Petzvalのパイオニア:Geoffrey Berlinerとのインタビュー

Geoffrey BerlinerはPenumbra Foundation and Center for Alternative Photography in New York Cityでエグゼクティブ・ディレクターをしている。2000個を超えるヴィンテージPetzval Lensという驚異的なコレクションを所有しており、彼に、Petzval Lensのことと、なぜこのレンズが、彼にとってそこまで意義のあることなのかを聞いたのは、とても光栄に思えた。さぁ、本物のPetzvalパイオニアとのインタビューをお楽しみください!

A Portrait of Geoffrey Berliner shot with the Lomography x Zenit New Petzval Lens – © Coco Alexander

Petzval フォトグラフィーとの最初の出会いは何でしたか?

私が最初のPetzval Portrait Lensである、C.C. Harrisonを購入したのは1990年台後半のフリーマーケットでした。その時は、私はデジタルフォトグラフィーの限界に腹を立てていて、大判フィルムフォトグラフィーを模索しているところでした。昔のオプティクスを使うのはロマンティックに感じられたし、この古いレンズが現在のフィルムでどんな仕上がりを見せてくれるのか、興味を持ちました。一風変わったオプティクスの質、特に焦点が外れた辺りには、とても驚かされました。焦点を外れた辺りは、日本語の「ボケ」として知られています。全てのレンズがこのボケを持っているが、レンズごとに異なっていて、光学的デザインとどのように使われるか、特に絞りが広く撮影された時に、影響を受けます。Petzvalについて一番初めに気付いたことは、ボケが奇妙で渦が巻いたように見えたのです。それにより、このレンズの質についてより興味がそそられました。この頃の実験の影響でで、Petzvalの特徴について調べ、19世紀のフォトグラフィーオプティクスと写真の歴史について学び始めました。

その頃友人が、ニューヨークシティにある 'Center for Alternative Photography' を紹介してくれました。私はそこで初めて湿板法ワークショップで鉄板写真を撮影しました。クラスでは、全てのカメラにPetzval Portrait Lensが装着されていたので、この昔のオプティクスは設計された通りのものに付けられていたことになります。仕上がりの良さに驚かされ、
勉強を続けることにしました。そして、この情熱を共有しようという思いに駆り立てられました。程なくして、私は昔の他のプロセスについても学び始めました。このプロセスに対する情熱から、この興味をもっと共有したいという衝動に駆られたため、Center for Alternative Photographyで行政的に関わることになり、現在ではディレクターという立場になるに至りました。

Photo 1: A small number of Geoffrey Berliner’s Petzval Lenses. Photo 2: The Lomography x Zenit New Petzval Lens – © Coco Alexander

なぜPetzvalフォトグラフィーをそこまで楽しめるのですか?

ヴィンテージも現在のものも含めて、私が撮影した全てのレンズの中でも、Petzvalはお気に入りの一つに入ります。Petzvalは用途が広く複雑なレンズで、二つの目的のために作られました。一つは、露光時間をより短くすること。もう一つは、よりシャープなイメージにするためです。その頃の人気のカメラレンズのChevalier Achromatは遅く、絞り込みでしかシャープなイメージになりませんでした。Josef Petzvalはそれと比べて、より速くよりシャープな仕上がりにすることに成功しました。Petzvalは早く、とてもシャープで、基準的には現代のものにも引けを取りませんが、フォーミュラが不完全なのとオプティクスの収差が、完璧から遠ざけていました。そのため、19世紀には限られた方法でしか使われませんでした。光学エンジニアが収差を設計しており、現在のレンズと同じように動くため、現代のフォトグラファーの中でも変わった見え方のするレンズを探す人もでてきて、昔の珍しいレンズに注目が集まるようになりました。始めに注目の集まったレンズの一つがPetzvalでした。なぜなら、その収差がアートや表現的な写真にとって、理想的な物だったからです。それに、現代のフォトグラファーでも、19世紀の手法、特に銀板写真や鉄板写真と言った手法を用いていて、本物の設備を使いたがっている人にも人気がありました。

Petzval Lensはとても多様的で複雑なため、様々な使い道に応用することができます。Petzval Portrait lensの最も注目すべき特徴は、その曲がった視野です。これはレクティリニアと呼ばれるもので、イメージがフィルムに対して平らに映し出されません。中心部が最も平らでシャープな領域になります。そして、外側に行くにつれて、だんだんと焦点から外れていきます。この曲がった視野が、葉っぱの間から光が射している木など、まだらな背景を特定の方法で撮影した時に、渦巻いたボケを生み出すのです。19世紀には中心のシャープな部分のみが好まれ、より多くカバーするPetzvalはより小さいフォーマットに使われていました。例えば、8×10を簡単にカバーできるPetzvalは 、6 ½×8 ½か5×7のプレートに使われていました。Petzvalはとても速いレンズでした(最大f3.8の口径があります)。このスピードは、特に絞り込んだポートレイトで、浅い被写界深度をもたらします。そしてこの浅い被写界深度が、いわゆるビネッティングを生み出します。これは、目がシャープで、鼻や耳が焦点から外れていてソフトに見えるような、ポートレイトに見られます。注目すべきは、ビネッティングや曲がった視野に加えて、Petzvalは 広く開けて撮影した時の浅い被写界深度の、狭い範囲の中でも、中心はとてもシャープに写ります。このレンズは絞り込んで、視野が広くなるにつれで、よりシャープになります。Petzvalでは、後部にあるすきまの空いた二つのエレメントの配列を変えることで、さらなる実験を行うことができます。この方法により、多くの変わったエフェクトを使うことができます。もう一つの応用は、Achromat と呼ばれる、レンズの前側のグループのみを使う方法です。元々のChevalier Achromaticレンズと似たようなデザインになります。この前側のグループ広く空けることでソフトになり、絞り込んでいくことで、段々とシャープなイメージになっていきます。
このレンズは、19世紀後半から20世紀前半にかけてあった、ピクトリアリスム運動における、ソフトフォーカスレンズの基礎となりました。このレンズは、Alfred Stieglitzが使用したPinkham & Smith Semi-Achromatic and Syntheticや、Edward Watsonが使用したSpencer-Portland 等の著名なレンズの開発に大きく影響を及ぼしました。ご覧の通り、Petzval はとても多用的で、様々な応用を聞かせることができます。Joseph Petzval は、ここまで想像していたのでしょうか?

Petzvalのフォーミュラは動画が開発された時に蘇りました。この新しい業界で使われた初めてのレンズのいくつかは、Petzvalを改良したものでした。そのレンズは映画用のカメラとプロジェクターの両方に使われました。その後、そう言った映画用のPetzvalは現代のデジタルカメラ、とりわけ、マイクロ4/3フォーマットカメラにマウントされていきました。新しいロモグラフィーのPetzvalは、フルフレームデジタルチップと35mmアナログフィルムカメラに対応していて、伝説のPetzvalデザインに名を残そうとしています。

A Portrait of Geoffrey Berliner shot with the Lomography x Zenit New Petzval Lens – © Coco Alexander

一般的に、昔のレンズで撮影することの何が特別なのですか?

ヴィンテージのレンズを使って撮影することから得られることはとても多いです。フォトグラファーたちは、現代のレンズで使われるシャープさ、コントラスト、彩度等といった標準的なことから離れて考えなければなりません。ヴィンテージレンズは不完全であり、こういった道を進んで進もうとする人にとっては、素晴らしく、価値のあるものだと思います。Petzval Lensは今までに造り出された中で、最もユニークで面白い光学的デザインのレンズの一つです。

もしあなたがLomography x Zenit New Petzval lensを手に入れたいと思っているのなら、公式オンラインショップより ご予約頂けます !レンズについてのより詳しい情報は、Petzval マイクロサイト へどうぞ。

Geoffrey BerlinerはPenumbra Foundation and the Center of Alternative Photography in New York Cityのエグゼクティブ・ディレクター。Penumbra Foundation、 www.penumbrafoundation.org, は写真技術と教育を支援する非営利団体。団体のゴールの一つは、変化の速いデジタル世界での、感光乳剤と昔の写真手法の関係の保護。The Center for alternative Photographyはその中で、教育を担当している。

2013-01-02 #ニュース #interview #petzval #geoffrey-berliner tomas_bates の記事
翻訳 54070

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    2017-11-03 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    ロサンゼルス在住のフォトグラファー Rimi Sakamoto さんが、 Petzval 85 Art Lensを持って早朝の東京散歩へ出かけました。ナチュラルなぐるぐるボケの質感と、午前中の澄み渡る空気感が伝わってくるようなポートレートをインタビューとともにお楽しみください。

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    2017-08-22 #ニュース ellakoppensteiner の記事
    《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    アナログを愛する皆さま、こんにちは!私たちロモグラフィーは現在、新しいプロダクトを開発中。まだ詳しくはお伝えできませんが、早く言いたくてウズウズしています。どんなプロダクトか気になりますよね?答えの発表まで、ちょっとだけヒントをお届けします!

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • Petzval 58 Bokeh Controlと冬の街へ:あしだち なお

    2018-01-12 refallinsasaki の記事
    Petzval 58 Bokeh Controlと冬の街へ:あしだち なお

    今回で Lomography Magazineには2回目の登場となる写真家の あしだち なお さん。 今回はロモグラフィーの Petzval 58 Bokeh Control Art Lensを片手に北千住・南千住の街を散策。どこか懐かしい街並みと、ぐるぐるボケが美しいポートレートをお楽しみください!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • 《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017-11-20 #culture #ニュース #places choko3 の記事
    《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017年11月に25周年を迎えるロモグラフィー(Lomography)。25周年を盛大にお祝いするべく、なんとロモグラフィー発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップワークショップを12/2(土)に開催!ウィーンで撮影されたフィルムの上に、東京で撮影されたショットが重なる奇跡のフィルム…!仕上がりはそれぞれの国で展示予定。この記念すべき年にふさわしいワークショップにあなたも参加してみませんか?

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    2017-08-26 refallinsasaki の記事
    【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第二弾は京都市左京区正往寺町にある Photolabo hibiさん!普段からロモのフィルムやカメラを使っているお店の方に、個人的にイチオシのカメラや今後お店でやってみたいイベントについてお話していただきました。お近くにお住いの方は必見です!

  • イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    2017-07-29 #people refallinsasaki の記事
    イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    8/5 (土)、8/6 (日) の真夏のデザインフェスタに出展予定のイラストレーター Banbu さん。今回はなんとロモグラフィーの Lomo'Instant Automat や撮影した写真にステキなイラストを描いていただきました!インタビューではイラストを描き始めたきっかけや、初めてのフィルムカメラ Simple Use Film Camera との出会いまで、さまざまなことを聞いてみました。豪華な読者プレゼントもあるので最後までお見逃しなく!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!