究極のカスタマイズ Konstruktorが東京で誕生!

今月初めに東京へ出張に行った際に、今までに見たことのないようなカスタマイズKonstruktorに出会った。その名も「Konstruktor N」!偶然にもカスタマイズしてくれた製作者のNagaさんとも直接話すことができ、僕はKonstruktorの色々な可能性を感じた。

Nagaさんは東京在住の元プロダクトデザイナー、現クリエイター。彼は「Konstruktor N」というカスタマイズKonstruktorを制作してくれた。今までに僕が見て来たカスタマイズ作品の中でも最高峰と言っても過言ではない。

カスタマイズ内容:
フラッシュ、モーター付きの巻き上げボタン、より大きい絞り値、フィルム感度確認窓、お手製ハンドグリップ、シャッターボタンがもっと簡単に押せるように低くしたフィルム巻きノブ、より明るく見やすくなったビューファインダー、金属製のストラップ取付金具の追加、フィルター&フード取り付けネジ追加、レリーズ用ネジ穴追加 など。

もはや、カスタマイズというよりも一つの「作品」を制作してくれたNagaさん。
Nagaさん本人から、その特徴について説明してもらった動画はこちら:


僕が撮った「Konstruktor N」の写真:

「Konstruktor N」完成までの制作過程:

※制作過程をNagaさんのブログより拝見&お写真をお借りしています

「Konstruktor N」で撮影した写真:


このカスタマイズKonstruktorを見ることができて、本当に良い刺激になった。
こんな素晴らしいKonstruktorを制作してたNagaさん、有難う!
また、Nagaさんのブログでは制作過程を公開しているので、これからKonstruktorのカスタマイズを考えている方は、ぜひ、参考にチェックして。
Part 1
Part 2
Part 3
Part 4
Part 5

2013-11-27 #ニュース #ビデオ #custom #black #diy #konstruktor #lomography #japan #tokyo #handmade #community #customization tattso の記事
翻訳 choko3

他の記事を読む

  • Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    2015-05-15 #world #ライフスタイル #ロケーション pan_dre の記事
    Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    勇猛果敢の名高い旅行者でさえ、北極と南極へと出航出来ることは稀。しかし、コミュニティーでは“stouf”の名で知られるあのロモグラファーが、この両極地帯へと足を踏み入ることを許された。この珍しい目的地への貴重な訪問は彼の職業上の理由によるものであったが、信頼できるカメラとお気に入りのフイルムを一緒に持って行き、調査旅行の様子を撮影することも、忘れられてはいなかった。

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #テクニック tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • スペシャルインタビュー:東京朝市アースデイマーケット 事務局 田中利昌

    2015-03-19 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    スペシャルインタビュー:東京朝市アースデイマーケット 事務局 田中利昌

    代々木公園けやき並木で月一回、週末の朝に開催している東京朝市アースデイマーケット。東京の都心開催ながら本格的なファーマーズマーケットは、食と農のつながりを軸としたライフスタイル発信の場となっています。Lomography+のある3331で偶然知り合ったことがきっかけとなり、アースデイマーケットとロモグラフィー、双方がオルタナティブなライフスタイルを提供していることに共感し、事務局の田中 利昌さんにカメラをお貸出しすることになりました。マーケットの皆様のほっこりする笑顔と、なんだか温かみを感じる野菜や出品物の数々....LC-Wideで撮影された写真を、インタビューと共にお楽しみください!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • 楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    2015-06-03 #world #ロケーション Jill Tan Radovan の記事
    楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    旅する人が求めて止まないのは、普段出来ないような特別な体験ですが、誰もが生涯に一度といった冒険と巡り合う訳ではありません。チャンスが訪れた時、Stephane Heinzさん (ロモグラフィー・コミュニティーではvicunaの名でよく知られていますね) はこれを逃さず、フランスのホームタウンから遠く離れた地への旅と、そこでの生活を見事掴み取る事が出来ました。妻のKathiさんと揃って帰国した彼の手にする旅行鞄は、貴重な経験と、人生の教訓でいっぱいでした。今回のトラベルキャンペーンの場を利用して、彼の4年に亘る仏領ポリネシアでの冒険についてvicunaに語ってもらいましょう。

    2
  • Lomo LC-A、東京へ行く(Part 1)

    2015-04-21 #world #ライフスタイル #ロケーション candilsw の記事
    Lomo LC-A、東京へ行く(Part 1)

    東京は日本の首都。東京は高層ビルが立ち並ぶ都会的な一面と日本の伝統的な文化を残した一面の両方を備え、旅行先としても人気です。そんな東京をLomo LC-A+と一緒に巡ってみよう!

    2
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    2015-11-13 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    韓国出身のフォトグラファーSASU TEIさん。日本と韓国でファッションやコマーシャルフォトの分野で活躍されています。彼がPetzval 85 Art Lensで写し出した写真は、幻想的で独特な世界観を放っています。日本で撮影されているのにも関わらず、なんだか日本ではない別世界のように感じる写真たち。日本人が今まで着目してこなかった日本の良さを、SASU TEIさんの作品から教えられたような気がします。

  • 木:僕が愛情を注ぎ込むもの

    2015-04-14 #world #ライフスタイル Hugo Pereira の記事
    木:僕が愛情を注ぎ込むもの

    僕は若いころから自然と触れ合って来たんだ。僕の家はすぐ近くに松の木林があって、小さい頃の僕の遊び場だった。そして今もね。

  • LomoChrome Turquoise: 日本のスタッフで使ってみました!

    2015-04-03 #gear #レビュー ciscoswank の記事
    LomoChrome Turquoise: 日本のスタッフで使ってみました!

    自然の色をターコイズ、ネイビー、ゴールデンカラーに変色させるLomoChrome Turquoise。プレオーダーいただいた皆様への第一便の発送が完了し、今頃皆様のお手元に届いている頃でしょう。その話題のフィルムで、ロモグラフィージャパンスタッフで試し撮りを行いました! 東京でTurquoiseフィルムを使って、快晴、くもり、室内、フラッシュ撮影といろいろ試してみました。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • Petzval Music Video:西垣薫撮影『Rainy Sunday - 宮田涼介』

    2015-04-03 #people #ニュース #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval Music Video:西垣薫撮影『Rainy Sunday - 宮田涼介』

    温かそうな日光が降り注ぐ日本のどこかの地方都市の景色。そこで日常的に見られる優しい瞬間を、クローズアップやPetzvalのボケを使って写し出したミュージックビデオがあります。それは東京で活躍する音楽家、宮田涼介さんの「Rainy Sunday」という曲のビデオ。 映像作家の西垣薫さんが全編Petzvalレンズで撮影しました。

    2
  • 12/7(月)のアドベントカレンダー: Lomo LC-A 120 などのプレミアムカメラが20% OFF! (ディスカウントコード: PREMIUMPACKAGE20)

    2015-12-07 #gear #ニュース Lomography の記事
    12/7(月)のアドベントカレンダー: Lomo LC-A 120 などのプレミアムカメラが20% OFF! (ディスカウントコード: PREMIUMPACKAGE20)

    誰か特別な人に優れたカメラを送りたい?それとも一年間頑張った自分へのご褒美としてプレミアムカメラを手に入れたい?どちらの気分でも本日ご購入するのがとってもお得!なぜなら本日は自動露出コンパクト中判カメラ Lomo LC-A 120が20% OFFで手に入ります!その他にもロモグラフィーのプレミアムカメラが20% OFFになるので、対象カメラをこの記事で確認しましょう。