Lomography Experimental Lensと110フィルムで撮る

2013-12-05

ウィーンのロモグラフィー本社の仲間が、Lomography Experimental Lensを使ってフィルムで撮影するという思いもかけない方法をやってのけました!どうやっておこなったのか、記事で詳細をお読みください。

これを考え出したのはインターン記者のMichael Emhofer。もちろん彼は撮影が実行できる前に何度か改良を重ねています。
どうやって Lomography Experimental Lens と110フィルムカートリッジで撮影したのか、手順をご説明しましょう。

必要なもの:

  • 遮光テープ
  • 黒い紙、もっといいのは120フィルムの背面紙
  • Lomography Experimental Lens Kitのレンズ
  • 110フィルムカートリッジ
  • ねじ回し
  • 鋭いナイフ

方法:

1. まず、ナイフを手にして、カートリッジのサイドにある小さな部品を切り取ります。
カットする部品は下の写真左側にある巻上げギアの位置にあります。これで、後で撮影する時にフィルムを巻きあげることができるようになります。

2. 次に、紙を使い、フィルムを隅々まで覆うようにカットします。(必ず、背面の小さなフィルム確認窓は見えるように残しましょう。フレームのカウントが見えます。)

3. カートリッジの上に紙をテープで留めます。フロント側はあけたままにしておいてください。

4. レンズの出番です。レンズにはマイクロフォーサーズレンズマウントにホールドする3つのネジがあります。この3つのネジを外して、レンズマウントを取り外します。部品は、またデジタルカメラで使う時の為に、また取り付けられるよう無くさないようにしてください。

5. 先程準備したカートリッジにレンズを取り付けます。必ずレンズのプラスチックがカートリッジのプラスチック部分に直接ぶつかるようにして、レンズとフィルムの距離を最短にしてください。

6. これで大体完成です!光が漏れている箇所がないかチェックしてください。(あなたの腕にもよりますが、この新カメラは幾分か光漏れが必ずあります)そして、シャッターを閉じます。一度シャッターを閉じれば、普通にシャッターを動作させることができるようになります。

7. シャッターが閉じた後、フィルムの番号が「1」と見えるまで巻上げます。写真を撮って、ギアを使い次のフレームに巻上げます。ギアはステップ1でむき出した箇所です。このカメラは、マクロカメラとしてだけ使用することができます。最短撮影距離にレンズをセットすると、レンズの手前約3~5cmにピントが合います。

8.フィルムが全て撮影出来たら、フレームカウンターに「XXXXX」と見えるまで巻上げます。それから(やさしく)テープを外し、フィルムを現像に出しましょう。

さて、撮影した結果がどうなったかって?こちらがそのサンプル写真です:

私達はこのレンズがマイクロフォーサーズカメラだけのものだと思っていました。…でも今は?さあ、実験(experiment) しよう!

Lomography Experimental Lens Kitの購入ページへ

2013-12-05 #gear #tutorials #lomography-experimental-lens-kit #tipster #micro-4-3 jillytanrad の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • [LomoAmigo] SuperSampler: moron_non

    2016-08-10 ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] SuperSampler: moron_non

    Instagramで話題の人気フォトグラファー、moron_nonさん。爽やかでフレッシュな作風、さらにはフィルムで撮影されている写真を拝見し、お声掛けしたところ…なんとまだ現役の大学生!今回は「4連写カメラ・SuperSamplerを使ってみたい!」と嬉しいリクエストを頂きましたので、夏の日差しをたっぷり写した写真を撮影して頂きました。

    2016-08-10
  • ピギーポイントってなあに?

    2016-07-01 #ニュース ciaoannacotta の記事
    ピギーポイントってなあに?

    ロモホームに加入した時や、ニュースレターを読んでいるとよく見かける「ピギー」という言葉。ピギーって…ブタのこと?ピギーは確かにブタのことを指しますが、ロモグラフィーのピギーはお買い物ポイントのことを指します!ピギーをゲットする方法は様々。ピギーをゲットしてお得なロモライフをお送りください!

    2016-07-01
  • Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    2016-04-22 #ニュース #gear shhquiet の記事
    Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    そよぐヤシの木、きらめく波、やすらぐフラの音色。南国ハワイのなごやかな雰囲気を身にまとった爽やかな一台が、大人気Lomo’Instantシリーズに新登場!GWのお出掛けや近所へピクニックに行かれる際、ぜひホノルルを連れて行ってください。そして撮った写真をその場でチェックしてみんなでシェアしましょう;)

    2016-04-22
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 山本春花

    2016-05-09 #ニュース #people ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 山本春花

    撮影した時の一瞬一瞬の儚さが色濃く残るフィルムに魅了され、フィルムカメラで撮影した女性のポートレイトシリーズ「乙女グラフィー」を発信しているフォトグラファーの山本春花さん。そんな彼女からDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensを使って撮影されたシルキーな写真が多く届きました。都会に漂う空気をやわらかく受け止めた写真をインタビューと共にお楽しみください。

    2016-05-09
  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2016-02-23 2
  • 【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016-08-22 lomographyplus の記事
    【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016年8月11日(山の日)に行われた『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』はLomography製のフィルムから他社製品のフィルムを気軽に体験できるという夏の光を写すにはピッタリのイベントでした。今日はそのイベント模様をレポート!夏らしさ溢れるスペシャルな写真の数々は必見です!!また参加者みなさまのギャラリーと共に、使用フィルムの特長や撮影時のテクニックについてもご紹介も致しますので、どうぞごゆっくりご堪能下さいませ。

    2016-08-22
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 暗い場所での撮影のための5つのフィルム

    2015-12-01 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    暗い場所での撮影のための5つのフィルム

    みなさんご存知のとおり、光量の少ない場所で撮影する際はブレないようにしっかりとグリップして保つ必要があります。三脚などのツールを使うのも方法としてありますが、勿論暗い場所での撮影に適したフィルムを使うことがとても重要です。この記事では光量の少ない場所での撮影にぴったりなフィルムを5つリストアップしてみました。

    2015-12-01
  • 魅惑のハンドメイドフィルム:Revolog 創業者へのインタビュー

    2016-07-23 #people bgaluppo の記事
    魅惑のハンドメイドフィルム:Revolog 創業者へのインタビュー

    学校の卒業制作で取り組んだ「特殊効果フィルムを作る」というプロジェクトが、国際的なビジネスへと成長することを誰が想像していたでしょうか。Revologの創業者であるハンナ・プリビッツァーとミカエル・クレブスはまさにそれを体現した二人です。ウィーンを拠点にアナログ写真に情熱を注ぐフォトグラファーである二人が創業したフィルム会社、Revolog。ここまでの道のりを伺ってみました。

    2016-07-23
  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

    2016-03-01
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • [LomoAmigo]Petzval 85 Art Lens: Yusaku Aoki

    2016-06-17 ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo]Petzval 85 Art Lens: Yusaku Aoki

    Yusaku Aoki さんは川の流れに身を任せるように、各国で撮影をされているフォトグラファーです。ポートレイトを主に撮影されているので、今回はLomography New Petzval 85 Art Lensで撮影して頂きました。インタビューへの軽やかな返答と濃厚な写真、そのコントラストをお楽しみ下さい。

    2016-06-17
  • まるでおとぎ話!LomoChrome Purple 35mmフィルムで撮影された魅惑的な景色

    2015-11-11 #gear lomography の記事
    まるでおとぎ話!LomoChrome Purple 35mmフィルムで撮影された魅惑的な景色

    LomoChrome Purpleフィルムの色の変化は、まるで夢の中にいるかのようなシュールな雰囲気を生み出します。特別なフィルターや設定は必要なし。普通のカラーネガと同じ要領で撮影して、おとぎ話のようにラブリーな景色を写し出しましょう!

    2015-11-11
  • 2016年1月のトレンド写真

    2016-02-06 #ニュース lomography の記事
    2016年1月のトレンド写真

    わざわざ寒い思いをして出かけなくても、暖かくて快適な家でフィルム越しに絶景を楽しめます。先月コミュニティーでトレンドとなった写真はフォギーな冬の風景や建築物の写真などが目立ちました。冬を感じる写真をこちらの記事でお楽しみください!

    2016-02-06