秋の日の撮影を楽しくする6つのコツ

2013-10-29

ここイギリスでは夏の終わりを感じると、秋がやってきます。
この季節の私は、めったにこない晴れの日を待っています。自然がより深みを増しているこの時期の撮影は、やっぱり晴れた日がいいですからね。
あなたがどこの国に住んでいるのかわかりませんが、どんなところでも使える秋の色を最大限に楽しむためのコツをシェアします。

Credits: simonh82

晴れた日
秋にはあまりチャンスがないかもしれませんが、晴れた日の撮影は、確実にあなたのすべての写真に違いを生み出します。その日差しの元で、自然の色たちの本来の色が姿を現します。そしてさらに、輝く青空があなたの写真を彩ります。天気がいい日にはぜひ撮影に行きましょう。秋の色たちは長くは存在できません。だからこそ、このときばかりとはと輝いています。

Credits: simonh82

サチュレーションの強いフィルム
撮影に適切なフィルムを選ぶことは重要です。私はKodak Ektar 100のように色が弾けるような、サチュレーションの強いフィルムが好きです。Fuji Relea 100やKodak Portra 400でも幸運を手にしたことがありますが、それでもこういった種類の写真にはEktarがいちばんです。

Credits: simonh82

被写界深度
写真のなかのある一部のエレメントだけを際立たせ、前景や背景のボケを使いそこに視線を集めるためには、被写界深度を浅くしましょう。それによってまったく異なる印象になりますので、いろいろ試してみてください。

Credits: simonh82

パターン、影、光
葉っぱが面白いパターンをしていたら、それを利用しましょう。光や影が秋の色と交わって起こすケミストリーも無視できませんよ。パターンは葉っぱだけでなく、秋の土のトーンの中にも見つけることができます。

Credits: simonh82

ロケーション
ロケーションを工夫すると、なんでもない風景も目を惹くものになります。
ここで紹介するのは、そんな工夫がほどこされた Kew王立植物園 で撮影された写真たちです。すばらしい植物たちが単に写っているのではなく、美しい建物を写真に加えることで、より印象的になっていますよね。

Credits: simonh82

小さなちがいを見つける
秋には様々な美しいシーンが生まれます。ですが、中には注意しないと見逃してしまうものも。下の写真のクロッカスが花をつけるのは、ほんのわずかな間だけなんです。他にも、命が短くてなかなか見つけられない植物があります。それを探してみましょう。

Credits: simonh82

ここまで紹介したテクニックはどうでしたか?
お気に入りの写真が撮れたら、コメント欄にリンクを載せてくださいね。

2013-10-29 #gear #tutorials #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about #technique #tipster #autumn #art #season #seasonal #colour simonh82 の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • 花火をLomography CN ISO800で撮るコツ

    2016-06-30 #gear #tutorials easilydistracted の記事
    花火をLomography CN ISO800で撮るコツ

    花火の撮影をフィルムでするのは少し勇気がいることだったりしますが、ISO感度の高いLomography CN ISO800とバルブモードのあるカメラがあるとほら、こんなにクッキリと写ります!またバルブモードのないLC-A+をバルブモードに変身させるコツもお教えします!

    2016-06-30
  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

    2016-01-29
  • 【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    2016-07-22 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    LC-Aの32回目のバースデーを記念して行われた本コンテスト。「あなたにとって特別な日」をテーマにフィルム写真を募集致しました。そこに集まったのは、300枚を超える力作の数々。このコンテストのためにロモホームを開設して応募して下さった方や、いままでロモグラフィーのコミュニティーを盛り上げてくださった方など様々な方がいらっしゃいました。どの作品も素晴らしく、選考は大変難航しました。その中から選ばれた10作品、ぜひお楽しみください。また受賞作品は直営店Lomography+とポパイカメラ2号店にて展示が行われます!そちらにも足をお運びください。

    2016-07-22
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【CP+ 2016】ロモグラフィーブースでオリジナルグッズをゲットしよう!

    2016-02-03 #ニュース #people deco の記事
    【CP+ 2016】ロモグラフィーブースでオリジナルグッズをゲットしよう!

    2月25日(木)~28日(日)に、パシフィコ横浜で行われるカメラの祭典CP+。当日ロモグラフィーブースにご来場いただいた方にオリジナルグッズがもれなくもらえる特別なキャンペーンをご用意しております!ダブルチャンスではあのカメラが当たっちゃうかも!?キャンペーン詳細はこちら!

    2016-02-03
  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

    2016-04-05
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2016-02-23 2
  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    1
  • Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    2016-11-16 #gear Lomography の記事
    Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    静かな青と情熱的な赤のコンビネーションによって生まれる紫。紫は日常の中であまり見ることのない色なので、ミステリアスな印象が強いのではないでしょうか。写真や絵に使うと、想像力やクリエイティビティを刺激する色でもあります。Lomochrome Purpleを使った神秘的なショットの数々をご紹介します。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    2016-01-07 #ニュース #gear lomography の記事
    タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    みなさんにとって2015年はどんな年でしたか? Lomographyの2015年はなじみ深いあのアイテムがレンズとして生まれ変わったり、とっても刺激的な1年でした。昨年発表されたカメラやレンズ、フィルムと一緒に2015年を振り返りましょう。 そして今年発表される新商品もお楽しみに!

    2016-01-07
  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

    2016-03-05
  • 2016年1月のトレンド写真

    2016-02-06 #ニュース lomography の記事
    2016年1月のトレンド写真

    わざわざ寒い思いをして出かけなくても、暖かくて快適な家でフィルム越しに絶景を楽しめます。先月コミュニティーでトレンドとなった写真はフォギーな冬の風景や建築物の写真などが目立ちました。冬を感じる写真をこちらの記事でお楽しみください!

    2016-02-06