TAPE OVERがLa Sardina DIY Editionを特別なアートワークに変身させた!

TAPE OVERのLaMiaと «just rob»の二人のアーティストが、八月にベルリンのロモグラフィーギャラリーストアをユニークなアートワークの場にしてしまいました。そのデザインは、一つのカメラとフィーチャーして考えられました。そのカメラは、La Sardina DIY。

Lamia und Rob von TAPE OVER im Lomography Gallery Store Berlin

あなた自身について少し教えてください。 TAPE OVER angefangen はどのように始められましたか?

Lamia: 2010年の冬に私の大学(Institute of Design Berlin)のアートプロジェクトに参加してから、全てが始まったの。アートディレクションのコースを履修している間に、自分で選んだトピックに沿って、一つのアートの形を決めて、それを作らなければならなかったの。そこでテープアートに対する情熱を見つけたの。

Rob:そしてそれが、彼女が僕にもテープアートに情熱を持たせたのさ。そんな初めのころから、僕はLamiaのアーティスティックな視点や描写に魅了されていたんだ。彼女の初めてのテープアート作品の手伝いをすることは、僕にとって、とても刺激的だった。ベルリンにあるエレクトロクラブの飾り付けから始まり、2011年の春に TAPE OVER gegründet を始動させた。それから、僕たちにとってクラブは、ストリートアーティストにとってのストリートと同じものになったんだ。

Lamia: そうなの!そして、エレクトロの雰囲気は、私たちの「インスピレーションの泉」になっていたの。

TAPE OVER Artwork

自分達のアートをどのように説明しますか?全てのイメージをテープでデザインできますか?それとも、制限があるのでしょうか?

私たちのアートはストリートアートから派生したサブカルチャーだと考えています。私たちのケースだと、現代アートの特徴を、より反映したスタイルだと思う。私たちのトレードマークはオーガニックな形態で、幅の異なるテープを使うことなんだ。そうすることで、私たちの作品が自然なスタイルになるの。さらに、私たちは細部にとてもこだわるんだ。このコンビネーションが見る人の目を驚かせるのだと信じているよ…そして、おそらくそれが、みんなが私たちの作品に触る理由なんだと思う。

アートの対象に関して言えば、制限はないと考えている。基本的にどんなものでもテープでデザインすることができる。ただ、もちろんいくつかの制限はある。テープの粘着性や限られた色の種類なんかによって、ある程度制限されてしまう。反対に、面白いのが、こういった特徴あるから、抽象的な表現が必要になってくるんだ。

私たちのために La Sardina DIY をテープしていただきましたが、そのデザインの裏にはどんなストーリーがあったのでしょうか?

私たちは壁だけをテープするだけじゃない。私たちのアートの中では、とりわけTAPE ON YOUが有名なの。つまり、人々のいでたちや雰囲気からインスピレーションを受けて、その人の肌や服を直接アート作品にしてしまうんだ。だから、とても個性的なスタイルになるのさ!そしてそれが、La Sardina対してやったことでもある。私たち自身が、カメラに対してオープンになることで、カメラからこのデザインを思いついたんだ。

Die La Sardina DIY von TAPE OVER

La Sardinaはどうでしたか?デザインの過程はいかがでしたか?

カメラのシンプルな所と、サルディン缶ににスタイリッシュな形で似せている特徴的な形が特に気に入ったよ。それに、私たちは、そのものの形を際立たせるから、真っ白い素材が好きなんだ。そのおかげで、カメラの卓越したディテールを、素晴らしい色の組み合わせで強調することができた。

DIYのファンのために、何かためになるコツはありますか?

コツは一つだけ:箱を開けて、取り出して、クリエイティブになる…自分自身のユニークなロモグラフィーアイテムを創り上げるんだ。

八月にはベルリンのロモグラフィーギャラリーストアを、La Sardinaエディションをフィーチャーさせて、アートに変えてしまいましたね。

はい、カメラとのコラボレーションを視覚的に表した作品を創りました。店に訪れた人は、はっきりとした色使いとハイライトが印象に残るでしょう。それが、私たちのデザインと統合したLa Sardina DIYエディションなんです。私たちは二つを合わせて、二枚の壁を使って表現しました。それに加えて、昔デザインした二つの窓も展示していましたが、お店のクリーンなデザインととても合っていました。

ロモグラフィーとテープアートは、抽象的なレベルでは類似点がある。両方ともアナログな形態で、少し変わった視覚的な要素から成り立っている。

ご協力ありがとうございました!

Facebook でTAPE OVERのファンになって、彼らの ウェブサイト でLaMiaと«just rob»についてもっと詳しく知ろう。

2013-09-21 #ライフスタイル #tape-art #tipps #sardina-diy-designs #la-sardina-diy #tape-over #la-sardina #la-sardina-edition #sardina #do-it-yourself #inspiration #gestalten #tape-kunst #ideen #diy zonderbar の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • LomoAmigo: Selver Yıldırım

    2016-01-14 #people #Lomoamigos sedaakay の記事
    LomoAmigo: Selver Yıldırım

    Selver Yildirimはトルコ・イスタンブールのアート学生。友人と共同設立したブランドのデザイナーとして活動しています。日常性の中にユニークなアプローチをとりいれたデザイン、絵を生み出します。そんな彼女にLa Sardina DIYカメラをお渡しし、彼女らしさ満点のカメラをデザインしてもらいました。出来上がった作品はカラフルなイラストで埋め尽くされた、彼女の美学がつめこまれた一品に!

  • 日本人Petzval Artistたち

    2015-02-27 #people #ニュース #Lomoamigos ciscoswank の記事
    日本人Petzval Artistたち

    ロモグラフィーでは数多くのPetzval Artistをいままで紹介してきました。ここ日本からも、様々なアーティストさんがPetzval Artistとして作品を残し、インタビューに答えていただきました。今回はそんな日本人Petzval Artistたちの記事をまとめて再度ご紹介します!

  • Petzval LomoAmigos: CHARLIE.AKI(チャーリー・アキ)

    2015-05-01 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval LomoAmigos: CHARLIE.AKI(チャーリー・アキ)

    CHARLIE.AKI(チャーリー・アキ)さんは奈良県出身のフォトグラファー。音楽家として活動していた経験もある表現者です。そんなCHARLIEさんにPetzvalレンズをテストしていただき、星型のユニークなボケが特徴的なポートレイトから、桜が満開の京都のスナップまで存分に楽しんでいただきました!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 菅武志ゲスト展示:「LONDON MY TOWN」 SHOKO CD・書籍同時リリース記念エキシビジョン

    2015-10-14 #world #ニュース ciscoswank の記事
    菅武志ゲスト展示:「LONDON MY TOWN」 SHOKO CD・書籍同時リリース記念エキシビジョン

    ロンドンと東京を拠点に活動するアーティスト、SHOKOさん。先日CDメジャーデビューを果たし、更にロンドンブックシリーズ第2弾となる書籍を発表されました。そんなSHOKOさんのCD・書籍同時リリース記念エキシビションが10/15(木)より開始されます。このエキシビションでは、ロモグラフィーではおなじみの写真家・菅武志さんが、ロンドンで撮り下ろしたSHOKOさんの写真がゲスト展示されます。菅さんファン必見の美しい写真を見に、そしてアーティストSHOKOさんの世界観を味わいに、是非足を運んでみてください。

  • ターコイズブルーの世界を楽しむためのコツ

    2015-06-04 #people hodachrome の記事
    ターコイズブルーの世界を楽しむためのコツ

    皆さんは新しく発売されたネガフィルム「LomoChrome Turquoise XR 100-400」をもう試してみましたか?「淡い色は透き通ったアクアブルーに、真っ青な空やエメラルドグリーンの海は輝くゴールデンカラーに変色する衝撃的なフィルム」と銘打って発売されたこのフィルムですが、実際に使ってみた感想とその特徴などをまとめてみましたので、まだ使っていないという方はぜひ参考にしてみてください♪

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    2015-10-06 #people ciscoswank の記事
    スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    東京で活躍する書家兼デザイナー 國廣沙織さんにPetzval 58 Bokeh Control Art Lensの被写体になっていただきました。彼女はひらがなアクセサリーのデザインや書道に関するワークショップの開催など、「書」を基盤にした様々な活動をしています。そんな國廣さんに自身の活動について、そして書に込める思いを伺いました。Petzval 58 Bokeh Control Art Lensが作り出すぐるぐるボケのポートレイトとともにお楽しみください。

  • Film Photography Day Special:なぜフィルムなのか?LomoAmigos 名言集

    2015-04-10 #people ciscoswank の記事
    Film Photography Day Special:なぜフィルムなのか?LomoAmigos 名言集

    FIlm Photography Day(フィルム写真の日)を 機に、私たちはなぜフィルム写真が好きなのか、考えてみましょう。少し考えただけでも、たくさんの答えが浮かんできますね。今までLomoAmigosでは、様々な写真家、ミュージシャン、アーティストの方々にフィルムを選ぶ理由、またはフィルムで撮ってみた率直な感想を聞いてきました。その理由を聞くと、なんだか胸の奥が熱くなってきます。

  • タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    2016-01-07 #gear #ニュース lomography の記事
    タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    みなさんにとって2015年はどんな年でしたか? Lomographyの2015年はなじみ深いあのアイテムがレンズとして生まれ変わったり、とっても刺激的な1年でした。昨年発表されたカメラやレンズ、フィルムと一緒に2015年を振り返りましょう。 そして今年発表される新商品もお楽しみに!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LomoAmigos: Mogwai(モグワイ)、LC-Wideで日本を撮る

    2015-04-15 #people #Lomoamigos hannah_brown の記事
    LomoAmigos: Mogwai(モグワイ)、LC-Wideで日本を撮る

    Mogwai(モグワイ)は1995年に結成されたスコットランドのポスト・ロックバンド。昨年8作目となるスタジオアルバム『Rave Tapes』をリリースし、ここ12ヶ月のあいだ勢力的にツアーを行ってきました。そんな彼らがLC-Wideを日本ツアーに持って行き、Mogwaiの世界について話してくれました!

  • Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    2015-12-26 #gear #ライフスタイル #Lomoamigos zonderbar の記事
    Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    我らがロモアミーゴ Kate BellmはDeyáを拠点に活動するサイケデリックな作風で知られる写真家。ユニークな色の変化が楽しめるロモグラフィーのLomoChrome フィルムは彼女のスタイルにぴったり!彼女はバッグにLomoChrome PurpleとTurquoiseを詰め込みアイスランドへと旅立ち、まるで別世界を写し出したかのような素敵な写真と共に戻ってきました!

  • LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    2015-08-13 #people #ニュース #ライフスタイル #Lomoamigos zonderbar の記事
    LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    ミュージシャンであるObi Blancheは、2013年にロモグラファーとなり写真の世界にどっぷりと浸かることになりました。それ以降、彼はロモグラフィーの最新カメラに常に興味を持ち続け、その中でも特に彼を惹き付けたカメラがLC-A 120です。