3. カメラボディーに巻き戻しキーを取り付けます。
  4. シャッターボタンA6を取り付けます
  5. A4/B30 をのせます。P8は固定された位置に保ったまま、A4が‘21’に合うように移動します。
  6. A1へバネB31を取り付けて、カメラボディーに押しこみます。
  7. S3と位置をネジ締めします。
  8. 装置が完成しました。

必要パーツ:ネジS3x1 、A5(説明書のパーツではA3?)、フードビューファインダー、カメラボディー

  1. 構造図
  2. 全てのフード羽を広げてから、カメラボディーの溝にスライドさせます。
  3. カメラボディーにパーツA5(A3)を取り付けます。
  4. S3でネジ固定します。

組立の仕上げ

  1. 構造図
  2. レンズ固定器具を押さえ、撮影レンズを回してロックします。レンズはクリック音の後正しく組み込まれます。
  3. (カメラボディーの上に撮影レンズが挿入された時、アンロックマークとマッチします。)

最後の仕上げ

必要パーツ:B28, B29, 追加のステッカー

  1. 構造図
  2. 完成されたレンズにこの黒いステッカーを加え、ネジを隠します。
  3. Add the Konstruktor ラベルを加え、他のステッカーであなたのカメラを飾り付けましょう!

Konstruktor は世界初のDIY35mm一眼レフカメラ。1からカメラを組み立て、カメラのメカニズムやアナログ写真に隠された仕組みを楽しく学ぶことができます。 オンラインショップ または Lomography+ でキットを手にして、世界でたった一台のカメラを創りましょう!詳細は マイクロサイト よりご覧いただけます。

2013-06-13 #gear #tipster #konstruktor #how-to-build-konstruktor #how-to-build tomas_bates の記事
translated by kyonn

1 Comment

  1. ak74m
    ak74m ·

    ミラーやシャッターは、組み立て済みの光学ユニットとして提供されるのですね。できればこの部分も組み立てたかったです、難易度が高くなってしまうのでしょうが。

  2. ak74m
    ak74m ·

    マイクロサイトからマニュアルをダウンロードしたら、ちゃんと光学ユニットの組み立て方も書いてありました。さすが!

  3. kyonn
    kyonn ·

    @ak74m 一度組み終わった後も、ネジを外して分解できるので(パーツが分からなくなってしまいそうですがw)色々やってみてくださいー!!

  4. tigercatsum
    tigercatsum ·

    ひょっとして、アイレベルファインダーも出てきたりして...

  5. kyonn
    kyonn ·

    @tigercatsum ひょっとすると、他のカメラのパーツを組み込んで、アイレベルファインダーもできちゃったりするかも...

  6. izayoi7
    izayoi7 ·

    フイルム(パトローネ)を入れる部分のビス穴二つには「各要素をつなぎ合わせる」のところでビスをねじ込んでいいのでしょうか^^)

他の記事を読む

  • フジFPフィルムを使ってあなたのポロライド 80 シリーズを甦らせよう!

    2014-12-26 #gear #tipster stratski の記事
    フジFPフィルムを使ってあなたのポロライド 80 シリーズを甦らせよう!

    もう生産終了になったフィルムにしか対応していないからと、使うことを諦めていたカメラたち。そのカメラが、ある日使えることになったらとっても嬉しいですよね。この記事では、80 シリーズのポロライドカメラを、甦らせるある方法を紹介しています。

  • フィルムを壊すコツ:アンモニア・フィルムスープで自家現像

    2014-06-09 #gear #tipster aguillem の記事
    フィルムを壊すコツ:アンモニア・フィルムスープで自家現像

    あなたはフィルムスープのことは知っていますよね。では、現像する前にフィルムにアンモニアを飛び散らしたら、どんなことが起きるか見てみたいとは思いませんか?

  • 夏休み、じっくりカメラと向き合おう:Lubitel 166+でじっくり撮影

    2014-08-07 #ライフスタイル ciscoswank の記事
    夏休み、じっくりカメラと向き合おう:Lubitel 166+でじっくり撮影

    夏休み。あなたは何かアナログな予定はありますか? 時間をたっぷり使ってゆっくりできる夏休みだからこそ、じっくり写真と向き合いましょうLubitel166+は軽量中判二眼レフカメラ。ファインダーを上から覗き込み、1枚1枚じっくりとピントを合わせながら撮影するので、カメラとしっかり向き合いたい人にぴったりです。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Fräulein Catherine、Konstruktorに挑戦

    2014-07-24 #people #Lomoamigos zonderbar の記事
    Fräulein Catherine、Konstruktorに挑戦

    ロモグラフィーがKonstruktorを世に送りだしてから既に一年。この自分で組み立てるアナログDIY一眼レフカメラはあなたに今までにない経験を与えてくれます。ウィーンに住む人気ブロガーのFräulein Catherine(Miss Catherine)がそんなKonstruktorに挑戦!彼女のチャレンジを見てみましょう。

  • フィルムの実験:闇の中で、本物のアナログ実験を

    2015-01-20 #gear #tipster mikekumagai の記事
    フィルムの実験:闇の中で、本物のアナログ実験を

    薬品をかけたり、燃やしたり、ネガにひっかき傷をつけることは、フィルムで実験する数少ない方法です。しかし、完璧にフィルムを壊してしまう(もしあなたがラッキーなら何かびっくりしちゃうものを生み出す)別の方法があります。それは文字通り、夜に居酒屋から千鳥足で家へ帰る酔っぱらった人とおなじくらいばかなものです。 そして、全ては闇に包まれるのです。

  • 三脚を立てたままLC-A+のMX(多重露光)スイッチを操作する方法

    2015-04-13 #gear #tipster hodachrome の記事
    三脚を立てたままLC-A+のMX(多重露光)スイッチを操作する方法

    LC-A+を三脚に取り付けると、カメラの底の部分と三脚の設置部分が固定されるため、多重露光用のMXスイッチを操作するのが難しくなります。なので、三脚を用いた多重露光がしたい場合は撮影ごとに三脚から取り外す必要があり少し面倒でした。そこで、それを解決する方法をいくつか考えてみましたのでご紹介します。ちょっと強引な方法もあるので誰にでもできるものではないのですが、機会(そして機械)があったらトライしてみてください♪

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #tipster gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #tipster jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • とっても簡単!カラースプラッシュ

    2014-06-02 #gear #tipster shhquiet の記事
    とっても簡単!カラースプラッシュ

    カラースプラッシュはあなたの写真に奇跡を起こします。写真の雰囲気を選んだり、色を強めたり、全く新しい世界へ足を踏み入れることができます!高度な写真技術はここでは必要ありません。ただ、カラースプラッシュカメラ(もしくはフラッシュ)とあなたの想像力があればいいのです。犬を緑色に「描いて」みたり、友達の顔をピンクの光で染めてみたり……可能性は無限です!これは昼から夜まで試せるカラースプラッシュの技のリストです。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • スペシャルインタビュー:東京朝市アースデイマーケット 事務局 田中利昌

    2015-03-19 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    スペシャルインタビュー:東京朝市アースデイマーケット 事務局 田中利昌

    代々木公園けやき並木で月一回、週末の朝に開催している東京朝市アースデイマーケット。東京の都心開催ながら本格的なファーマーズマーケットは、食と農のつながりを軸としたライフスタイル発信の場となっています。Lomography+のある3331で偶然知り合ったことがきっかけとなり、アースデイマーケットとロモグラフィー、双方がオルタナティブなライフスタイルを提供していることに共感し、事務局の田中 利昌さんにカメラをお貸出しすることになりました。マーケットの皆様のほっこりする笑顔と、なんだか温かみを感じる野菜や出品物の数々....LC-Wideで撮影された写真を、インタビューと共にお楽しみください!

  • なぜフィルムで撮るのか。そこにLOMOのカメラがあるからだ。

    2014-08-26 #レビュー gakurou の記事
    なぜフィルムで撮るのか。そこにLOMOのカメラがあるからだ。

    フィルムで写真を撮っていると、なぜフィルムで撮るか聞かれることが良くある。 まぁいろいろな理由があるけど、僕にとって一番の理由はLOMOのカメラがあるからだ。 LOMOのカメラを使うということは、新しい世界を旅することと良く似ている。

    1
  • Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    2015-05-15 #world #ライフスタイル #ロケーション pan_dre の記事
    Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    勇猛果敢の名高い旅行者でさえ、北極と南極へと出航出来ることは稀。しかし、コミュニティーでは“stouf”の名で知られるあのロモグラファーが、この両極地帯へと足を踏み入ることを許された。この珍しい目的地への貴重な訪問は彼の職業上の理由によるものであったが、信頼できるカメラとお気に入りのフイルムを一緒に持って行き、調査旅行の様子を撮影することも、忘れられてはいなかった。