DIY Lomokinoスライダーの作り方

LomoKino動画をもっと滑らかに激しく揺らすことなく撮影したい?このテクニックを使って、DIYでLomoKino用のスライダーを作ってみましょう!

どれだけ今まで固定することに悩まされ、筋肉の疲れに苦労したことでしょう。手で支えるLomoKino撮影は時に上下に激しく揺れた結果となってしまいます。それを避けるため、チベット人修道士と”気”の特訓をするのもいいかもしれませんが、今回はその代わりにスライダーを作るだけで解決する方法を教えちゃいます!
レールまたはスライダーを使用すれば、LomoKinoの撮影が均一に滑らかになります。専用のスライダーを購入するのは高価で手が出せませんが、いつものようにDIYで作ってしまいましょう!

材料:

  • コンジットワイヤーホルダー または 電気ボックス 3つ
  • 5フィートのコンジット部品
  • コネクタ
  • ベルクロテープ(マジックテープ)
  • 1/4" から 3/8" ネジアダプターとボルト

詳しい作り方は動画をご覧ください!

2013-11-18 #ビデオ #gear #tutorials #diy #piggies #slider #video #tipster #lomokino cruzron の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • ジャズの酔いしれるような音を映像でも表現:Petzval 58でムービー撮影!

    2016-05-01 #ニュース #ビデオ #gear lomographymagazine の記事
    ジャズの酔いしれるような音を映像でも表現:Petzval 58でムービー撮影!

    New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensを使って、NYで開催されたJazz Age Lawn Partyを動画で撮影しました。このレンズ越しに映る人々は、ジャズの音色と溶け合い、そして混ざり合っていくように見えます。映像クリエイターの方もぜひこのレンズで作品を撮ってください。

  • LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    2015-10-14 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    ドリーミーな世界観を作り出すフォトグラファーの菅武志さん。ロモグラフィーのコミュニティーでも何度か作品を披露していただき、まるで夢の中のような幻想的な写真の虜になった方も多いことでしょう。そんな菅さんは、長年活動の拠点としてきたイギリスから拠点を日本に移し、新たな試みに挑戦されています。初夏にはPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使い、ロンドンの庭園で美しく咲くボケの花を撮影していただきましたが、今回は日本で撮影したウェディング写真をシェアしていただきました。

  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 12/6(日)のアドベントカレンダー: KonstruktorやLomoKinoなどの対象カメラが15% OFF! (ディスカウントコード: COOLCAMERAS15)

    2015-12-06 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/6(日)のアドベントカレンダー: KonstruktorやLomoKinoなどの対象カメラが15% OFF! (ディスカウントコード: COOLCAMERAS15)

    自分でカメラを組み立ててみたい?それともフィルムで動画を撮ってみたい?本日は35mmDIY一眼レフカメラ Konstruktorや35mmフィルム ムービーカメラLomoKinoが15%OFF!その他にも対象カメラがたくさんあるので、こちらの記事で確認を!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • 一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    2015-08-13 #gear #tutorials hodachrome の記事
    一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    一人で撮影に行ったときに「あ~、ここで人間入れて撮りたいな~」と思ったことはありませんか?そんな一匹狼な貴方のために、「LC-A+でセルフタイマー」を使ったセルフポートレートを撮る方法をご紹介します。自分撮り以外にもカップルでツーショット、撮影会などで全員で集合写真を撮りたい場合などにも使えますよ。

    2
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

  • 超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    2016-02-04 #gear #tutorials imbaaa の記事
    超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    ありきたりなカラー写真に飽きてきていませんか?時にはレトロ風味な写真も撮りたくなりますよね。そんな時に役立つのがこのテクニック。LC-Aで使えるオレンジフィルターを自作しましょう!

  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 壱岐紀仁

    2016-05-16 #ニュース #people #ビデオ ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 壱岐紀仁

    初監督作品「ねぼけ」がモントリオール世界映画祭に正式出品されるなど、精力的に活動中の映画監督・フォトグラファーの壱岐紀仁さん。「ねぼけ」はなんとMotionGalleryで制作・宣伝費の一部資金の支援を募り、プロジェクトが成功したことによって撮影された作品です。今回はDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの"いろけ"に心動かさた壱岐監督から、落語家の洗練された所作をシンプルにしかし大胆に写し撮ったショートムービーが届きました。

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    2016-05-05 #ニュース #ビデオ #gear #people Lomography の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影された“The Sea Within.”は、香港のビジュアルアーティストであるHeiwa Wongによって監督された音楽とイメージをミニマルアートとして巧みに扱いながら、強い感覚の経験を呼び起こす短編映画です。自然と身体のつながりについて触れ、見る者を冷静と情熱の間を行き交う旅へと誘う作品を彼女のインタビューと共にお楽しみください。

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!