君の手と君のカメラ

カメラで写真を撮るときにはいろいろ頭に入れておかないと、最高の結果はでない。君のカメラを最大限生かすためのコツを教えよう。

知るべきことは山とある。もう知っていること、まだ知らないこと、知っててもその価値が分かっていないこと。とにかく、新米ロモグラファーが考えることはいつも同じ。カメラの一番いい選び方は? ファインダーで見た通りに撮れないのはなぜ? とかね・・・。馬鹿にされるからとか、つまらないことだからと言う理由で、敢えて質問されないことがたくさんある。

ここでは、一から始めよう。

1 – カメラを持つ
多くのカメラ(Lomo、Lomoの一眼レフ、他の一眼レフなど)には、露出計やシャッター速度設定などの機能が付いている。ここでは、遅いシャッター速度やBモードで写真を撮るのにうってつけのカメラの持ち方を教えるね。

通常の持ち方とは違うが、最も快適でベストな持ち方は以下だ(僕個人の意見)。
いつもながら付き合ってくれるわが永遠のモデルに、大きなキスを贈る。

Mi eterna e incondicional modelo. Un beso para ti.

• 手のひらを上にして、指先は反対の腕に向ける(左利きなら指は右腕を、右利きなら逆を)。
• カメラをその手のひらに乗せたら、同じ手の親指、人差し指あるいは中指を、レンズかカメラの側面に添える

注意! 写真のフレームに手が入らないように。

この方法だと、(シャッタースピードが遅くしなくてはならない)暗い場所での撮影でカメラが安定する。手が三脚の代わりになってくれる。

2 – 狙って撮る
慣れないうちは、いつも自分に呟いてしまうものだ。なんでファインダーで見た通りに撮れないんだ?って。 Fisheye No. 2を使い始めた時に幾度となく自問したよ。僕はファインダーを直接見て写真を撮ったのに、写真は違っている。理由は簡単。これらのカメラでは「見たものが撮れる」訳ではないんだ。ファインダーからの眺めは単なる参考。

詳しく説明しよう。

僕たちは通常ファインダーを覗く(今回はDiana F+だけど、Lomoカメラは大抵同じ具合だ)。その視線をここでは黄色い矢印で表す。だがレンズの視野の方向は緑色の矢印だ。(実際のレンズは広いフィールドを捉えているが、ここでは分かりやすいように矢印にした)。
距離 d は僕たちが見たものと撮影されるものとの間の差で、フィルム現像の時に明らかになる。距離 d とはファインダー中央とレンズの視野中央との距離だ。

Fisheye No. 2の最初の撮影で、円で囲った番号を撮った。焦点を絞り、ファインダーを被写体中央に定め、シャッターを押した。結果は? 思っていたのとまるで違っていた。

Credits: rocafish

解決方法

フォーカスする時、ファインダーを覗いたあとで、カメラをちょっと持ち上げて、眼の高さにレンズを持ってくる。

失敗はあるが、距離 d はほとんどゼロになる。でも練習を積めば、この方法が身について完璧なフレームの写真が撮れる。

Credits: rocafish

注意! これはノンレフレックス・カメラでのワザ。狙いどおりに撮りたいなら、レンズの高さを考えること。参考にFisheyeで撮った写真を載せておく。
でも結局、このテクニックはそれほど重要じゃない。撮影ごとにカメラを調整したり動かしたりするのはちょっと面倒でしょ。まあ、しばらく続けると、こうした動きが自然にできるようになって、よりフレームの収まりがいい、安定した写真が撮れるようになるだろう。
…でもゴールデンルールには、「考えるな!」とある。テクニックはいくつあってもいい。考えずに撮るルールは、写真に生命、動き、そしてLOMO愛を添えてくれるだろう。

LOMO ON!

2013-11-19 #gear #tutorials #tutorial #tipster #camara #manos #visor #disparar #tecnicas #tomar #enfocar #apuntar rocafish の記事
翻訳 orangemikan

他の記事を読む

  • Neptune Convertible Art Lens Systemでいつもとは違う視点から撮影してみよう!

    2017-06-04
    Neptune Convertible Art Lens Systemでいつもとは違う視点から撮影してみよう!

    無限の可能性に挑戦できるNeptune Convertible Art Lens Systemを活用して、建物のラインや模様を生かしたイメージを撮影してみませんか?きっとこれまで観たことのないような世界に出逢えるはずですよ!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:待つんじゃなくて、自ら行動を起こそう!

    2017-04-25 #ニュース
    ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:待つんじゃなくて、自ら行動を起こそう!

    待ってるだけで完璧な瞬間をフィルムに捉えることができるとは限りません。Lomo'Instant Automat Glassと一緒に自ら行動を起こしましょう!カメラをバルブ(B)モードにセットしたら、花火を使ってクリエイティブなイメージを描いちゃおう。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    2017-07-29 #people refallinsasaki の記事
    イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    8/5 (土)、8/6 (日) の真夏のデザインフェスタに出展予定のイラストレーター Banbu さん。今回はなんとロモグラフィーの Lomo'Instant Automat や撮影した写真にステキなイラストを描いていただきました!インタビューではイラストを描き始めたきっかけや、初めてのフィルムカメラ Simple Use Film Camera との出会いまで、さまざまなことを聞いてみました。豪華な読者プレゼントもあるので最後までお見逃しなく!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    2017-12-27 #gear refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    普段はほとんど LC-A+ でしか撮影しない私ですが、この夏はロモグラフィーの新しいアートレンズ Neptune Convertible Art Lens System の試作品が届いたのでフィルムで何本か撮影しました。Neptune Lensは、35mm、50mm、80mmのレンズセット。レンズベースをカメラに装着すれば、簡単にこの3つのフロントレンズを付け替えられます。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • 【大発表!】通常購入より絶対お得!Neptune Lensの全リターンの割引率を公開

    2017-05-30 trifivy の記事
    【大発表!】通常購入より絶対お得!Neptune Lensの全リターンの割引率を公開

    おかげさまでもうすぐ500万円に届きそうな勢いで支援を集めている Neptune Convertible Art Lens System。気になるけど、通常販売まで待とうかな…と考えているあなた!今日はなんと特別に、Neptune Lensをいま支援すると通常購入と比較してどれだけお得なのか、大発表します!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『とっておきの場所』大賞発表

    2017-06-01 #ニュース
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『とっておきの場所』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『とっておきの場所』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?