すべてのロモグラファーがLomo LC-Wideで試すべき10のテクニック

2013-07-29

みんなは、Lomo LC-Wideで挑戦できることはすべてやったと思う?この写真の下にチェックリストを載せているから、このまま読んで、Lomo LC-Wideが起こせる奇跡をすべて体験しているかどうか見てね!

わたしたちは、ロモグラファー仲間が Lomo LC-Wide を使って撮った感動的な写真のギャラリーをいくつかシェアしてきたわ。それはみんなにも大きな瞳をしたアナログ仲間のLomo LC-Wideで、まさに同じように感動的なロモグラフを手に入れるという挑戦をしたいと思ってほしかったからなの。マスターしたかチェックできるリストのような形にまとめたから、読んでメモして、撮影に挑戦して、チェックマークをつけていってね。

準備はいい?いくわよ!

Credits: mapix

1. 自分で撮る肖像写真

肖像写真の魅力には誰もあらがえないわよね。だったらアナログなやり方で撮ってみるのもいいと思わない?自分の写真をとっても楽しいものにしたいけど、どのロモグラフィーカメラを使っていいか分からないっていう人も、Lomo LC-Wide以外は探さなくていいわよ!

Credits: bnjmn

2. 二重露光と多重露光

二重露光、それから多重露光はわたしたちのお気に入りのテクニックの1つになっているから、ロモグラファー仲間が大きな瞳のLomo LC-Wideで魅力的な二重露光写真を撮っているのを知ってもまったく驚かないわね。

Credits: i_am_four-eyes

3. ハーフフレーム

Lomo LC-Wideをじっくり見てみると、カメラの下とレンズカバーの下にあるダイヤルに「HF」と書いてあるのが分かると思うわ。「HF」はハーフフレームの略ね。そう、みんなの思った通りよ。大きな瞳のアナログ仲間と楽しみを二倍にできるし、ハーフフレームの幸せを手にすることができるの。それにロモグラファーの中にも持っている人がいるように、2枚折りのおもしろい写真を手に入れることができるわ。

Credits: cyanwater

4. 長時間露光

夕暮れ時や夜にLomo LC-Wideを使った撮影をしたいと思い描いているのに、光の少ない状況でどうやったらいい写真が撮れるか分からないって人いる?その答えは長時間露光って呼ばれる、コツがいるけど効果的なあの方法にあるわ!

5. ライトペインティング

夜に光の少ない状況でも、Lomo LC-Wideできれいな長時間露光の写真を撮れるって分かったわよね。そしたら、大きな瞳のアナログの奇跡で試してみるべきことはもう一つあるのよ。それが、ライトペインティング!

Credits: singleelderly

6. ペットの肖像写真

わたしたちロモグラファーがペット愛好家でも何の驚きもないわ。フィルム写真のあんなに可愛らしい被写体になってくれるのも大好きなところよね。LC-Wideは自分のネコやイヌを追いかけて愛らしいペット写真を撮るのに使える最高なカメラの一つよ。

Credits: gocchin

7. 限界のないパノラマ

え?Lomo LC-Wideを使ってパノラマが撮れるの?その通り!大きな瞳のアナログ仲間で限界知らずのパノラマ写真を撮るコツを学んだら、思う存分ワイドなパノラマ写真を撮れている自分に気づくわよ!

Credits: litleandi

8. 夜の写真

リラックスできる夏のビーチでのLomo LC-Wideとの時間から街に戻ってきても、フィルムの楽しみは止まらない。覚えておいてね、いつだって自分の街の夜の輝く景色をいくらでも撮ることができるのよ。ロモグラファー仲間が大きな瞳のアナログ仲間で撮ったみたいにね!

Credits: scorpie

9. モノクロ写真

スライドフィルムを入れて撮れる、美しく鮮やかな色彩でいっぱいのカラーロモグラフも好まれているけど、Lomo LC-Wideはモノクロで撮りたい人にとってもすばらしい選択なのよ。

Credits: emilios

10. 水中写真

夏が来たら水中写真を撮らなくっちゃね!というわけで、Lomo LC-WideにKrabを装備して、海辺やプールでびしょ濡れになってワイドに楽しむ時間よ!

Lomo LC-Wide は、新しく開発された17mm Minigon Ultra-Wide Lensが自慢なのです。この素晴らしい35mmカメラは、あなたの写真遠征の完璧なお供。新たな3つの異なったフォーマットと共に、目を奪うような鮮やかな色や驚かせるような彩度とコントラストを生み出すことができる。 LC-Wide で写真の新たな世界を体験しよう!ぜひ ストア でお買い求めください!

2013-07-29 #lifestyle # # #lc-wide #lomo-lc-wide # plasticpopsicle の記事
翻訳 tea-tea

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    2016-06-19 #gear denisesanjose の記事
    Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    海の中、川の中、ザーザー降りの雨の中、さらには大雪の時。どんな環境下でも愛用している LC-A+やLC-Wideを連れて行きたい!と願うことはありませんか?そんな時は「Krab Underwater Housing」!赤いカニのように固くて丈夫な防水ケースを付ければ、水深20mでもあなたのフィルム撮影欲を満たしてくれます!そしていまならLC-A+もしくはLC-Wideを購入すると、もれなくこちらをプレゼントするキャンペーン実施中!

    2016-06-19
  • ヘアサロンMaison Marianneオープン記念パーティーをLomo'Instant Wideで撮影!

    2016-05-26 #gear #people ciaoannacotta の記事
    ヘアサロンMaison Marianneオープン記念パーティーをLomo'Instant Wideで撮影!

    フランス人女性で初めて日本の美容師免許所得したMarianne。太陽のように明るくパワフルな彼女から生み出される髪型の虜になる人は後を絶ちません。言葉が分からない状態から果敢にチャレンジし続け、「日本に自分のサロン、Maison Marianneをオープンさせる」という夢が叶うその日までを伺いました。またその記念すべき日をクリエイティブな写真が簡単に撮れるLomo'Instant Wideで記録。インスタント写真のノスタルジックな雰囲気と彼女のいままでの軌跡が重なり、独特の優しい雰囲気が写し撮られました。

    2016-05-26
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ピギーポイントってなあに?

    2016-07-01 #ニュース ciaoannacotta の記事
    ピギーポイントってなあに?

    ロモホームに加入した時や、ニュースレターを読んでいるとよく見かける「ピギー」という言葉。ピギーって…ブタのこと?ピギーは確かにブタのことを指しますが、ロモグラフィーのピギーはお買い物ポイントのことを指します!ピギーをゲットする方法は様々。ピギーをゲットしてお得なロモライフをお送りください!

    2016-07-01
  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    2016-11-12 1
  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

    2016-04-05
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lomo LC-Wide: 鮮やかな色彩のグラデーション

    2016-09-13 #gear lomographymagazine の記事
    Lomo LC-Wide: 鮮やかな色彩のグラデーション

    おおきなキャンバスなら、より豊かに美しい色彩のグラデーションを描き出すことができます!革新的な17mmワイドアングルレンズを搭載したLC-Wideで世界をダイナミックに写してみませんか?

    2016-09-13
  • [レビュー]モノクロチェキフィルムでカラーフィルターを使ってみました!

    2016-12-05 #gear #culture #ニュース sikakuipanda の記事
    [レビュー]モノクロチェキフィルムでカラーフィルターを使ってみました!

    現在プレオーダー中のLomo"instant Automatが手元に届くのが待ちきれない方も多いかと思いますが、フィルムの準備はもうOKでしょうか?今回は直営店スタッフが、話題のモノクロチェキフィルムとカラーフィルターを使って、どんな効果が発生するのか試してみました! 通常のモノクロフィルムと同様の効果はえられるのでしょうか!?

    2016-12-05
  • LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    2016-12-06 #people mpflawer の記事
    LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    プロのスノーボーダーであるVictor Davietから愉快な旅行風景が届きました!写真とスノーボードをこよなく愛するVictorはVansとAct Snowboarding magazine主催のスノーボード旅行にもLC-A+を連れて行きました。いったいどんな写真になったのでしょうか?

    2016-12-06
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    2017-02-27 #people #places charlottepelleray の記事
    John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    ギリシャのフォトグラファー・John Voulgarakisはきっと前世でも写真に関わっていたに違いありません。このインタビューで、彼はLC-Aに対する情熱とギリシャの危機が芸術シーンに及ぼす影響を語り、愛するアテネの街並みを案内してくれました。

    2017-02-27
  • [LomoAmigo] SASU TEI meets Lomo LC-A Minitar-1

    2016-05-30 #people ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] SASU TEI meets Lomo LC-A Minitar-1

    フォトグラファーのSASU TEIさんは韓国出身で、日本や韓国でファッションやコマーシャルフォトを撮影されています。2回目の登場となる今回はパンケーキのように平らなアートレンズ、Lomo LC-A Minitar-1を使ってスタジオで撮影して頂きました。このレンズの特長のひとつであるビネット効果がハッキリと移った写真は、どこかノスタルジックで味のある作品に仕上がっています。

    2016-05-30
  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

    2016-03-05