新発売: Lomography Experimental Lens Kit

全ての実験好きでクリエイティブなフォトグラファーへ向けた、新しいレンズが発売!Lomography Experimental Lens Kitはオリンパス、パナソニック製のデジタルカメラに採用されているマイクロ4/3型、フォーサーズシステムのカメラに対応した3種類のレンズとレンズの実験性をより広げる、カラーフィルターが含まれるレンズキットです。

Lomography Experimental Lens Kit は大きく2種類の使い方をすることができます。

まずはレンズそのもの特徴となるビネットや高い彩度の写りを対応カメラの通常モードで撮影する方法。カラーフィルターを内部にセットすることで、風景や被写体に色をかけたクリエイティブな写真を撮影することが可能です。魚眼レンズは5cm、12mmワイドアングルレンズは20cmまで近寄った写真を撮影することができます。

そしてもう1つはこのレンズ独自の機構を使用して、多重露光写真を撮影する方法。各レンズには独立したシャッターが付いています。カメラ側の設定をバルブモードにして、レンズ側のシャッターを使用することで、簡単に多重露光撮影を行うことが可能になります。シャッター設定はNとBより選択することが可能です。もちろん、カラーフィルターも組み合わせて使用してみましょう!

Lomography Experimental Lens Kit のFisheyeレンズで撮影されたサンプル写真セレクション
Lomography Experimental Lens Kit の12mm Wide-angleレンズで 撮影されたサンプル写真セレクション
Lomography Experimental Lens Kit の24mm Standardレンズで 撮影されたサンプル写真セレクション

Experimental Lens Kit パッケージ内容:

1 X 標準 24mm レンズ
1 X ワイドアングル12mm レンズ
1 X 160度のFisheyeレンズ
5 X カラーフィルター
(及び、各レンズの前後レンズカバーと、取扱説明書)

デジタルカメラにアナログな実験方法を提案する、新開発レンズ、 Experimental Lens Kit の特徴はこちら!

【3種類のレンズ】
お気に入りの一眼レフカメラで違う写りを試してみたいと思った時、交換レンズは高価で中々手が出せないもの。けれどもこのパッケージには、手軽な価格で魚眼、広角、標準の3種類のレンズが含まれています!レンズ側のシャッターを使用せず、カメラのオートモードでプラスチックレンズ独特の写りを体験することが可能です。

【2つの世界を1つに融合させる多重露光撮影】
Lomography Experimental Lens Kitは、カメラの内蔵シャッターとは異なる方法で撮影を楽しむ為に、レンズ側にシャッターを内蔵しています。カメラ本体を長時間露光撮影モードにし、レンズ側のシャッターを使用することにより、どんな機種でも1つのフレームに複数回撮影する多重露光のテクニックを使うことができます。レンズのシャッターはN(1/100)とB(バルブ)より選択ができ、長時間露光やフラッシュを組み合わせ、よりクリエイティブな写し方を実験することができます。

【カラーフィルターでより色鮮やかに】
さらなる創造的な写真を生み出すために、このレンズにはカラーフィルターを装填するスロットを装備しています。5色のフィルターをスロットに差し込むことで、全ての景色を一色の色相で染め上げた、カラーフィルターのユニーク効果をお楽しみ頂くことができます。

クリエイティブな写真をデジタルカメラで! == Lomography Experimental Lens Kit== はマイクロフォーサーズシステムのデジタルカメラで、アナログでクリエイティブな効果をお楽しみ頂くことができる革新的なレンズです。パッケージには標準24mmレンズ、ワイドアングル12mmレンズと魚眼レンズの3種類のレンズが含まれています。このレンズのちょっと変わった点は、レンズにもシャッターが付いていること。対応機種であれば、カメラの機能に関わらず、多重露光や、付属のフィルターを使用したカラーフィルター写真を撮影することが可能です。レンズの詳細は マイクロサイト へ。 オンラインショップ で好評販売中です!

2013-10-17 #ニュース #lens #optics #micro-4-3 #experimental-lens-kit #micro-4-3-experimental-lens-kit shhquiet の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    2018-02-21 olderndaze の記事
    Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    Lomo'Instant Squareが発売され、大人気の正方形写真がついにLomographyのインスタントカメラでも楽しめるようになりました!直営店Lomography+では Lomo'Instant Squareの発売を記念して谷根千(谷中・根津・千駄木)エリアを散策して撮影を楽しむワークショップを開催いたします。フィルム・インスタントカメラが初めてでも全然OK!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • フォトグラファー mick park × Lomography

    2018-05-24 keitauni94 の記事
    フォトグラファー mick park × Lomography

    惜しまれつつも生産中止が発表された高感度フィルム「NATURA 1600」。その開発にたずさわった mick parkさんは、当時言われていた「高感度撮影は荒れて使いものにならない」「暗いところはフラッシュ」という概念を壊した伝説的なフォトグラファー。今回はその実験的な作品の数々を紹介。

  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • カラーフラッシュの世界へ飛び込もう!:Simple Use Film Camera

    2017-10-26 refallinsasaki の記事
    カラーフラッシュの世界へ飛び込もう!:Simple Use Film Camera

    Simple Use Film Camera Color Negativeには3枚のフラッシュ用カラーフィルターがついています。このカラーフィルターを使ってフラッシュ撮影をすると、写真をビビッドな色に染めることができるんです!

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルム写真:Andrea Tomas Prato

    2017-12-07 #people lomogiu の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルム写真:Andrea Tomas Prato

    イタリア人フォトグラファー Andrea Tomas Pratoが Neptune Convertible Art Lens Systemでフィルム撮影に挑戦。3種類のうちどのレンズが一番好きか聞いてみました。

  • 【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    2017-12-27 #gear refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    普段はほとんど LC-A+ でしか撮影しない私ですが、この夏はロモグラフィーの新しいアートレンズ Neptune Convertible Art Lens System の試作品が届いたのでフィルムで何本か撮影しました。Neptune Lensは、35mm、50mm、80mmのレンズセット。レンズベースをカメラに装着すれば、簡単にこの3つのフロントレンズを付け替えられます。

  • Laforet Marketに Lomographyが出店決定!@ラフォーレ原宿

    2017-08-18 refallinsasaki の記事
    Laforet Marketに Lomographyが出店決定!@ラフォーレ原宿

    ラフォーレ原宿で9月2日(土)、3日(日)に開催される『Laforet Market vol.1 “one idea” 』。なんとロモグラフィーが出店決定!会期中はロモグラフィー製品の販売や、特設フォトブース『Lomo'Instant Photo Automat』でのセルフィー撮影をお楽しみいただけます。さらにさらに、イラストレーターの foxco212 さんがインスタント写真のフレームをオリジナルにカスタマイズしてくれます!