27クラブ:27歳で他界した偉大なミュージシャンたち

「27クラブ」と呼ばれる故人たちを、往年の写真と共に偲ぶ。

Photo via tumblr

7/23は エイミー・ワインハウスの二周忌だった。 このイギリスのシンガー・ソングライターは、薬物乱用とアルコール中毒により夭折。世界的な名声、批評家の称賛、数十年の活躍が期待されるミュージシャンとしてのキャリア、まさにすべてを手に入れた時だった。2011年のあの日にこの世を去ってさえいなければ。彼女は、27歳で他界した才能あるアーティストたち、27クラブの一員となった。

エイミー・ワインハウスより早く、27クラブ入りしたアーティストたち。

Photo via biography

ローリング・ストーンズの ブライアン・ジョーンズ

ストーンズ と言えば、ミック・ジャガーとキース・リチャーズと思われるが、実はブライアン・ジョーンズこそ ローリング・ストーンズ 産みの親である。

麻薬と情緒不安定により、死のかなり前にはバンド活動から遠ざかっていた。

ジョーンズが正式にザ・ローリング・ストーンズを脱退してほぼ1カ月後に、コッチフォード・ファームの屋敷の、プールの底で発見された。血液から、処方薬とドラッグ、高濃度のアルコールを検出。

Photo via sixthingsblog

ジミ・ヘンドリックス

ジミ・ヘンドリックスこそ真にギターを _弾ける_男だ。音楽史上最高の影響力と才能を持ったギタリスト。だがその伝説は予想よりもはるかに早くその幕を下ろした。

彼は1969年当時、世界一出演料の高いパフォーマーだった。にもかかわらず、ウッドストックのプロモーターは彼を演奏者として招待。ヘンドリックスはこの音楽祭のトリを務め、アメリカ国家 ”The Star-Spangled Banner” を演奏した。

1970年9月、伝説のギタリストは、睡眠薬9錠を飲んでバルビツール系中毒を起こした。自身の吐瀉物による窒息で死亡。

Photo via lastfm

ジャニス・ジョプリン

ジミ・ヘンドリックスの死からほどなくして、ジャニス・ジョプリンが逝った。

ジャニス・ジョプリンの音楽におけるキャリアが開花したのは、彼女がまだサイケデリック・ロックのバンド、_ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー_のリード・ボーカルだった時。その後ソロ・アーティストとして昇りつめた彼女。モントレー・ポップ・フェスティバルとウッドストックでの歌は、極めて印象深いものだった。

1970年10月、ヘロインの過量服用によりホテルの客室で死んだ。

Photo via fanpop

ジム・モリソン

ジム・モリソンは60年代アメリカのロック・バンド、 ザ・ドアーズ のリード・ボーカルとして最も知られている。彼は、詩人であり、ソングライター、そして何より死後数十年経っても色あせることのないスターだ。

27クラブの他の ’メンバー’ 同様、ジム・モリソンもアルコールとドラッグ依存で命を落とした。死因はジョプリンと同じヘロインの過量服用とされているが、検死は行われていない。当局の発表では、1971年7月に、パリにある自分のアパルトマンの浴槽で心臓発作により死んだとされている。

Photo via musicgearlive

カート・コバーン

90年代初頭、ニルヴァーナが グランジロック で世界を席巻した。バンドはアルバム ネヴァーマインド でブレイク、先行シングル ”スメルズ・ライク・ティーン・スピリット’ と併せ、ニルヴァーナの人気を不動なものにした。

全ての中心は、ニルヴァーナの設立メンバーであり、ソングライター、ボーカリスト兼ギタリストのカート・コバーンだった。 コバーンは_世代のスポークスマン_として迎えられた。

コバーンには鬱病歴と自殺傾向があった。そして他の天才ミュージシャンの例に漏れず、不幸にもドラッグに溺れた。薬物中毒と自殺行為で命を落とした。シアトルの自宅においてショットガンで頭を撃ち抜いた。

27歳の若さで世を去った、忘れ難い、才能あふれる偉大なミュージシャンたち。この先27クラブのメンバーが増えないことを祈ろう。

以下もおすすめ。

ウッドストックで厳かにギターをつま弾くジミ・ヘンドリックス

今日は何の日? (2011): エイミー・ワインハウス、アルコール中毒により他界

2013-08-03 #music #lifestyle #black-and-white #drugs #vintage #analogue-photography #portraits #tributes #27-club jillytanrad の記事
翻訳 orangemikan

他の記事を読む

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • Lomography 25周年記念プロジェクト始動!

    2017-07-19 #culture
    Lomography 25周年記念プロジェクト始動!

    1992年に誕生したクリエイティブで実験的な写真を愛するコミュニティー『Lomography』。25周年を皆さまと盛大にお祝いするため、世界中の方からご応募いただいた写真で LomoWallを作成予定!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 言葉とイメージの儚さ:詩的なロモグラフィー

    2017-04-29 #culture
    言葉とイメージの儚さ:詩的なロモグラフィー

    今日ご紹介するのは現在進行形の写真たちです。写真は時に言葉、それも偉大な作家による詩よりも雄弁に物語ります。

  • 17歳のキューブリックが撮影した写真

    2017-10-03
    17歳のキューブリックが撮影した写真

    スタンリー・キューブリックにだって、平凡な青年時代があったのです。当時の彼が見ていた景色を、17歳のキューブリックが撮影した写真とともに覗いてみましょう。

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『脱コンクリートジャングル』大賞発表

    2017-05-28 #ニュース
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『脱コンクリートジャングル』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『脱コンクリートジャングル』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『トライアル&エラー』大賞発表

    2017-05-28 #ニュース
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『トライアル&エラー』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『トライアル&エラー』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『アドレナリン爆発』大賞発表

    2017-05-30 #ニュース
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『アドレナリン爆発』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『アドレナリン爆発』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『インスタント』大賞発表

    2017-06-01 #ニュース
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『インスタント』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『インスタント』カテゴリーの入賞作品を発表致します!