Konstruktor入門へのはじめの一歩

2013-09-24

「Konstruktorとはお互いにもっと分かりあっていかなければならない。」―フィルムを何本か撮影した後には、これくらいしか言えなかった。いつかは上手くなるだろうが、そんな簡単に良い写真が撮れるようになる訳ではない。でも、撮影に慣れてくると、仕上がりは素晴らしいものになっていくんだ。

Credits: stratski

やっとの思いでKonstruktorを手に入れたら、写真を撮影を始める前に、カメラを組み立てなければならない。幸い、このカメラの組み立て自体も楽しめるようになっている。もし一度でもプラモデルを組み立てたことがあれば、夢中になること間違いなし。ただ、マニュアルはとても簡潔に書かれている。でも、どこを組み立てているか考えながら作業すれば、簡単にできるはず。私が経験した唯一のトラブルは、フィルム巻き上げの部分で、部品の数勘定が適当で、実際に使う部品がいくつの残っているのか分からなくなってしまった。でも、そんなに大きな問題ではない。最悪なのは、フィルム巻き上げ部分が時折外れてしまって、フィルムがスプロケット穴辺りから避けてしまうことさ。まぁ、一度解体して、直して、もう一度組み立てようとは考えている。だって、一度は自分で組み立てたわけだしね。

ここでやっと、撮影開始。上に付いているビューファインダーに慣れるのには少し時間がかかるかもしれない。まっすぐ撮影するのには全く問題ないが、ちょっと違ったアングルから撮影したい時には、少し気を付けないといけない。タテ向きの写真を撮影する時には、ビューファインダーから見ると反対に見えてしまうため、少し難しい。とてもややこしく、私が撮ると、ずれた写真ができてしまう。

Credits: stratski

自分の何が悪いかは分からないが、新しいロモグラフィーのカメラを買うたびに、すごく頑張らないと、良い結果に仕上がらない。多分私は、シャッタースピードが速く、大きいガラス製のレンズが付いたカメラに慣れてしまっていて、安いロモプラスチックフレームや比較的遅いシャッタースピードを低く見てしまっているからかもしれない。でも、幸運なことに、そんなカメラにもフィルム何本か撮影すれば慣れることができるけど…。

Aarg! Bewegingsonscherpte!

何はともあれ、グラグラしているカヌーの上や、ビューファインダーが見えないくらい眩しい太陽の下じゃなく、変わったアングルから写真を撮ろうとさえしなければ、上に付いているビューファインダーにはすぐになれるはず。このカメラは、本物の一眼レフとシンプルなコンパクトカメラの両方の良さを持ち合わせている。設定することが多くない―絞りはf/10で固定されているし、シャッタースピードも1/80かBの二つしかない。それでも、ピントが合っているかあっていないか簡単に見えるのは、良い特徴の一つ。私はすぐにクローズアップ写真をたくさん撮影しようとした。だって、普通のコンパクトカメラだと、仕上がるまで見えないから、あくまで予測しかできない。驚くことに、この質素なプラスチック製の虫眼鏡みたいなファインダーでは、しっかりと撮影できるんだ!

Credits: stratski

レンズにフィルター用の溝は付いていないが、カメラ自体が軽いので、カメラを支える手にフィルターを一緒に持って撮影することができる。素晴らしいニュースでしょ?Konstruktorは私の持っているクローズアップレンズと、とても相性が良いんだ。どんな花やハチも私には良いターゲット!

Credits: stratski

手作りのフィルターやCokinフィルター等のように軽いフィルターには、下の写真のように、簡単にホルダーを付けることができる。

他のロモグラフィーカメラと同じように、多重露光撮影が簡単にできる。いつも思い通りにいかないので、まだ私はモノにしたとは言えないけど、これはとても素晴らしい機能の一つ。

Credits: stratski

まとめると、Konstruktorは私のカメラコレクションに新しく加わった、素晴らしいカメラだっていうこと。

2013-09-24 #gear #review #camera #close-up #netherlands #nederland #dutch #holland #nld #konstruktor stratski の記事
翻訳 54070

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

    2017-04-27
  • レポート&テクニック:直営店Lomography+主催2016年10月15日(土)『フラッシュ・マスター ワークショップ!』

    2016-10-24 #gear lomographyplus の記事
    レポート&テクニック:直営店Lomography+主催2016年10月15日(土)『フラッシュ・マスター ワークショップ!』

    2016年10月15日に行われた直営店Lomography+主催『フラッシュ・マスター ワークショップ!』をレポートします! ロモグラフィーならではのフラッシュ撮影テクニックが沢山詰まったワークショップとなりました。 撮影方法も盛りだくさんの内容となっているので、是非ご一読ください!!

    2016-10-24
  • ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: いつでもかわいい

    2016-09-16 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: いつでもかわいい

    Lomo’Instant Automatが手元に届くのが待ちきれない?!ピンポーンと届くまでの間に撮り方をマスターして、箱を開いた瞬間からすぐにクリエイティブな写真が撮れるようにしておきましょう!今日のテーマは「いつでもかわいい」

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    2016-12-01 #culture Ciel Hernandez の記事
    Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    その昔、心霊写真は死んだ親族とつながるための方法として一大ブームとなりました。しかし撮影技術の進歩とともに、そのトリックが見破られてしまった現代では目にすることも少なくなりつつあります。そんな心霊写真の意外ともいえる誕生秘話に迫りました。

    2016-12-01
  • モノクロ写真に学ぼう: モノクロの魅力とは?

    2016-09-14 Ciel Hernandez の記事
    モノクロ写真に学ぼう: モノクロの魅力とは?

    モノクロ写真のいいところは、ただクラシックでかっこよく見えるだけではありません!実はモノクロ写真は、撮影技術にもいい影響を与えてくれるって知っていましたか?

    2016-09-14
  • 【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    2017-03-21 #tutorials #ビデオ lomographymagazine の記事
    【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    フィルムを自分でスキャンすると色んな利点があるってご存知ですか?毎回のデータ化のコストもかからないし、現像所では取り扱ってくれないフォーマットのフィルムもスキャンできちゃいます。フィルムスキャンにまだ挑戦したことの無い方のためにスキャナ選びの注意点と便利なツールをご紹介!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • [レビュー]モノクロチェキフィルムでカラーフィルターを使ってみました!

    2016-12-05 #gear #culture #ニュース sikakuipanda の記事
    [レビュー]モノクロチェキフィルムでカラーフィルターを使ってみました!

    Lomo'instant Automatが手元に届くのが待ちきれない方も多いかと思いますが、フィルムの準備はもうOKでしょうか?今回は直営店スタッフが、話題のモノクロチェキフィルムとカラーフィルターを使って、どんな効果が発生するのか試してみました! 通常のモノクロフィルムと同様の効果はえられるのでしょうか!?

  • 4/17(月) 〜 21(金) 嶋本麻利沙 × fog × 37:写真展示販売&ベッドリネン・パジャマ受注販売イベント開催!

    2017-04-11 trifivy の記事
    4/17(月) 〜 21(金) 嶋本麻利沙 × fog × 37:写真展示販売&ベッドリネン・パジャマ受注販売イベント開催!

    春らしく暖かい陽気になってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?今日は新年度にぜひ足を運んでみたい、Fogのベッドリネンと37のパジャマ受注イベントのご案内です。当日は写真家・嶋本麻利沙氏にLC-A+ で撮影頂いた作品も展示されるそうです!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 2017年3月のトレンドアルバム

    2017-03-31 #ニュース Lomography の記事
    2017年3月のトレンドアルバム

    アルバムのまとめ方は人それぞれ。撮影場所、フィルム、ベストショットなどなど色んな方法がありますが、2017年の3月に人気を集めたアルバムはどんなものだったのでしょう?ロモグラフィーのコミュニティーに投稿されたなかでベストに選ばれたアルバムたちからヒントをもらいましょう!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!