Petzval Love & Fun: Obi Blancheによるテストショット

2014-01-15

2013年にlomoamigoでご紹介させていただいたObi Blanche。彼はベルリンのロモグラフィー・ギャラリー・ストアで個展も開催いたしました。クリスマス前にLomography x Zenit Petzvalレンズが私達のお店に届いた際に、Obi Blancheにお貸しし、ベルリンでテスト撮影を行っていただきました。

Name: Obi Blanche
Location: ベルリン
Camera: Nikon D800

こんにちはObi、 Petzvalレンズ での撮影はどうでしたか?

とてもわくわくしたよ!Petzvalレンズで撮影されたサンプル写真とショートフィルムを見て、本当にこのレンズが生み出すボケをとっても気に入っていたんだ。このレンズと一緒に2つの撮影をして、ひとつはこのレンズが引きだすものに対して、何もプレッシャーを感じることなく、とてものほほんとして一日中このレンズを楽しむことができたよ。そしてもうひとつはファションショットに使ったんだけど、もうそっちはたいへんだったよ。長い一日中ずっと集中を切らさないようにして、日が暮れたら暗いところでも撮影対象がしっかりシャープに写るようにピント合わせをしちなくちゃならなかったからね。

このレンズの何が一番好きですか?

ひとことで、『ボケ』だよ。このレンズから生まれる渦巻くようなボケを使いこなせるようになったら最高だね。このレンズはいつも決まってこの渦巻くエフェクトがかかる訳ではないから、このレンズを使い込んで、自分のものにしなくてはね。

どこで撮影をしたのですか?この素敵な場所と撮影した人々について少し教えてください。

この撮影はクリスマス前のちょっとしたアドベンチャーで、友達が住んでいるAntiquariat Weigeltという場所で撮影したんだ。とても素敵なところで、面白い本が山ほどあったよ!

どの写真があなたのお気に入りですか?その理由は?

僕はこのレンズをまだまだもっとこれからも使おうと思うんだ。ちゃんと渦を巻くボケについてもっと知りたいと思うし、その渦まきボケをどんな風に楽しめるのか、もっと追究したいんだ。だからお気に入りはひとつじゃなくて、渦巻きボケがでてるやつ全部だね。

何か Lomography x Zenit Petzvalレンズ を手に入れたばかりの方たちに、便利なコツはないですか?

もし僕がスチームパンク風な服を着ていたって、他の人たちがそれと同じような格好をする必要ないし、Petzvalレンズでも同じことだよ。僕がスチームパンク風に着飾る時に着けているアクセサリーは僕の普通の格好では取り入れられないのと同じ。それに僕は絞りの使い方を間違った方法で使っているんだ。他の人は僕みたいに使うべきじゃないし、僕の方法だとアートすぎる変な写真に出来あがっちゃうよ。他の人は絞り値を上手くつかいこなせるようなちゃんとした技を見に付けるべきだし、ちゃんとしたマスター・オブ・Petzvalになるべきだと思うよ!

ファッションショットを撮影したところはどこですか?

僕達はちょうど将来有望な売り出し中のデザイナーの服を使える機会があって、韓国人の友達のSamとJisuと一緒に撮影したんだ。場所はベルリンだよ。このファッションショットは他にもまだまだたくさん写真があるんだけど、この2枚がPetzvalレンズを使った写真だね。

Photographer: Obi Blanche, re-touch: Sam Lee. Model: Sam Lee. Make up/hair: Jisu Kim. Designers: Michael Sontag, Martin Niklas Wieser, Vladimir Kalareev, Isserev Bahri.

Lomography Petzvalレンズを使うのにもっとも適した用途は何だと思いますか?

このレンズは素晴らしいポートレイトレンズだね。でもそれと同時にボケもどんな風に出るのか、予測できないところがあるんだ。だから僕は急いでシャッターを切る必要の無い、ある程度練習できる環境にいるときに使ってみるのをおすすめするよ。すごくきれいなシャープな写真が撮れるから!でも忘れてはいけないのが、このレンズはオートフォーカスじゃないということ。写真を撮るのに少し時間がかかるし、自分の目を信じてシャッターを切らなきゃいけないね。

これからこのレンズで、どんな人を撮りたいですか?

僕がこのレンズでやりたいのって、すごく実験的な写真を撮ることなんだ。様々なライトや色を使ってね。しいて言うならConnan Mockasinに僕のレンズの前に立ってもらいたいね。それかBaxter Duryか、Mykki Blancoとかも撮ってみたいな。どんなタイプのシーク(崇拝される賢人)でもいいからプロデュースしてみたいんだ。アンディ・ウォーホールが言うように、『良い写真というのは、セレブリティがそれに写っているものだ』ってことだと思うしね。

お答えいただきありがとうございました、Obi!

こちらこそありがとうNatalie、そしてロモグラフィー!これからも良いサービスを期待してるよ!

Obiの作品はこちらをチェック!
彼の写真をもっと見る: tumblr
Obiのミュージックはこちら: Soundcloud , Mixcloud
LomoAmigoでのインタビューはこちら(英語): Lomography magazine

Lomography x Zenit Petzvalレンズは現在 オンラインストア でプレオーダー受付中です。先着順での発送となります。
現在承っているPetzvalレンズのプレオーダー受付は、5月の発送を予定しております。
スケジュール変更に伴い、発送予定が変更する可能性がございますこと予めご了承ください。

2014-01-15 #lifestyle #interview #lens #library #petzval-lens #obi-blanche #petzval #petzval-artist-interview #lomography-x-zenit-petzval-lens #petzval-interview #petzval-test zonderbar の記事
翻訳 ciscoswank

他の記事を読む

  • Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Marta Bevacqua

    2016-03-25 #people Lomography の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Marta Bevacqua

    フランス・パリで活躍するイタリア人フォトグラファーMarta Bevacqua。彼女が今回挑戦したのはNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensでの撮影。ぐるぐるボケの出方を調節できる真鍮製のレンズは、彼女の作品にどういった影響を与えたのでしょうか?インタビューしてお話しを伺いました。

    2016-03-25
  • Edie Sunday: はじめてのDaguerreotype Achromat Art Lens

    2016-11-13 #gear #ニュース #people #places Katherine Phipps の記事
    Edie Sunday: はじめてのDaguerreotype Achromat Art Lens

    Edie Sundayの作品の光、色、柔らかい雰囲気に魅了された私たちは、彼女にDaguerreotype Achromat Art lensを送って撮影をお願いしました。こちらでは彼女から届いた素晴らしい写真たちとともに、インスピレーションの源やこれからレンズを使う人へのアドバイスをご紹介いたします!

    2016-11-13
  • New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensの製造工程をお見せします!

    2016-04-28 #ニュース #gear Julien Matabuena の記事
    New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensの製造工程をお見せします!

    2016年5月8日(日)までプレオーダー受付中のNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lens。もうすぐお楽しみ頂けるこのレンズ、ロシアのZenit社工場にて一本一本ハンドメイドで生産されています。その様子をご覧ください!

    2016-04-28
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

    2016-03-05
  • [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    2017-01-27 #people #ビデオ choko3 の記事
    [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    東京を拠点として活躍する音楽プロデューサー兼フォトグラファーの Kenさん。日々数々のポートレート写真を撮影している彼に、今回はロモグラフィーのPetzval 58 Bokeh Controlで撮影して頂きました!スタイリッシュなポートレートとPetzval 58が生み出すボケのコンビネーションを、作品作りに対する想いを語っていただいたインタビューとともにお楽しみください。

  • Petzval 85 Amigo: Misha Assis

    2016-12-20 #people michellymatias の記事
    Petzval 85 Amigo: Misha Assis

    ブラジルのアーティストであるMisha AssisはロモグラフィーのPetzval 85 Art Lensのエキスパートです。それは彼のロモホームを覗いてみればすぐにわかるでしょう。こちらではMishaにPetzval 85 Art Lensへの想いを熱く語っていただきました!

    2016-12-20
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 山本穂高×畠山健一写真展「季節を彩る肖像たち ~season of the hearts~」

    2016-08-18 #ニュース #people hodachrome の記事
    山本穂高×畠山健一写真展「季節を彩る肖像たち ~season of the hearts~」

    ロモグラファーの山本穂高(hodachrome)さんと畠山健一(kennichi)さん両名による写真展が、今年京都市にオープンしたJabberwock gallery(ジャバウォック・ギャラリー)にて9月上旬より開催いたします!展示のテーマは、フィルムカメラによる「多重露光のポートレート」。京都へお越しの際、またはお近くにお住まいの方はぜひお越しください!

    2016-08-18
  • Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの第一印象: Jimmy Cheng

    2016-12-26 #people #ビデオ lomographysoholondon の記事
    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの第一印象: Jimmy Cheng

    今回ロモグラフィーでは、Petzval 85を所有し、Jupiter +3やRussarでも撮影経験のあるJimmy ChengにDaguerreotype Achromat Art Lensでの撮影を依頼しました。このレンズを使って彼がリッチモンドパークで撮影した写真をインタビューとともにお届けします!

  • Lomography+主催【X'mas直前ロモ・ピクニック!~Lomography Art Lensシリーズ体験会vol.3~】

    2016-11-02 #gear #ニュース lomographyplus の記事
    Lomography+主催【X'mas直前ロモ・ピクニック!~Lomography Art Lensシリーズ体験会vol.3~】

    今回のLomography Art Lensシリーズ体験会は、X'mas直前の2016年11月26日(土)に開催します! 場所は東京駅周辺の、クリスマスムードたっぷりのエリアで撮影します。 見た目も写りも美しいレンズで、とっておきのクリスマスを写し出してみませんか?

    2016-11-02
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 写真家・Gary Chewが抱くPetzval 85の第一印象

    2017-01-31 crissyrobles の記事
    写真家・Gary Chewが抱くPetzval 85の第一印象

    このインタビューでは、Gary Chewが彼の写真家としての目が本物であることを証明してくれました。Petzval85で撮影された美しい作品とともにお楽しみください!

  • LomoAmigo: Ömer Serkan Bakır × Petzval 58

    2017-01-10 #people nural の記事
    LomoAmigo: Ömer Serkan Bakır × Petzval 58

    フォトグラファーでありジャーナリストでもあるÖmer Serkan BakırがLomographyのNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensで撮影した写真を大公開!「若いフォトグラファーは一度はアナログカメラで撮影してみるべき」と語る、彼の作品をインタビューとともにお楽しみください。

    2017-01-10
  • Enzo Iriarte:『ロスト・キッズ』

    2017-02-07 #people Ivana Džamić の記事
    Enzo Iriarte:『ロスト・キッズ』

    前回のインタビューではカリフォルニアで撮影した風景を紹介してくれた、Enzo Iriarte。今回はまったく新しいプロジェクトのための作品を届けてくれました!どうぞお楽しみください。