フィルムのためのロモグラフィーガイド:自分のRedscaleフィルムを作ろう

2013-11-01

みんな、様々な異なったフィルムフォーマットを知っているよね。そこで、フィルムに関するベストテクニックを紹介します:どんな35 mmフィルムでも、redscaleにしちゃう方法!

Credits: hodachromeearlybirdlihooiadamscottaexel & porkchopsandy

写真ページ に、数千以上のロモグラフが載せてあるけど、上に載せた写真の様な、きっと誰もが息をのむ真っ赤な写真に目がいくと思うの。「レッドスケール」というテクニックを聞いた事があっても、まだ挑戦した事がない人のために、簡単なガイドで、どんなカラーネガフィルムでも、レッドスケールフィルムにしてしまう方法を紹介します。そうすれば、赤・オレンジ・青や緑さえも、ゴージャスな色になる、レッドスケールスナップを撮る事ができるよ。

テクニック
レッドスケールフィルム写真のトリックは、フィルムの間違った部分を、露光させているの―例えば、光沢面とかね。フィルムの赤色の繊細なレイヤーによって、写真は特徴的な赤や、オレンジ色に変わります。

レッドスケールフィルムを作ろう

DIYレッドスケールに必要な物:

  • フィルム
  • 空っぽのフィルムキャニスター/少しフィルムが出てるスプール
  • はさみ
  • テープ
  • 交換バッグか、暗室
Photo by dogtanian via Self Made Redscale Tipster

自分のレッドスケールフィルムを作るのは、とっても簡単明白です。必要な事は、フィルムリーダーを切り、フィルムのマットな質感の方に、テープでくっつけて( 空っぽのと、フィルムが入っている両方のキャニスターの )、交換バッグを使うか、暗室で、空っぽのキャニスターに新しいフィルムを入れる。全てのプロセスは、暗室でやらなければ、露光してしまうので、気を付けてね。

Lomography Magazineやウェブには、たくさんの数のレッドスケールフィルムの作り方が載っているけど、 Angeli Santina on Wordpress では、DIY redscaleフィルムの作り方を、各ステップごとに、写真と一緒に紹介していて、とてもわかりやすいですよ。

バリエーション

もし、フィルムを入れるスプールがなかったらどうするの?暗室や交換バッグが無い時は?外で写真を撮っていて、レッドスケールがものすごく欲しくなったら?幸運な事に、ロモグラファーが、ベーシックテクニックに基づいて、簡単に対応出来る方法を紹介しています。

Photos by hodachrome

じゃあ、キャニスター/スプールが無い時はどうするの?ロモグラファーのhodachromeが、 レッドスケールフィルムの作り方 という記事で、暗室へ行き、慎重に未使用フィルムを取りだし、フィルムの最後の部分を1cm大に切って、テープを貼り、キャニスター/スプールから、リラインダ―を取だせばいいと、教えてくれています。フィルムをスキャナーに戻す時に、巻きつける事を忘れないでね。でも、フィルム全てを入れてはだめですよ。後から、新しいフィルムを切る必要があるからね。

Photos by metobi

切る、貼る、DIY レッドスケールフィルムを作るための暗室での作業が不慣れだったらどうすればいい?ロモグラファーのmetobiが、 Red-O-Lutionary: Redscale Has Never Been Easier! という記事で、ただ、キャニスターの上の突起している部分を引っ張ればいいと言っています。こうすると、どんなカメラにも、フィルムを逆さまに入れることが可能になるの!ただ、やるべきことは、早くて簡単なredscaleフィルムのために、新しいフィルムリーダーを切るだけ!

ロモグラファーのrobertofiuzaも、上下逆さまでキャニスターがカメラに納まる方法を見つけたようです。例えば、 上の写真に写っているSprocket Rocketは、キャニスターからフィルムを調節して出せるんです。彼は、 Redscale Roll in no Time という記事で、上下逆さまにフィルムを巻いて、巻き戻し、ノブを下げ(全部は巻き戻さないけど)、そして新しいフィルムリーダーを作り、撮るだけ!と紹介してくれています。フィルムを巻き戻すために、ノブを逆方向に回すだけですよ。

2013-11-01 #gear #tutorials #redscale #redscale-film #tipster #lomography-guide-to-film #lomography plasticpopsicle の記事
翻訳 pamiyu

他の記事を読む

  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

    2016-03-01
  • ダン・ミンデルがKodakのフィルムで撮ったスター・ウォーズ/フォースの覚醒 (J.J. エイブラムス監督)

    2016-01-06 #ニュース lomographymagazine の記事
    ダン・ミンデルがKodakのフィルムで撮ったスター・ウォーズ/フォースの覚醒 (J.J. エイブラムス監督)

    待望の新作 スター・ウォーズ/フォースの覚醒、みなさんはもうご覧になられましたか? なんとこの映画はKodakのフィルムを使って撮影されているのです。倒産の危機にあったKodakを救ったスター・ウォーズ、そんな話をきいたらますますファンになっちゃいますね。

    2016-01-06
  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

    2016-01-29
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • 【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016-08-22 lomographyplus の記事
    【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016年8月11日(山の日)に行われた『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』はLomography製のフィルムから他社製品のフィルムを気軽に体験できるという夏の光を写すにはピッタリのイベントでした。今日はそのイベント模様をレポート!夏らしさ溢れるスペシャルな写真の数々は必見です!!また参加者みなさまのギャラリーと共に、使用フィルムの特長や撮影時のテクニックについてもご紹介も致しますので、どうぞごゆっくりご堪能下さいませ。

    2016-08-22
  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

    2016-03-05
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • ゴッホ風なロモグラフ

    2016-03-01 lomographymagazine の記事
    ゴッホ風なロモグラフ

    ポスト印象派フィンセント・ファン・ゴッホの作品は、様々なクリエイティブ界隈の人々に今でも影響を与え続けています。そこで、ロモグラフィーコミュニティーで見つけたゴッホの作品をフィルム写真にしたような作品を集めてみました。

    2016-03-01
  • 写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    2016-02-19 #gear lomographymagazine の記事
    写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    ロモグラフィーはヴィンテージなもの好きなブランドとして知られていますよね。ノスタルジックな雰囲気の写真を撮影できるカメラやフィルムもありますが、オリジナルな作品を作りだそうとする写真家の技巧によっても様々なエッセンスを加えられます。

    2016-02-19
  • イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    2016-08-31 #gear #ニュース Lomography の記事
    イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    とうとうミステリープロダクトのベールがはがされました。クラウドファンディングに舞い戻ってきたのは、コンパクト、丈夫そして自動。 Lomo’Instant Automatは目まぐるしい日常を支える心強い機能がいっぱいのインスタントカメラです。初心者の方にはもちろん、プロの方も驚きの仕上がりでストレスなく楽しめます!9月6日(火)よりはじまるMotionGalleryでのプロジェクトにて、最大35%割引で「いま」を「いま」創り出すインスタントカメラをGETしましょう!

    2016-08-31
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 12/15(火)のアドベントカレンダー: クリスマスに向けてフィルムを入手!2つの値段で3つフィルムをGET!(ディスカウントコード: THREE4TWO)

    2015-12-15 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/15(火)のアドベントカレンダー: クリスマスに向けてフィルムを入手!2つの値段で3つフィルムをGET!(ディスカウントコード: THREE4TWO)

    絵になる季節を写し出すだめに必要なフィルムを。本日のアドベントカレンダーは引き続きフィルムの割引です!フィルムをお得に入手してウインターポートレイトでも、真っ白な大地のパノラマも、なんでも写し出しましょう!

    2015-12-15
  • アナログカメラで写す超現実的な世界

    2016-11-22 #culture #tutorials lomographymagazine の記事
    アナログカメラで写す超現実的な世界

    誰だってアナログカメラで自分だけのユニークな写真を撮る方法を常に追い求めているはず。今回はロモグラフィーのコミュニティーに投稿された写真から、フィルムで幻想的な世界を映し出す方法を学んでみましょう!

    2016-11-22
  • 【CP+ 2016】イベントレポート

    2016-03-05 #ニュース ciscoswank の記事
    【CP+ 2016】イベントレポート

    今年もカメラ・映像の大展示会CP+が終了しました! フィルムのラインナップに興奮するアナログ写真ファン、ユニークなレンズに驚く熟練フォトグラファー、ロモカメラを持って遊びに来てくれるロモグラファーの方々…。 連日たくさんの方々にご来場いただいたロモグラフィーブース。その様子をスタッフの撮影した写真と共に振り返ってみましょう!

    2016-03-05