雲の輪っかを作る実験をしよう!

少し前に、雲を使って写真にちょっとした効果を足したらどんなに楽しいんだろうって思ったの。被写体を雲に浮かべるようにして、写真をフィルム数本分撮ったんだけど、何か違うものを試してみなきゃって思ったんだ。被写体の周りを全部雲で囲むことができたら、どうなるのかな?雲の輪っかの実験が本当はどんなに簡単かが分かるから、続けて読んでみてね!

Credits: sandravo

わたしのロモホーム を1度見てもらえば、わたしがどれだけ色が好きか十分に伝わると思うわ。期限切れのクロスプロセススライドフィルムは写真に色を添えるのにすごくいいけど、出来上がりはかなり予想外のものになるかもしれない。でもカラーフィルターなら、安くて確実で簡単に、好きな場所に好きな色を入れられる。ちょっと前に、splitzerとカラーフィルターのコンビで、色を付けた雲の上に被写体を浮かべて、フィルム数本分の写真を撮ったの。 ==LC-A+==Lubitel 166+ の両方でね。

Credits: sandravo

こんな風に撮っていたんだけど、5本目を撮る頃には、最初のわくわくはどこかへ行ってしまっていたわ。勘違いしないでね。今でも出来映えはすごく好きなのよ。でも、もう1回色々とかき回してみたいっていう衝動に駆られたのよ。こうして、雲の輪っかの実験を思いついたの。写真の下の部分だけじゃなくて、被写体の周りをすべて雲で囲むことができたら、どんな風になるかな?そのために、円形の Splitzer が必要になったのよ。二重露光はしたくなかったから、実際はSplitzerが2つ必要になったわ。1つは外側を雲で覆うときに真ん中に光を入れないようにするため。もう1つは、真ん中に被写体を撮るときに、周りの雲の部分に光を入れないようにするため。これにカラーフィルターを合わせようと思っていたから、1番簡単な方法はSplitzerを作るのにフィルターを使うことだったの。下の写真を見てもらえば、どれほど簡単か分かってもらえると思うわよ。

雲の写真を撮るために、小さい円形の黒のテープをフィルターの真ん中に貼ったの。それで、素敵な曇りの日を待って、フィルム1本を丸々使って雲の写真を撮ったわ。色々と混ぜ合わせてみたかったから、数コマ毎に色を変えたのよ。フィルムを巻き戻してから、先週末に真ん中に写真を入れてみたわ。二重露光にならないように、 120 film の背面紙から円を切り抜いて、真ん中に穴を空けたの。その紙に粘着性はないんだけど、糊でフィルターにつけるのも嫌だったから、単純にフィルターとステップアップリングのあいだに挟んじゃったわ。

本当にこれだけであの写真が撮れるのよ!下に出来上がった写真を載せているから、見てみてね。自分でやってみたら、わたしに教えて!楽しんでね!

Credits: sandravo

注意: わたしはこれを自分のLubitel 166+に使って、円のサイズはユーロの1セントコインと同じにしたわ。(大体直径15mmね)レンズのサイズに直径を合わせれば、フィルターを掛けられるカメラならほかのものでもできるはずよ。(この アドバイス(英語) に従えば、LC-A+でだってできるわ)

Lubitel 166+ は、ソビエト連邦時代の一級品が愛らしく生まれ変わったものです。60年前に遡ったデザインを基にしていますが、120フィルムでも35mmフィルムでも撮影可能になるなど、このカメラには新たな機能も追加されています。心躍る写真を Lubitel 166+ で撮りましょう。 オンラインショップ でお求めいただけます。

2013-08-17 #gear #tutorials #tipster #lubitel # #mx # # # # # # #splitzer sandravo の記事
翻訳 tea-tea

他の記事を読む

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • Daguerreotype Achromat Art Lens体験会、5月14日(土)開催決定!

    2016-04-28 #ニュース #gear ciaoannacotta の記事
    Daguerreotype Achromat Art Lens体験会、5月14日(土)開催決定!

    なんと!なんと!Daguerreotype Achromat Art Lens(プロトタイプ)を触って頂ける体験会の開催が決定いたしました。写真や動画は見ているけど実際どんなレンズ何だろう?その疑問にお答えします!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • ギャラリー: New Jupiter 3+ Art Lensでみつける、街の刺激的な側面

    2016-01-23 #ニュース Lomography の記事
    ギャラリー: New Jupiter 3+ Art Lensでみつける、街の刺激的な側面

    何が魅力的な写真を作るのでしょう?何が写真を「イメージ」というより「思い出」というものに近づけるのでしょう?一体どのようにしたら、見た人がまるでそこに訪れたかのように感じる、疑似体験を与える写真を撮れるのでしょう?

  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

  • スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    2015-10-06 #people ciscoswank の記事
    スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    東京で活躍する書家兼デザイナー 國廣沙織さんにPetzval 58 Bokeh Control Art Lensの被写体になっていただきました。彼女はひらがなアクセサリーのデザインや書道に関するワークショップの開催など、「書」を基盤にした様々な活動をしています。そんな國廣さんに自身の活動について、そして書に込める思いを伺いました。Petzval 58 Bokeh Control Art Lensが作り出すぐるぐるボケのポートレイトとともにお楽しみください。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #tutorials beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • 不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    2015-07-15 #people jennifer_pos の記事
    不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    ジャズの名曲を聴かせるアナログレコードの無骨な音色は、多くの人が愛するところ。ちょうどそれと同じように、私達がアナログ写真を選ぶのも、その自然な不完全さの故だ。それはなんとも形容し難い不思議な力で、私達の現実の在り方を思い出させてくれる。完璧でないからこそ、アナログ写真は魅力的なのだ。私達は、26歳のシネマトグラファーにしてDJ、そしてまた、緻密に構成された写真によって、自然な美しさの極まった静謐な瞬間を写し続けるフォトグラファーでもあるAdriano Guimarães Sodréと話をすることが出来た。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzvalと接写レンズでマクロ撮影に挑戦!

    2015-11-25 #gear #tutorials masaka の記事
    Petzvalと接写レンズでマクロ撮影に挑戦!

    Lomography Petzval Art レンズの最短撮影距離は1m。人物のポートレートにはピッタリな距離だけど、小さな被写体にもっと近付いて撮影してみたくならない?接写レンズを使えば出来るんです!

  • なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    2016-03-17 #ビデオ lomographymagazine の記事
    なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    遠い昔、まだ写真技術が発展しておらず何も考えずにセルフィーを何百枚も撮るなんてことが出来なかった時代の写真では、人々は笑顔をみせず無表情で写っています。それは一体なぜでしょう?

  • ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    2015-06-09 #gear #tutorials jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!