カメラを連れて、旅に出る

旅が好き。旅で素敵な写真を撮ってくるのが好き。旅と写真が嫌いな人っている? ここでは最高の旅行写真を撮るための秘密を教えてあげる。

Credits: stratski

何事もそうだけど、旅行写真は準備が肝要。

武器選び

優れた旅の写真はカメラ選びから始まる。カメラが2、3台の場合、話は簡単、全部持って行こう。もしあなたわたしのようなちょっとしたカメラ・コレクターだったら、選ぶのは難しくなる。自分が何をしたいのかをしばし考えてみよう。くっきり、クリアなNational Geographic誌みたいな写真? ガラスレンズの一眼レフか二眼レフがいい。ソフトで、ムードたっぷりの写真? HolgaDiana にしよう。多重露光? LC-A+ などのLomographyカメラで決まり。パノラマ? HorizonSpinner 360 だね。

わたしのお気に入りの旅行カメラ。

また、旅先の天候にもよる。雨が多い? 防水タイプのカメラだね。眩しい陽射しや雪? 小型プラスチックレンズがいい。曇りがち? 少ない光でしっかり露光可能なガラスレンズだ。

雨の日に最適。

最後に大切なことを。どのくらいの重さをお望みか(あるいは持てるのか)? 2週間の山登りに重たい一眼レフとHorizonはムリ。かといって、豪華なシティ・トリップでもたくさんのカメラを持つのは肩こりのもと。(これ、経験済み。)

お次はもちろん、フィルム選び。National Geographic写真には、普通のカラーネガがいい。 天気がさえなくても X-ProRedscale なら写真の色味が良くなる。あるいは趣向を変えて白黒フィルム。晴れた日のビーチやスキー場はISO100で十分だけど、他の場所ならもっと高い感度がお奨め。プラスチックレンズ・カメラの場合は特に。わたしはいつも、カラーネガ、スライド、白黒といったいろんなフィルムを持って行き、各カメラに違う種類のフィルムを仕込む。

白黒フィルムとスライド・フィルムは曇りの日をちょっとドラマチックにしてくれる。

いつも手元に

「最高のカメラは手元にあるカメラだ」という昔からの言葉がある。でもわたしならこう言いたい。「最高のカメラは5秒で手に取れるカメラだ」。写真愛好家のグループ旅行でない限り、あなたがカメラを引っ張り出し、設定を調整し、構図を決めるのに毎回10分かかるのに、みんなウンザリするだろう。だから自分のカメラはすぐに取り出せるようにしよう。快適なネックストラップはお金をかける価値あり。

晴れた日の山では、1台はネックストラップで首に下げ、1台はカラビナでバックパックにぶら下げ、もう1台はバックパックのポケットに入れて歩く。いちいち荷物を開けたくないから。天気の悪いときは、コートのポケットに1、2台つめこみ、荷物には防水カメラを提げる。素敵ないでたちとは言い難いが、こうしておけば2、3秒で写真が撮れる。
写真は撮れる時が勝負だ。

カメラストラップがポケットからはみ出てるでしょ?

さあ、撃て!

さて、いよいよ実戦に入る。撮るのだ。良い旅行写真はない。良い写真があるだけだ。要するに、眼をしっかり見開いて、迷ったら、撮るべし。 三分割法リードルーム 等など といったルールを覚えておこう。実に役に立つ。ルールはいったん頭に入れたら、破るべきものだ。しかし、指針としては非常にいい。

上からだいたい1/3は空で、残り2/3は地面とし、道が見るものを写真の中へと導く。ハイカーは写真上部から1/3の位置。

わたしのお気に入りのテクニックを少々:

写真の角から中央へと延びる、道や河、縁石とかが、見るものを写真へと導く。これはわたしの鉄板テクニック。文字通りの道じゃなくても、とにかく使えそうなラインを見つけるようにして。

ドイツの森へ誘う一本の道。森の奥に何があるのだろう…
長く続く泥道があなたを写真へと導く。ハイカーのもとへ、その先の谷へと。
コルシカ島の石段が写真へと誘う。

風景を撮る時は、前景を入れて深みを出そう。たまに素晴らしい景色を撮ったはずなのに、すごくつまらない写真になってしまうことがある。ボトムに緑の大地、トップに紺碧の空。ただ一緒に撮ると立体感のない写真になる。でも手前になにか入れるだけで深みが出て、より面白くなる。

最初の写真の方がいい。木が深みを与えているから。
グリーンランドらしい圧巻の風景。その前景に2人のハイカーを配置。
つまらない風景がちょっと面白くなった。

ディティールを忘れないこと。わたしはよく、圧倒されるような広大な自然の眺望を思うさま撮りに旅に出るが、とにかく可能な限りのものを写真に入れたくなるものだ。特に初めての異国情緒たっぷりな場所を訪ねた時は。でも、ディテールを撮ることも忘れないで。奇妙な看板や、建物の隅の可愛らしい彫刻とか。山の写真50枚の後、ふと目にした花の写真が入るとホッとする。

グリーンランドの花
ダートムーアの境界石
コルシカの戸口を見下ろすマリア像

被写体のコントラストは効果大。古いものとあたらしいもの。大きいものと小さいもの。分かるよね。

小さなハイカーがコルシカの松の木の大きさを引き立たせる。
ドイツの工場と可愛い花のコントラストが好き。

以上が最高の旅行写真のコツでした。さあ、わたしを嫉妬させるような写真を撮って来てね!

2013-10-31 #gear #tutorials #composition #nature #photography #hiking #tipster #travel #landscape #inspiration #rules stratski の記事
翻訳 orangemikan

他の記事を読む

  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

  • LomoAmigo: Heison NgのNew Russar+ Lens フォトコレクション

    2015-07-28 #people minawoo の記事
    LomoAmigo: Heison NgのNew Russar+ Lens フォトコレクション

    以前LomoAmigoに登場したHeison Ngがまた素敵な写真と共に戻ってきました!前回はパリとバルセロナの旅行中、Sony A7にLomography New Russar+レンズを装着して撮影された写真を紹介しましたが、今回はNew Russar+レンズでミニマルでムーディーなモノクロ写真のコレクションです。彼の素敵な写真をお楽しみください!

  • 新登場: Lomo'Instant Wide

    2015-10-13 #ニュース #gear Lomography の記事
    新登場: Lomo'Instant Wide

    過ぎし日のポラロイドのように、撮ってすぐにワイドサイズの写真に残せたら・・・そして想像力あふれるユニークな撮影がインスタント写真で楽しめたら、どんなに素敵なことでしょう!そんな夢を実現するのがLomo’Instant Wideです。初心者でも使いこなせる自動露出のオートモード、シャッターリモコン機能付きレンズキャップ、長時間露光と多重露光、フラッシュ用のカラーフィルターなど、Lomo’Instant Wideは全てが革新的。そして創造性に溢れています。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Spinner 360°: Full View

    2015-09-29 #gear lomographymagazine の記事
    Spinner 360°: Full View

    このカメラはいつだってあなたの旅に付き添う準備ができています!旅行にSpinner 360°を連れて行って、ステキな景色をスーパーパノラマ写真に残しませんか?

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • コンサート写真のコツ: 低感度・中感度フィルムで撮る

    2015-08-12 #gear #tutorials sirio174 の記事
    コンサート写真のコツ: 低感度・中感度フィルムで撮る

    この記事で、僕がどうやって暗い場所でISO感度の低いフィルムを入れたカメラでシャープな写真を撮っているのか教えるよ。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

  • Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    2015-12-26 #gear #people zonderbar の記事
    Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    我らがロモアミーゴ Kate BellmはDeyáを拠点に活動するサイケデリックな作風で知られる写真家。ユニークな色の変化が楽しめるロモグラフィーのLomoChrome フィルムは彼女のスタイルにぴったり!彼女はバッグにLomoChrome PurpleとTurquoiseを詰め込みアイスランドへと旅立ち、まるで別世界を写し出したかのような素敵な写真と共に戻ってきました!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • Petzval 85 & 58 Bokeh Control Art Lens: kisimari

    2015-10-29 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 & 58 Bokeh Control Art Lens: kisimari

    ファッションフォトグラファーとして活動するkisimariさん。様々なファッション誌や広告で写真を撮影しながら、Webマガジンでブログの連載、雑誌でkisimari流インテリアとDIYの連載を行うなど幅広く活躍しています。彼女は女の子なら胸がキュンキュンしてしまうようなガーリーでポップな世界を写し出します。そんなkisimariさんがPetzval レンズで撮影した写真は、美しい色使いに繊細さが冴える素敵な作品となっています。kisimariさんの写真家としての真髄を探るインタビューとともに、Petzval × kisimari ワールドをお楽しみください!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。