アナログよ永遠に:Kodak Alaris社のLars Fielderとのフィルムトーク

2013-11-25 1

フィルムフォトグラファーの皆様、お祝いの時が訪れました!LomographyとKodak Alarisがアナログフォトグラフィーへの誓約を結んだのです。このパートナーシップは幅広い種類の写真フィルム乳剤を、21世紀において存続させる足がかりとなります。

先日、ロモグラフィーはKodak Alais社のLars Fielder氏とお話をしました。ロモグラファーが疑問に思っている「新しいフィルムはできるのだろうか?」「生産終了したフィルムを蘇らせる望みはあるのだろうか?」「今後のKodak社に何を期待することができるのだろうか?」等の関心事について、色々と質問させて頂きました。ぜひこのインタビューをお読み頂き、正しい知識をお持ちください。

Lars Fielder, Product Marketing Director at Kodak Alaris

まず初めに、Kodak社の復活をお伺いでき本当によかったです。財政上のソリューションについて私達にお話頂けませんか?Kodak社は公式に倒産し、最後を迎えたと聞いていました。今回の創立は、会社にとってどういう意味があるんでしょうか?
そうなんですよ。Eastman Kodak社は9月の始めに、Chapter 11(連邦破産法第11章)から浮上する事に成功しました。私達はその未来について楽観的な見通しを持っています。恐らくKodak Alais社の創立についてもご存知ですよね。 – Kodak Alaris社は、Eastman Kodak社の2つのビジネスであるPersonalised Imaging とDocument Imagingの両事業を傘下に置く新会社として今年9月に設立しました。

新会社Kodak Alarisについてもう少しお話頂けませんか?Kodak Alarisとは何でしょう。そして、以前のKodakとはどんなことが変わったのでしょうか?
Kodak Alarisとのビジネスは、Personalised Imaging と Document Imagingの2つの事業から成ります。どちらも、全て実益が出せる強みのある内容です。新しい会社ですので、負債がありません。また、長期的指向の投資者であるKodak Pension Plan(コダック年金プラン)の強力な財政により後援されています。ですから、我々はビジネスの未来に集中し、出資することができます。さらに、Personalised Imagingの興奮すべき点は、Kodakブランドの恒久的ライセンスを取得していることです。受け継がれている遺産からユニークで価値ある資産をもとに組み立てていくことができるんです。無駄を削いだものを発展させ、より先見し、変動の激しい消費者トレンドと新しいマーケットの好機をつかむより起業家精神に溢れた文化を取り入れます。消費者ビジネスとして、私達Kodakは本日、今まで行ってこなかったあなたのKodak Momentの保護に情熱を注ぐ事をはっきり表明します!

Credits: qrro

Kodak Alaris社のPersonalised Imaging はどんな商品をストックしているのでしょうか?
私達の受け継がれている遺産からユニークで価値ある資産を足場にして、Kodak Alaris社のPersonalised Imagingはあなたが写真ブランドを率いるものにご期待頂く全てである下記を提供し続けます。> 信頼され、愛されるKodakのスチルカメラフィルム製品 > できる限り広範囲の従来の写真紙と現像作業の為の溶液 > 即座にプリントすることができる写真小売店を消費者へ提供 >テーマパーク、アイコニックな目的地、リゾート地のデジタル記念写真サービス

あなたがフィルムで撮影することを愛するフォトグラファーであろうとデジタルを使用して撮影とプリントを楽しむ方であろうと、写真用紙にプリントされるイメージを最大出力で得ることは心待ちにされているでしょう。私達はあなたに知って頂きたい。我々は、あなたのニーズに応えるプロダクトやサービスをお届けする為に打ち込みます。

私達のプロダクトは今後も象徴的なKodakブランドを使い続けます。また、同じ世界品質をご提供致します。さらに重要なことに、私達は写真フィルムとペーパーのフル製品ラインを提供し続けます。受賞歴のあるKODAK PROFESSIONAL PORTRAフィルムで撮影することがお好みであっても、いつの世も変わらぬ傑作であるKODAK PROFESSIONAL TRI-Xや、比類のないKODAK PROFESSIONAL ENDURA Metalic paperにあなたのイメージをプリントすることを楽しみにして頂いているとしても、Kodak Alarisはあなたのニーズに対応し続けます!

Credits: joncherry

なぜ、Kodak Alaris社は、21世紀の今、フィルム製造に注目をおき続けるのでしょうか?なぜフィルム写真は重要だと思いますか?
私は、秘密も驚きもないことではないかと思っています。写真フィルムの需要は過去10年強の間にすっかり減少しました。そして、恐らくそれは継続的に見られると思います。とはいえ、弱まっていく。ですから、フィルム写真を支援する事は重要です。まだ沢山のフィルムフォトグラファーが世の中にはいるのですから。さらに、より若い今日のデジタル世界で生まれ育った人々がフィルムフォトグラフィーに興味を持つことも見られています。どこか「古い」ことに興奮するのでしょうね。彼らにとっては「新しい」ことですから。

何か新しいフィルムをKodakからリリースする計画はありますか?
先述した通り、私達は今回の世の中の全フィルムシューターに宛てたメッセージが、フルラインの写真フィルムが市販され続ける為の鍵となると信じています。それに加え、私達は特注ベースで大判フォーマットサイズのシートフィルムのオーダーをすることができる可能性のあるプログラムも運営しています。現在、このプログラムはアメリカのK.B. Cenham CamerasやドイツのGFH-Foto等の限られたパートナーだけ依頼を受けています。詳細は [ http://www.kodakalaris.com/go/professional ] よりご覧頂くことができます。

以前に生産終了したフィルムを蘇らせる計画はありますか?
もう一度申し上げます。鍵となるのは全てのフィルム愛好家です。現状の写真フィルムの製造ラインに即刻の変更は計画されていません。過去に生産終了が決定された全てフィルムに対して行われた決定は、ユーザーパフォーマンスによる変更によって動かされてきました。デジタルの代用品の登場や特定のフィルムが崖から落ちるように需要が減退した結果という場合もあります。残念な事に様々な要因により、維持ができなくなってしまったのです。こういったフィルムの全ては古い乳剤でした。しかしながら、Kodakは、同時に、製品ラインの多くのフィルムを最適化し続けてきました。EKTAR 100のように革新的な新しいフィルムも加わっています。

Kodak Alarisはフィルムの供給の保証を将来的に強固にし続ける為に、どのような計画をしていますか?
長年私達が言って来た様に、フィルムのライフサークルは人々がフィルムで撮影する事を選び続けるかによります。どんなプロダクトにとっても、市場全体の需要と供給は、消費者の需要とその製品のプロフェッショナルによって定義されます。ですから、私達は確かに多くのユーザーに対するフィルムの重要性を見ていますし、さらに、そこに減退してしまう他の要因があることも気づいています。例えば、フィルムを購入可能な場所の不足という事実があります。また、現在も現像処理はされています。フィルムフォトグラファーをサポートするため、私達はiOSデバイス用の KODAK Professional Film App を開発しました。このアプリはあなたのお近くの販売と現像の場所やフィルムフォーマットについて活用できる情報、異なるシチュエーションでどのフィルムを使うべきか、白黒現像ツールのアクセス、太陽の計算等を含める幅広い情報へのアクセスをお助けします。

Credits: warrilow-tong

あなたも個人的にフィルム撮影を楽しんでいるそうですが、なぜですか?
フィルム写真にはそれに伴う感情があると思います。デジタルの利点は何を記録したいかによるでしょう。私はフィルムで撮影する事にはたわいのない撮影よりもある種の引き込まれるような異なるアプローチが好きです。フィルムはあなたの目を開きます。あなたは捕らえたいと愛したスペシャルな瞬間を探します。そして、現像されたフィルムが戻ってくるまで、不確実に残る部分も好きです。しかも、実際の結果を見るまで分からない。それから、自分の手でプリントしたり、壁にかけたりする以上に単純に感情に訴える方法なんてないですよね。

あなたはSpinner 360°で撮影を楽しまれているそうですね。なんてすばらしい!なぜそのカメラを好きなのか、教えて頂けませんか?それから、最後にロモグラフィーコミュニティーのメンバーにあなたの写真をシェアしてくれませんか?
Spinner、大好きです!最大級に撮影が楽しいカメラですね!フィルム撮影の大きな楽しみの部分はそこにもあると認めなくてはいけないですね。でも、もう一度言いますが、私にとって重要なのは感情です。360°のイメージはただアメージングであなたも一度Spinnerを使い始めたら、やめられないと思いますよ。しかもあなたの周りみんなもそれを試してみたくなる。あなたも用意した方がいいよ、そしてたくさんのフィルムを持とう!

関連記事

アナログよ永遠に: Kodak Alarisからロモグラファーへの公開書簡

2013-11-25 #ニュース #film #analogue #kodak #kodak-alaris #lars-fielder shhquiet の記事
翻訳 kyonn

1 Comment

  1. gakurou
    gakurou ·

    やっぱりロモグラファーが望むのは、リバーサルフィルムの復活ですよね! ぜひお願い致しまする!! <(_ _)>

他の記事を読む

  • 【特典付きプレオーダー中】 Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    2016-08-26 ciaoannacotta の記事
    【特典付きプレオーダー中】 Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    嬉しいニュースです!現在プレオーダー(予約)中のロモグラフィー・アートレンズ・シリーズの最新作、Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens、プレオーダー頂いた方にはハート型、星型、雪の結晶型、ダイヤ型の4種類の「スペシャル絞りプレート」が特典として付きます!より個性的な作風を楽しんでみませんか?

    2016-08-26
  • [展示] Glastonbury Festival Photo Exhibition "i feel awesome" - by Taio Konishi

    2016-08-02 #people #ビデオ ciaoannacotta の記事
    [展示] Glastonbury Festival Photo Exhibition "i feel awesome" - by Taio Konishi

    国内外のフェスを撮影されているフォトグラファーでありロモグラファーの小西泰央さん。昨年に引き続き、今年もGlastonbury Festivalで撮影された作品の個展『 i feel awesome』を開催されます!今年はNighttimeとDaytimeに分けた展示となり、Nighttimeをアート関連に強い古書店nostos booksさんにて、DaytimeをLomography+にて開催します。一般チケットもすぐ完売するほど人気で世界最大級の音楽フェスティバルをロモグラフィーレンズやカメラで写し撮った写真は、まさに貴重。ぜひ両展示へ足をお運びください。

    2016-08-02
  • 家族のためのアルバム:Nancy Borowick

    2017-05-09 #people lomographymagazine の記事
    家族のためのアルバム:Nancy Borowick

    アメリカのフォトジャーナリストNancy Borowickは両親がステージ5の癌と診断されて以来、家族の想い出を写真に残し続けています。「この瞬間を永遠に刻む」という写真本来の目的のもとで、写真家としてではなく家族として彼女は両親にレンズを向けます。

    2017-05-09
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【Lomography+主催】フィルム・ビギナーズ講座~2016夏期講座編~

    2016-06-11 #gear #ニュース lomographyplus の記事
    【Lomography+主催】フィルム・ビギナーズ講座~2016夏期講座編~

    ご好評頂いておりますフィルム・ビギナーズ・ワークショップの夏期講座を開校します!アナログの楽しさを皆さまへ楽しくお伝えいたします!

    2016-06-11
  • 【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    2016-06-16 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    6月19日といえば?!そう、ロモグラフィーを象徴する実験的な35mmアナログカメラ・ LC-Aの誕生日!!!誕生日を記念して、今年はLC-AシリーズやLC-Wideに限らずアナログの"コンパクトカメラ”で撮影された作品も対象にしたコンテストを開催します!愛用機、フィルムそしてご自身のオリジナリティがあふれる作品を多くみれること、楽しみにしております。

    2016-06-16
  • [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Haruka Yamamoto

    2016-08-09 #gear #people ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Haruka Yamamoto

    フォトグラファーの山本春花さんはフィルムカメラで女性ポートレートを中心に撮影されており、毎月更新されるブログではポートレートシリーズ「乙女グラフィー」を発表されています。今回は前回に引き続き、Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影して頂きましたが、使用する絞りプレートを変えて撮って頂きました。その絞りプレートは発売予定の「ハート型、星型、雪の結晶型、ダイヤ型」の4種類のスペシャル絞りプレート。東京の街中で撮影されたシルキーな写真の中でふわりと輝く雪の結晶やハートは、夢か現実か分からなくなるような儚さと美しさを兼ね備えています。

    2016-08-09
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • LC-Wideのいいところ10個教えちゃいます

    2016-06-10 #gear #tutorials Julien Matabuena の記事
    LC-Wideのいいところ10個教えちゃいます

    常にクリエイティビティを刺激してきたロモグラフィーですが、LC-Wideはその好奇心をさらにくすぐるとんでもない広角レンズ搭載35mmカメラです。10個の特長をお伝えしますので、ドドドッとあふれるアドレナリンを写真で表現してみてください!

    2016-06-10
  • 【コンペティション】春よ、来い!

    2017-03-08 Lomography の記事
    【コンペティション】春よ、来い!

    部屋に閉じこもっていた冬ももうすぐ終わりがやってきます!今からお花見を楽しみにしている人も多いかと思いますが、ロモグラフィーは春の始まりを表現したショートビデオを募集します!

  • 花火をLomography CN ISO800で撮るコツ

    2016-06-30 #gear #tutorials easilydistracted の記事
    花火をLomography CN ISO800で撮るコツ

    花火の撮影をフィルムでするのは少し勇気がいることだったりしますが、ISO感度の高いLomography CN ISO800とバルブモードのあるカメラがあるとほら、こんなにクッキリと写ります!またバルブモードのないLC-A+をバルブモードに変身させるコツもお教えします!

    2016-06-30
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: いつでもかわいい

    2016-09-16 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: いつでもかわいい

    Lomo’Instant Automatが手元に届くのが待ちきれない?!ピンポーンと届くまでの間に撮り方をマスターして、箱を開いた瞬間からすぐにクリエイティブな写真が撮れるようにしておきましょう!今日のテーマは「いつでもかわいい」

    2016-09-16
  • LomoAmigo:Anna Di Prosperoが写すセルフィー&日常風景

    2017-05-23 #people biondapiccola の記事
    LomoAmigo:Anna Di Prosperoが写すセルフィー&日常風景

    Anna Di Prosperoはその類まれなる才能で職業としての写真家の道を切り拓きました。日常を切り取る写真家・AnnaがLa Sardina DIYで楽しく撮影した写真をインタビューとともにお楽しみください!

    2017-05-23
  • ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 人生に彩りを

    2016-09-29 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 人生に彩りを

    Lomo’Instant Automatが手元に届くのが待ちきれない?!ピンポーンと届くまでの間に撮り方をマスターして、箱を開いた瞬間からすぐにクリエイティブな写真が撮れるようにしておきましょう!今日のテーマは「人生に彩りを」

    2016-09-29