27クラブ:27歳で他界した偉大なミュージシャンたち

「27クラブ」と呼ばれる故人たちを、往年の写真と共に偲ぶ。

Photo via tumblr

7/23は エイミー・ワインハウスの二周忌だった。 このイギリスのシンガー・ソングライターは、薬物乱用とアルコール中毒により夭折。世界的な名声、批評家の称賛、数十年の活躍が期待されるミュージシャンとしてのキャリア、まさにすべてを手に入れた時だった。2011年のあの日にこの世を去ってさえいなければ。彼女は、27歳で他界した才能あるアーティストたち、27クラブの一員となった。

エイミー・ワインハウスより早く、27クラブ入りしたアーティストたち。

Photo via biography

ローリング・ストーンズの ブライアン・ジョーンズ

ストーンズ と言えば、ミック・ジャガーとキース・リチャーズと思われるが、実はブライアン・ジョーンズこそ ローリング・ストーンズ 産みの親である。

麻薬と情緒不安定により、死のかなり前にはバンド活動から遠ざかっていた。

ジョーンズが正式にザ・ローリング・ストーンズを脱退してほぼ1カ月後に、コッチフォード・ファームの屋敷の、プールの底で発見された。血液から、処方薬とドラッグ、高濃度のアルコールを検出。

Photo via sixthingsblog

ジミ・ヘンドリックス

ジミ・ヘンドリックスこそ真にギターを _弾ける_男だ。音楽史上最高の影響力と才能を持ったギタリスト。だがその伝説は予想よりもはるかに早くその幕を下ろした。

彼は1969年当時、世界一出演料の高いパフォーマーだった。にもかかわらず、ウッドストックのプロモーターは彼を演奏者として招待。ヘンドリックスはこの音楽祭のトリを務め、アメリカ国家 ”The Star-Spangled Banner” を演奏した。

1970年9月、伝説のギタリストは、睡眠薬9錠を飲んでバルビツール系中毒を起こした。自身の吐瀉物による窒息で死亡。

Photo via lastfm

ジャニス・ジョプリン

ジミ・ヘンドリックスの死からほどなくして、ジャニス・ジョプリンが逝った。

ジャニス・ジョプリンの音楽におけるキャリアが開花したのは、彼女がまだサイケデリック・ロックのバンド、_ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー_のリード・ボーカルだった時。その後ソロ・アーティストとして昇りつめた彼女。モントレー・ポップ・フェスティバルとウッドストックでの歌は、極めて印象深いものだった。

1970年10月、ヘロインの過量服用によりホテルの客室で死んだ。

Photo via fanpop

ジム・モリソン

ジム・モリソンは60年代アメリカのロック・バンド、 ザ・ドアーズ のリード・ボーカルとして最も知られている。彼は、詩人であり、ソングライター、そして何より死後数十年経っても色あせることのないスターだ。

27クラブの他の ’メンバー’ 同様、ジム・モリソンもアルコールとドラッグ依存で命を落とした。死因はジョプリンと同じヘロインの過量服用とされているが、検死は行われていない。当局の発表では、1971年7月に、パリにある自分のアパルトマンの浴槽で心臓発作により死んだとされている。

Photo via musicgearlive

カート・コバーン

90年代初頭、ニルヴァーナが グランジロック で世界を席巻した。バンドはアルバム ネヴァーマインド でブレイク、先行シングル ”スメルズ・ライク・ティーン・スピリット’ と併せ、ニルヴァーナの人気を不動なものにした。

全ての中心は、ニルヴァーナの設立メンバーであり、ソングライター、ボーカリスト兼ギタリストのカート・コバーンだった。 コバーンは_世代のスポークスマン_として迎えられた。

コバーンには鬱病歴と自殺傾向があった。そして他の天才ミュージシャンの例に漏れず、不幸にもドラッグに溺れた。薬物中毒と自殺行為で命を落とした。シアトルの自宅においてショットガンで頭を撃ち抜いた。

27歳の若さで世を去った、忘れ難い、才能あふれる偉大なミュージシャンたち。この先27クラブのメンバーが増えないことを祈ろう。

以下もおすすめ。

ウッドストックで厳かにギターをつま弾くジミ・ヘンドリックス

今日は何の日? (2011): エイミー・ワインハウス、アルコール中毒により他界

2013-08-03 #ライフスタイル #tributes #analogue-photography #27-club #vintage #music #drugs #portraits #black-and-white jillytanrad の記事
翻訳 orangemikan

他の記事を読む

  • LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    2015-08-13 #people #ニュース #ライフスタイル #Lomoamigos zonderbar の記事
    LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    ミュージシャンであるObi Blancheは、2013年にロモグラファーとなり写真の世界にどっぷりと浸かることになりました。それ以降、彼はロモグラフィーの最新カメラに常に興味を持ち続け、その中でも特に彼を惹き付けたカメラがLC-A 120です。

  • 不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    2015-07-15 #people #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    ジャズの名曲を聴かせるアナログレコードの無骨な音色は、多くの人が愛するところ。ちょうどそれと同じように、私達がアナログ写真を選ぶのも、その自然な不完全さの故だ。それはなんとも形容し難い不思議な力で、私達の現実の在り方を思い出させてくれる。完璧でないからこそ、アナログ写真は魅力的なのだ。私達は、26歳のシネマトグラファーにしてDJ、そしてまた、緻密に構成された写真によって、自然な美しさの極まった静謐な瞬間を写し続けるフォトグラファーでもあるAdriano Guimarães Sodréと話をすることが出来た。

  • Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    2015-12-26 #gear #ライフスタイル #Lomoamigos zonderbar の記事
    Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    我らがロモアミーゴ Kate BellmはDeyáを拠点に活動するサイケデリックな作風で知られる写真家。ユニークな色の変化が楽しめるロモグラフィーのLomoChrome フィルムは彼女のスタイルにぴったり!彼女はバッグにLomoChrome PurpleとTurquoiseを詰め込みアイスランドへと旅立ち、まるで別世界を写し出したかのような素敵な写真と共に戻ってきました!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 世界中の活気あるアート地区10か所

    2015-09-08 #world #ライフスタイル #ロケーション lomographymagazine の記事
    世界中の活気あるアート地区10か所

    発想豊かなアーティストたちが再構築したストリートは、まるで屋外ギャラリーのよう。ポスターやグラフィティーで彩られた壁やコンセプトショップが連ねる世界のアートな場所10か所を、アナログ写真とともにご紹介します。

  • LomoAmigos: Coco Alexander、LC-A 120で撮る

    2015-03-06 #people #Lomoamigos mindofmyra の記事
    LomoAmigos: Coco Alexander、LC-A 120で撮る

    私たちの大好きな写真家、Coco AlexendarがLC-A 120で公園やコンサート会場、雪景色を撮影してくれました!Cocoの写真に対する挑戦の姿勢や、写真以外の趣味についても言及したインタビューと共にお楽しみください。

  • 2015年4月のトレンド写真

    2015-05-18 #world #ニュース Eunice Abique の記事
    2015年4月のトレンド写真

    春の訪れと共にロモグラフィーのコミュニティーも世界中の写真たちで満開に!その中でも先月脚光を浴びた写真をご紹介します。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Petzval 58 Bokeh Control: 4×5 SHI NO GO 栗原論

    2015-06-24 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 4×5 SHI NO GO 栗原論

    栗原論は東京を拠点にエディトリアル、広告、CDジャケットなどで活動する写真家。本城直季、渡辺一城、牧野智晃と共に立ち上げた写真家グループ「4x5 SHI NO GO」として個展を開くなど、様々な活動をしています。今回はPetzval 58 Bokeh Controlのプロトタイプで、日常的なスナップを撮影していただきました。東京の人々の目に映る、普通の暮らしと見慣れた景色...Petzval 58 Bokeh Control レンズを通すとどのように写し出されるのでしょうか。

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • Community Amigos: 猫ロモグラファーnpkishi、Petzvalレンズで撮る

    2015-04-20 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Community Amigos: 猫ロモグラファーnpkishi、Petzvalレンズで撮る

    ロモグラフィーのコミュニティーに悶絶モノの愛くるしい猫写真をたくさんアップロードしているnpkishiさん。気ままにのびのびと暮らしている猫たちの様子をLC-AやDiana F+、Lomo'Instantをはじめとするロモグラフィーのカメラやその他のアナログカメラで収めています。そんな彼女の猫写真に惚れ込んだロモグラフィーは、npkishiさんにPetzvalレンズを貸出し最強のPetzval猫ショットを撮っていただきました。顔がほころぶこと間違い無し!ぐるぐるボケで彩られた猫たちの写真とインタビューをお楽しみください。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • アナログでやりたいことリスト:2月-夜の道路

    2015-09-15 #world #ライフスタイル Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:2月-夜の道路

    毎月1つのプロジェクトに挑戦する2015年のやりたいことリスト。2月は長時間露光のうちのひとつ、夜の道路の写真を撮ることにしました。みなさんも夜の街に明るい赤や白の線が走る写真をご存知でしょう。私はそういう写真が大好きだけれど、一度も撮影したことがありませんでした。

  • Film Photography Day Special:なぜフィルムなのか?LomoAmigos 名言集

    2015-04-10 #people ciscoswank の記事
    Film Photography Day Special:なぜフィルムなのか?LomoAmigos 名言集

    FIlm Photography Day(フィルム写真の日)を 機に、私たちはなぜフィルム写真が好きなのか、考えてみましょう。少し考えただけでも、たくさんの答えが浮かんできますね。今までLomoAmigosでは、様々な写真家、ミュージシャン、アーティストの方々にフィルムを選ぶ理由、またはフィルムで撮ってみた率直な感想を聞いてきました。その理由を聞くと、なんだか胸の奥が熱くなってきます。

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。