Diana F+で絶対おすすめ6つのテクニック

新しい素敵なDiana F+の誇り高きオーナーとなったあなたは、すぐにでも写真を撮ったり、あれこれ試したりしたいところでしょう。今回はDiana F+で試すべきテクニックを紹介しますね。

1. 二重露光、多重露光を撮ろう。

Diana F+は、まったりレトロ感の写真だけじゃない。複数フレーム露光で驚きのシュール写真が撮れる。多重露光写真を撮るには、2回以上連続でシャッターを押すだけ。ただし最初の写真を撮った後フィルムを巻き上げないこと! 露出オーバーにならないよう、フィルムのISO感度と明るさの条件に気を付けてね。

Credits: buckshot

2. 自分のDiana F+専用のマスクとフィルターを作ろう。

マスクとフィルターがあれば、ロモグラフに好きな色やテクスチャー、形が加わって、楽しさアップ! カラージェル溶けたビニール や、 ステンシル(型板) を使えば、Diana F+のスナップが更に面白くなる!

Photo by esmondsit

3. Diana F+に35mmフィルムを入れよう!

Diana F+は中判カメラだから35mmフィルムは撮れない、というわけではない! 専用の Diana+ 35mm Back を付けたり、 裏ワザ を使えば、Diana F+で35mmフィルムを装填できる。

Credits: twizzer88

4. Splitzerを使おう!*

Diana F+には専用の Splitzer があるって知ってた? この小さくて便利な道具を使えば、うっとりするような二つに分かれた写真が撮れる! Splitzerで別々の被写体やシーンを撮って、素敵にシュールな夢の世界や風景を創ろう。

Photo by exotrisc

5. 35mm Back なしで35mmフィルムを使った時の光漏れで遊ぼう。

Diana F+の後ろについている小さな窓を見た? このカメラで35mmフィルムを入れるなら、光が入らないようにこの窓を光を通さないもので塞がないといけない。だけど光漏れでドリーミーなスナップを撮って遊ぶのもいい! ロモグラファーの exotriscフィルムカウンターウィンドをダクトテープやアルミホイルの代わりにボール紙で覆ってみた。 結果はすごくクールでしょ?

Photo by judi7h

6. 自分だけのDiana F+ケースを作ろう。

愛するマイDiana F+の収納や保護にちょうどいいケースが見つからない? 工作好きなら、ケースを一つ(あるいはもっとたくさん)作っちゃえば! フォーム 、布、更レザーといった、いろんな素材で挑戦できる!

Diana F+ は、60年代にカルト的人気を誇ったクラッシック・カメラに新たな仕様を加えて復刻したシリーズ。ドリーミーなソフトフォーカスの写真で名高い Diana F+ は、現在パノラマやピンホールなどの機能も追加。お求めは オンラインショップで。

2013-09-13 #gear #テクニック #tipsters #lomography #tips #diana #diana-f-birthday-2013 #diana-f plasticpopsicle の記事
翻訳 orangemikan

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    2015-10-08 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    Lomographyサイトには、炎を写した写真がたくさん上がっています。このトピックをこの時期に題材にしたのも、ハロウィーンが近いからというわけでもありません。私たちは恐れられているものが写真向きの傾向があると感じています。不気味なヴィネットに誇張された色...このシリーズ最初の本記事は、火に対する恐怖症(pyrophobia)について着目したいと思います。

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #ロケーション #テクニック hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear #ライフスタイル tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • 一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    2015-08-13 #gear #テクニック hodachrome の記事
    一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    一人で撮影に行ったときに「あ~、ここで人間入れて撮りたいな~」と思ったことはありませんか?そんな一匹狼な貴方のために、「LC-A+でセルフタイマー」を使ったセルフポートレートを撮る方法をご紹介します。自分撮り以外にもカップルでツーショット、撮影会などで全員で集合写真を撮りたい場合などにも使えますよ。

    2
  • 大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    2015-05-21 #world #ライフスタイル K. Aquino の記事
    大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    都市や大自然での生活の上に成り立つ広大な帝国を、カメラのように小さなものが表すことができるってなんて素敵なことでしょう!高い建物やとても広い場所に囲われた人々は、控えめで、撮影距離からミニチュアサイズに写っています。この記事ではそんな巨大な世界と人々との対比が面白い4つの写真を紹介します。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 2015年9月のトレンドアルバム

    2015-10-03 #world #ニュース Eunice Abique の記事
    2015年9月のトレンドアルバム

    私たちが見てきたもの、経験してきたものを表現するのに、時折言葉では足りないと感じることがあります。そういった場合、思い出が詰まったスナップショットならば、更に記憶の最限度は高まります。ロモグラファーたちの9月を、精選されたアルバムを通して振り返りましょう。

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    2015-06-09 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    2015-05-15 #world #ライフスタイル #ロケーション pan_dre の記事
    Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    勇猛果敢の名高い旅行者でさえ、北極と南極へと出航出来ることは稀。しかし、コミュニティーでは“stouf”の名で知られるあのロモグラファーが、この両極地帯へと足を踏み入ることを許された。この珍しい目的地への貴重な訪問は彼の職業上の理由によるものであったが、信頼できるカメラとお気に入りのフイルムを一緒に持って行き、調査旅行の様子を撮影することも、忘れられてはいなかった。

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!