すべてのロモグラファーがLomo LC-Wideで試すべき10のテクニック

みんなは、Lomo LC-Wideで挑戦できることはすべてやったと思う?この写真の下にチェックリストを載せているから、このまま読んで、Lomo LC-Wideが起こせる奇跡をすべて体験しているかどうか見てね!

わたしたちは、ロモグラファー仲間が Lomo LC-Wide を使って撮った感動的な写真のギャラリーをいくつかシェアしてきたわ。それはみんなにも大きな瞳をしたアナログ仲間のLomo LC-Wideで、まさに同じように感動的なロモグラフを手に入れるという挑戦をしたいと思ってほしかったからなの。マスターしたかチェックできるリストのような形にまとめたから、読んでメモして、撮影に挑戦して、チェックマークをつけていってね。

準備はいい?いくわよ!

Credits: mapix

1. 自分で撮る肖像写真

肖像写真の魅力には誰もあらがえないわよね。だったらアナログなやり方で撮ってみるのもいいと思わない?自分の写真をとっても楽しいものにしたいけど、どのロモグラフィーカメラを使っていいか分からないっていう人も、Lomo LC-Wide以外は探さなくていいわよ!

Credits: bnjmn

2. 二重露光と多重露光

二重露光、それから多重露光はわたしたちのお気に入りのテクニックの1つになっているから、ロモグラファー仲間が大きな瞳のLomo LC-Wideで魅力的な二重露光写真を撮っているのを知ってもまったく驚かないわね。

Credits: i_am_four-eyes

3. ハーフフレーム

Lomo LC-Wideをじっくり見てみると、カメラの下とレンズカバーの下にあるダイヤルに「HF」と書いてあるのが分かると思うわ。「HF」はハーフフレームの略ね。そう、みんなの思った通りよ。大きな瞳のアナログ仲間と楽しみを二倍にできるし、ハーフフレームの幸せを手にすることができるの。それにロモグラファーの中にも持っている人がいるように、2枚折りのおもしろい写真を手に入れることができるわ。

Credits: cyanwater

4. 長時間露光

夕暮れ時や夜にLomo LC-Wideを使った撮影をしたいと思い描いているのに、光の少ない状況でどうやったらいい写真が撮れるか分からないって人いる?その答えは長時間露光って呼ばれる、コツがいるけど効果的なあの方法にあるわ!

5. ライトペインティング

夜に光の少ない状況でも、Lomo LC-Wideできれいな長時間露光の写真を撮れるって分かったわよね。そしたら、大きな瞳のアナログの奇跡で試してみるべきことはもう一つあるのよ。それが、ライトペインティング!

Credits: singleelderly

6. ペットの肖像写真

わたしたちロモグラファーがペット愛好家でも何の驚きもないわ。フィルム写真のあんなに可愛らしい被写体になってくれるのも大好きなところよね。LC-Wideは自分のネコやイヌを追いかけて愛らしいペット写真を撮るのに使える最高なカメラの一つよ。

Credits: gocchin

7. 限界のないパノラマ

え?Lomo LC-Wideを使ってパノラマが撮れるの?その通り!大きな瞳のアナログ仲間で限界知らずのパノラマ写真を撮るコツを学んだら、思う存分ワイドなパノラマ写真を撮れている自分に気づくわよ!

Credits: litleandi

8. 夜の写真

リラックスできる夏のビーチでのLomo LC-Wideとの時間から街に戻ってきても、フィルムの楽しみは止まらない。覚えておいてね、いつだって自分の街の夜の輝く景色をいくらでも撮ることができるのよ。ロモグラファー仲間が大きな瞳のアナログ仲間で撮ったみたいにね!

Credits: scorpie

9. モノクロ写真

スライドフィルムを入れて撮れる、美しく鮮やかな色彩でいっぱいのカラーロモグラフも好まれているけど、Lomo LC-Wideはモノクロで撮りたい人にとってもすばらしい選択なのよ。

Credits: emilios

10. 水中写真

夏が来たら水中写真を撮らなくっちゃね!というわけで、Lomo LC-WideにKrabを装備して、海辺やプールでびしょ濡れになってワイドに楽しむ時間よ!

Lomo LC-Wide は、新しく開発された17mm Minigon Ultra-Wide Lensが自慢なのです。この素晴らしい35mmカメラは、あなたの写真遠征の完璧なお供。新たな3つの異なったフォーマットと共に、目を奪うような鮮やかな色や驚かせるような彩度とコントラストを生み出すことができる。 LC-Wide で写真の新たな世界を体験しよう!ぜひ ストア でお買い求めください!

2013-07-29 #lifestyle # # #lc-wide #lomo-lc-wide # plasticpopsicle の記事
翻訳 tea-tea

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemでいつもとは違う視点から撮影してみよう!

    2017-06-04
    Neptune Convertible Art Lens Systemでいつもとは違う視点から撮影してみよう!

    無限の可能性に挑戦できるNeptune Convertible Art Lens Systemを活用して、建物のラインや模様を生かしたイメージを撮影してみませんか?きっとこれまで観たことのないような世界に出逢えるはずですよ!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    2017-06-02 trifivy の記事
    3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    LC-A+の魅力をそのままに、超広角レンズを搭載したLC-Wide。ですが、凄いのはレンズだけではありません!LC-Wideならフォーマットを変えて何通りも楽しめることをご存知ですか?今日はロモグラフィーのコミュニティーから、LC-Wideを使って色んなフォーマットで撮影した作品をご紹介します!!

  • 《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017-11-20 #culture #ニュース #places choko3 の記事
    《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017年11月に25周年を迎えるロモグラフィー(Lomography)。25周年を盛大にお祝いするべく、なんとロモグラフィー発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップワークショップを12/2(土)に開催!ウィーンで撮影されたフィルムの上に、東京で撮影されたショットが重なる奇跡のフィルム…!仕上がりはそれぞれの国で展示予定。この記念すべき年にふさわしいワークショップにあなたも参加してみませんか?

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Lomography ✖ Snap! 鈴木文彦 特別インタビュー <前半戦>

    2017-10-20 keitauni94 の記事
    Lomography ✖ Snap! 鈴木文彦 特別インタビュー <前半戦>

    <前半戦> ロモジャパン代表 星とSnap! 鈴木文彦さんへのインタビュー。長いお付き合いのお二人が、それぞれの立場からロモを語ります。ロモグラフィーとは何か、どんな歴史をたどってきたのか、これからどうなっていくのか、二つの視点から紐ときます。

  • Lomography ✖ Snap! 鈴木文彦 特別インタビュー <後半戦>

    2017-10-20 keitauni94 の記事
    Lomography ✖ Snap! 鈴木文彦 特別インタビュー <後半戦>

    <後半戦>ロモジャパン代表 星とSnap!鈴木文彦さんへのインタビュー。長いお付き合いのお二人が、それぞれの立場からロモを語ります。ロモグラフィーとは何か、どんな歴史をたどってきたのか、これからどうなっていくのか、二つの視点から紐ときます。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!