Lomography Experimental Lensと110フィルムで撮る

2013-12-05

ウィーンのロモグラフィー本社の仲間が、Lomography Experimental Lensを使ってフィルムで撮影するという思いもかけない方法をやってのけました!どうやっておこなったのか、記事で詳細をお読みください。

これを考え出したのはインターン記者のMichael Emhofer。もちろん彼は撮影が実行できる前に何度か改良を重ねています。
どうやって Lomography Experimental Lens と110フィルムカートリッジで撮影したのか、手順をご説明しましょう。

必要なもの:

  • 遮光テープ
  • 黒い紙、もっといいのは120フィルムの背面紙
  • Lomography Experimental Lens Kitのレンズ
  • 110フィルムカートリッジ
  • ねじ回し
  • 鋭いナイフ

方法:

1. まず、ナイフを手にして、カートリッジのサイドにある小さな部品を切り取ります。
カットする部品は下の写真左側にある巻上げギアの位置にあります。これで、後で撮影する時にフィルムを巻きあげることができるようになります。

2. 次に、紙を使い、フィルムを隅々まで覆うようにカットします。(必ず、背面の小さなフィルム確認窓は見えるように残しましょう。フレームのカウントが見えます。)

3. カートリッジの上に紙をテープで留めます。フロント側はあけたままにしておいてください。

4. レンズの出番です。レンズにはマイクロフォーサーズレンズマウントにホールドする3つのネジがあります。この3つのネジを外して、レンズマウントを取り外します。部品は、またデジタルカメラで使う時の為に、また取り付けられるよう無くさないようにしてください。

5. 先程準備したカートリッジにレンズを取り付けます。必ずレンズのプラスチックがカートリッジのプラスチック部分に直接ぶつかるようにして、レンズとフィルムの距離を最短にしてください。

6. これで大体完成です!光が漏れている箇所がないかチェックしてください。(あなたの腕にもよりますが、この新カメラは幾分か光漏れが必ずあります)そして、シャッターを閉じます。一度シャッターを閉じれば、普通にシャッターを動作させることができるようになります。

7. シャッターが閉じた後、フィルムの番号が「1」と見えるまで巻上げます。写真を撮って、ギアを使い次のフレームに巻上げます。ギアはステップ1でむき出した箇所です。このカメラは、マクロカメラとしてだけ使用することができます。最短撮影距離にレンズをセットすると、レンズの手前約3~5cmにピントが合います。

8.フィルムが全て撮影出来たら、フレームカウンターに「XXXXX」と見えるまで巻上げます。それから(やさしく)テープを外し、フィルムを現像に出しましょう。

さて、撮影した結果がどうなったかって?こちらがそのサンプル写真です:

私達はこのレンズがマイクロフォーサーズカメラだけのものだと思っていました。…でも今は?さあ、実験(experiment) しよう!

Lomography Experimental Lens Kitの購入ページへ

2013-12-05 #gear #tutorials #tipster #lomography-experimental-lens-kit #micro-4-3 jillytanrad の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    2017-05-30 choko3 の記事
    ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    カラフルでキュート、そしてファッショナブルなイラストを描く Foxco212 さん。今回はなんと Lomo’Instant Automat Bora Bora や、撮影した写真にも素敵なイラストを描いてくれました!イラストを描くようになったきっかけから、今ではもう相棒のようになったと語る Lomo’Instant Automatの感想まで、様々なことをお聞きしました。なんと最後には読者プレゼントも!

  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    2017-07-29 #people refallinsasaki の記事
    イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    8/5 (土)、8/6 (日) の真夏のデザインフェスタに出展予定のイラストレーター Banbu さん。今回はなんとロモグラフィーの Lomo'Instant Automat や撮影した写真にステキなイラストを描いていただきました!インタビューではイラストを描き始めたきっかけや、初めてのフィルムカメラ Simple Use Film Camera との出会いまで、さまざまなことを聞いてみました。豪華な読者プレゼントもあるので最後までお見逃しなく!

    2017-07-29
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016-08-22 lomographyplus の記事
    【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016年8月11日(山の日)に行われた『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』はLomography製のフィルムから他社製品のフィルムを気軽に体験できるという夏の光を写すにはピッタリのイベントでした。今日はそのイベント模様をレポート!夏らしさ溢れるスペシャルな写真の数々は必見です!!また参加者みなさまのギャラリーと共に、使用フィルムの特長や撮影時のテクニックについてもご紹介も致しますので、どうぞごゆっくりご堪能下さいませ。

    2016-08-22
  • 2016年9月のトレンドアルバム

    2016-09-30 #ニュース Lomography の記事
    2016年9月のトレンドアルバム

    イベントや撮影場所でアルバムを管理する人は多いですが、なかにはフィルムや撮影方法で分類したがる人や、ベストショットだけを集めたアルバムを作る人もいます。 今回は2016年9月の投稿のなかでベストに選ばれたアルバムたちから、写真を通して自分の想いを表現するヒントをもらいましょう!

    2016-09-30
  • 【数量限定】Lomography Color Negative F²/400 が新登場!

    2017-02-23 #gear #ニュース Lomography の記事
    【数量限定】Lomography Color Negative F²/400 が新登場!

    F²/400フィルムは今までにないブルートーンの美しい鮮やかな発色を楽しめる個性的なカラーネガフィルムです。きめ細やかな粒子は、幅広い色合いを写し出し、現在市場で販売されているフィルムとは一味も二味も違います!X-Pro(リバーサルフィルム)を感じさせる、その特徴的な色はきっとアナログカメラ好きを魅了するでしょう。数量限定、なくなり次第販売終了なので入手はお早めに。

    2017-02-23
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ミステリープロダクト「ヒントその3」:その場で

    2016-08-30 #gear #ニュース Lomography の記事
    ミステリープロダクト「ヒントその3」:その場で

    ヒント1とヒント2を読んでも、まだまだぼんやりとしかイメージが出来ないあなたへ「ヒントその3」をお届け!

    2016-08-30
  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

    2017-07-14
  • やわらかなブルー:Pak Ning × Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    2017-01-13 #people phyllistc の記事
    やわらかなブルー:Pak Ning × Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    Pak Ningは香港を拠点とするポートレート写真家です。今回、彼はDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensを使い、異なるジェスチャーによって表現されるやわらかな青の波をテーマに撮影してくれました。

    2017-01-13
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • アナログカメラで写す超現実的な世界

    2016-11-22 #culture #tutorials lomographymagazine の記事
    アナログカメラで写す超現実的な世界

    誰だってアナログカメラで自分だけのユニークな写真を撮る方法を常に追い求めているはず。今回はロモグラフィーのコミュニティーに投稿された写真から、フィルムで幻想的な世界を映し出す方法を学んでみましょう!

  • ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 待ってるだけじゃ何も始まらないぜ

    2016-09-12 #gear #tutorials Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 待ってるだけじゃ何も始まらないぜ

    Lomo’Instant Automatが手元に届くのが待ちきれない?!ピンポーンと届くまでの間に撮り方をマスターして、箱を開いた瞬間からすぐにクリエイティブな写真が撮れるようにしておきましょう!今日のテーマは「待ってるだけじゃ何も始まらないぜ」

    2016-09-12