Hodachrome、そのクリエイティブなライフスタイルとロモダイアリー

2013-10-30

もし彼がひとつだけこのコミュニティーに感謝することがあるとすれば、それは写真撮影の個性とスタイルを確立する機会を得られたことでしょう。そしてそれこそがとても重要なことです!

一目見たらあなたは今見ている写真が彼の作品だとわかるでしょう。とても特徴的でカラフル、そしてフィルムフォトグラファーとして彼のパーソナリティーをほぼ確実に物語っています。彼はもしかしたら無口かもしれない、しかし彼のロモグラフは確実に彼自身を雄弁に物語っていて、そしてそれは彼のような才能のある男には十分でしょう。我々は日本が生んだこの人物にインタビューできたことをとてもうれしく思います。紳士淑女の皆さん、ぜひ hodachrome のLomoDiaryをご覧ください!

名前: 山本穂高
ロモグラフィーのユーザーネーム: hodachrome
所在地: 岐阜県、日本
ロモグラファーとしての年数: 約7年
このコミュニティでの年数: 3年

あなたについて教えてください。あなたの興味は何ですか?あなたの仕事は何ですか?

私の名前はhodachromeです。私はフォトグラファーでデザイナーです。私の主な撮影テーマは、四季を通じた日本の美しい風景と、多重露光による独特な作品作りです。

ロモグラフィーに関するあなたがこれまでに経験したことで記憶に残ることを教えてください。

これまで私はコミュニティーメンバーの gocchincatfordst に会いましたがこれがよい経験でした。彼らは日本での良き友人であり、創造性と表現力のある優れたフォトグラファーです。

fotobesとのフィルムスワップ作品

特に、私にとってgocchinとの出会いはとても有意義なものでした。彼の全世界に渡るスケールの大きい、ダイナミックで、そして洗練された作品は私には衝撃的でした。我々はお互いに刺激し合える良き関係だと思っています。そして、ロモグラフィーを通じて出会った人に関しては、イギリスの fotobes のような素晴らしいフォトグラファーに出会えたことはとても素敵な経験でした。彼の写真の技術やセンスはとても素晴らしいものがあり、私は彼から多くのことを学びました。

ロモグラフィーが私の写真ライフにおいて重要な役割を果たしていることはまちがいありません。ロモグラフィーと出会って以来、私のそれまでの単調で平凡だった写真のスタイルは独創性溢れるものへと劇的に変化しました。

Credits: hodachrome

ロモグラフィーまたはロモグラフィーのコミュニティーがあなたにとってどのように大きな役割を果たしてきたのかを教えてください。ぜひお聞きしたいんです~。

3年ほど前に私がロモグラフィーのコミュニティーに参加したとき、私はまだ自分の写真スタイルが確立されておらず、アナログ・デジタルを問わずいろいろな種類の撮影をただやみくもに試していました。それはまるで「手探り状態」のような日々でした。そんな時期に、このコミュニティーで多くの面白い写真を見て、そしてやがて自分の独自のスタイルを築くことができました。特に偉大なフォトグラファー mephisto19 の作品には衝撃を受けました。彼の多重露光、アイデア、そして撮影技術ということに関しては際立ったものがあり、それらは私自身の頭の中の「固い殻」を破ることになりました。

あなたはとてもユニークなロモグラフのスタイルを持っているのを我々は知っています。あなたのスプリッツァーを使った、そしてクロスプロセスによるロモグラフはどれもとても素晴らしい!練習し、完全に修得するまでにかなりの時間を要しましたか?

多重露光、特にスプリッツァーを使って制作するものや、クロスプロセスによるものはどちらも私のロモグラフィーのスタイルの中核を担う不可欠なものです。スプリッツァーに関しては、私の得意とする「無重力的」な多重露光を作るためにかなり頻繁に使っています。クロスプロセスについても、写真に幻想的で夢のような色合いとトーンを与えることのできるとても重要なものです。そして、可能な限り完璧なものに近づけるために多くの時間と練習を費やしました。とりわけスプリッツァーについては、LC-Aには特有の「視差」があるため、それが克服できなければ思い描いたようなシンメトリーな作品を作ることはできません。さらに、LC-Aで安定した露出を毎回得ることは簡単なことではありません。なので私はよく同じ場所で同じ写真を数枚撮るようにしています。その中から一番良いものを選ぶということができるからです。

一目見ればそれらがHodakaの作品だとわかるよね!

ロモグラフィーであなたがまだやったことがないこと、そして今後やってみたいことは何ですか?

私にはまだやったことがなくて、そしてこれからやってみたいことがあります。最も魅力的なものは「カラー赤外線撮影」です。そのフィルムを購入することは今では簡単ではないですが、それでもいつかはやってみたいです。LSIが販売してくれたらなあ!( LomoChrome Purple がありますよ~) まちがいなくたくさんの幻想的な多重作品を創り出しますよ!

あなたの一番「気に入っていない」ロモグラフは何ですか?あなたが「失敗」だと思うものです。

私には他の人と比べて多くの失敗写真があると思います。それらはあまりロモホームにシェアしていないのですが、挙げるとしたらこれかな~。

私はこの写真を、日本のある有名な桜の名所で撮影しました(スライドによるクロスプロセスです)。しかし、柔和で淡いピンク色の花びらを持つ桜は、ハイコントラストのクロスプロセスには合わないように思いました。花びらの色合いやトーンは失われ、真っ白になってしまっています。時として、日本の繊細で落ち着いた自然には、クロスプロセスよりもソフトなトーンのネガフィルムのほうがよりフィットする場合があるのだと気づきました。なんでもかんでもクロスプロセス処理していた自分への教訓となったような気がします。ということで、この写真にLikeをくれた人には大変申し訳ないですが、この写真はあまり好きではありません。

あなたがロモグラフィーに果たしてもらいたい将来のプランは何かありますか?

具体的なプランはまだありませんが、もしロモグラフィーがもっと「商業写真」とリンクしてくれたら素晴らしいことだと思います。私はかつて、ある世界的に有名な宝石ブランドの商品を、雑誌面での宣伝のためにLC-Aを使って撮影したことがあります。私はその時、ロモグラフ(アナログ写真)は、洗練されたファッション界においてもとてもよくマッチすると実感しました。アナログ写真なんて古くさいものと思う人もいるかもしれません、しかし私が撮影した写真はとてもファッショナブルに見えました。

Hodakaの写真はまちがいなくファッション撮影にぴったり、そう思いません?

あなたの人生に影響を与えた歌や映画を教えてください。そしてその理由も。

「バグダッドカフェ」という映画です。映画のロケーションは正直美しいとは言えないのですが、この映画を見ていると不思議ととても美しさを感じさせてくれます。これは写真にも通じることだと思います。たとえ我々の日常生活がそんなに美しくなくても、カメラという手段を通じてそれらを美しいものへと表現することができるのです。

✘ Youtube: http://youtube.com/watch?v=VdvbgW3YOVM

これらはHodakaに選んでもらった5枚のロモグラフです。いずれも彼のロモダイアリーをよく物語るものばかりです。

Credits: hodachrome

Dolphin Sky: 私の代表作であり昨年一番の評価を得た作品です。私のお気に入りのテーマ(多重露光、クロスプロセス、イルカ、そして観覧車)が全て入っています。

Credits: hodachrome

Highway Sparkling: 努力が確実に報われたと感じた初めてのロモグラフです。

Credits: hodachrome

Scrappy: この素敵な被写体を見せてくれた写真の神に感謝したいです。

Credits: hodachrome

Both sides of the daily life: 「集中力と忍耐力」の一枚。

Credits: hodachrome

Inceptional: シンプルかつ斬新。この写真を撮った後、私の写真スタイルは向上したかもしれない。

どうでしたか、素敵なロモダイアリーですよね?Hodakaの考えとその驚くようなロモグラフとがよくマッチしていて素晴らしいでよね。ありがとう、hodachrome!もっと見たい?じゃあ こちら をクリックしてね。じゃね!

2013-10-30 #community #japan #community-interview #hodachrome #lomodiary #lifestyle mayeemayee の記事
翻訳 hodachrome

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Michael Fiukowskiのペッツバール美学

    2015-08-27 #people zonderbar の記事
    Michael Fiukowskiのペッツバール美学

    Michael Fiukowskiにとって、New Petzval 85 Art Lensでの撮影は哲学がある。マニュアルフォーカスが彼をより実験的な撮影に導き、ポートレイト撮影で被写体をクリエイティブに配置する方法を確立し、美しいぐるぐるぼけを優雅に操っている。この記事では、彼がこのレンズに魅了されている理由について伺った。

    2015-08-27
  • 【hodachrome製品レビュー】Lomo'Instant Wide

    2016-06-21 #gear hodachrome の記事
    【hodachrome製品レビュー】Lomo'Instant Wide

    ロモグラフィーから昨年下旬に発売されたインスタントカメラ「Lomo’InstantWide」を私hodachromeが使ってみました。このカメラは、多重露光(MX)などさまざまな撮影機能に加え、アクセサリーやレンズバリエーションも豊富で話題のカメラなのですが、今回はhodachromeらしく多重露光を駆使した撮影をメインにいろいろ試してみましたのでぜひその作例を解説と共にご覧ください♪

    3
  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

    2015-09-30
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    2016-07-22 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    LC-Aの32回目のバースデーを記念して行われた本コンテスト。「あなたにとって特別な日」をテーマにフィルム写真を募集致しました。そこに集まったのは、300枚を超える力作の数々。このコンテストのためにロモホームを開設して応募して下さった方や、いままでロモグラフィーのコミュニティーを盛り上げてくださった方など様々な方がいらっしゃいました。どの作品も素晴らしく、選考は大変難航しました。その中から選ばれた10作品、ぜひお楽しみください。また受賞作品は直営店Lomography+とポパイカメラ2号店にて展示が行われます!そちらにも足をお運びください。

    2016-07-22
  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

    2016-03-05
  • First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    2016-04-09 #ニュース #gear Lomography の記事
    First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    パリを拠点に活動しているAnna Rakhvalovaは、人が輝くその瞬間(トキ)を写す才能を持ったフォトグラファーです。彼女が撮るポートレイトは、その人の魅力がもっとも輝くアングルと明るさで表現されています。さて今回新しく誕生したDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは、果たして彼女の期待を上回ることができたのでしょうか?

    2016-04-09
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2016-02-23 2
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    2016-06-16 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    6月19日といえば?!そう、ロモグラフィーを象徴する実験的な35mmアナログカメラ・ LC-Aの誕生日!!!誕生日を記念して、今年はLC-AシリーズやLC-Wideに限らずアナログの"コンパクトカメラ”で撮影された作品も対象にしたコンテストを開催します!愛用機、フィルムそしてご自身のオリジナリティがあふれる作品を多くみれること、楽しみにしております。

    2016-06-16
  • Lomo'Instantが写すタスマニア島とモハーヴェ砂漠

    2016-08-04 #gear #people pan_dre の記事
    Lomo'Instantが写すタスマニア島とモハーヴェ砂漠

    オーストラリア・メルボルンを拠点に活動しているフォトグラファー、Joe Nigel Coleman。彼はポラロイド社がインスタントフィルムの生産を終了してからというもの、インスタント写真を撮ることを辞めていました。しかし、彼のインスタント写真欲を再度刺激することができたのです。それは幸運にもLomo'Instantによってでした。

  • Philippe MastrocolaのDIYスプレー缶ピンホールカメラ

    2016-03-23 #ビデオ lomographymagazine の記事
    Philippe MastrocolaのDIYスプレー缶ピンホールカメラ

    Philippe Mastrocolaはモントリオールのグラフィティーアーティスト兼写真家。リサイクルすれば、家のなかのガラクタでアート作品を生み出す道具を自作できることを彼が教えてくれました。