カメラを連れて、旅に出る

旅が好き。旅で素敵な写真を撮ってくるのが好き。旅と写真が嫌いな人っている? ここでは最高の旅行写真を撮るための秘密を教えてあげる。

Credits: stratski

何事もそうだけど、旅行写真は準備が肝要。

武器選び

優れた旅の写真はカメラ選びから始まる。カメラが2、3台の場合、話は簡単、全部持って行こう。もしあなたわたしのようなちょっとしたカメラ・コレクターだったら、選ぶのは難しくなる。自分が何をしたいのかをしばし考えてみよう。くっきり、クリアなNational Geographic誌みたいな写真? ガラスレンズの一眼レフか二眼レフがいい。ソフトで、ムードたっぷりの写真? HolgaDiana にしよう。多重露光? LC-A+ などのLomographyカメラで決まり。パノラマ? HorizonSpinner 360 だね。

わたしのお気に入りの旅行カメラ。

また、旅先の天候にもよる。雨が多い? 防水タイプのカメラだね。眩しい陽射しや雪? 小型プラスチックレンズがいい。曇りがち? 少ない光でしっかり露光可能なガラスレンズだ。

雨の日に最適。

最後に大切なことを。どのくらいの重さをお望みか(あるいは持てるのか)? 2週間の山登りに重たい一眼レフとHorizonはムリ。かといって、豪華なシティ・トリップでもたくさんのカメラを持つのは肩こりのもと。(これ、経験済み。)

お次はもちろん、フィルム選び。National Geographic写真には、普通のカラーネガがいい。 天気がさえなくても X-ProRedscale なら写真の色味が良くなる。あるいは趣向を変えて白黒フィルム。晴れた日のビーチやスキー場はISO100で十分だけど、他の場所ならもっと高い感度がお奨め。プラスチックレンズ・カメラの場合は特に。わたしはいつも、カラーネガ、スライド、白黒といったいろんなフィルムを持って行き、各カメラに違う種類のフィルムを仕込む。

白黒フィルムとスライド・フィルムは曇りの日をちょっとドラマチックにしてくれる。

いつも手元に

「最高のカメラは手元にあるカメラだ」という昔からの言葉がある。でもわたしならこう言いたい。「最高のカメラは5秒で手に取れるカメラだ」。写真愛好家のグループ旅行でない限り、あなたがカメラを引っ張り出し、設定を調整し、構図を決めるのに毎回10分かかるのに、みんなウンザリするだろう。だから自分のカメラはすぐに取り出せるようにしよう。快適なネックストラップはお金をかける価値あり。

晴れた日の山では、1台はネックストラップで首に下げ、1台はカラビナでバックパックにぶら下げ、もう1台はバックパックのポケットに入れて歩く。いちいち荷物を開けたくないから。天気の悪いときは、コートのポケットに1、2台つめこみ、荷物には防水カメラを提げる。素敵ないでたちとは言い難いが、こうしておけば2、3秒で写真が撮れる。
写真は撮れる時が勝負だ。

カメラストラップがポケットからはみ出てるでしょ?

さあ、撃て!

さて、いよいよ実戦に入る。撮るのだ。良い旅行写真はない。良い写真があるだけだ。要するに、眼をしっかり見開いて、迷ったら、撮るべし。 三分割法リードルーム 等など といったルールを覚えておこう。実に役に立つ。ルールはいったん頭に入れたら、破るべきものだ。しかし、指針としては非常にいい。

上からだいたい1/3は空で、残り2/3は地面とし、道が見るものを写真の中へと導く。ハイカーは写真上部から1/3の位置。

わたしのお気に入りのテクニックを少々:

写真の角から中央へと延びる、道や河、縁石とかが、見るものを写真へと導く。これはわたしの鉄板テクニック。文字通りの道じゃなくても、とにかく使えそうなラインを見つけるようにして。

ドイツの森へ誘う一本の道。森の奥に何があるのだろう…
長く続く泥道があなたを写真へと導く。ハイカーのもとへ、その先の谷へと。
コルシカ島の石段が写真へと誘う。

風景を撮る時は、前景を入れて深みを出そう。たまに素晴らしい景色を撮ったはずなのに、すごくつまらない写真になってしまうことがある。ボトムに緑の大地、トップに紺碧の空。ただ一緒に撮ると立体感のない写真になる。でも手前になにか入れるだけで深みが出て、より面白くなる。

最初の写真の方がいい。木が深みを与えているから。
グリーンランドらしい圧巻の風景。その前景に2人のハイカーを配置。
つまらない風景がちょっと面白くなった。

ディティールを忘れないこと。わたしはよく、圧倒されるような広大な自然の眺望を思うさま撮りに旅に出るが、とにかく可能な限りのものを写真に入れたくなるものだ。特に初めての異国情緒たっぷりな場所を訪ねた時は。でも、ディテールを撮ることも忘れないで。奇妙な看板や、建物の隅の可愛らしい彫刻とか。山の写真50枚の後、ふと目にした花の写真が入るとホッとする。

グリーンランドの花
ダートムーアの境界石
コルシカの戸口を見下ろすマリア像

被写体のコントラストは効果大。古いものとあたらしいもの。大きいものと小さいもの。分かるよね。

小さなハイカーがコルシカの松の木の大きさを引き立たせる。
ドイツの工場と可愛い花のコントラストが好き。

以上が最高の旅行写真のコツでした。さあ、わたしを嫉妬させるような写真を撮って来てね!

2013-10-31 #gear #tutorials #nature #travel #landscape #hiking #inspiration #rules #photography #tipster #composition stratski の記事
翻訳 orangemikan

他の記事を読む

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • 《12/16 & 17》Laforet Market Vol.2で Lomographyの特設フォトブースが体験できる!

    2017-12-08 #ニュース choko3 の記事
    《12/16 & 17》Laforet Market Vol.2で Lomographyの特設フォトブースが体験できる!

    今年9月にスタートした『Laforet Market』の第2弾が 12/16(土)・17(日) の2日間、ラフォーレミュージアム原宿にて開催決定!前回大好評だったロモグラフィーのフォトブース Lomo'Instant Photo Automat を今回も体験することができます!会場内のお店で素敵なプレゼントを見つけて、フォトブースで撮影した写真をクリスマスカードにして贈ってみてはいかが?

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    2017-06-29 #gear
    ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    街の撮影ならいつでも、どこでもロモグラフィーの自分で組み立てる一眼カメラKonstruktorがぴったり!今日はその理由を素敵な写真と一緒にご紹介致します。

  • カラーフラッシュの世界へ飛び込もう!:Simple Use Film Camera

    2017-10-26 refallinsasaki の記事
    カラーフラッシュの世界へ飛び込もう!:Simple Use Film Camera

    Simple Use Film Camera Color Negativeには3枚のフラッシュ用カラーフィルターがついています。このカラーフィルターを使ってフラッシュ撮影をすると、写真をビビッドな色に染めることができるんです!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • 溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    2017-07-16 #gear
    溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    英語で「Dog Days」とは真夏の一番暑い日々のこと。外で写真を撮っていると汗がダラダラと流れる季節でもありますが、この時期の太陽の輝きは格別。そんな溶けそうに暑い日は、ロモグラフィーの La Sardinaがぴったり!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    2018-04-09 #places
    アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのMélanie Hubert-Crozet (@melanie_hc) が撮影したドバイでの多重露光ショット。アナログ写真でみるドバイは、私たちがイメージする街とは少しちがっていて何だか不思議。

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!