雲の輪っかを作る実験をしよう!

2013-08-17

少し前に、雲を使って写真にちょっとした効果を足したらどんなに楽しいんだろうって思ったの。被写体を雲に浮かべるようにして、写真をフィルム数本分撮ったんだけど、何か違うものを試してみなきゃって思ったんだ。被写体の周りを全部雲で囲むことができたら、どうなるのかな?雲の輪っかの実験が本当はどんなに簡単かが分かるから、続けて読んでみてね!

Credits: sandravo

わたしのロモホーム を1度見てもらえば、わたしがどれだけ色が好きか十分に伝わると思うわ。期限切れのクロスプロセススライドフィルムは写真に色を添えるのにすごくいいけど、出来上がりはかなり予想外のものになるかもしれない。でもカラーフィルターなら、安くて確実で簡単に、好きな場所に好きな色を入れられる。ちょっと前に、splitzerとカラーフィルターのコンビで、色を付けた雲の上に被写体を浮かべて、フィルム数本分の写真を撮ったの。 ==LC-A+==Lubitel 166+ の両方でね。

Credits: sandravo

こんな風に撮っていたんだけど、5本目を撮る頃には、最初のわくわくはどこかへ行ってしまっていたわ。勘違いしないでね。今でも出来映えはすごく好きなのよ。でも、もう1回色々とかき回してみたいっていう衝動に駆られたのよ。こうして、雲の輪っかの実験を思いついたの。写真の下の部分だけじゃなくて、被写体の周りをすべて雲で囲むことができたら、どんな風になるかな?そのために、円形の Splitzer が必要になったのよ。二重露光はしたくなかったから、実際はSplitzerが2つ必要になったわ。1つは外側を雲で覆うときに真ん中に光を入れないようにするため。もう1つは、真ん中に被写体を撮るときに、周りの雲の部分に光を入れないようにするため。これにカラーフィルターを合わせようと思っていたから、1番簡単な方法はSplitzerを作るのにフィルターを使うことだったの。下の写真を見てもらえば、どれほど簡単か分かってもらえると思うわよ。

雲の写真を撮るために、小さい円形の黒のテープをフィルターの真ん中に貼ったの。それで、素敵な曇りの日を待って、フィルム1本を丸々使って雲の写真を撮ったわ。色々と混ぜ合わせてみたかったから、数コマ毎に色を変えたのよ。フィルムを巻き戻してから、先週末に真ん中に写真を入れてみたわ。二重露光にならないように、 120 film の背面紙から円を切り抜いて、真ん中に穴を空けたの。その紙に粘着性はないんだけど、糊でフィルターにつけるのも嫌だったから、単純にフィルターとステップアップリングのあいだに挟んじゃったわ。

本当にこれだけであの写真が撮れるのよ!下に出来上がった写真を載せているから、見てみてね。自分でやってみたら、わたしに教えて!楽しんでね!

Credits: sandravo

注意: わたしはこれを自分のLubitel 166+に使って、円のサイズはユーロの1セントコインと同じにしたわ。(大体直径15mmね)レンズのサイズに直径を合わせれば、フィルターを掛けられるカメラならほかのものでもできるはずよ。(この アドバイス(英語) に従えば、LC-A+でだってできるわ)

Lubitel 166+ は、ソビエト連邦時代の一級品が愛らしく生まれ変わったものです。60年前に遡ったデザインを基にしていますが、120フィルムでも35mmフィルムでも撮影可能になるなど、このカメラには新たな機能も追加されています。心躍る写真を Lubitel 166+ で撮りましょう。 オンラインショップ でお求めいただけます。

2013-08-17 #gear #tutorials #splitzer #lubitel #mx #tipster # # # # # # # sandravo の記事
翻訳 tea-tea

他の記事を読む

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

  • Lomopedia: Lomography Ringflash

    2016-08-14 #gear denisesanjose の記事
    Lomopedia: Lomography Ringflash

    Ring Flashでクローズアップポートレート写真やFisheyeスナップ写真を面白くカラフルに仕上げよう。肌は晴れやかに、目には丸い反射が。壁を背にして撮ると、クレイジーな影が被写体を浮かび上がらせます。ドーナツ型の単色フラッシュディフューザーリングと、4色セット可能なカラーフィルターのどちらかを選択し、被写体を色で染め上げましょう。驚きの結果があなたを待っています!

    2016-08-14
  • LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    2016-12-06 #people mpflawer の記事
    LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    プロのスノーボーダーであるVictor Davietから愉快な旅行風景が届きました!写真とスノーボードをこよなく愛するVictorはVansとAct Snowboarding magazine主催のスノーボード旅行にもLC-A+を連れて行きました。いったいどんな写真になったのでしょうか?

    2016-12-06
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Reiko Wakai

    2016-07-12 #people #ビデオ ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Reiko Wakai

    昨日見た夢。そうつぶやきたくなるほど柔らかなで幻想的なショットがフォトグラファーの若井玲子さんから届きました。シルクドソレイユで活躍されているダンサーのソフトな身体とDaguereotype Achromat 2.9/64 Art Lensのソフトフォーカスが見事に混ざり合った作品をご覧ください。

    2016-07-12
  • Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    2017-03-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    性的対象として見られがちな女性の身体については多くの議論があります。それは実際のところ何を意味し、どのような影響を及ぼしているのでしょうか。ここでは、女性を写した写真とともにその真髄に迫ります。

  • 夏だ夏だ夏だ!フォトジェニックなビーチと街はここだ!

    2016-07-10 #places lomographymagazine の記事
    夏だ夏だ夏だ!フォトジェニックなビーチと街はここだ!

    夏、海沿いでリラックスしてゆったりしたくはありませんか?あなたの心を癒すビーチを世界中からピックアップ。フィルム写真と共に夏休みどこに出掛けるかプランを立てましょう!

    2016-07-10
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:フラワーパワー!

    2017-03-18 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:フラワーパワー!

    細く伸びる茎から絹のように繊細な花びらに至るまで、美しい花々は昔からカメラマンの興味を惹きつけてやまない伝統的な被写体です。まだ幼い芽も咲き誇る大輪も、ワイドガラスレンズ搭載のLomo'Instant Automat Glassで鮮やかな一瞬を永遠に捉えましょう!

    2017-03-18
  • [レビュー]モノクロチェキフィルムでカラーフィルターを使ってみました!

    2016-12-05 #gear #culture #ニュース sikakuipanda の記事
    [レビュー]モノクロチェキフィルムでカラーフィルターを使ってみました!

    現在プレオーダー中のLomo"instant Automatが手元に届くのが待ちきれない方も多いかと思いますが、フィルムの準備はもうOKでしょうか?今回は直営店スタッフが、話題のモノクロチェキフィルムとカラーフィルターを使って、どんな効果が発生するのか試してみました! 通常のモノクロフィルムと同様の効果はえられるのでしょうか!?

    2016-12-05
  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

    2016-05-10
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016-08-22 lomographyplus の記事
    【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016年8月11日(山の日)に行われた『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』はLomography製のフィルムから他社製品のフィルムを気軽に体験できるという夏の光を写すにはピッタリのイベントでした。今日はそのイベント模様をレポート!夏らしさ溢れるスペシャルな写真の数々は必見です!!また参加者みなさまのギャラリーと共に、使用フィルムの特長や撮影時のテクニックについてもご紹介も致しますので、どうぞごゆっくりご堪能下さいませ。

    2016-08-22
  • 32歳になったLC-Aが喜ぶ32の方法

    2016-06-24 #gear lomographymagazine の記事
    32歳になったLC-Aが喜ぶ32の方法

    伝説の名機でありロモグラフィーの魂、LC-A。実験的なコンパクトカメラが誕生して今年6月で32年!LC-Aのお祝い何にしよう?なんて悩む必要なし!LC-Aが喜ぶのは写真を撮ってもらえること!

    2016-06-24
  • ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    2017-03-22 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    Lomo’Instant Automat Glass Magellan にクローズアップ・アタッチメントレンズを装着した場合の最短焦点距離は10cm。シャープでマクロなインスタント写真を思う存分楽しめるアクセサリーです!でも、いざ撮影しようとなると10cmっていったいどのくらい...?と思う人も多いはず。そんなときに便利な方法があります。