27クラブ:27歳で他界した偉大なミュージシャンたち

2013-08-03

「27クラブ」と呼ばれる故人たちを、往年の写真と共に偲ぶ。

Photo via tumblr

7/23は エイミー・ワインハウスの二周忌だった。 このイギリスのシンガー・ソングライターは、薬物乱用とアルコール中毒により夭折。世界的な名声、批評家の称賛、数十年の活躍が期待されるミュージシャンとしてのキャリア、まさにすべてを手に入れた時だった。2011年のあの日にこの世を去ってさえいなければ。彼女は、27歳で他界した才能あるアーティストたち、27クラブの一員となった。

エイミー・ワインハウスより早く、27クラブ入りしたアーティストたち。

Photo via biography

ローリング・ストーンズの ブライアン・ジョーンズ

ストーンズ と言えば、ミック・ジャガーとキース・リチャーズと思われるが、実はブライアン・ジョーンズこそ ローリング・ストーンズ 産みの親である。

麻薬と情緒不安定により、死のかなり前にはバンド活動から遠ざかっていた。

ジョーンズが正式にザ・ローリング・ストーンズを脱退してほぼ1カ月後に、コッチフォード・ファームの屋敷の、プールの底で発見された。血液から、処方薬とドラッグ、高濃度のアルコールを検出。

Photo via sixthingsblog

ジミ・ヘンドリックス

ジミ・ヘンドリックスこそ真にギターを _弾ける_男だ。音楽史上最高の影響力と才能を持ったギタリスト。だがその伝説は予想よりもはるかに早くその幕を下ろした。

彼は1969年当時、世界一出演料の高いパフォーマーだった。にもかかわらず、ウッドストックのプロモーターは彼を演奏者として招待。ヘンドリックスはこの音楽祭のトリを務め、アメリカ国家 ”The Star-Spangled Banner” を演奏した。

1970年9月、伝説のギタリストは、睡眠薬9錠を飲んでバルビツール系中毒を起こした。自身の吐瀉物による窒息で死亡。

Photo via lastfm

ジャニス・ジョプリン

ジミ・ヘンドリックスの死からほどなくして、ジャニス・ジョプリンが逝った。

ジャニス・ジョプリンの音楽におけるキャリアが開花したのは、彼女がまだサイケデリック・ロックのバンド、_ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー_のリード・ボーカルだった時。その後ソロ・アーティストとして昇りつめた彼女。モントレー・ポップ・フェスティバルとウッドストックでの歌は、極めて印象深いものだった。

1970年10月、ヘロインの過量服用によりホテルの客室で死んだ。

Photo via fanpop

ジム・モリソン

ジム・モリソンは60年代アメリカのロック・バンド、 ザ・ドアーズ のリード・ボーカルとして最も知られている。彼は、詩人であり、ソングライター、そして何より死後数十年経っても色あせることのないスターだ。

27クラブの他の ’メンバー’ 同様、ジム・モリソンもアルコールとドラッグ依存で命を落とした。死因はジョプリンと同じヘロインの過量服用とされているが、検死は行われていない。当局の発表では、1971年7月に、パリにある自分のアパルトマンの浴槽で心臓発作により死んだとされている。

Photo via musicgearlive

カート・コバーン

90年代初頭、ニルヴァーナが グランジロック で世界を席巻した。バンドはアルバム ネヴァーマインド でブレイク、先行シングル ”スメルズ・ライク・ティーン・スピリット’ と併せ、ニルヴァーナの人気を不動なものにした。

全ての中心は、ニルヴァーナの設立メンバーであり、ソングライター、ボーカリスト兼ギタリストのカート・コバーンだった。 コバーンは_世代のスポークスマン_として迎えられた。

コバーンには鬱病歴と自殺傾向があった。そして他の天才ミュージシャンの例に漏れず、不幸にもドラッグに溺れた。薬物中毒と自殺行為で命を落とした。シアトルの自宅においてショットガンで頭を撃ち抜いた。

27歳の若さで世を去った、忘れ難い、才能あふれる偉大なミュージシャンたち。この先27クラブのメンバーが増えないことを祈ろう。

以下もおすすめ。

ウッドストックで厳かにギターをつま弾くジミ・ヘンドリックス

今日は何の日? (2011): エイミー・ワインハウス、アルコール中毒により他界

2013-08-03 #tributes #27-club #black-and-white #analogue-photography #drugs #portraits #lifestyle #vintage #music jillytanrad の記事
翻訳 orangemikan

他の記事を読む

  • LC-Aが写し撮るニュージーランドの「青」

    2016-06-20 #people lomographysoholondon の記事
    LC-Aが写し撮るニュージーランドの「青」

    2015-2016年の夏(北半球では冬)、ステファン・ダウリングは生まれ故郷であるニュージーランドを再訪しました。滞在期間中、彼は最も信頼し愛用しているクラシカルなコンパクトカメラ・LC-Aを持ち歩いて気ままに撮影をしたそうです。滞在時の楽しい思い出と共に、LC-Aで撮影された写真をお楽しみください。

    2016-06-20
  • 2016年2月のトレンド写真

    2016-02-29 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンド写真

    ロモグラフィーのコミュニティーには毎月大量のアナログ写真がアップロードされています。その中でもベストオブベストと呼ぶに相応しい写真には、賛辞の言葉を送らずにはいられません。さあ、今月人気を博した写真のショーケースをこの記事でご覧ください!

    2016-02-29
  • 世界中の活気あるアート地区10か所

    2015-09-08 #places lomographymagazine の記事
    世界中の活気あるアート地区10か所

    発想豊かなアーティストたちが再構築したストリートは、まるで屋外ギャラリーのよう。ポスターやグラフィティーで彩られた壁やコンセプトショップが連ねる世界のアートな場所10か所を、アナログ写真とともにご紹介します。

    2015-09-08
  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    2015-12-26 #gear #people zonderbar の記事
    Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    我らがロモアミーゴ Kate BellmはDeyáを拠点に活動するサイケデリックな作風で知られる写真家。ユニークな色の変化が楽しめるロモグラフィーのLomoChrome フィルムは彼女のスタイルにぴったり!彼女はバッグにLomoChrome PurpleとTurquoiseを詰め込みアイスランドへと旅立ち、まるで別世界を写し出したかのような素敵な写真と共に戻ってきました!

    2015-12-26
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Yusuke Kitamura

    2016-07-20 #people ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Yusuke Kitamura

    花を撮るフォトグラファー、北村佑介さん。「全ての写真を大切な誰かに送るラブレターとして、何時間も何時間もかけて丁寧に作り上げています。」とHPにあるように、北村さんが写す花はどれも優しく、しかし力強くまっすぐ咲いている花ばかり。写真を見ると安らぎと共に心に迫るものがあります。さて、この度はひょんなところから繋がった北村さんに、現在プレオーダー中のDaguereotype Achromat 2.9/64 Art Lensを使って頂きました。もちろん写されたのは「花」です。

    2016-07-20
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    2016-02-18 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo'Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

    2016-02-18
  • "写真が趣味"の天才写真家、ジャック=アンリ・ラルティーグ

    2016-07-06 #ビデオ lomographymagazine の記事
    "写真が趣味"の天才写真家、ジャック=アンリ・ラルティーグ

    フランスで写真家として名高いアンリ・カルティエ=ブレッソンと名を連ねるのが、ジャック=アンリ・ラルティーグです。芸術や写真史の流行に流されず、己の直感で撮り続けた写真は躍動的。プロの写真家として活躍したことなくとも(活動の中心はあくまでも絵画)偉大な功績を残したアマチュア写真家を紹介したビデオをご覧ください。

    2016-07-06
  • アナログでやりたいことリスト:2月-夜の道路

    2015-09-15 Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:2月-夜の道路

    毎月1つのプロジェクトに挑戦する2015年のやりたいことリスト。2月は長時間露光のうちのひとつ、夜の道路の写真を撮ることにしました。みなさんも夜の街に明るい赤や白の線が走る写真をご存知でしょう。私はそういう写真が大好きだけれど、一度も撮影したことがありませんでした。

    2015-09-15
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 2016年 アナログ写真の日!Film Photography Day 2016

    2016-04-12 #ニュース shhquiet の記事
    2016年 アナログ写真の日!Film Photography Day 2016

    ロモグラフィーはFilm Photography Day(フィルム写真の日)という、『アナログ』なライフスタイルの面白さを再認識するための特別な日を毎年4月にお祝いしています。今年はどんなイベントが開催されるのでしょう?こちらの記事でチェックを。

    2016-04-12
  • 【CP+ 2016】イベントレポート

    2016-03-05 #ニュース ciscoswank の記事
    【CP+ 2016】イベントレポート

    今年もカメラ・映像の大展示会CP+が終了しました! フィルムのラインナップに興奮するアナログ写真ファン、ユニークなレンズに驚く熟練フォトグラファー、ロモカメラを持って遊びに来てくれるロモグラファーの方々…。 連日たくさんの方々にご来場いただいたロモグラフィーブース。その様子をスタッフの撮影した写真と共に振り返ってみましょう!

    2016-03-05
  • Petzval 85 Art Lens: フォトグラファーShiori Nishi による自然体ポートレイト

    2015-09-14 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: フォトグラファーShiori Nishi による自然体ポートレイト

    フォトグラファーの仁志しおりさん。昨年、Petzvalレンズを通した美しい雪景色を私たちに見せてくれた彼女が、思い出の詰まったお気に入りの場所で、一番身近な人をPetzval 85 Art Lensで撮影しました。柔らかな空気感まで伝わってくる、自然体の姿を写した写真と興味深いインタビューをお楽しみください。

    2015-09-14