君の手と君のカメラ

2013-11-19

カメラで写真を撮るときにはいろいろ頭に入れておかないと、最高の結果はでない。君のカメラを最大限生かすためのコツを教えよう。

知るべきことは山とある。もう知っていること、まだ知らないこと、知っててもその価値が分かっていないこと。とにかく、新米ロモグラファーが考えることはいつも同じ。カメラの一番いい選び方は? ファインダーで見た通りに撮れないのはなぜ? とかね・・・。馬鹿にされるからとか、つまらないことだからと言う理由で、敢えて質問されないことがたくさんある。

ここでは、一から始めよう。

1 – カメラを持つ
多くのカメラ(Lomo、Lomoの一眼レフ、他の一眼レフなど)には、露出計やシャッター速度設定などの機能が付いている。ここでは、遅いシャッター速度やBモードで写真を撮るのにうってつけのカメラの持ち方を教えるね。

通常の持ち方とは違うが、最も快適でベストな持ち方は以下だ(僕個人の意見)。
いつもながら付き合ってくれるわが永遠のモデルに、大きなキスを贈る。

Mi eterna e incondicional modelo. Un beso para ti.

• 手のひらを上にして、指先は反対の腕に向ける(左利きなら指は右腕を、右利きなら逆を)。
• カメラをその手のひらに乗せたら、同じ手の親指、人差し指あるいは中指を、レンズかカメラの側面に添える

注意! 写真のフレームに手が入らないように。

この方法だと、(シャッタースピードが遅くしなくてはならない)暗い場所での撮影でカメラが安定する。手が三脚の代わりになってくれる。

2 – 狙って撮る
慣れないうちは、いつも自分に呟いてしまうものだ。なんでファインダーで見た通りに撮れないんだ?って。 Fisheye No. 2を使い始めた時に幾度となく自問したよ。僕はファインダーを直接見て写真を撮ったのに、写真は違っている。理由は簡単。これらのカメラでは「見たものが撮れる」訳ではないんだ。ファインダーからの眺めは単なる参考。

詳しく説明しよう。

僕たちは通常ファインダーを覗く(今回はDiana F+だけど、Lomoカメラは大抵同じ具合だ)。その視線をここでは黄色い矢印で表す。だがレンズの視野の方向は緑色の矢印だ。(実際のレンズは広いフィールドを捉えているが、ここでは分かりやすいように矢印にした)。
距離 d は僕たちが見たものと撮影されるものとの間の差で、フィルム現像の時に明らかになる。距離 d とはファインダー中央とレンズの視野中央との距離だ。

Fisheye No. 2の最初の撮影で、円で囲った番号を撮った。焦点を絞り、ファインダーを被写体中央に定め、シャッターを押した。結果は? 思っていたのとまるで違っていた。

Credits: rocafish

解決方法

フォーカスする時、ファインダーを覗いたあとで、カメラをちょっと持ち上げて、眼の高さにレンズを持ってくる。

失敗はあるが、距離 d はほとんどゼロになる。でも練習を積めば、この方法が身について完璧なフレームの写真が撮れる。

Credits: rocafish

注意! これはノンレフレックス・カメラでのワザ。狙いどおりに撮りたいなら、レンズの高さを考えること。参考にFisheyeで撮った写真を載せておく。
でも結局、このテクニックはそれほど重要じゃない。撮影ごとにカメラを調整したり動かしたりするのはちょっと面倒でしょ。まあ、しばらく続けると、こうした動きが自然にできるようになって、よりフレームの収まりがいい、安定した写真が撮れるようになるだろう。
…でもゴールデンルールには、「考えるな!」とある。テクニックはいくつあってもいい。考えずに撮るルールは、写真に生命、動き、そしてLOMO愛を添えてくれるだろう。

LOMO ON!

2013-11-19 #gear #tutorials #apuntar #disparar #tipster #camara #enfocar #manos #tutorial #tecnicas #visor #tomar rocafish の記事
翻訳 orangemikan

他の記事を読む

  • 花火をLomography CN ISO800で撮るコツ

    2016-06-30 #gear #tutorials easilydistracted の記事
    花火をLomography CN ISO800で撮るコツ

    花火の撮影をフィルムでするのは少し勇気がいることだったりしますが、ISO感度の高いLomography CN ISO800とバルブモードのあるカメラがあるとほら、こんなにクッキリと写ります!またバルブモードのないLC-A+をバルブモードに変身させるコツもお教えします!

    2016-06-30
  • LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    2016-07-31 #gear #people ihave2pillows の記事
    LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    LomoChrome Purple XR 100-400は伝説の赤外カラーフィルム、コダック・エアロクロームおよびエクタクローム プロフェッショナル インフラレッド (EIR)フィルムに対するロモグラフィーなりの答えです。それは先代と同様に高い技術力を要求してくるものでしたが、このフィルムで撮った作品は驚きに満ちています。それではいかにしてパープルを引き出すか。そのための簡単なガイド記事です。

    2016-07-31
  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 12/9(水)のアドベントカレンダー: Lomo LC-A+ and Lomo LC-Wideが20% OFF! (ディスカウントコード: PREMIUMPACKAGE20)

    2015-12-09 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/9(水)のアドベントカレンダー: Lomo LC-A+ and Lomo LC-Wideが20% OFF! (ディスカウントコード: PREMIUMPACKAGE20)

    本日はLomo LC-A+、Lomo LC-Wideをはじめとする高級機が20% OFF!高級機を安く手に入れようと考えていた方は本日がチャンス!オンラインショップと直営店Lomography+の両方でお得にお買い求めいただけます!

    2015-12-09
  • 12/18(金)のアドベントカレンダー: ロモグラフィーのカメラが10% OFF! (ディスカウントコード: LOMOLOVE10)

    2015-12-18 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/18(金)のアドベントカレンダー: ロモグラフィーのカメラが10% OFF! (ディスカウントコード: LOMOLOVE10)

    オンラインショップと直営店Lomography+でDiana F+やLC-A+、LC-Wideなどロモグラフィーのカメラを10% OFFで購入して大切な人へのクリスマスプレゼントに!あの人のよろこぶ顔が見たいなら、見た目もかっこよいロモグラフィーのカメラはプレゼントにぴったりです!

    2015-12-18
  • 【イベント】夏休みの自由研究に!一眼レフカメラKonsturuktor を自分で組み立ててみよう in 二子玉川 蔦屋家電

    2016-07-27 deco の記事
    【イベント】夏休みの自由研究に!一眼レフカメラKonsturuktor を自分で組み立ててみよう in 二子玉川 蔦屋家電

    いよいよ始まった夏休み。二子玉川 蔦屋家電の写真コンシェルジュに教わるKonstruktorの組み立てワークショップへ自由研究の一環として参加してみませんか?カメラの構造を理解し、さらにはフィルムで撮影!自分で組み立てたカメラで夏の思い出を撮影するのも素敵!お子様とペアでの参加お待ちしております!

    2016-07-27
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Daguerreotypeが描く自然のなかのポートレート:Elvis Tangへのインタビュー

    2016-10-08 #gear #people Phyllis Chan の記事
    Daguerreotypeが描く自然のなかのポートレート:Elvis Tangへのインタビュー

    Elvisは香港を拠点とする写真家です。彼が写真を始めきっかけは高校最後の日々を思い出に残すためでした。その後すぐに、インスタグラムで他の写真家と知り合い、彼自身も自分の写真スタイルを探求するようになったそうです。今回はElvisがロモグラフィーのDaguerreotype Achromat Lensで撮影した作品をお楽しみください!

  • モノクロ写真に学ぼう: モノクロの魅力とは?

    2016-09-14 Ciel Hernandez の記事
    モノクロ写真に学ぼう: モノクロの魅力とは?

    モノクロ写真のいいところは、ただクラシックでかっこよく見えるだけではありません!実はモノクロ写真は、撮影技術にもいい影響を与えてくれるって知っていましたか?

    2016-09-14
  • [LomoAmigo] SuperSampler: moron_non

    2016-08-10 ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] SuperSampler: moron_non

    Instagramで話題の人気フォトグラファー、moron_nonさん。爽やかでフレッシュな作風、さらにはフィルムで撮影されている写真を拝見し、お声掛けしたところ…なんとまだ現役の大学生!今回は「4連写カメラ・SuperSamplerを使ってみたい!」と嬉しいリクエストを頂きましたので、夏の日差しをたっぷり写した写真を撮影して頂きました。

    2016-08-10
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lomo’Instant Wide Victoria Peak Edition 新登場!

    2016-10-31 #gear #ニュース Lomography の記事
    Lomo’Instant Wide Victoria Peak Edition 新登場!

    新しいLomo’Instant Wideはキラキラ煌めくVictoria Peak Edition! 香港のビクトリア・ピークと呼ばれる山から見下ろす、高層ビル群の輝く摩天楼。その美しい夜景にインスパイアされたLomo’Instant Wide Victoria Peak Editionで輝く瞬間をワイドに捉えよう!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

    2016-01-26
  • 【ワークショップレポート】11/7(土) LOMO × snap! × ポパイカメラ 高校生限定!LC-A+ワークショップ

    2015-12-10 #ニュース #people ciscoswank の記事
    【ワークショップレポート】11/7(土) LOMO × snap! × ポパイカメラ 高校生限定!LC-A+ワークショップ

    11/7(土)、snap! マガジン、ポパイカメラ、そしてロモグラフィーというフィルムカメラに情熱を注ぐ3社がタッグを結成!初めての合同開催によるLC-A+ワークショップを開催しました!今回のワークショップの参加条件は「高校生であること」。最近の若い子たちは、フィルムカメラLC-A+に一体どんな反応を示したのでしょう?当日の様子をレポートします!

    2015-12-10