Jane Radstromによる、美しい二重露光ドローイング

二重露光や多重露光は、ロモグラファーやフォトグラファーにとってはお馴染みだよね。でも、Austin-basedのアーティストの、二つのイメージが組み合わさっている絵を知ってる?彼女の美しい絵をみていってね!

自分だろうが、ロモグラファーだろうが、素敵な二重露光が撮れるよう、日々探究しているよね。でもね、紙の上で二重露光をしたことってある?そう、二重露光ドローイング!

Austin-based アーティストのJane Radstromが、The Girl Series.と呼ぶ作品を作ったの!この作品は、写真の様に、“‘本物’に見える絵だけど、一つ以上のイメージを描く手法“が使われているの。彼女の”二重の“テクニックの美しさと、繊細さを感じたんだけど、それは、題材が女性であり、また、目に留まるポーズをしているからだと思う。

Images via Jane Radstrom's Website

イメージはJane Radstrom’s Websiteより
もし、Jane Radstromの作品が気に入ったなら、Pakayla Biehnの写実的二重露光ペインティングも、気にいるはずよ。
コメント欄で、Jane Radstromの作品の感想をシェアしていってね!

2013-09-23 #art #lifestyle #painting #drawing #doubles #double-exposure #lomography #analogue-lifestyle #analogue-art #jane-radstrom plasticpopsicle の記事
翻訳 pamiyu

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • ゴトウヨシタカ写真展「光と遊ぶ vol.4」開催

    2017-07-07 refallinsasaki の記事
    ゴトウヨシタカ写真展「光と遊ぶ vol.4」開催

    ロモグラファーの ゴトウヨシタカ さん ( @gocchin ) の個展 「光と遊ぶ vol.4」 が9月2日(土)より旭川市のディーアイあさひかわにて開催決定!ロモグラフィーのカメラで撮影された多重露光やクロスプロセス現像の美しい作品は必見です。お近くにお住いの方はぜひ足を運んでみてくださいね!

  • 多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    2018-03-15 hodachrome の記事
    多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    多重露光アーティスト山本穂高氏(@hodachrome)主催による多重露光写真展「 カサナリノセカイ 」が京都で開催中です。コンセプトは「日常ではありえないような夢の世界──。何度でも心に刻んでほしい…」。全国から集まった多重露光好き・フィルム好きがそれぞれの幻想的な多重露光の世界を奏でます。ぜひ足をお運びくださいませ!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemでいつもとは違う視点から撮影してみよう!

    2017-06-04
    Neptune Convertible Art Lens Systemでいつもとは違う視点から撮影してみよう!

    無限の可能性に挑戦できるNeptune Convertible Art Lens Systemを活用して、建物のラインや模様を生かしたイメージを撮影してみませんか?きっとこれまで観たことのないような世界に出逢えるはずですよ!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • [Lomo Amigo] Ken_Youth of Tokyo × Lomo LC-A+:夢のLA-LA-LAND!

    2017-06-11 choko3 の記事
    [Lomo Amigo] Ken_Youth of Tokyo × Lomo LC-A+:夢のLA-LA-LAND!

    東京を拠点として活躍する音楽プロデューサー兼フォトグラファーのKenさん。ロモグラフィーのコミュニティーでもお馴染みの彼が、今回はロモグラフィーのLC-A+を使って夢のLa-La Landを撮影!!インタビューとともにお楽しみください。

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • シンガポールの写真家・Jen PanとPetzval 85の気まぐれな結びつき

    2017-05-07 #gear #people Crisselda Robles の記事
    シンガポールの写真家・Jen PanとPetzval 85の気まぐれな結びつき

    情熱を共有するライフスタイルはシンガポールで赤ん坊や家族を撮影している写真家・Jen Panのアーティスト魂に火をつけます。 このインタビューでは、JenとPetzval 85 Art Lensの気まぐれな結びつきによって生まれた素晴らしい作品をお楽しみください!

  • 現実のその先へ – Jeremie Druのフィルム写真

    2017-05-29 #culture #people cheeo の記事
    現実のその先へ – Jeremie Druのフィルム写真

    多重露光に精通し、才能と想像力を兼ね備えたJeremie Druはフィルム写真によって彼独自の現実を描き出します。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    2017-08-26 refallinsasaki の記事
    【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第二弾は京都市左京区正往寺町にある Photolabo hibiさん!普段からロモのフィルムやカメラを使っているお店の方に、個人的にイチオシのカメラや今後お店でやってみたいイベントについてお話していただきました。お近くにお住いの方は必見です!

  • Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    2018-03-22 #gear
    Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    ぐるぐるボケを生み出すアートレンズ Petzval 58 Bokeh Controlで Raymond Chin (@raywychin) が多重露光に挑戦しました。花と被写体が重なることによって生まれた繊細な作品をご覧ください。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。