大好きなDiana F+ モーメント

カメラは人生の瞬間、瞬間の味わいを教えてくれる。写真を通じて、人は過去を愛おしみ、手元には選ばれた大好きな時だけが残る。Diana F+―この美しいビンテージ・カメラで撮れば、あらゆる時間はノスタルジーに染まる!

このクラッシックなLomographyカメラが6歳を迎えた誕生祝いに、コミュニティー・メンバーからのDiana F+ モーメントをまとめて振りかえり、ノスタルジーに浸りましょう! 素敵なコンテンツですよ! 読みながら、あなたの大切なDiana F+ モーメントを思い出してみて!

Credits: mczoum

「今は空き家となった実家の祖母の部屋に、彼女の古い花瓶が残されていた。湿気で壁という壁のペンキが剥げ落ちていた。」[2006年製期限切れフィルム、クロスプロセス、露光時間3-4秒。] — mczoum

Credits: laurasulilly

「2012年5月初め。わたしのボーイフレンドの両親がハンブルクに住んでいて、その近所の自然保護区には野原がいくつもある。その風景に目と心を奪われてしまったわたしは、ハンブルクを訪ねるたびにそこに行くのを楽しみにしている。これは彼が三脚もケーブルレリーズも使わず、立ったままで撮影したもの。Diana Splitzerは初めてだったけど、狙いどおり!」— laurasulilly

Credits: megs79

「アンダー露出の多重写真。雲の上の気球から地上を見下ろしているのは、実に不思議で孤独な感覚だろうと思う。これがわたしのお気に入りのロモグラフであるのにはいろいろ理由がある。わたしの写真で一番人気のあるロモグラフ。二重露光は大好き。熱気球も大好き。いつか乗ってみたい。」 — megs79

「僕のカメラの選択は間違いない。僕はDiana F+に恋したのだ。ちょっと撮ってみたただけで、すっかりのめりこんで、さらに深く知りたくなっていく。最初慣れるのに大変だけどその甲斐はある。Diana F+は君の大切な友になるだろう。」— cpolpa.

Credits: andrejrusskovskij

「自分が撮ったたくさんのポートレートの中で、この写真はとびぬけた出来というわけではない。でもこの写真の意義は、何かを強く見つめているイザベルを捉えることで、自分自身の美を彼女に教えようとしたことにある。私が写真というものの何をもっとも愛しているかに、この写真で気づいた。思いもかけない表情を撮って、他の人から見た彼らがいかに素晴らしいかということを、本人に理解させることができる点だ。Dianaに感謝しなければ。」 — andrejrusskovskij

「どんなシチュエーションでもDiana F+で撮れば最高。でも、なんといっても一番な瞬間は、旅行で見知らぬ街や風景をさまよっている時。他の旅行者が首から下げた重たいデジタル一眼レフで肩こりに悩んでいるのに、わたしは羽みたいに軽いDiana F+ですいすい歩き回り、もちろん、美しくてドリーミーな写真を撮るのだ。この写真はアイルランドのホウスにて、Diana F+とLomography Redscale XR 50-200フィルムで撮影したもの。」 — kekskonstrukt

「そのころ付き合っていたボーイフレンドがアメリカへ行くことになり、その前に二人でいわゆるピクニックに出かけることにした。フルーツを詰め込んだバスケットと草の上に広げるブランケット、サンドイッチとか用意して! 天気の良かったその日、初めてDiana F+を使った。この二重露光写真を撮った直後、空が灰色になり、暗い雲が垂れ込めたかと思うと、見る間に二人とも雨でびしょ濡れになってしまった。雨はその後ずっと激しく降り続いた。わたしたちは雨宿りしながら静かに暗い空を見ていた。今思うと一種の前触れだった気がする。それからほどなくして私たちは別れた。この写真はわたしたちが共に過ごした最後の「楽しい」瞬間であり、大好きな写真だ。浮気者のアイツと別れて、今ではセイセイしているけど。」— shhquiet

Credits: sobetion

「Diana F+の120フィルムで、僕は自分の初恋に気づいた。僕とガールフレンドの幸せな瞬間はいつも Diana F+を前に演じられ、旅の最中に彼女を撮る度に夢中になった。Diana F+があれば、いつも特別な時間!」— sobetion

Credits: shoujoai

「僕のお気に入りのDianaモーメントは最初のフィルムを入れて以来ずっと続いているよ。新しいカメラを手に入れて鼻高々! ガールフレンドと一緒に街を歩きながら、いたるところで写真を撮って、その合間にマニュアルを読んだ。写真はオーバー露出やオーバーラッピングじゃないけど、楽しく撮れてる。それに、ロモグラフィック熱が始まった魔法の瞬間をとどめておくのは悪くない。」— shoujoai

ハッピーバースデイ、 Diana F+! Diana F+誕生6周年の記事は こちらにも。.

2013-10-05 #ライフスタイル #diana-f-birthday-2013 #diana-f #birthday #community mayeemayee の記事
翻訳 orangemikan

他の記事を読む

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • 動物達の表情をフレームいっぱいに撮影したいなら、DIana F +のtelephoto lensを使ってみて!

    2015-03-05 #gear #レビュー masaka の記事
    動物達の表情をフレームいっぱいに撮影したいなら、DIana F +のtelephoto lensを使ってみて!

    動物園に行く時にカメラを持っていかないロモグラファーなんていないよね? でも動物達との距離が遠すぎて歯がゆい思いをした人も多いはず。 そんな人はぜひDIana F +とtelephoto lensを手に入れて!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • Pixelstickレビュー: ロモグラフィー香港チームが使ってみた!

    2015-07-02 #gear #ライフスタイル candilsw の記事
    Pixelstickレビュー: ロモグラフィー香港チームが使ってみた!

    Pixelstickは、まさにマスト・ハブ・アクセサリー。多彩なカラーと模様が、強烈なライトペインティングを生み出す。大きさは1.8メートル、高再現度を誇る200色のフルカラーLEDを搭載!長時間露光機能付のカメラと三脚を手にすれば、あとはただ、暗闇のなかでPixelstickを振り動かすだけで、夢みたいな写真が何ダースでも思いのままに。まずは、我らが盟友、ロモグラフィー香港のみんながこのPixelstickで撮影した写真を見てみてくれ!

  • LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    2015-05-14 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    東京の学芸大学駅のmonogramはカメラやカメラグッズの販売の他に、現像サービスやギャラリーを展開しており、写真好きにとってはたまらない空間となっています。そんなmonogramの店長である東尚代さんにLomo LC-A 120を試していただきました!普段からフィルムに慣れ親しんでいてロモグラフィーの商品も使い慣れている東さんは、一体どのようなスクエアショットをLC-A 120で写したのでしょうか?

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Spinner 360°: Full View

    2015-09-29 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Spinner 360°: Full View

    このカメラはいつだってあなたの旅に付き添う準備ができています!旅行にSpinner 360°を連れて行って、ステキな景色をスーパーパノラマ写真に残しませんか?

  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people #ライフスタイル #Lomoamigos Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!

  • 大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    2015-05-21 #world #ライフスタイル K. Aquino の記事
    大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    都市や大自然での生活の上に成り立つ広大な帝国を、カメラのように小さなものが表すことができるってなんて素敵なことでしょう!高い建物やとても広い場所に囲われた人々は、控えめで、撮影距離からミニチュアサイズに写っています。この記事ではそんな巨大な世界と人々との対比が面白い4つの写真を紹介します。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • ゴールデンウィーク前に注文を受け取ろう!

    2015-04-22 #world #ニュース ciscoswank の記事
    ゴールデンウィーク前に注文を受け取ろう!

    今年のゴールデンウィークももう目前!あなたはゴールデンウィークのアクティビティーに持って行くカメラをもう決めた?今ならオンラインストアで32,000円以上ご購入の皆様にゴールデンカメラ「Fisheye Baby 110 Gold」をプレゼントいたします!ゴールデンウィークは新しいカメラを手に入れて、旅行先で遊び倒しましょう!おまけのfisheye baby 110 goldを首から下げておけばシャッターチャンスを逃さないし、ゴールデンカラーがゴールデンウィークのシンボルになること間違いなし!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。