ラッツアイビュー(ネズミ目線)ショットを楽しもう

2013-11-17

皆さんは地面にカメラを置いてノーファインダーで写真を撮ったことはありませんか?これは「ラッツ・アイ・ビュー・ショット」(rat’s eye view shot…ネズミ目線ショット)といって、暗い場所でもぶれずに撮影できる三脚いらずの気軽な撮り方としてポピュラーな撮り方です。ぜひネズミになったつもりで地上ゼロメートルからの豪快なローアングルの世界を体感してみましょう。

この写真は、ロンドンの地下鉄の駅構内のトンネルで撮った写真です。とても暗い条件でしたが、LC-A+を地面にセットして撮ることでぶれることもなくシャープに写っています。このように、超ローアングルから撮ることで、地面を豪快に取り入れたあおり感のある写真になります。これはロモグラファーの皆さんには定番の撮り方のひとつといえますが、今回この撮り方を説明したいと思います。

※カメラはLC-A+、フィルムはISO100のスライドフィルムを使用しました。(暗い場合はなるべく高感度のほうがよいです)

1.カメラの設定ですが、ISO100、距離モードは無限遠にしておきます。(被写体により変えてください)

2.魅力的なポイントを見つけます。今回は駅構内だったので、周囲の構造物の色や明るさ、デザインなどをよく見て選びました。地面部分も半分ほど写り込むので、地面の模様や反射の有無・量など考慮に入れます。

周囲をよくチェック!

3.場所が決まったら人の往来を待ちます。この場合は、人物を入れることで写真の魅力がよりアップすると判断しました。周囲の色とコントラストを成すような色や明るさの服を着た人物を入れると写真によいアクセントが生まれてきます。

4.ベストな人物が現れたらシャッターを切ります。トンネルの中心に行きカメラをトンネルの「なるべく真ん中」に、そして進行方向に向かって「なるべくまっすぐ」にカメラを地面に置きます。地面が安定していないとぶれてしまうので気をつけてください。左手でカメラを固定して息を止めてシャッターを切ります。シャッター時間はやや長いのでぶれないようにしっかりカメラを支えていてください。

地面に置いてシャッターを切る

以上です。結果は、地面が半分ほど写った遠近感あふれるラッツ・アイ・ビュー・ショットとなりました。地面には周囲からの反射もしっかり写っています。カメラはトンネルの先に向かってほぼまっすぐに置くことができ、左右どちらかに大きくずれることなく撮ることができました。スローシャッターのため動いている人物は少しぶれますが、これが写真に躍動感を与えてくれているような気がします。

今回はカメラをそのままセットしましたが、地面の写り込みが多すぎると思われる方はこんなちょっとした工夫もぜひ試してみてください。カメラの底に(レンズ側のほうに寄せて)、約1mmの厚さの小さな細い板を貼ります。これでカメラの角度を少し調整することができ、地面の写る部分は少なくなります(上がより多く写ります)。

角度の調整をする厚紙

こちらが板を取り付けて撮った写真の見本です。地面部分が画面全体の約3分の1ほどとなりバランスがよくなります。被写体によってはこの撮り方も有効です。私はいつもこの板を常備していていつでも使えるようにしています。

板を使用した場合の写り方

ちなみに他のカメラでももちろん可能です。私はたまにLC-WideやHolga、Horizon Perfektでもネズってます。カメラの露出の設定はそれぞれ異なりますので気をつけてください。

他のカメラでもできます♪

そして恒例の応用編です。多重露光、フィルムスワップ、フィルムスープと組み合わせています。

他のテクニックに応用

最初はどんな写りになるかわからなくて戸惑うかもしれません、でも慣れてくると素早く狙い通りの構図が得られるようになります。ぜひやってみて~。もちろん屋内じゃなくてもどんな場所・場面でも気軽に使える撮り方ですよ。あ、男性諸君、女性が近いときにはくれぐれも変な人と思われないように気をつけてくださいね(^^)

慣れると楽しいネズミ目線ショット♪

他のユーザーさんの素晴らしい写真です(^^)

fotobesさん、icomewhenieatcaponataさんの写真

さらに、こちらのflickrのグループにも素晴らしいラッツアイビューショットが多く載っています。ぜひ参考にしてみてください。 Lomo lc-a rat's eye view

Enjoy your Rat’s Life!


Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2013-11-17 #gear #tutorials #long-exposure #lc-a #tipster #long-exposure #lc-a # #rats-eye-view #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about #rat-s-eye-view-shot #rats-eye-view-shot # hodachrome の記事

他の記事を読む

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

    2017-08-24
  • ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    2017-03-22 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    Lomo’Instant Automat Glass Magellan にクローズアップ・アタッチメントレンズを装着した場合の最短焦点距離は10cm。シャープでマクロなインスタント写真を思う存分楽しめるアクセサリーです!でも、いざ撮影しようとなると10cmっていったいどのくらい...?と思う人も多いはず。そんなときに便利な方法があります。

    2017-03-22
  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    2017-05-08 #people Ciel Hernandez の記事
    虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    赤と緑、ピンクと青、白と黒でもない。現実にははっきりとした境界線などなく、グラデーションのようにすべては曖昧です。モントリオールを拠点に活動する写真家Laurence Philomeneの「ノンバイナリー」シリーズのポートレートは私たちに物事の新しい見方を与えてくれます。*《ノンバイナリージェンダー》は男性にも女性にも分類されない性別自認のこと。

  • Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    2016-11-16 #gear Lomography の記事
    Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    静かな青と情熱的な赤のコンビネーションによって生まれる紫。紫は日常の中であまり見ることのない色なので、ミステリアスな印象が強いのではないでしょうか。写真や絵に使うと、想像力やクリエイティビティを刺激する色でもあります。Lomochrome Purpleを使った神秘的なショットの数々をご紹介します。

    2016-11-16
  • レポート&テクニック:直営店Lomography+主催2016年10月15日(土)『フラッシュ・マスター ワークショップ!』

    2016-10-24 #gear lomographyplus の記事
    レポート&テクニック:直営店Lomography+主催2016年10月15日(土)『フラッシュ・マスター ワークショップ!』

    2016年10月15日に行われた直営店Lomography+主催『フラッシュ・マスター ワークショップ!』をレポートします! ロモグラフィーならではのフラッシュ撮影テクニックが沢山詰まったワークショップとなりました。 撮影方法も盛りだくさんの内容となっているので、是非ご一読ください!!

    2016-10-24
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • あなたの「インスタント写真」の写真をシェアしよう!:Lomo’Instant Wide

    2016-12-04 #tutorials #ビデオ Lomography の記事
    あなたの「インスタント写真」の写真をシェアしよう!:Lomo’Instant Wide

    Lomo'Instant Wideでベストショットが撮れたら、もちろん誰かに自慢したくなりますよね。そんなときは「インスタント写真」の写真を撮ってシェアしましょう!ここでは様々なインスタント写真の見せ方をご紹介します。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • アナログカメラで写す超現実的な世界

    2016-11-22 #culture #tutorials lomographymagazine の記事
    アナログカメラで写す超現実的な世界

    誰だってアナログカメラで自分だけのユニークな写真を撮る方法を常に追い求めているはず。今回はロモグラフィーのコミュニティーに投稿された写真から、フィルムで幻想的な世界を映し出す方法を学んでみましょう!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 2017年3月のトレンドアルバム

    2017-03-31 #ニュース Lomography の記事
    2017年3月のトレンドアルバム

    アルバムのまとめ方は人それぞれ。撮影場所、フィルム、ベストショットなどなど色んな方法がありますが、2017年の3月に人気を集めたアルバムはどんなものだったのでしょう?ロモグラフィーのコミュニティーに投稿されたなかでベストに選ばれたアルバムたちからヒントをもらいましょう!

  • 【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    2017-03-21 #tutorials #ビデオ lomographymagazine の記事
    【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    フィルムを自分でスキャンすると色んな利点があるってご存知ですか?毎回のデータ化のコストもかからないし、現像所では取り扱ってくれないフォーマットのフィルムもスキャンできちゃいます。フィルムスキャンにまだ挑戦したことの無い方のためにスキャナ選びの注意点と便利なツールをご紹介!

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17 lomographymagazine の記事
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

    2017-10-17