Konstruktor――プラスチックレンズへの愛

最高のものがプラスチックのレンズと一緒に来たの。

実は、わたしのKonstruktorが来たのは何ヶ月か前なの。2013年6月19日に、うちの玄関前の階段に届いて、その日に組み立てちゃったのよ。

わたし、前からDIYのものが大好きなの。たとえたった数分でも、なにか集中できるものがあるから。こういう感じのものをやると、落ち着くと同時に、次はなんだろう?ってつい考えちゃうのよね。
玄関前の階段に、1つの商品にお気に入りのものが2つも入った箱が届いたって想像してみて。もう有頂天になっちゃうわよね?
クリスマスの日に、ツリーの周りのプレゼントに自分を抑えきれない子どもの気分だったわ。

最初のフィルムではちょっと失敗しちゃったんだけど。でもこのカメラに関しては全部学んだから、もうウィルムを無駄にすることはないわ。

Konstruktorは、すべてのロモグラファーの夢の一部だと思うのよね。Konstruktorなら簡単に実験ができるのよ。改良して、自分好みにできるの。粒子も細かくて、ピントもしっかり合っている写真が撮れるわ。一眼レフのビューファインダーがついていて、見た目も素晴らしい一眼なの。しかも、素敵な50mmレンズと一緒に来るのよ。

どんなフィルムを入れても、すごく気に入ると思うわ。何かしらの特徴が写真に出るの。誰もが気に入ると思うわ。だってわたしたちはロモグラファーだもの。

35mmフィルムを使うから、この美しきプラスチックカメラ用のフィルムを探すのは、ロモグラファーならとっても簡単なのよ。

Konstruktor オンラインショップ または Lomography+ でキットを手にして、世界でたった一台のカメラを創りましょう!詳細は マイクロサイト よりご覧いただけます。

2014-01-11 #レビュー #50mm # # # #konstruktor # #diy # # patsnaps の記事
translated by tea-tea

他の記事を読む