人物が透ける!ゴーストショット(GS)の撮り方

人物が透けて半透明になっているという不思議な写真を見たことはありませんか?多重露光のテクニックのひとつなのですが、私は勝手にゴーストショット(GS)と呼んでいます。この独特な雰囲気を持つ写真をぜひ撮ってみましょう。けっこう簡単にできちゃいますす♪

この写真は、公園にて人物を撮ったものです。人物部分が半透明になり、まるで幽霊か何かみたいに見えてちょっと不思議な写真です。これは三脚を使って同じ場所で二回露光したものです。なんだか難しそう?いえいえ、実はかんたんに撮れてしまうんです。それでは今回はこのゴーストショット(GS)を撮るためのTipsを教えますね~ (^_^)

【必要なもの】
1. カメラ
Holga、Diana、Belair、Horizon Kompakt、Sprocket Rocket、Konstruktorなど、多重露光がかんたんにできるカメラがよいです。LC-A+でも可能ですが、三脚に固定したときにMXスイッチが動かせなくなることがあるので注意が必要です。
2. フィルム
基本的になんでもOKですが、ISO1600など高感度すぎるものは露出オーバーになる可能性があるの不向きです。
3. 三脚
これは必需品です。人物以外の風景部分がずれてしまわないように三脚を使う必要があります。

【被写体選び】

被写体選びですが、人物が効果的に浮かび上がるための背景をうまく選ぶことが重要になります。最も気をつけるのは人物と重なり合う背後の部分です。この部分は、なるべくシンプルな背景にするのがよいと思います。例えば、街中や室内だったら明るくてシンプルな壁をバックに、自然を生かして撮るなら空やシンプルな地面をバックにするなど。あまりごちゃごちゃした背景を選ぶと人物が目立たなくなってしまうので注意しましょう。(もしそれがあなたの意図ならばそれでOK!)

周辺・背景はシンプルに

【撮り方】

1. 一回目の撮影
※カメラはHolgaにて、フィルムはISO400のネガフィルム、天気は曇天の場合で説明します。
まず一枚目を撮ります。先に人物を入れて撮るか、後で入れるかはどちらでもいいです。今回は先に人物を入れています。カメラの絞り設定は「天気(晴れ)」にします。これは二回重ねて撮るため、露出オーバーになるのを防ぐためです(状況により変えてください)。三脚をセットして、構図を決めたら人物を配置します。人物の背後の部分は透ける予定なのでその点をよく考慮して配置しましょう。人物は体全体を入れてもいいし、上半身だけ(または下半身だけ)でも面白いと思います。

1回目の撮影(人物ありで撮影)

2. 二回目の撮影
一枚目を撮ったらフィルムを巻き上げずに二回目の撮影を行います。カメラの絞り設定は一回目と同じく「天気(晴れ)」のままです。一回目とまったく同じ構図で、今回は人物は入れずに風景のみを撮影します。

2回目の撮影(人物なしで撮影)

その結果、二つの画像が同じフレーム内でブレンドされ、一回だけ露光された人物部分は風景と溶け込んで半透明になって現れます。

人物の透けた写真が現れる

以上です。かんたんでしょ?
撮影場所や天気、そして衣服の色や明るさが異なると写真の印象もがらっと変わってくると思います。私は神秘的でどことなく物悲しい雰囲気が好きなので曇った日(または日陰)をよく選びます。
HolgaやDiana、Sprocket Rocket、Konstruktor等の場合、そのまま二回続けて押すだけなのでこの技はかんたんにトライできます。LC-A+を使う場合は、カメラのポジションを動かさないようにMXボタンをスライドさせるアイデアが必要となります。LC-A+の場合は、フィルム感度がISO100ならISO200の設定で2回、ISO400ならISO800で2回、という設定で撮りましょう。露出を「抑える」ということがこの撮影方法の要となります。人物の透明度をあえて変えたかったら感度設定を調整してみてもいいでしょう。また三脚がなかったら手持ちで撮って少し背景がぶれるというのもアリだと思います。透明にする被写体はもちろん人物でなくてもいいので、いろいろ試してみるのも面白いですね。

ぜひあなたなりのアイデアで面白い「GSワールド」を作ってみよう!
Enjoy your GS life!

8/20追加!

以下は、このテクニックを使った他のユーザーさんの素晴らしい写真です。(もっと他に素晴らしい写真があったかもしれません、その場合はご容赦を!)

blueskyandhardrockさん、bloomchenさん、werristonさん、maknyさん、aliceclareさん、andrejrusskovskijさん、poepelさん、mariannさんの写真

Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2013-06-25 #gear #tutorials #lc-a #mx #multiple-exposure #tipster #double #doubles #double-exposure # # # # #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about hodachrome の記事

【25周年アニバーサリー限定エディション】Lomography生誕25周年記念として Lomo LC-Aシリーズのカメラが限定デザインで登場!ブラウンの本革に25周年アニバーサリーのロゴが入ったスペシャルなエディションです。オンラインショップまたは直営店Lomography+にて販売中。限定生産なのでお早めにどうぞ!

他の記事を読む

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    2018-02-19 1
  • 溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    2017-07-16 #gear lomographymagazine の記事
    溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    英語で「Dog Days」とは真夏の一番暑い日々のこと。外で写真を撮っていると汗がダラダラと流れる季節でもありますが、この時期の太陽の輝きは格別。そんな溶けそうに暑い日は、ロモグラフィーの La Sardinaがぴったり!

    2017-07-16
  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

    2017-05-15
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03
  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。

    2017-06-26
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear Lomography の記事
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さななボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

    2018-02-02
  • 色彩の持つ力:Arthur x Lomography F²/400 Color Negative Film

    2017-03-11 #gear lomographymagazine の記事
    色彩の持つ力:Arthur x Lomography F²/400 Color Negative Film

    Arthur Pangは香港の写真家。彼はプロダクト撮影や、野生生物の撮影を手がけていますが、一番好きなのはストリート写真だと語ります。今回彼にLomography F²/400 Color Negative Filmでありとあらゆる色を街中で撮影してもらいました!

    2017-03-11
  • カラーフラッシュの世界へ飛び込もう!:Simple Use Film Camera

    2017-10-26 refallinsasaki の記事
    カラーフラッシュの世界へ飛び込もう!:Simple Use Film Camera

    Simple Use Film Camera Color Negativeには3枚のフラッシュ用カラーフィルターがついています。このカラーフィルターを使ってフラッシュ撮影をすると、写真をビビッドな色に染めることができるんです!

    2017-10-26
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    2017-03-22 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    Lomo’Instant Automat Glass Magellan にクローズアップ・アタッチメントレンズを装着した場合の最短焦点距離は10cm。シャープでマクロなインスタント写真を思う存分楽しめるアクセサリーです!でも、いざ撮影しようとなると10cmっていったいどのくらい...?と思う人も多いはず。そんなときに便利な方法があります。

    2017-03-22
  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

    2017-06-23
  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

    2017-06-29