Sprocket Rocket―今までで一番のカメラ

2013-10-05

スプロケット穴のついた写真は嫌いだった。写真をダメにしてしまうんじゃないかと思っていた。パノラマ写真についても良く分からなかった。そんなに良いものなのかい?こういった考えは差し置いて、この前の春にSprocket Rocketを注文することに決めたんだ。そしてそれが、ロモワールドに入ってきて以来、最高の決断だったんだ。

This photo is taken from Lomography shop. They did a better job presenting this camera than I.

見た目から始めよう。これより良くなり得るかい?そんなわけない!おかしいくらい長いことと、あのプラスチックのボディーがとても魅力的に見える。僕はSUPERPOPバージョンが気に入って、自分にはAzureを購入したんだ。黒いのは、僕にはちょっと鈍く見えたけど、これが好きな人もいるだろうね。

Sprocket Rocketはとても軽い。もっと重いものかと思っていたけど、プラスチックでできているからか、羽のように軽く感じるんだ。だから、横に長い割には、旅のお供に最適だよ。このカメラを二つ運んでいたとしても、鞄は重くならないだろうね。丈夫そうに見えるけど、裏蓋を支えているところは、いつか外れてしまうかも。

Credits: jutei

機能性に関して言えば、Sprocket Rocketはロモグラフィー製品の中でもとても基本的な方。絞りは快晴(f16)と曇り(f11)があって、シャッタースピードは1/100sとバルブの二つがある。フォーカスの設定は0.6-1mと1m-無限の二つ。三脚穴とホットシューをも搭載していて、両方とも基本サイズになっている。このカメラを使うのは簡単で楽しいけど、唯一足りないものと言ったら、ケーブルレリーズソケットかな。三脚穴とバルブモードがあるのに、なんでネーブルレリーズソケットがないのか、良く分からない。ちょっとおかしいし、そのせいで少し価値が下がってしまう気がする。ちょっと気にかかることは、シャッタースピードスイッチが緩いということ。カメラをバッグから取りだした時には、いつもバルブモードになっている。だから、撮影する前に、設定をちゃんと確認した方が良い。.

Credits: jutei

二重露光が大好きっていう訳じゃないけど、このカメラはそれに適していると思う。フィルムを前に後ろに自由に巻くことができるんだ。WIND(巻き上げ)ノブとREWIND(巻き戻し)ノブの二つと白い点を使うことで、フィルムを巻き戻して簡単に二重露光撮影することができる。そしたら後は、フィルムを巻いて元の場所に戻すだけ。僕自身はあまり使わないけど、格好良い機能だと思う。

Credits: jutei

さっき言った通り、スプロケット穴やパノラマ写真にあまり興味がなかった。でも、それは間違いだったんだ。Sprocket Rocketのフィルムを始めてスキャンした時に、あまりの素晴らしさに驚いた!パノラマフォーマットとスプロケット穴の両方が気に入ってしまったんだ。このカメラだと35mmフィルムの写真二枚分を使って撮影するんだけど、そのフォーマットは完璧だね。仕上がりはプラスチックカメラにしてはシャープだし、色も良く浮き出ているんだ。

Credits: jutei

僕は大体ISO400カラーネガティブを使うんだけど、このカメラとの相性は抜群。光がより必要になるけど、Velvia 100Fで撮影しても上手くいく。晴れた日にはISO100を使っても良いけど、曇っている時にはISO400を使った方が賢明だね。

Credits: jutei

タイトルにあるように、このカメラは今までで一番のカメラだ。見た目は良いし、楽しく使えるし、仕上がりも素晴らしいし、何より軽い。小さな欠陥がいくつかあるけど、出来上がった写真を見たら気にもならない。もし持っていなかったら、今すぐ手に入れよう!

Credits: jutei

2013-10-05 #gear #review #sprocket-rocket-film-35mm-35-azure-blue-velvia-iso400-iso100-400-100 jutei の記事
翻訳 54070

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

    2016-01-29
  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

    2016-01-26
  • なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    2016-03-17 #ビデオ lomographymagazine の記事
    なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    遠い昔、まだ写真技術が発展しておらず何も考えずにセルフィーを何百枚も撮るなんてことが出来なかった時代の写真では、人々は笑顔をみせず無表情で写っています。それは一体なぜでしょう?

    2016-03-17
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2016-02-23 2
  • 超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    2016-02-04 #gear #tutorials imbaaa の記事
    超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    ありきたりなカラー写真に飽きてきていませんか?時にはレトロ風味な写真も撮りたくなりますよね。そんな時に役立つのがこのテクニック。LC-Aで使えるオレンジフィルターを自作しましょう!

    2016-02-04
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

    2016-03-31
  • 2016年8月のトレンド写真

    2016-09-01 #ニュース lomography の記事
    2016年8月のトレンド写真

    8月もロモグラフィーのコミュニティーにはたくさんの写真が投稿されました!そのなかから、ベストに選ばれた最高の写真達をご紹介いたします。あなたのお気に入りがみつかるか、是非覗いてみてください。

    2016-09-01
  • Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    2016-04-22 #ニュース #gear shhquiet の記事
    Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    そよぐヤシの木、きらめく波、やすらぐフラの音色。南国ハワイのなごやかな雰囲気を身にまとった爽やかな一台が、大人気Lomo’Instantシリーズに新登場!GWのお出掛けや近所へピクニックに行かれる際、ぜひホノルルを連れて行ってください。そして撮った写真をその場でチェックしてみんなでシェアしましょう;)

    2016-04-22
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

    2016-03-05
  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

    2016-05-10
  • LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    2016-02-18 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo'Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

    2016-02-18