アナログよ永遠に:Kodak Alaris社のLars Fielderとのフィルムトーク

1

フィルムフォトグラファーの皆様、お祝いの時が訪れました!LomographyとKodak Alarisがアナログフォトグラフィーへの誓約を結んだのです。このパートナーシップは幅広い種類の写真フィルム乳剤を、21世紀において存続させる足がかりとなります。

先日、ロモグラフィーはKodak Alais社のLars Fielder氏とお話をしました。ロモグラファーが疑問に思っている「新しいフィルムはできるのだろうか?」「生産終了したフィルムを蘇らせる望みはあるのだろうか?」「今後のKodak社に何を期待することができるのだろうか?」等の関心事について、色々と質問させて頂きました。ぜひこのインタビューをお読み頂き、正しい知識をお持ちください。

Lars Fielder, Product Marketing Director at Kodak Alaris

まず初めに、Kodak社の復活をお伺いでき本当によかったです。財政上のソリューションについて私達にお話頂けませんか?Kodak社は公式に倒産し、最後を迎えたと聞いていました。今回の創立は、会社にとってどういう意味があるんでしょうか?
そうなんですよ。Eastman Kodak社は9月の始めに、Chapter 11(連邦破産法第11章)から浮上する事に成功しました。私達はその未来について楽観的な見通しを持っています。恐らくKodak Alais社の創立についてもご存知ですよね。 – Kodak Alaris社は、Eastman Kodak社の2つのビジネスであるPersonalised Imaging とDocument Imagingの両事業を傘下に置く新会社として今年9月に設立しました。

新会社Kodak Alarisについてもう少しお話頂けませんか?Kodak Alarisとは何でしょう。そして、以前のKodakとはどんなことが変わったのでしょうか?
Kodak Alarisとのビジネスは、Personalised Imaging と Document Imagingの2つの事業から成ります。どちらも、全て実益が出せる強みのある内容です。新しい会社ですので、負債がありません。また、長期的指向の投資者であるKodak Pension Plan(コダック年金プラン)の強力な財政により後援されています。ですから、我々はビジネスの未来に集中し、出資することができます。さらに、Personalised Imagingの興奮すべき点は、Kodakブランドの恒久的ライセンスを取得していることです。受け継がれている遺産からユニークで価値ある資産をもとに組み立てていくことができるんです。無駄を削いだものを発展させ、より先見し、変動の激しい消費者トレンドと新しいマーケットの好機をつかむより起業家精神に溢れた文化を取り入れます。消費者ビジネスとして、私達Kodakは本日、今まで行ってこなかったあなたのKodak Momentの保護に情熱を注ぐ事をはっきり表明します!

Credits: qrro

Kodak Alaris社のPersonalised Imaging はどんな商品をストックしているのでしょうか?
私達の受け継がれている遺産からユニークで価値ある資産を足場にして、Kodak Alaris社のPersonalised Imagingはあなたが写真ブランドを率いるものにご期待頂く全てである下記を提供し続けます。> 信頼され、愛されるKodakのスチルカメラフィルム製品 > できる限り広範囲の従来の写真紙と現像作業の為の溶液 > 即座にプリントすることができる写真小売店を消費者へ提供 >テーマパーク、アイコニックな目的地、リゾート地のデジタル記念写真サービス

あなたがフィルムで撮影することを愛するフォトグラファーであろうとデジタルを使用して撮影とプリントを楽しむ方であろうと、写真用紙にプリントされるイメージを最大出力で得ることは心待ちにされているでしょう。私達はあなたに知って頂きたい。我々は、あなたのニーズに応えるプロダクトやサービスをお届けする為に打ち込みます。

私達のプロダクトは今後も象徴的なKodakブランドを使い続けます。また、同じ世界品質をご提供致します。さらに重要なことに、私達は写真フィルムとペーパーのフル製品ラインを提供し続けます。受賞歴のあるKODAK PROFESSIONAL PORTRAフィルムで撮影することがお好みであっても、いつの世も変わらぬ傑作であるKODAK PROFESSIONAL TRI-Xや、比類のないKODAK PROFESSIONAL ENDURA Metalic paperにあなたのイメージをプリントすることを楽しみにして頂いているとしても、Kodak Alarisはあなたのニーズに対応し続けます!

Credits: joncherry

なぜ、Kodak Alaris社は、21世紀の今、フィルム製造に注目をおき続けるのでしょうか?なぜフィルム写真は重要だと思いますか?
私は、秘密も驚きもないことではないかと思っています。写真フィルムの需要は過去10年強の間にすっかり減少しました。そして、恐らくそれは継続的に見られると思います。とはいえ、弱まっていく。ですから、フィルム写真を支援する事は重要です。まだ沢山のフィルムフォトグラファーが世の中にはいるのですから。さらに、より若い今日のデジタル世界で生まれ育った人々がフィルムフォトグラフィーに興味を持つことも見られています。どこか「古い」ことに興奮するのでしょうね。彼らにとっては「新しい」ことですから。

何か新しいフィルムをKodakからリリースする計画はありますか?
先述した通り、私達は今回の世の中の全フィルムシューターに宛てたメッセージが、フルラインの写真フィルムが市販され続ける為の鍵となると信じています。それに加え、私達は特注ベースで大判フォーマットサイズのシートフィルムのオーダーをすることができる可能性のあるプログラムも運営しています。現在、このプログラムはアメリカのK.B. Cenham CamerasやドイツのGFH-Foto等の限られたパートナーだけ依頼を受けています。詳細は [ http://www.kodakalaris.com/go/professional ] よりご覧頂くことができます。

以前に生産終了したフィルムを蘇らせる計画はありますか?
もう一度申し上げます。鍵となるのは全てのフィルム愛好家です。現状の写真フィルムの製造ラインに即刻の変更は計画されていません。過去に生産終了が決定された全てフィルムに対して行われた決定は、ユーザーパフォーマンスによる変更によって動かされてきました。デジタルの代用品の登場や特定のフィルムが崖から落ちるように需要が減退した結果という場合もあります。残念な事に様々な要因により、維持ができなくなってしまったのです。こういったフィルムの全ては古い乳剤でした。しかしながら、Kodakは、同時に、製品ラインの多くのフィルムを最適化し続けてきました。EKTAR 100のように革新的な新しいフィルムも加わっています。

Kodak Alarisはフィルムの供給の保証を将来的に強固にし続ける為に、どのような計画をしていますか?
長年私達が言って来た様に、フィルムのライフサークルは人々がフィルムで撮影する事を選び続けるかによります。どんなプロダクトにとっても、市場全体の需要と供給は、消費者の需要とその製品のプロフェッショナルによって定義されます。ですから、私達は確かに多くのユーザーに対するフィルムの重要性を見ていますし、さらに、そこに減退してしまう他の要因があることも気づいています。例えば、フィルムを購入可能な場所の不足という事実があります。また、現在も現像処理はされています。フィルムフォトグラファーをサポートするため、私達はiOSデバイス用の KODAK Professional Film App を開発しました。このアプリはあなたのお近くの販売と現像の場所やフィルムフォーマットについて活用できる情報、異なるシチュエーションでどのフィルムを使うべきか、白黒現像ツールのアクセス、太陽の計算等を含める幅広い情報へのアクセスをお助けします。

Credits: warrilow-tong

あなたも個人的にフィルム撮影を楽しんでいるそうですが、なぜですか?
フィルム写真にはそれに伴う感情があると思います。デジタルの利点は何を記録したいかによるでしょう。私はフィルムで撮影する事にはたわいのない撮影よりもある種の引き込まれるような異なるアプローチが好きです。フィルムはあなたの目を開きます。あなたは捕らえたいと愛したスペシャルな瞬間を探します。そして、現像されたフィルムが戻ってくるまで、不確実に残る部分も好きです。しかも、実際の結果を見るまで分からない。それから、自分の手でプリントしたり、壁にかけたりする以上に単純に感情に訴える方法なんてないですよね。

あなたはSpinner 360°で撮影を楽しまれているそうですね。なんてすばらしい!なぜそのカメラを好きなのか、教えて頂けませんか?それから、最後にロモグラフィーコミュニティーのメンバーにあなたの写真をシェアしてくれませんか?
Spinner、大好きです!最大級に撮影が楽しいカメラですね!フィルム撮影の大きな楽しみの部分はそこにもあると認めなくてはいけないですね。でも、もう一度言いますが、私にとって重要なのは感情です。360°のイメージはただアメージングであなたも一度Spinnerを使い始めたら、やめられないと思いますよ。しかもあなたの周りみんなもそれを試してみたくなる。あなたも用意した方がいいよ、そしてたくさんのフィルムを持とう!

関連記事

アナログよ永遠に: Kodak Alarisからロモグラファーへの公開書簡

2013-11-25 #ニュース #film #analogue #kodak #kodak-alaris #lars-fielder shhquiet の記事
翻訳 kyonn

1 Comment

  1. gakurou
    gakurou ·

    やっぱりロモグラファーが望むのは、リバーサルフィルムの復活ですよね! ぜひお願い致しまする!! <(_ _)>

他の記事を読む

  • 2018年度 スタッフ募集のお知らせ

    2018-01-24 refallinsasaki の記事
    2018年度 スタッフ募集のお知らせ

    Lomographyはオーストリアに本社を置くインターナショナルなフィルムカメラブランドです。デジタル化が進む世の中で、アナログカメラにこだわり、世の潮流と逆行しながらもなお成長を続けるグローバル企業の中で切磋琢磨していける仲間を探しています。

  • 《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    2017-08-22 #ニュース ellakoppensteiner の記事
    《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    アナログを愛する皆さま、こんにちは!私たちロモグラフィーは現在、新しいプロダクトを開発中。まだ詳しくはお伝えできませんが、早く言いたくてウズウズしています。どんなプロダクトか気になりますよね?答えの発表まで、ちょっとだけヒントをお届けします!

  • 【Best of Lomography Community】 2017年の人気記事・写真を大発表

    2018-01-02 choko3 の記事
    【Best of Lomography Community】 2017年の人気記事・写真を大発表

    ロモグラファーの皆さま、新年あけましておめでとうございます!昨年もロモグラフィーをご愛顧いただき誠にありがとうございました。おせちやお雑煮を食べながら、のんびり昨年を振り返ってみましょう。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • Lomography ✖ Snap! 鈴木文彦 特別インタビュー <後半戦>

    2017-10-20 keitauni94 の記事
    Lomography ✖ Snap! 鈴木文彦 特別インタビュー <後半戦>

    <後半戦>ロモジャパン代表 星とSnap!鈴木文彦さんへのインタビュー。長いお付き合いのお二人が、それぞれの立場からロモを語ります。ロモグラフィーとは何か、どんな歴史をたどってきたのか、これからどうなっていくのか、二つの視点から紐ときます。

  • 【2017年】ロモグラフィージャパン年末年始休業のお知らせ

    2017-12-04 refallinsasaki の記事
    【2017年】ロモグラフィージャパン年末年始休業のお知らせ

    本年もLomographyをご愛顧頂き、ありがとうございました。誠に勝手ながら、2017年12月29日(金)~2018年1月4日(木)の間、年末年始休業とさせていただきます。 休業に伴いまして、サポート及びご注文商品の発送もお休み致します。 御迷惑をお掛けいたしますが何卒ご理解の程どうぞよろしくお願いいたします。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • フィルム写真で描く秋の色

    2017-10-16 refallinsasaki の記事
    フィルム写真で描く秋の色

    夏が終わり、ぐっと寒くなりましたね。気づけば、周囲の色が夏とは違うと思いませんか?赤、オレンジ、黄色、黄金色…。秋が魅せる一瞬の色を写真におさめてみませんか?今日は ロモホーム から厳選した秋の景色をお届けします!

  • アナログ世界紀行:アムステルダム、オランダ

    2017-06-28 #places
    アナログ世界紀行:アムステルダム、オランダ

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのAle Di Gangiがおしゃれなオランダの街をLomoChrome Purpleでいつもとは違った雰囲気に写してくれました!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • 【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    2017-12-31 choko3 の記事
    【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    12月21日(木)の夜に行われた『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』のオープニングレセプション。年末の忙しい時期に約100名もの方々に来場いただきました。ありがとうございました!写真を見ながらお喋りしたり、オーストリアのワインを飲んだり、8mm上映で盛りあがった良い時間でした。そんな楽しい夜の写真をお楽しみください!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Gui Martinez

    2017-06-23 #gear #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Gui Martinez

    東京を拠点に活躍するアーティスト Gui Martinezは情熱的なフィルムフォトグラファーで中判フォーマットの愛好者でもあります。今日は彼が週末の休暇中にNeptune Convertible Art Lens Systemで撮影した美しい写真たちをご紹介致します!