Lomography Experimental Lensと110フィルムで撮る

ウィーンのロモグラフィー本社の仲間が、Lomography Experimental Lensを使ってフィルムで撮影するという思いもかけない方法をやってのけました!どうやっておこなったのか、記事で詳細をお読みください。

これを考え出したのはインターン記者のMichael Emhofer。もちろん彼は撮影が実行できる前に何度か改良を重ねています。
どうやって Lomography Experimental Lens と110フィルムカートリッジで撮影したのか、手順をご説明しましょう。

必要なもの:

  • 遮光テープ
  • 黒い紙、もっといいのは120フィルムの背面紙
  • Lomography Experimental Lens Kitのレンズ
  • 110フィルムカートリッジ
  • ねじ回し
  • 鋭いナイフ

方法:

1. まず、ナイフを手にして、カートリッジのサイドにある小さな部品を切り取ります。
カットする部品は下の写真左側にある巻上げギアの位置にあります。これで、後で撮影する時にフィルムを巻きあげることができるようになります。

2. 次に、紙を使い、フィルムを隅々まで覆うようにカットします。(必ず、背面の小さなフィルム確認窓は見えるように残しましょう。フレームのカウントが見えます。)

3. カートリッジの上に紙をテープで留めます。フロント側はあけたままにしておいてください。

4. レンズの出番です。レンズにはマイクロフォーサーズレンズマウントにホールドする3つのネジがあります。この3つのネジを外して、レンズマウントを取り外します。部品は、またデジタルカメラで使う時の為に、また取り付けられるよう無くさないようにしてください。

5. 先程準備したカートリッジにレンズを取り付けます。必ずレンズのプラスチックがカートリッジのプラスチック部分に直接ぶつかるようにして、レンズとフィルムの距離を最短にしてください。

6. これで大体完成です!光が漏れている箇所がないかチェックしてください。(あなたの腕にもよりますが、この新カメラは幾分か光漏れが必ずあります)そして、シャッターを閉じます。一度シャッターを閉じれば、普通にシャッターを動作させることができるようになります。

7. シャッターが閉じた後、フィルムの番号が「1」と見えるまで巻上げます。写真を撮って、ギアを使い次のフレームに巻上げます。ギアはステップ1でむき出した箇所です。このカメラは、マクロカメラとしてだけ使用することができます。最短撮影距離にレンズをセットすると、レンズの手前約3~5cmにピントが合います。

8.フィルムが全て撮影出来たら、フレームカウンターに「XXXXX」と見えるまで巻上げます。それから(やさしく)テープを外し、フィルムを現像に出しましょう。

さて、撮影した結果がどうなったかって?こちらがそのサンプル写真です:

私達はこのレンズがマイクロフォーサーズカメラだけのものだと思っていました。…でも今は?さあ、実験(experiment) しよう!

Lomography Experimental Lens Kitの購入ページへ

2013-12-05 #gear #テクニック #lomography-experimental-lens-kit #micro-4-3 jillytanrad の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    2016-04-22 #gear #ニュース shhquiet の記事
    Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    そよぐヤシの木、きらめく波、やすらぐフラの音色。南国ハワイのなごやかな雰囲気を身にまとった爽やかな一台が、大人気Lomo’Instantシリーズに新登場!GWのお出掛けや近所へピクニックに行かれる際、ぜひホノルルを連れて行ってください。そして撮った写真をその場でチェックしてみんなでシェアしましょう;)

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #ロケーション #テクニック hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • コンサート写真のコツ: 低感度・中感度フィルムで撮る

    2015-08-12 #gear #テクニック sirio174 の記事
    コンサート写真のコツ: 低感度・中感度フィルムで撮る

    この記事で、僕がどうやって暗い場所でISO感度の低いフィルムを入れたカメラでシャープな写真を撮っているのか教えるよ。

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • 暗い場所での撮影のための5つのフィルム

    2015-12-01 #gear #テクニック lomographymagazine の記事
    暗い場所での撮影のための5つのフィルム

    みなさんご存知のとおり、光量の少ない場所で撮影する際はブレないようにしっかりとグリップして保つ必要があります。三脚などのツールを使うのも方法としてありますが、勿論暗い場所での撮影に適したフィルムを使うことがとても重要です。この記事では光量の少ない場所での撮影にぴったりなフィルムを5つリストアップしてみました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #world #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #ライフスタイル #ロケーション lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    2015-05-14 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    東京の学芸大学駅のmonogramはカメラやカメラグッズの販売の他に、現像サービスやギャラリーを展開しており、写真好きにとってはたまらない空間となっています。そんなmonogramの店長である東尚代さんにLomo LC-A 120を試していただきました!普段からフィルムに慣れ親しんでいてロモグラフィーの商品も使い慣れている東さんは、一体どのようなスクエアショットをLC-A 120で写したのでしょうか?

  • まるでおとぎ話!LomoChrome Purple 35mmフィルムで撮影された魅惑的な景色

    2015-11-11 #gear #ライフスタイル lomography の記事
    まるでおとぎ話!LomoChrome Purple 35mmフィルムで撮影された魅惑的な景色

    LomoChrome Purpleフィルムの色の変化は、まるで夢の中にいるかのようなシュールな雰囲気を生み出します。特別なフィルターや設定は必要なし。普通のカラーネガと同じ要領で撮影して、おとぎ話のようにラブリーな景色を写し出しましょう!

  • 2016年1月のトレンド写真

    2016-02-06 #world #ニュース lomography の記事
    2016年1月のトレンド写真

    わざわざ寒い思いをして出かけなくても、暖かくて快適な家でフィルム越しに絶景を楽しめます。先月コミュニティーでトレンドとなった写真はフォギーな冬の風景や建築物の写真などが目立ちました。冬を感じる写真をこちらの記事でお楽しみください!