Lomo LC-A+:これ以上何を求めるのか?

写真界に大きなムーブをもたらしたこのカメラに、これ以上何を言えるだろうか?LC-A+は、90年代にロモグラフィーを代表したカメラを新しくしたもの。このカメラについてのもっと知りたいですか?では、続きをご覧ください。

Lomo LC-A+ は、90年代にチェコでロモグラフィーの創設者に見つけられた、昔のLC-Aの改良版。

この小さな黒い不思議の箱は(違うバージョンや スペシャルエディション もあります)35mmのオートマティックでコンパクトなカメラ。Lomo LC-A+に関して言えば、シャッタースピードが自動(フィルムのISOを選択した後)で、あとは距離を0.8mか1.5mか無限の中から選ぶことだけを心配すればいい。

このカメラは電池が三つ必要だけど、買った時に元々ついてくるし、手に入れるのも難しくない。電池は、カメラの底の、三脚穴(暗い時に撮影するのに便利)の隣にある部分に入れられる。

三脚穴以外に、このカメラはどんなフラッシュでも使えるし、ケーブルリリーズと合わせて使うこともできることも頭に入れておこう。だから、LC-A+で撮影する時には、光の明るさは言い訳にはならないよ。

LC-A+の最も素晴らしい改良点の一つは、 MXレバー を動かすだけでできる、多重露光撮影できること。

もう一つのレバーは、ファインダーとレンズを開閉して保護するためのもの。このカメラのレンズは32mm Minitarでf2.8になっている(この種類のカメラではとても高い方だと思う)。

最後に、この不思議な箱は、簡単に手に入れられ、現像できる35mmフィルムを使用している。装填するのも簡単。終わった後に巻きあげるためには、下にあるボタンを押して、レバーを巻き上げるだけ。

LC-A+ は軽量で素早く、コンパクトなカメラで、撮れば撮るほどより良い写真が撮れるようになる。どこにでも持ち出そう。

Lomo-LC-A+-On!

2013-08-16 #レビュー guanatos の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 家でできる手作り4×5インスタントフィルム

    2014-03-12 #gear #tipster cruzron の記事
    家でできる手作り4×5インスタントフィルム

    最近では、大きなフォーマットのカメラ用のインスタントフィルムを見つけるのは夢物語のようです。なので、代わりに自分で作ってはいかがでしょうか?続きをご覧ください!

  • マーカス・キーフ: めまいとムーディーなシュールレアリズムのマスター

    2014-08-07 #ライフスタイル impaktor の記事
    マーカス・キーフ: めまいとムーディーなシュールレアリズムのマスター

    マーカスキーフは、70年代のヘヴィー/アンダーグラウンド・ロックで最も象徴的なアルバムの裏に隠れる驚異的な写真家だった。 彼はブラック·サバス、ロッド·スチュワート、コロシアム、マンフレッド·マン、デヴィッド·ボウイ、ユーライア·ヒープ、そしていくつかのアルバム・カバーをデザインした。ここでは、彼の写真を紹介して行きましょう。

  • Horizonカメラがストリート写真に適する10の理由

    2014-05-14 #ライフスタイル jillytanrad の記事
    Horizonカメラがストリート写真に適する10の理由

    ロモグラファーならば、Horizonカメラが景色を切り取る上でとても良く働いてくれることを知っていますよね。でもHorizonカメラがストリート写真にもぴったりだって、皆さんご存知でしたか?なぜHorizonはストリート写真にぴったりなのか、10の理由はこちらです。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 建物や街角での撮影をRussar+で楽しもう!

    2014-04-18 #gear #tipster plasticpopsicle の記事
    建物や街角での撮影をRussar+で楽しもう!

    Russar+のように多用途でお使いいただけるレンズにはたくさんの撮影スタイルがあります。自分のL39、もしくはMマウントカメラにRussar+を装着したとき、あなたなら何をどのように撮影しますか?Russar+はスーパーワイドアングルレンズなので建築物や街中での撮影にぴったりです。 この記事で少し、簡単なテクニックをご紹介いたします!

  • 狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    2014-09-01 #gear #tipster blackfairy の記事
    狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    残念ながら、出来あがった写真が期待通りではない、というのは時々起こること。見てみると、素敵だと言える写真ではない。色使いもつまらなくて、被写体もありふれたもの……。確実に、年間最優秀写真にはならない!ここでは35mmフィルムのネガを修正することで、そういった写真たちにもう一度チャンスをあげたいと思っているの。この記事のアイディアを使って実験して、Lomography Smartphone Scannerを使ってネガをスキャンしてね。何でもやってみて。燃やしたり、引っかいたり、塩酸やバルサミコ酢、マニキュア液、漂白剤、ラズベリー果汁なんかを掛けたり。想像力を働かせて、新しいフィルムスープのレシピをメモしてね!この記事では、効果の例を見ることができるわ。

    1
  • LomoChrome Purple XR100-400で写す記憶の中の花写真

    2015-01-28 #gear #tipster toya1010 の記事
    LomoChrome Purple XR100-400で写す記憶の中の花写真

    このフィルムを手にした時真っ先に撮影したいものがみつかったのです。 それは私、toya1010の心の中にある「記憶」でした。 きっと誰の心にもあるものだから、写すヒントを書いておきます。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • スニペットとビネット:フォトグラファーJamie Beckの目から見るニューヨーク

    2014-03-22 #ライフスタイル cheeo の記事
    スニペットとビネット:フォトグラファーJamie Beckの目から見るニューヨーク

    あなたは今までに、他の人の目から見た世界がどう映るか考えたことがありますか?写真を使うことで見ることができますが、Jamie Beckは、ただ見るだけでなく、より素晴らしいものにしました。

  • ここだけのコツをおさらい!: LC-Wideで陽気なロモライフを

    2015-01-21 #gear #tipster cheeo の記事
    ここだけのコツをおさらい!: LC-Wideで陽気なロモライフを

    ウルトラ・ワイドで、超・頼りがいのある Minigonレンズが特徴的なLomo LC-Wide。その優れたキャラクターから、私達コミュニティのメンバーからも絶大な人気を得ています。 あなたもここで紹介するいくつかのシンプルなコツを一つか二つモノにすれば、このカメラがなぜそんなにも人気なのかきっとわかるはず!

  • とっても簡単!カラースプラッシュ

    2014-06-02 #gear #tipster shhquiet の記事
    とっても簡単!カラースプラッシュ

    カラースプラッシュはあなたの写真に奇跡を起こします。写真の雰囲気を選んだり、色を強めたり、全く新しい世界へ足を踏み入れることができます!高度な写真技術はここでは必要ありません。ただ、カラースプラッシュカメラ(もしくはフラッシュ)とあなたの想像力があればいいのです。犬を緑色に「描いて」みたり、友達の顔をピンクの光で染めてみたり……可能性は無限です!これは昼から夜まで試せるカラースプラッシュの技のリストです。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 見せて貰おうか、Lomo LC-A 120 の性能とやらを・・・

    2014-12-11 #レビュー gakurou の記事
    見せて貰おうか、Lomo LC-A 120 の性能とやらを・・・

    今回、幸運にも発売前にLC-A 120のプロトタイプ機を借りることができたので、気合を入れていろいろ撮ってみたよ。 LC-A 120は外見だけ見ると、LC-A+をそのまま大きくしただけに見えるけど、心臓部のレンズに関して言えば全く別物のスゴイカメラだったよ。

    1
  • フィルムの実験:闇の中で、本物のアナログ実験を

    2015-01-20 #gear #tipster mikekumagai の記事
    フィルムの実験:闇の中で、本物のアナログ実験を

    薬品をかけたり、燃やしたり、ネガにひっかき傷をつけることは、フィルムで実験する数少ない方法です。しかし、完璧にフィルムを壊してしまう(もしあなたがラッキーなら何かびっくりしちゃうものを生み出す)別の方法があります。それは文字通り、夜に居酒屋から千鳥足で家へ帰る酔っぱらった人とおなじくらいばかなものです。 そして、全ては闇に包まれるのです。

  • Sprocket Rocket: お求めやすいパノラマカメラ

    2014-10-01 #レビュー simonesavo の記事
    Sprocket Rocket: お求めやすいパノラマカメラ

    Sprocket Rocket(スプロケットロケット)はロモグラファーにはとっても有名で人気なカメラのうちのひとつ。9色のボディーカラーから選択でき、ウルトラワイドレンズでとっても美しいパノラマ写真をつくりだします!このカメラについてもっと知って、パノラマの魅力に魅せられましょう。