27クラブ:27歳で他界した偉大なミュージシャンたち

2013-08-03

「27クラブ」と呼ばれる故人たちを、往年の写真と共に偲ぶ。

Photo via tumblr

7/23は エイミー・ワインハウスの二周忌だった。 このイギリスのシンガー・ソングライターは、薬物乱用とアルコール中毒により夭折。世界的な名声、批評家の称賛、数十年の活躍が期待されるミュージシャンとしてのキャリア、まさにすべてを手に入れた時だった。2011年のあの日にこの世を去ってさえいなければ。彼女は、27歳で他界した才能あるアーティストたち、27クラブの一員となった。

エイミー・ワインハウスより早く、27クラブ入りしたアーティストたち。

Photo via biography

ローリング・ストーンズの ブライアン・ジョーンズ

ストーンズ と言えば、ミック・ジャガーとキース・リチャーズと思われるが、実はブライアン・ジョーンズこそ ローリング・ストーンズ 産みの親である。

麻薬と情緒不安定により、死のかなり前にはバンド活動から遠ざかっていた。

ジョーンズが正式にザ・ローリング・ストーンズを脱退してほぼ1カ月後に、コッチフォード・ファームの屋敷の、プールの底で発見された。血液から、処方薬とドラッグ、高濃度のアルコールを検出。

Photo via sixthingsblog

ジミ・ヘンドリックス

ジミ・ヘンドリックスこそ真にギターを _弾ける_男だ。音楽史上最高の影響力と才能を持ったギタリスト。だがその伝説は予想よりもはるかに早くその幕を下ろした。

彼は1969年当時、世界一出演料の高いパフォーマーだった。にもかかわらず、ウッドストックのプロモーターは彼を演奏者として招待。ヘンドリックスはこの音楽祭のトリを務め、アメリカ国家 ”The Star-Spangled Banner” を演奏した。

1970年9月、伝説のギタリストは、睡眠薬9錠を飲んでバルビツール系中毒を起こした。自身の吐瀉物による窒息で死亡。

Photo via lastfm

ジャニス・ジョプリン

ジミ・ヘンドリックスの死からほどなくして、ジャニス・ジョプリンが逝った。

ジャニス・ジョプリンの音楽におけるキャリアが開花したのは、彼女がまだサイケデリック・ロックのバンド、_ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー_のリード・ボーカルだった時。その後ソロ・アーティストとして昇りつめた彼女。モントレー・ポップ・フェスティバルとウッドストックでの歌は、極めて印象深いものだった。

1970年10月、ヘロインの過量服用によりホテルの客室で死んだ。

Photo via fanpop

ジム・モリソン

ジム・モリソンは60年代アメリカのロック・バンド、 ザ・ドアーズ のリード・ボーカルとして最も知られている。彼は、詩人であり、ソングライター、そして何より死後数十年経っても色あせることのないスターだ。

27クラブの他の ’メンバー’ 同様、ジム・モリソンもアルコールとドラッグ依存で命を落とした。死因はジョプリンと同じヘロインの過量服用とされているが、検死は行われていない。当局の発表では、1971年7月に、パリにある自分のアパルトマンの浴槽で心臓発作により死んだとされている。

Photo via musicgearlive

カート・コバーン

90年代初頭、ニルヴァーナが グランジロック で世界を席巻した。バンドはアルバム ネヴァーマインド でブレイク、先行シングル ”スメルズ・ライク・ティーン・スピリット’ と併せ、ニルヴァーナの人気を不動なものにした。

全ての中心は、ニルヴァーナの設立メンバーであり、ソングライター、ボーカリスト兼ギタリストのカート・コバーンだった。 コバーンは_世代のスポークスマン_として迎えられた。

コバーンには鬱病歴と自殺傾向があった。そして他の天才ミュージシャンの例に漏れず、不幸にもドラッグに溺れた。薬物中毒と自殺行為で命を落とした。シアトルの自宅においてショットガンで頭を撃ち抜いた。

27歳の若さで世を去った、忘れ難い、才能あふれる偉大なミュージシャンたち。この先27クラブのメンバーが増えないことを祈ろう。

以下もおすすめ。

ウッドストックで厳かにギターをつま弾くジミ・ヘンドリックス

今日は何の日? (2011): エイミー・ワインハウス、アルコール中毒により他界

2013-08-03 #music #lifestyle #black-and-white #drugs #vintage #analogue-photography #portraits #tributes #27-club jillytanrad の記事
翻訳 orangemikan

他の記事を読む

  • LC-Aが写し撮るニュージーランドの「青」

    2016-06-20 #people lomographysoholondon の記事
    LC-Aが写し撮るニュージーランドの「青」

    2015-2016年の夏(北半球では冬)、ステファン・ダウリングは生まれ故郷であるニュージーランドを再訪しました。滞在期間中、彼は最も信頼し愛用しているクラシカルなコンパクトカメラ・LC-Aを持ち歩いて気ままに撮影をしたそうです。滞在時の楽しい思い出と共に、LC-Aで撮影された写真をお楽しみください。

    2016-06-20
  • Kealan Shilling: ニューヨーク『地獄の門』への旅

    2016-11-16 #places Ciel Hernandez の記事
    Kealan Shilling: ニューヨーク『地獄の門』への旅

    ニューヨークの喧騒の裏側には、怖い話や都市伝説といった奇妙な噂が常にあります。フォトグラファーのKealan Shillingとその友人たちは冒険を求めて、大胆にも「地獄の門」と呼ばれる建物まで旅にでたようです。そこで彼らのカメラに写ったのは…?

    2016-11-16
  • 2016年9月のトレンドアルバム

    2016-09-30 #ニュース Lomography の記事
    2016年9月のトレンドアルバム

    イベントや撮影場所でアルバムを管理する人は多いですが、なかにはフィルムや撮影方法で分類したがる人や、ベストショットだけを集めたアルバムを作る人もいます。 今回は2016年9月の投稿のなかでベストに選ばれたアルバムたちから、写真を通して自分の想いを表現するヒントをもらいましょう!

    2016-09-30
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 若き女性フォトグラファー Marine Toux: Analogue Women

    2017-03-08 #people mpflawer の記事
    若き女性フォトグラファー Marine Toux: Analogue Women

    Marine Toux は若きフランス人女性フォトグラファー。そんな彼女を国際女性デーに紹介できて私たちもとっても嬉しいです!フェミニズムに対する考え方や、写真の世界で女性として生きていくことについて語ってくれました。

  • [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Yusuke Kitamura

    2016-07-20 #people ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Yusuke Kitamura

    花を撮るフォトグラファー、北村佑介さん。「全ての写真を大切な誰かに送るラブレターとして、何時間も何時間もかけて丁寧に作り上げています。」とHPにあるように、北村さんが写す花はどれも優しく、しかし力強くまっすぐ咲いている花ばかり。写真を見ると安らぎと共に心に迫るものがあります。さて、この度はひょんなところから繋がった北村さんに、現在プレオーダー中のDaguereotype Achromat 2.9/64 Art Lensを使って頂きました。もちろん写されたのは「花」です。

    2016-07-20
  • Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    2017-02-28 #ビデオ mpflawer の記事
    Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    Solène Ballestaは15歳から写真を始めたパリの写真家です。Solèneの作品は観るものを魅惑的な世界へと惹き込みます。今回、彼女はDaguerreotype Achromat Art Lensを使って、朝霧のなかで誰かを待っている美しい女性の物語を描いてくれました。インタビューとともにお楽しみください。

    2017-02-28
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 東京の「黄金時代」:1960年代 & 1970年代

    2017-04-11 #culture #places lomographymagazine の記事
    東京の「黄金時代」:1960年代 & 1970年代

    60年代、70年代の東京は戦後の歴史上もっとも成長が著しい時代であったことから、「黄金時代」ともよばれています。今日はそんな輝かしい時代を蘇らせてくれる写真たちをご紹介致します!

    2017-04-11
  • 2016年の日本ロモホーム大賞発表!

    2016-12-31 #ニュース trifivy の記事
    2016年の日本ロモホーム大賞発表!

    親愛なるロモグラファーの皆様、2016年もロモグラフィーのコミュニティに沢山の写真を投稿いただき誠に有難うございました!今日は2016年、日本のロモホームで一番多くの「♥LIKE」を集めた、日本ロモホーム大賞に選ばれたユーザー様を大発表いたします!!

  • [展示] Glastonbury Festival Photo Exhibition "i feel awesome" - by Taio Konishi

    2016-08-02 #people #ビデオ ciaoannacotta の記事
    [展示] Glastonbury Festival Photo Exhibition "i feel awesome" - by Taio Konishi

    国内外のフェスを撮影されているフォトグラファーでありロモグラファーの小西泰央さん。昨年に引き続き、今年もGlastonbury Festivalで撮影された作品の個展『 i feel awesome』を開催されます!今年はNighttimeとDaytimeに分けた展示となり、Nighttimeをアート関連に強い古書店nostos booksさんにて、DaytimeをLomography+にて開催します。一般チケットもすぐ完売するほど人気で世界最大級の音楽フェスティバルをロモグラフィーレンズやカメラで写し撮った写真は、まさに貴重。ぜひ両展示へ足をお運びください。

    2016-08-02
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • "写真が趣味"の天才写真家、ジャック=アンリ・ラルティーグ

    2016-07-06 #ビデオ lomographymagazine の記事
    "写真が趣味"の天才写真家、ジャック=アンリ・ラルティーグ

    フランスで写真家として名高いアンリ・カルティエ=ブレッソンと名を連ねるのが、ジャック=アンリ・ラルティーグです。芸術や写真史の流行に流されず、己の直感で撮り続けた写真は躍動的。プロの写真家として活躍したことなくとも(活動の中心はあくまでも絵画)偉大な功績を残したアマチュア写真家を紹介したビデオをご覧ください。

    2016-07-06
  • いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    2017-01-28 #culture lomographymagazine の記事
    いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    たしかにフィルムカメラは、今の写真業界の主流ではないかもしれません。しかし、アートフォトの分野におけるフィルムカメラユーザーの多さを見逃すことはできません。今日は、フィルム写真ならではの良さを写真とともにご紹介いたします!

    2017-01-28
  • ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 今年一の一枚

    2016-09-25 #gear #tutorials Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 今年一の一枚

    Lomo’Instant Automatが手元に届くのが待ちきれない?!ピンポーンと届くまでの間に撮り方をマスターして、箱を開いた瞬間からすぐにクリエイティブな写真が撮れるようにしておきましょう!今日のテーマは「今年一の一枚」

    2016-09-25