アナログよ永遠に: Kodak Alarisからロモグラファーへの公開書簡

2013-11-25

Kodak Alarisが我々と共に、アナログ写真の未来の探求の道を歩む決意を表明しました。フィルム文化をこれからも世の中に発信していく会社の同志として、大変嬉しく思います。ここでご紹介しているロモグラフィーコミュニティーに向けた公開書簡で、Dennis Olbrichは(Kodak AlarisのPersonalized Imaging代表取締役)「Kodakは写真のフィルムとペーパーのフル製品ラインを提供し続ける」ときっぱり宣言しています。アナログフォトグラファーの為に、可能な限りフィルムの選択肢を保ち続けるというミッションに共感するパートナーとして、私達ロモグラフィーはこのニュースに感激しました。どうぞお読みください。

テキストが読みにくい方は、こちらをクリックすることで拡大版をご覧頂けます。


[ 本文訳 ]

ロモグラファーの皆様へ

あなたは恐らく既にEastman Kodak(イーストマン・コダック)社の変更と新会社Kodak Alaris(コダック アラリス)の設立についてご存知であることでしょう。- Kodak AlarisはEastman Kodak社の2つ事業であったPersonalised Imaging(パーソナライズド イメージング)およびDocument Imaging(ドキュメント イメージング)が独立して形成されています。

私は、我々Kodak Alaris社が今まで行ってこなかったあなたのKodak Momentの保護に今日取り組むことをお知らせする為、個人的にこの手紙をお書きしたいと思います。

固有であり、私達の受け継ぐ文化・歴史的伝統から重要な資産を築き続けるため、Kodak Alaris社のPersonalised Imagingはあなたが写真ブランドを率いるものにご期待頂く全てである下記を提供し続けます。

> 信頼され、愛されるKodakのスチルカメラフィルム製品
> できる限り広範囲の従来の写真紙と現像作業の為の溶液
> 即座にプリントすることができる写真小売店を消費者へ提供
>テーマパーク、アイコニックな目的地、リゾート地のデジタル記念写真サービス

あなたがフィルムで撮影することを愛するフォトグラファーであろうとデジタルを使用して撮影とプリントを楽しむ方であろうと、写真用紙にプリントされるイメージを最大出力で得ることは心待ちにされているでしょう。私達はあなたに知って頂きたい。我々は、あなたのニーズに応えるプロダクトやサービスをお届けする為に打ち込みます。

私達のプロダクトは今後も象徴的なKodakブランドを使い続けます。また、同じ世界品質をご提供致します。
さらに重要なことに、私達は写真フィルムとペーパーのフル製品ラインを提供し続けます。
受賞歴のあるKODAK PROFESSIONAL PORTRAフィルムで撮影することがお好みであっても、いつの世も変わらぬ傑作であるKODAK PROFESSIONAL TRI-Xや、比類のないKODAK PROFESSIONAL ENDURA Metalic paperにあなたのイメージをプリントすることを楽しみにして頂いているとしても、Kodak Alarisはあなたのニーズに対応し続けます!

もしあなたがKodakフィルムを購入や現像することができる場所にいらっしゃらない場合、無料のiOS 用アプリ「KODAK PROFFSSIONAL Film App」を使用することをお忘れなく。

このアプリはあなたのお近くの販売と現像の場所やフィルムフォーマットについて活用できる情報、異なるシチュエーションでどのフィルムを使うべきか、白黒現像ツールのアクセス、太陽の計算等を含める幅広い情報へのアクセスをお助けします。フィルムに関して何かご質問がございましたら、profilm@kodak.comまでご連絡下さい。

最後に、私達はあなたに感謝の気持ちをお伝え致します。あなたはアナログフォトグラフィーのとても重要なサポートとなっています。私達は伝え、支え、あなたとつながり続けることをお約束します。共に、フィルムフォトグラフィー継続の主要部として動きましょう!

敬具、
Dennis Olbrich
Kodak Alairs社Personalised Imaging代表取締役



2013年:フィルム製造のルネサンス!

世界中のフィルムフォトグラファーにとって、今こそ祝杯の時! ロモグラフィーとKodak Alaris社は、共に、21世紀における写真フィルム乳剤の存続と広範囲の製造を保ち続けるというゆるぎない誓約をここに発表致します。

数年前、私達は大小、そして新旧の工場を使った、写真フィルム(カラーネガ、スライド、白黒)全ての種類を製造する方法がたくさんあることを発見しました!これはフィルムコミュニティーと一般的な製造業者が長年気付いていなかったクリエイティブなチャンスでした。そこで我々ロモグラフィーはこれに取り組み、たくさんの新しい写真フィルム製品をスタートさせました。
2008年には世界初の初めから裏向き状態で装填されたすぐに撮影できるレッドスケールフィルムをリリースし、2012年には 110フィルムフォーマット が復活。2013年には全く新しいフィルム乳剤を使用した、クラシックなKodak Aerochromeをリバイバルさせた LomoChrome Purple XR 100-400 をリリースしました。

私達と私達の友人、そして、アナログフィルム製造のパートナーは、未来に、革新的でエキサイティングそして、画期的な新しい種類のフィルムを製造し続けることに心の底から情熱をを注ぎ続けます。

Credits: elenakulikova

Lomography公式オンラインショップとLomography+では、世界中のアナログ写真好きの為に様々なフィルムをご用意しています!カラーネガ、カラースライド、レッドスケール、白黒、35mm、120、110、インスタントフォーマット。さらに将来的にも計画中!現在販売中のフィルムは http://shop.lomography.com/films をご覧ください。

Credits: brommi

いつでもどこでも現像所を見つけられるように

世界中どこにいようとも、現在も、フィルムで撮影後に現像をすることができる場所がたくさん存在しています。ロモグラフィーはLomoLab現像サービスを世界中の直営店 Lomography Gallery & Embassy Stores のほぼ全てで提供しています。また、直接のお持ち込みだけでなく、 オンラインショップ を通じた、現像のお受付をさらに多くの国で運営しています。それでもまだ、現像所が見つかりません際は、700を越える世界中の現像所がリストアップされた、ロモグラフィーウェブサイトの PhotoLab section をご覧ください。

写真フィルム製造と写真現像は今後も安全で進展し続けます。ロモグラファーの皆様!前に進み、おしりの位置から撮影し続けましょう!

関連記事

アナログよ永遠に:Kodak Alaris社のLars Fielderとのフィルムトーク

2013-11-25 #ニュース #film #emulsion #kodak #kodak-alaris shhquiet の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • 夏だ夏だ夏だ!フォトジェニックなビーチと街はここだ!

    2016-07-10 #places lomographymagazine の記事
    夏だ夏だ夏だ!フォトジェニックなビーチと街はここだ!

    夏、海沿いでリラックスしてゆったりしたくはありませんか?あなたの心を癒すビーチを世界中からピックアップ。フィルム写真と共に夏休みどこに出掛けるかプランを立てましょう!

    2016-07-10
  • 朗報!KodakのEktachromeフィルムが復活

    2017-01-12 #culture #ニュース lomographymagazine の記事
    朗報!KodakのEktachromeフィルムが復活

    フィルムはまだまだ生き続けます!!2012年に惜しまれながらも廃盤となった、Kodak Professional Ektachromeのフィルム。なんと多くの方からの支持に応えて復活が発表されました!

    1
  • LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    2016-07-31 #gear #people ihave2pillows の記事
    LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    LomoChrome Purple XR 100-400は伝説の赤外カラーフィルム、コダック・エアロクロームおよびエクタクローム プロフェッショナル インフラレッド (EIR)フィルムに対するロモグラフィーなりの答えです。それは先代と同様に高い技術力を要求してくるものでしたが、このフィルムで撮った作品は驚きに満ちています。それではいかにしてパープルを引き出すか。そのための簡単なガイド記事です。

    2016-07-31
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • 【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    2016-06-16 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    6月19日といえば?!そう、ロモグラフィーを象徴する実験的な35mmアナログカメラ・ LC-Aの誕生日!!!誕生日を記念して、今年はLC-AシリーズやLC-Wideに限らずアナログの"コンパクトカメラ”で撮影された作品も対象にしたコンテストを開催します!愛用機、フィルムそしてご自身のオリジナリティがあふれる作品を多くみれること、楽しみにしております。

    2016-06-16
  • Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    2016-06-19 #gear denisesanjose の記事
    Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    海の中、川の中、ザーザー降りの雨の中、さらには大雪の時。どんな環境下でも愛用している LC-A+やLC-Wideを連れて行きたい!と願うことはありませんか?そんな時は「Krab Underwater Housing」!赤いカニのように固くて丈夫な防水ケースを付ければ、水深20mでもあなたのフィルム撮影欲を満たしてくれます!そしていまならLC-A+もしくはLC-Wideを購入すると、もれなくこちらをプレゼントするキャンペーン実施中!

    2016-06-19
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ★Yiyiu × Lomo'Instant Automat Glass:雨のなかでガールズデート

    2017-04-07 Lomography の記事
    ★Yiyiu × Lomo'Instant Automat Glass:雨のなかでガールズデート

    香港を拠点とする写真家 Yiyiuは Lomo'Instant Automat Glassを連れて友達とデートへ!あいにくの雨で天気は最悪だったけど、素晴らしいポートレートを披露してくれました!彼女が撮影した写真とインスタント写真についてのインタビューを大公開。

    2017-04-07
  • 夏色に染まるフィルム

    2016-07-02 #culture lomographymagazine の記事
    夏色に染まるフィルム

    「夏」と聞くだけで、フィルムカメラを持って外に出掛けたくなるのははぜでしょうか。それはこの夏独特の「色」にあると思っています。

    2016-07-02
  • 【フィルムユーザー必見】暗室がなくても簡単に現像できる LAB-BOXがKickstarterに登場!

    2017-02-22 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【フィルムユーザー必見】暗室がなくても簡単に現像できる LAB-BOXがKickstarterに登場!

    もうフィルムの現像に暗室はいらない!?誰でも簡単にフィルムを現像できる LAB-BOXがKickstarterに登場!ars-imago international.が発表したこの魔法の箱。アナログ写真好きには大ニュースです。

    2017-02-22
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    2016-05-06 #ニュース #gear lomographymagazine の記事
    世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    なんとDaguerreotype Achromat Art LensにCanon EFマウント、Nikon FマウントだけではなくPentax Kマウントのリターンが追加されることになりました!あまりに急な発表で驚かれた方もいらっしゃることと思いますが、私たちもこちらを発表することができて大変うれしく思います。世界規模での目標本数に達したためリターンとして正式に追加されます!

    2016-05-06
  • [展示] Glastonbury Festival Photo Exhibition "i feel awesome" - by Taio Konishi

    2016-08-02 #people #ビデオ ciaoannacotta の記事
    [展示] Glastonbury Festival Photo Exhibition "i feel awesome" - by Taio Konishi

    国内外のフェスを撮影されているフォトグラファーでありロモグラファーの小西泰央さん。昨年に引き続き、今年もGlastonbury Festivalで撮影された作品の個展『 i feel awesome』を開催されます!今年はNighttimeとDaytimeに分けた展示となり、Nighttimeをアート関連に強い古書店nostos booksさんにて、DaytimeをLomography+にて開催します。一般チケットもすぐ完売するほど人気で世界最大級の音楽フェスティバルをロモグラフィーレンズやカメラで写し撮った写真は、まさに貴重。ぜひ両展示へ足をお運びください。

    2016-08-02
  • ピギーポイントってなあに?

    2016-07-01 #ニュース ciaoannacotta の記事
    ピギーポイントってなあに?

    ロモホームに加入した時や、ニュースレターを読んでいるとよく見かける「ピギー」という言葉。ピギーって…ブタのこと?ピギーは確かにブタのことを指しますが、ロモグラフィーのピギーはお買い物ポイントのことを指します!ピギーをゲットする方法は様々。ピギーをゲットしてお得なロモライフをお送りください!

    2016-07-01