秋の日の撮影を楽しくする6つのコツ

ここイギリスでは夏の終わりを感じると、秋がやってきます。 この季節の私は、めったにこない晴れの日を待っています。自然がより深みを増しているこの時期の撮影は、やっぱり晴れた日がいいですからね。 あなたがどこの国に住んでいるのかわかりませんが、どんなところでも使える秋の色を最大限に楽しむためのコツをシェアします。

Credits: simonh82

晴れた日
秋にはあまりチャンスがないかもしれませんが、晴れた日の撮影は、確実にあなたのすべての写真に違いを生み出します。その日差しの元で、自然の色たちの本来の色が姿を現します。そしてさらに、輝く青空があなたの写真を彩ります。天気がいい日にはぜひ撮影に行きましょう。秋の色たちは長くは存在できません。だからこそ、このときばかりとはと輝いています。

Credits: simonh82

サチュレーションの強いフィルム
撮影に適切なフィルムを選ぶことは重要です。私はKodak Ektar 100のように色が弾けるような、サチュレーションの強いフィルムが好きです。Fuji Relea 100やKodak Portra 400でも幸運を手にしたことがありますが、それでもこういった種類の写真にはEktarがいちばんです。

Credits: simonh82

被写界深度
写真のなかのある一部のエレメントだけを際立たせ、前景や背景のボケを使いそこに視線を集めるためには、被写界深度を浅くしましょう。それによってまったく異なる印象になりますので、いろいろ試してみてください。

Credits: simonh82

パターン、影、光
葉っぱが面白いパターンをしていたら、それを利用しましょう。光や影が秋の色と交わって起こすケミストリーも無視できませんよ。パターンは葉っぱだけでなく、秋の土のトーンの中にも見つけることができます。

Credits: simonh82

ロケーション
ロケーションを工夫すると、なんでもない風景も目を惹くものになります。
ここで紹介するのは、そんな工夫がほどこされた Kew王立植物園 で撮影された写真たちです。すばらしい植物たちが単に写っているのではなく、美しい建物を写真に加えることで、より印象的になっていますよね。

Credits: simonh82

小さなちがいを見つける
秋には様々な美しいシーンが生まれます。ですが、中には注意しないと見逃してしまうものも。下の写真のクロッカスが花をつけるのは、ほんのわずかな間だけなんです。他にも、命が短くてなかなか見つけられない植物があります。それを探してみましょう。

Credits: simonh82

ここまで紹介したテクニックはどうでしたか?
お気に入りの写真が撮れたら、コメント欄にリンクを載せてくださいね。

2013-10-29 #gear #tipster #autumn #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about #season #seasonal #technique #colour #art simonh82 の記事
translated by keni

他の記事を読む

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #world #tipster beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • LomoChrome Purpleで、あなたの夜にキャンディのような一枚を

    2014-12-15 #ライフスタイル cheeo の記事
    LomoChrome Purpleで、あなたの夜にキャンディのような一枚を

    冬の夜は長い。だからといって、アナログカメラが楽しめないわけではありません。LomoChrome Purpleは、夜のあいだも素晴らしいショットをあなたに授けます。

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #tipster gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • ここだけのコツをおさらい!: LC-Wideで陽気なロモライフを

    2015-01-21 #gear #tipster cheeo の記事
    ここだけのコツをおさらい!: LC-Wideで陽気なロモライフを

    ウルトラ・ワイドで、超・頼りがいのある Minigonレンズが特徴的なLomo LC-Wide。その優れたキャラクターから、私達コミュニティのメンバーからも絶大な人気を得ています。 あなたもここで紹介するいくつかのシンプルなコツを一つか二つモノにすれば、このカメラがなぜそんなにも人気なのかきっとわかるはず!

  • Taking Back Tipsters:ワイルドにフィルムを壊すコツ!

    2014-11-06 #gear #tipster chooolss の記事
    Taking Back Tipsters:ワイルドにフィルムを壊すコツ!

    とっても挑戦的なロモグラファーになりたいなって思う?それなら、酸剤、漂白剤、火、あなたが思いつく感光乳剤ならほぼなんでも大丈夫なので、このちょっと変わったフィルムを壊すコツのために用意してください!

  • ターコイズブルーの世界を楽しむためのコツ

    2015-06-04 #people hodachrome の記事
    ターコイズブルーの世界を楽しむためのコツ

    皆さんは新しく発売されたネガフィルム「LomoChrome Turquoise XR 100-400」をもう試してみましたか?「淡い色は透き通ったアクアブルーに、真っ青な空やエメラルドグリーンの海は輝くゴールデンカラーに変色する衝撃的なフィルム」と銘打って発売されたこのフィルムですが、実際に使ってみた感想とその特徴などをまとめてみましたので、まだ使っていないという方はぜひ参考にしてみてください♪

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    2014-10-10 #gear #tipster gakurou の記事
    Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    今まで光を意識してなかったわけではないけれど、Petzval Lensを使うようになって、より光を意識するようになった。 日中に見える物は、すべて太陽の光の反射によるもので、その最大の光を捉える方法をPetzval Lensが教えてくれました。 まったく当たり前のことを書いていますが、ちょっと読んでみてほしい光の捕え方です。

    1
  • Petzval Music Video:西垣薫撮影『Rainy Sunday - 宮田涼介』

    2015-04-03 #people #ニュース #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval Music Video:西垣薫撮影『Rainy Sunday - 宮田涼介』

    温かそうな日光が降り注ぐ日本のどこかの地方都市の景色。そこで日常的に見られる優しい瞬間を、クローズアップやPetzvalのボケを使って写し出したミュージックビデオがあります。それは東京で活躍する音楽家、宮田涼介さんの「Rainy Sunday」という曲のビデオ。 映像作家の西垣薫さんが全編Petzvalレンズで撮影しました。

    2
  • 多重露光の星雲:空は無限大!

    2014-10-24 #gear #tipster abecd の記事
    多重露光の星雲:空は無限大!

    重ねて撮るのが大好きじゃない人っているんでしょうか?何度か重ね、多重露光した写真を撮ったり、その写真がどんな風に仕上がるのか見ることは、すごく楽しくって満足感があります。このシンプルな裏ワザで、どうやって次のレベルへ進むか教えましょう!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • LC-A 120で写し出すオーストリアの田園風景

    2014-11-25 #ニュース tomas_bates の記事
    LC-A 120で写し出すオーストリアの田園風景

    ロモグラフィー本社のあるオーストリアのウィーンでは肌寒い季節になりました。こんな季節に美しい夏の終わりを写し出した写真を見るとノスタルジックな気分に導かれます。私たちの同僚のDreamが LC-A 120で写し出したオーストリアの田園風景を見て、冷たい冬の訪れとともにやってくるブルーな気分を払拭しましょう。

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • インスタントフィルムを使ってコラージュ写真

    2014-10-30 #gear #tipster mafiosa の記事
    インスタントフィルムを使ってコラージュ写真

    写真を撮影する前に誤ってインスタントバックのイジェクトボタンを押したことがある人?そんな人は、 何も写っていないインスタント写真を見て、なんてもったいないことをしたんだと思ったことがあるでしょう。しかし、それも今日で終わりです。この空っぽのフィルムを使ってかっこいいコラージュを作ることができるのです!

    1