Lomography Experimental Lensと110フィルムで撮る

ウィーンのロモグラフィー本社の仲間が、Lomography Experimental Lensを使ってフィルムで撮影するという思いもかけない方法をやってのけました!どうやっておこなったのか、記事で詳細をお読みください。

これを考え出したのはインターン記者のMichael Emhofer。もちろん彼は撮影が実行できる前に何度か改良を重ねています。
どうやって Lomography Experimental Lens と110フィルムカートリッジで撮影したのか、手順をご説明しましょう。

必要なもの:

  • 遮光テープ
  • 黒い紙、もっといいのは120フィルムの背面紙
  • Lomography Experimental Lens Kitのレンズ
  • 110フィルムカートリッジ
  • ねじ回し
  • 鋭いナイフ

方法:

1. まず、ナイフを手にして、カートリッジのサイドにある小さな部品を切り取ります。
カットする部品は下の写真左側にある巻上げギアの位置にあります。これで、後で撮影する時にフィルムを巻きあげることができるようになります。

2. 次に、紙を使い、フィルムを隅々まで覆うようにカットします。(必ず、背面の小さなフィルム確認窓は見えるように残しましょう。フレームのカウントが見えます。)

3. カートリッジの上に紙をテープで留めます。フロント側はあけたままにしておいてください。

4. レンズの出番です。レンズにはマイクロフォーサーズレンズマウントにホールドする3つのネジがあります。この3つのネジを外して、レンズマウントを取り外します。部品は、またデジタルカメラで使う時の為に、また取り付けられるよう無くさないようにしてください。

5. 先程準備したカートリッジにレンズを取り付けます。必ずレンズのプラスチックがカートリッジのプラスチック部分に直接ぶつかるようにして、レンズとフィルムの距離を最短にしてください。

6. これで大体完成です!光が漏れている箇所がないかチェックしてください。(あなたの腕にもよりますが、この新カメラは幾分か光漏れが必ずあります)そして、シャッターを閉じます。一度シャッターを閉じれば、普通にシャッターを動作させることができるようになります。

7. シャッターが閉じた後、フィルムの番号が「1」と見えるまで巻上げます。写真を撮って、ギアを使い次のフレームに巻上げます。ギアはステップ1でむき出した箇所です。このカメラは、マクロカメラとしてだけ使用することができます。最短撮影距離にレンズをセットすると、レンズの手前約3~5cmにピントが合います。

8.フィルムが全て撮影出来たら、フレームカウンターに「XXXXX」と見えるまで巻上げます。それから(やさしく)テープを外し、フィルムを現像に出しましょう。

さて、撮影した結果がどうなったかって?こちらがそのサンプル写真です:

私達はこのレンズがマイクロフォーサーズカメラだけのものだと思っていました。…でも今は?さあ、実験(experiment) しよう!

Lomography Experimental Lens Kitの購入ページへ

2013-12-05 #gear #tutorials #tipster #lomography-experimental-lens-kit #micro-4-3 jillytanrad の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    2017-05-30 choko3 の記事
    ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    カラフルでキュート、そしてファッショナブルなイラストを描く Foxco212 さん。今回はなんと Lomo’Instant Automat Bora Bora や、撮影した写真にも素敵なイラストを描いてくれました!イラストを描くようになったきっかけから、今ではもう相棒のようになったと語る Lomo’Instant Automatの感想まで、様々なことをお聞きしました。なんと最後には読者プレゼントも!

  • イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    2017-07-29 #people refallinsasaki の記事
    イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    8/5 (土)、8/6 (日) の真夏のデザインフェスタに出展予定のイラストレーター Banbu さん。今回はなんとロモグラフィーの Lomo'Instant Automat や撮影した写真にステキなイラストを描いていただきました!インタビューではイラストを描き始めたきっかけや、初めてのフィルムカメラ Simple Use Film Camera との出会いまで、さまざまなことを聞いてみました。豪華な読者プレゼントもあるので最後までお見逃しなく!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • Neptune Convertible Art Lens Systemでいつもとは違う視点から撮影してみよう!

    2017-06-04
    Neptune Convertible Art Lens Systemでいつもとは違う視点から撮影してみよう!

    無限の可能性に挑戦できるNeptune Convertible Art Lens Systemを活用して、建物のラインや模様を生かしたイメージを撮影してみませんか?きっとこれまで観たことのないような世界に出逢えるはずですよ!

  • 【大発表!】通常購入より絶対お得!Neptune Lensの全リターンの割引率を公開

    2017-05-30 trifivy の記事
    【大発表!】通常購入より絶対お得!Neptune Lensの全リターンの割引率を公開

    おかげさまでもうすぐ500万円に届きそうな勢いで支援を集めている Neptune Convertible Art Lens System。気になるけど、通常販売まで待とうかな…と考えているあなた!今日はなんと特別に、Neptune Lensをいま支援すると通常購入と比較してどれだけお得なのか、大発表します!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017-11-20 #culture #ニュース #places choko3 の記事
    《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017年11月に25周年を迎えるロモグラフィー(Lomography)。25周年を盛大にお祝いするべく、なんとロモグラフィー発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップワークショップを12/2(土)に開催!ウィーンで撮影されたフィルムの上に、東京で撮影されたショットが重なる奇跡のフィルム…!仕上がりはそれぞれの国で展示予定。この記念すべき年にふさわしいワークショップにあなたも参加してみませんか?

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!