予告: Analogue Vibes for Digital Lovers - パート 2

もし世界が白と黒、グレーだけでできていたら、きっととっても退屈に見えるでしょう。プリズム、万華鏡、レインボー。私達の世界はカラフルなものです!でも、どれか一色だけもっと色を行き渡らせることができるとしたら、あなたは何色を選びますか?

では、これが2つ目のヒントです。この新製品はあなたに 豊富な色彩で世界をくるみ、どんな瞬間も違う色相で捕える ことを可能にします。

もちろん、私達の目に空は青色に見えますよね。でももしそれがグリーンだったら?黄色い空があるとしたら、それはフィクションの世界や単なる表現なのでしょうか?私達が何を言いたいのかは、こちらの写真をご覧ください。

Credits: palkinapehorstlermaximum_bnovakmisialexlomopilar & dannyedwards

さて、前回のパート1のヒントと合わせて、もう一回予想の時間です!この最高の商品はどんなものだと思いますか?コメント欄にあなたの予想をお書きください!

他のヒントはこちらの一覧からご覧ください

2013-10-15 #ニュース #colors #analogue-vibes-for-digital-lovers jillytanrad の記事
translated by kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #ライフスタイル #ロケーション kenaz の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #tipster gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #tipster jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • LomoChrome Turquoise Filmを裏返してみる

    2015-06-26 #gear #ライフスタイル Eunice Abique の記事
    LomoChrome Turquoise Filmを裏返してみる

    LomoChrome Turquoiseフイルム。その視線を釘付けにする予測不可能な色彩は極めて印象的だ。そこで私は考えた。これと 「レッドスケール」 を組み合わせたら、さらに劇的な結果が得られるのではないかと。意外なことに、撮影した写真のカラーパレットはLomoChromeTurquoiseの柔らかで繊細な側面を顕わにするものだった。

  • フィルムの実験:闇の中で、本物のアナログ実験を

    2015-01-20 #gear #tipster mikekumagai の記事
    フィルムの実験:闇の中で、本物のアナログ実験を

    薬品をかけたり、燃やしたり、ネガにひっかき傷をつけることは、フィルムで実験する数少ない方法です。しかし、完璧にフィルムを壊してしまう(もしあなたがラッキーなら何かびっくりしちゃうものを生み出す)別の方法があります。それは文字通り、夜に居酒屋から千鳥足で家へ帰る酔っぱらった人とおなじくらいばかなものです。 そして、全ては闇に包まれるのです。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #tipster jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear #ライフスタイル kenaz の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    2015-08-13 #people #ニュース #ライフスタイル #Lomoamigos zonderbar の記事
    LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    ミュージシャンであるObi Blancheは、2013年にロモグラファーとなり写真の世界にどっぷりと浸かることになりました。それ以降、彼はロモグラフィーの最新カメラに常に興味を持ち続け、その中でも特に彼を惹き付けたカメラがLC-A 120です。

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • 魅惑の『キラぼけ』 Petzvalレンズ

    2014-09-03 #レビュー #videos gakurou の記事
    魅惑の『キラぼけ』 Petzvalレンズ

    僕はポートレートを撮らない(撮れない)でも、Petzvalレンズは楽しい。 なぜかって?それはこの世界に満ちる数多の輝きを見つけ出せるからだ!