Lomography Experimental Lens Kitで撮る赤外写真

2013-11-10

Lomography Experimental Lens Kitで撮れるのは広角や、多重露光、ドリーミーな写真だけではありません。驚くような赤外写真も撮ることができます。今回は赤外写真の撮り方の詳しい説明を、作品と共にご紹介しましょう。

ウィーンのロモグラフィー本社のMichael Emhoferは、 インタビュー でLomography Experimental Lens Kitの第一印象を語りました。今回は彼による、Olympus EP-1とロモの最新イノベーションを使った赤外写真撮影についてのお話です。

Michaelによる準備作業の要約:

1.カメラをフルスペクトルに改造する。つまり、赤外線と紫外線光からセンサーを護っているフィルターを、透明ガラスに替える。

2.シーモスイメージセンサーは、少量の紫外線とかなりの量の赤外線(波長950nmまで)を捉えることが可能。

3. 通常、赤外線はセンサーから遮られている。でないと草木の色が茶色に、時間帯によっては白になってしまう。

4. 僕のカメラをフルスペクトルに改造する作業はこの ウェブサイト の運営者にお任せした。このサイトには各カメラの改造方法が書かれている。だが、自分でやるとなるとフィルターと交換する適当なガラスを用意し、はんだ付けもやらなければならない。他にもアメリカの Lifepixel. という会社が同様のサービスを行っている。

5. カメラを改造してしまえば、レンズの前に装着するいろんなフィルターを装着することで、赤外線光など様々な波長の光を選んでセンサーに当てることができる。

6. 僕は普段の撮影では、赤外線・紫外線カットフィルターを使って両方の波長を遮断している。

7. 赤外写真を撮るには、おなじみHoya R72や850nm 赤外線透過フィルターで赤外線以外をカットする。

8. その他の画像には色々なフィルターを使うが、お勧めは、イエローかオレンジ色のフィルターとディープレッドのフィルター。この点Experimental Lens Kitについているフィルターはかなり使える。Kitのレンズを使った撮影ではいつも使う。ただし赤外線光だけを通したい時は別。Kitに赤外線透過フィルターはない。

以上が彼による説明でした。Lomography Experimental Lens Kitを持っているなら、さらに実験を進めて、赤外写真に挑戦してくださいね。

クリエイティブな写真をデジタルカメラで! *Lomography Experimental Lens Kit.* はマイクロフォーサーズシステムのデジタルカメラで、アナログでクリエイティブな効果をお楽しみ頂くことができる革新的なレンズです。パッケージには標準24mmレンズ、ワイドアングル12mmレンズと魚眼レンズの3種類のレンズが含まれています。このレンズのちょっと変わった点は、レンズにもシャッターが付いていること。対応機種であれば、カメラの機能に関わらず、多重露光や、付属のフィルターを使用したカラーフィルター写真を撮影することが可能です。レンズの詳細は == マイクロサイト== へ。 オンラインショップ で好評販売中です!

2013-11-10 #gear #tutorials #landscape #gallery #interview #infrared #tipster #lomography-experimental-lens-kit #michael-emhofer jillytanrad の記事
翻訳 orangemikan

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 【レビュー】Diana F+ Lensシリーズ×デジタルカメラ

    2016-11-09 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Diana F+ Lensシリーズ×デジタルカメラ

    直営店スタッフがDiana F+ Lensシリーズをテストしてみました! ドリーミーな写りで有名なDiana F+のレンズは、デジタルカメラに装着するとどのような写真を生み出してくれるのでしょうか? レンズの特徴を活かしたテクニックもあわせてご紹介します!

    2016-11-09 1
  • LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    2016-07-31 #gear #people ihave2pillows の記事
    LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    LomoChrome Purple XR 100-400は伝説の赤外カラーフィルム、コダック・エアロクロームおよびエクタクローム プロフェッショナル インフラレッド (EIR)フィルムに対するロモグラフィーなりの答えです。それは先代と同様に高い技術力を要求してくるものでしたが、このフィルムで撮った作品は驚きに満ちています。それではいかにしてパープルを引き出すか。そのための簡単なガイド記事です。

    2016-07-31
  • Lomo LC-Wideの超広角レンズから覗いた世界

    2017-02-27 #gear lomographymagazine の記事
    Lomo LC-Wideの超広角レンズから覗いた世界

    LC-Aの伝説的な写りを17㎜の超広角レンズで味わえるLomo LC-Wideは、実験写真を愛するフォトグラファーの最高のパートナー!今日はLC-Wideの魅力満載のショットをご紹介します。

  • ショップニュース

    思い出をよりクリアに、大胆に切り取る Lomo'Instant Automat Glass Magellan

    思い出をよりクリアに、大胆に切り取る Lomo'Instant Automat Glass Magellan

    【特典付きプレオーダー受付開始】ロモグラフィー初 ワイドアングルガラスレンズ搭載のインスタントカメラ Lomo’Instant Automat Glass Magellan が新登場!今ならプレオーダー特典として追加のカラーフィルターとカメラストラップをプレゼント!

  • Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    2016-11-16 #gear Lomography の記事
    Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    静かな青と情熱的な赤のコンビネーションによって生まれる紫。紫は日常の中であまり見ることのない色なので、ミステリアスな印象が強いのではないでしょうか。写真や絵に使うと、想像力やクリエイティビティを刺激する色でもあります。Lomochrome Purpleを使った神秘的なショットの数々をご紹介します。

    2016-11-16
  • ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 驚きの瞬間

    2016-09-10 #gear #tutorials Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 驚きの瞬間

    Lomo’Instant Automatが手元に届くのが待ちきれない?!ピンポーンと届くまでの間に撮り方をマスターして、箱を開いた瞬間からすぐにクリエイティブな写真が撮れるようにしておきましょう!今日のテーマは「驚きの瞬間」。

    2016-09-10
  • Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    2016-12-01 #culture Ciel Hernandez の記事
    Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    その昔、心霊写真は死んだ親族とつながるための方法として一大ブームとなりました。しかし撮影技術の進歩とともに、そのトリックが見破られてしまった現代では目にすることも少なくなりつつあります。そんな心霊写真の意外ともいえる誕生秘話に迫りました。

    2016-12-01
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【hodachromeが教える!】「多重露光」講座 in 京都

    2017-03-10 hodachrome の記事
    【hodachromeが教える!】「多重露光」講座 in 京都

    山本穂高(hodachrome)氏による、多重露光の撮り方を学ぶ講座が3/19(日)に京都で開催されます!アイデアやテクニックしだいで写真は見ちがえるほど幻想的なものに生まれ変わります。その撮り方を初心者の方でもわかりやすいようにテキスト・画像を使って説明します。多重露光をマスターして、春からの撮影ライフに新たなエッセンスを加えましょう♪

  • 32歳になったLC-Aが喜ぶ32の方法

    2016-06-24 #gear lomographymagazine の記事
    32歳になったLC-Aが喜ぶ32の方法

    伝説の名機でありロモグラフィーの魂、LC-A。実験的なコンパクトカメラが誕生して今年6月で32年!LC-Aのお祝い何にしよう?なんて悩む必要なし!LC-Aが喜ぶのは写真を撮ってもらえること!

    2016-06-24
  • 夏だ夏だ夏だ!フォトジェニックなビーチと街はここだ!

    2016-07-10 #places lomographymagazine の記事
    夏だ夏だ夏だ!フォトジェニックなビーチと街はここだ!

    夏、海沿いでリラックスしてゆったりしたくはありませんか?あなたの心を癒すビーチを世界中からピックアップ。フィルム写真と共に夏休みどこに出掛けるかプランを立てましょう!

    2016-07-10
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016-08-22 lomographyplus の記事
    【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016年8月11日(山の日)に行われた『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』はLomography製のフィルムから他社製品のフィルムを気軽に体験できるという夏の光を写すにはピッタリのイベントでした。今日はそのイベント模様をレポート!夏らしさ溢れるスペシャルな写真の数々は必見です!!また参加者みなさまのギャラリーと共に、使用フィルムの特長や撮影時のテクニックについてもご紹介も致しますので、どうぞごゆっくりご堪能下さいませ。

    2016-08-22
  • Lomo'Instant Splitzerを使おう!: クールでシュールなインスタント写真を撮る方法

    2017-02-14 #gear #tutorials shhquiet の記事
    Lomo'Instant Splitzerを使おう!: クールでシュールなインスタント写真を撮る方法

    Lomo'Instant Splitzerを使えば、驚くようなクレイジーなインスタント写真を撮れちゃいます!友達の顔と愛犬の犬を半々にするとどうなるか、想像してみたことはありますか?そんな可笑しなイメージもすぐ作れますよ!今日はその詳しい使い方を大公開します。

    2017-02-14
  • Andrew YungがPetzval 85 Lensで日本の紅葉を撮影!

    2016-10-28 #people Lomography の記事
    Andrew YungがPetzval 85 Lensで日本の紅葉を撮影!

    香港の撮影クラブ・AllionZのメンバーであるAndrew Yungは友達と山歩きをするのが趣味で、バックパッカー をしながら53か国も訪れたそうです。日本を訪れた彼は、Petzval 85で燃えるように赤く染まった森の風景を写してくれました。

    2016-10-28