雲の輪っかを作る実験をしよう!

少し前に、雲を使って写真にちょっとした効果を足したらどんなに楽しいんだろうって思ったの。被写体を雲に浮かべるようにして、写真をフィルム数本分撮ったんだけど、何か違うものを試してみなきゃって思ったんだ。被写体の周りを全部雲で囲むことができたら、どうなるのかな?雲の輪っかの実験が本当はどんなに簡単かが分かるから、続けて読んでみてね!

Credits: sandravo

わたしのロモホーム を1度見てもらえば、わたしがどれだけ色が好きか十分に伝わると思うわ。期限切れのクロスプロセススライドフィルムは写真に色を添えるのにすごくいいけど、出来上がりはかなり予想外のものになるかもしれない。でもカラーフィルターなら、安くて確実で簡単に、好きな場所に好きな色を入れられる。ちょっと前に、splitzerとカラーフィルターのコンビで、色を付けた雲の上に被写体を浮かべて、フィルム数本分の写真を撮ったの。 ==LC-A+==Lubitel 166+ の両方でね。

Credits: sandravo

こんな風に撮っていたんだけど、5本目を撮る頃には、最初のわくわくはどこかへ行ってしまっていたわ。勘違いしないでね。今でも出来映えはすごく好きなのよ。でも、もう1回色々とかき回してみたいっていう衝動に駆られたのよ。こうして、雲の輪っかの実験を思いついたの。写真の下の部分だけじゃなくて、被写体の周りをすべて雲で囲むことができたら、どんな風になるかな?そのために、円形の Splitzer が必要になったのよ。二重露光はしたくなかったから、実際はSplitzerが2つ必要になったわ。1つは外側を雲で覆うときに真ん中に光を入れないようにするため。もう1つは、真ん中に被写体を撮るときに、周りの雲の部分に光を入れないようにするため。これにカラーフィルターを合わせようと思っていたから、1番簡単な方法はSplitzerを作るのにフィルターを使うことだったの。下の写真を見てもらえば、どれほど簡単か分かってもらえると思うわよ。

雲の写真を撮るために、小さい円形の黒のテープをフィルターの真ん中に貼ったの。それで、素敵な曇りの日を待って、フィルム1本を丸々使って雲の写真を撮ったわ。色々と混ぜ合わせてみたかったから、数コマ毎に色を変えたのよ。フィルムを巻き戻してから、先週末に真ん中に写真を入れてみたわ。二重露光にならないように、 120 film の背面紙から円を切り抜いて、真ん中に穴を空けたの。その紙に粘着性はないんだけど、糊でフィルターにつけるのも嫌だったから、単純にフィルターとステップアップリングのあいだに挟んじゃったわ。

本当にこれだけであの写真が撮れるのよ!下に出来上がった写真を載せているから、見てみてね。自分でやってみたら、わたしに教えて!楽しんでね!

Credits: sandravo

注意: わたしはこれを自分のLubitel 166+に使って、円のサイズはユーロの1セントコインと同じにしたわ。(大体直径15mmね)レンズのサイズに直径を合わせれば、フィルターを掛けられるカメラならほかのものでもできるはずよ。(この アドバイス(英語) に従えば、LC-A+でだってできるわ)

Lubitel 166+ は、ソビエト連邦時代の一級品が愛らしく生まれ変わったものです。60年前に遡ったデザインを基にしていますが、120フィルムでも35mmフィルムでも撮影可能になるなど、このカメラには新たな機能も追加されています。心躍る写真を Lubitel 166+ で撮りましょう。 オンラインショップ でお求めいただけます。

2013-08-17 #gear #tutorials #splitzer #lubitel #mx #tipster # # # # # # # sandravo の記事
翻訳 tea-tea

他の記事を読む

  • LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    2017-10-21 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    今年開催された フォトコンテスト Gritty Woman 。たくさんの応募の中から『ロモグラフィー賞』を受賞したのは、 ケイスケミツモトさん。被写体の芯の強さが伝わってくるような写真がとても印象的でした。ステレオタイプに捉われない、被写体の「強さ」が伝わってくるポートレート作品をご覧ください。

  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

  • 境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    2018-04-25 Jill Tan Radovan の記事
    境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    Veejayの作品は、忘れられた文化、社会、貧困など様々な世界の問題について私たちに考えさせるものばかり。悲惨な現実を突きつけられる一方、彼の白黒写真からは被写体の美しい人物像が伝わってくるのです。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!