Lomography Experimental Lens Kitで撮る赤外写真

Lomography Experimental Lens Kitで撮れるのは広角や、多重露光、ドリーミーな写真だけではありません。驚くような赤外写真も撮ることができます。今回は赤外写真の撮り方の詳しい説明を、作品と共にご紹介しましょう。

ウィーンのロモグラフィー本社のMichael Emhoferは、 インタビュー でLomography Experimental Lens Kitの第一印象を語りました。今回は彼による、Olympus EP-1とロモの最新イノベーションを使った赤外写真撮影についてのお話です。

Michaelによる準備作業の要約:

1.カメラをフルスペクトルに改造する。つまり、赤外線と紫外線光からセンサーを護っているフィルターを、透明ガラスに替える。

2.シーモスイメージセンサーは、少量の紫外線とかなりの量の赤外線(波長950nmまで)を捉えることが可能。

3. 通常、赤外線はセンサーから遮られている。でないと草木の色が茶色に、時間帯によっては白になってしまう。

4. 僕のカメラをフルスペクトルに改造する作業はこの ウェブサイト の運営者にお任せした。このサイトには各カメラの改造方法が書かれている。だが、自分でやるとなるとフィルターと交換する適当なガラスを用意し、はんだ付けもやらなければならない。他にもアメリカの Lifepixel. という会社が同様のサービスを行っている。

5. カメラを改造してしまえば、レンズの前に装着するいろんなフィルターを装着することで、赤外線光など様々な波長の光を選んでセンサーに当てることができる。

6. 僕は普段の撮影では、赤外線・紫外線カットフィルターを使って両方の波長を遮断している。

7. 赤外写真を撮るには、おなじみHoya R72や850nm 赤外線透過フィルターで赤外線以外をカットする。

8. その他の画像には色々なフィルターを使うが、お勧めは、イエローかオレンジ色のフィルターとディープレッドのフィルター。この点Experimental Lens Kitについているフィルターはかなり使える。Kitのレンズを使った撮影ではいつも使う。ただし赤外線光だけを通したい時は別。Kitに赤外線透過フィルターはない。

以上が彼による説明でした。Lomography Experimental Lens Kitを持っているなら、さらに実験を進めて、赤外写真に挑戦してくださいね。

クリエイティブな写真をデジタルカメラで! *Lomography Experimental Lens Kit.* はマイクロフォーサーズシステムのデジタルカメラで、アナログでクリエイティブな効果をお楽しみ頂くことができる革新的なレンズです。パッケージには標準24mmレンズ、ワイドアングル12mmレンズと魚眼レンズの3種類のレンズが含まれています。このレンズのちょっと変わった点は、レンズにもシャッターが付いていること。対応機種であれば、カメラの機能に関わらず、多重露光や、付属のフィルターを使用したカラーフィルター写真を撮影することが可能です。レンズの詳細は == マイクロサイト== へ。 オンラインショップ で好評販売中です!

2013-11-10 #gear #tutorials #infrared #interview #landscape #tipster #michael-emhofer #gallery #lomography-experimental-lens-kit jillytanrad の記事
翻訳 orangemikan

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • アナログでやりたいことリスト:2月-夜の道路

    2015-09-15 Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:2月-夜の道路

    毎月1つのプロジェクトに挑戦する2015年のやりたいことリスト。2月は長時間露光のうちのひとつ、夜の道路の写真を撮ることにしました。みなさんも夜の街に明るい赤や白の線が走る写真をご存知でしょう。私はそういう写真が大好きだけれど、一度も撮影したことがありませんでした。

  • Lomo'Instant Wide Gallery: バルブモード

    2015-10-16 #ニュース #gear Lomography の記事
    Lomo'Instant Wide Gallery: バルブモード

    ナイトドライブをするだけで満足しないで!美しい夜の景色はしっかりと写真に残して家に持ち帰りましょう。Lomo'Instant Wideのバルブモードで、ネオンが輝く美しい夜景が写し出された長時間露光写真を撮影しましょう。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    2015-10-14 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    ドリーミーな世界観を作り出すフォトグラファーの菅武志さん。ロモグラフィーのコミュニティーでも何度か作品を披露していただき、まるで夢の中のような幻想的な写真の虜になった方も多いことでしょう。そんな菅さんは、長年活動の拠点としてきたイギリスから拠点を日本に移し、新たな試みに挑戦されています。初夏にはPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使い、ロンドンの庭園で美しく咲くボケの花を撮影していただきましたが、今回は日本で撮影したウェディング写真をシェアしていただきました。

  • レッドスケールならぬ「ブルースケールフィルム」をLomoChrome Turquoiseで作ろう

    2015-09-09 #gear #tutorials poglad の記事
    レッドスケールならぬ「ブルースケールフィルム」をLomoChrome Turquoiseで作ろう

    カラーネガフィルムを裏返して露光することで、ドラマチックな赤と黄色のトーンの写真ができるレッドスケール。有名なテクニックですよね。では「ブルースケール」はどうでしょう?

    1
  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomo'Instant Wide Gallery: 標準レンズ

    2015-10-15 #ニュース #gear Lomography の記事
    Lomo'Instant Wide Gallery: 標準レンズ

    ロモグラフィーが新たに発表したLomo'Instant Wideは、その名の通り幅広いインスタント写真の撮影を楽しめます。あなたが遭遇した面白い場面、あなたが見た素敵な景色を、白枠フレームで飾られた写真に残しましょう。サンプル写真を紹介するにあたり、まずは標準搭載レンズで撮影されたスタンダードな写真からご紹介します!

  • Petzval 58 Bokeh Control: 4×5 SHI NO GO 栗原論

    2015-06-24 #people ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 4×5 SHI NO GO 栗原論

    栗原論は東京を拠点にエディトリアル、広告、CDジャケットなどで活動する写真家。本城直季、渡辺一城、牧野智晃と共に立ち上げた写真家グループ「4x5 SHI NO GO」として個展を開くなど、様々な活動をしています。今回はPetzval 58 Bokeh Controlのプロトタイプで、日常的なスナップを撮影していただきました。東京の人々の目に映る、普通の暮らしと見慣れた景色...Petzval 58 Bokeh Control レンズを通すとどのように写し出されるのでしょうか。

  • Lomo Lubitel 166+で捉えたクラシックシーン

    2015-07-10 #gear K. Aquino の記事
    Lomo Lubitel 166+で捉えたクラシックシーン

    Lomo Lubitel 166+は美しいクラシカルなモノクロ写真の撮影に適したカメラです。信頼出来る露出設定のおかげで、都市の人々の生活も、永続的な自然も、光と闇を適切な量で写し出します。ガラスレンズはシャープな写りをし、色から喚起するイメージを得るのを助けます。これらのコミュニティーの写真がとても良い例となるでしょう。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    2016-02-25 #tutorials lomographymagazine の記事
    アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    動物は予測できない気まぐれな被写体です。フィルムで撮影するとなると、更に難易度はあがるでしょう。動物の自然なありのままの行動を記録するのが一番ですが、動物園やサファリパークのような飼いならされた場所では、場所の制限もありますし、上手に賢くフレーミングする必要がありますね。この記事では、ロモグラフィーコミュニティーメンバーが写したお手本写真を参考に、アニマル写真の極意をリストアップしました。

  • Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    2015-12-26 #gear #people zonderbar の記事
    Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    我らがロモアミーゴ Kate BellmはDeyáを拠点に活動するサイケデリックな作風で知られる写真家。ユニークな色の変化が楽しめるロモグラフィーのLomoChrome フィルムは彼女のスタイルにぴったり!彼女はバッグにLomoChrome PurpleとTurquoiseを詰め込みアイスランドへと旅立ち、まるで別世界を写し出したかのような素敵な写真と共に戻ってきました!