Diana F+で絶対おすすめ6つのテクニック

2013-09-13

新しい素敵なDiana F+の誇り高きオーナーとなったあなたは、すぐにでも写真を撮ったり、あれこれ試したりしたいところでしょう。今回はDiana F+で試すべきテクニックを紹介しますね。

1. 二重露光、多重露光を撮ろう。

Diana F+は、まったりレトロ感の写真だけじゃない。複数フレーム露光で驚きのシュール写真が撮れる。多重露光写真を撮るには、2回以上連続でシャッターを押すだけ。ただし最初の写真を撮った後フィルムを巻き上げないこと! 露出オーバーにならないよう、フィルムのISO感度と明るさの条件に気を付けてね。

Credits: buckshot

2. 自分のDiana F+専用のマスクとフィルターを作ろう。

マスクとフィルターがあれば、ロモグラフに好きな色やテクスチャー、形が加わって、楽しさアップ! カラージェル溶けたビニール や、 ステンシル(型板) を使えば、Diana F+のスナップが更に面白くなる!

Photo by esmondsit

3. Diana F+に35mmフィルムを入れよう!

Diana F+は中判カメラだから35mmフィルムは撮れない、というわけではない! 専用の Diana+ 35mm Back を付けたり、 裏ワザ を使えば、Diana F+で35mmフィルムを装填できる。

Credits: twizzer88

4. Splitzerを使おう!*

Diana F+には専用の Splitzer があるって知ってた? この小さくて便利な道具を使えば、うっとりするような二つに分かれた写真が撮れる! Splitzerで別々の被写体やシーンを撮って、素敵にシュールな夢の世界や風景を創ろう。

Photo by exotrisc

5. 35mm Back なしで35mmフィルムを使った時の光漏れで遊ぼう。

Diana F+の後ろについている小さな窓を見た? このカメラで35mmフィルムを入れるなら、光が入らないようにこの窓を光を通さないもので塞がないといけない。だけど光漏れでドリーミーなスナップを撮って遊ぶのもいい! ロモグラファーの exotriscフィルムカウンターウィンドをダクトテープやアルミホイルの代わりにボール紙で覆ってみた。 結果はすごくクールでしょ?

Photo by judi7h

6. 自分だけのDiana F+ケースを作ろう。

愛するマイDiana F+の収納や保護にちょうどいいケースが見つからない? 工作好きなら、ケースを一つ(あるいはもっとたくさん)作っちゃえば! フォーム 、布、更レザーといった、いろんな素材で挑戦できる!

Diana F+ は、60年代にカルト的人気を誇ったクラッシック・カメラに新たな仕様を加えて復刻したシリーズ。ドリーミーなソフトフォーカスの写真で名高い Diana F+ は、現在パノラマやピンホールなどの機能も追加。お求めは オンラインショップで。

2013-09-13 #gear #tutorials #tips #tipster #lomography #diana #diana-f #tipsters #diana-f-birthday-2013 plasticpopsicle の記事
翻訳 orangemikan

他の記事を読む

  • John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    2017-02-27 #people #places charlie_cat の記事
    John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    ギリシャのフォトグラファー・John Voulgarakisはきっと前世でも写真に関わっていたに違いありません。このインタビューで、彼はLC-Aに対する情熱とギリシャの危機が芸術シーンに及ぼす影響を語り、愛するアテネの街並みを案内してくれました。

  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』46の未公開シーン

    2017-01-04 #culture #ビデオ lomographymagazine の記事
    『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』46の未公開シーン

    劇場にて絶賛公開中の映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』はもうご覧になりましたか?どんな名作にも削除されてしまった未公開シーンはつきもの。こちらの動画では未公開となった46ものシーンを観ることができます。

  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    2016-11-12 1
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • 若き女性フォトグラファー Marine Toux: Analogue Women

    2017-03-08 #people mpflawer の記事
    若き女性フォトグラファー Marine Toux: Analogue Women

    Marine Toux は若きフランス人女性フォトグラファー。そんな彼女を国際女性デーに紹介できて私たちもとっても嬉しいです!フェミニズムに対する考え方や、写真の世界で女性として生きていくことについて語ってくれました。

    2017-03-08
  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

    2017-08-24
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【レビュー】Diana F+ Lensシリーズ×デジタルカメラ

    2016-11-09 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Diana F+ Lensシリーズ×デジタルカメラ

    直営店スタッフがDiana F+ Lensシリーズをテストしてみました! ドリーミーな写りで有名なDiana F+のレンズは、デジタルカメラに装着するとどのような写真を生み出してくれるのでしょうか? レンズの特徴を活かしたテクニックもあわせてご紹介します!

    2016-11-09 1
  • 溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    2017-07-16 #gear lomographymagazine の記事
    溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    英語で「Dog Days」とは真夏の一番暑い日々のこと。外で写真を撮っていると汗がダラダラと流れる季節でもありますが、この時期の太陽の輝きは格別。そんな溶けそうに暑い日は、ロモグラフィーの La Sardinaがぴったり!

    2017-07-16
  • Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    2017-03-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    性的対象として見られがちな女性の身体については多くの議論があります。それは実際のところ何を意味し、どのような影響を及ぼしているのでしょうか。ここでは、女性を写した写真とともにその真髄に迫ります。

    2017-03-16
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • David Scard:Diana F+で写すプリピチャ、チェルノブイリ

    2017-03-07 #people lomographysoholondon の記事
    David Scard:Diana F+で写すプリピチャ、チェルノブイリ

    熱心なフォトグラファーでありアナログ愛好家であるDavid Scardは、プリピチャ、チェルノブイリへの旅行にDiana F+を連れていきました。Davidは悲惨な歴史によって有名な街を、美しくも忘れがたい風景に収めました。その貴重な体験について伺ったインタビューとともにご覧ください!

  • 【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    2017-03-21 #tutorials #ビデオ lomographymagazine の記事
    【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    フィルムを自分でスキャンすると色んな利点があるってご存知ですか?毎回のデータ化のコストもかからないし、現像所では取り扱ってくれないフォーマットのフィルムもスキャンできちゃいます。フィルムスキャンにまだ挑戦したことの無い方のためにスキャナ選びの注意点と便利なツールをご紹介!

  • メンフィスのビールストリートをHolgaとSplitzerで撮影!—Holgaの輝きを取り戻す方法

    2016-12-27 #places Lorraine Healy の記事
    メンフィスのビールストリートをHolgaとSplitzerで撮影!—Holgaの輝きを取り戻す方法

    プラスチックカメラの大ファンである Lorraine Healy。彼女はアルゼンチンのライター兼フォトグラファーで、Holgaで素敵な写真を撮るテクニックを掲載した『Tricks With A Plastic Wonder』の著者でもあります。この記事ではHealyがメンフィスの有名なビールストリートで行ったロモグラフィックな実験と、予想外の結果をお伝えします!

    2016-12-27