日本のタクシードライバーが、乗客を探している間に撮影した多重露光写真

もしあなたが仕事が忙しくて充分な写真を撮れないというのなら、日本のフォトグラファー榎本 一穗(えのもと いっすい)氏がそんな考え方を変えてしまうでしょう!

Photo by Issui Enomoto

仕事をしている間は、時間を見つけて写真を撮影するのはとても難しいこと。よく聞く解決策の一つは、時間を 作る こと。忙しいスケジュールの中から数分間使って、外へ出て景色を楽しもう。

日本のフォトグラファー 榎本 一穗氏 は、このまんまのことを日常的に行ってる。彼は横浜でタクシードライバーとして働いていて、お客さんを探している間に、街の様々な景色を撮影している。彼はタクシードライバーという仕事は、大海を進む潜水艦のようなものだとなぞらえている。 「写真家としてタクシーに乗り込んだ瞬間から、被写体になりうる構成要素に包まれている。物理法則的に深海に大きな気圧がかかるように、構成要素の海が私の五感に激しいプレッシャーをかけるのだ。」 と。

彼の ウェブサイト で、他の写真もお楽しみください。

Photos by Issui Enomoto

この記事は Fraction MagazineIssui Enomoto を基に作成されています。

2014-02-15 #lifestyle #project #art #work #japanese #japan #taxi cruzron の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    2015-11-13 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    韓国出身のフォトグラファーSASU TEIさん。日本と韓国でファッションやコマーシャルフォトの分野で活躍されています。彼がPetzval 85 Art Lensで写し出した写真は、幻想的で独特な世界観を放っています。日本で撮影されているのにも関わらず、なんだか日本ではない別世界のように感じる写真たち。日本人が今まで着目してこなかった日本の良さを、SASU TEIさんの作品から教えられたような気がします。

  • 夏旅はパノラマで!Horizonと一緒にGO!

    2015-07-22 #ニュース #gear ciscoswank の記事
    夏旅はパノラマで!Horizonと一緒にGO!

    夏休み・お盆休みの予定はもう計画していますか?どこかへ旅行へ行く方は、一緒に持って行くカメラをそろそろ考えておきましょう。絶賛計画中の方にも、そうではない方にも、台湾のスーパーロモグラファーccwuが日本旅行の際に写した写真アルバムがあなたにインスピレーションを与えるはず!

  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • アートな街角スナップ写真ギャラリー

    2016-03-22 lomographymagazine の記事
    アートな街角スナップ写真ギャラリー

    ロモグラフィーのWebサイトにはストリート写真がたくさん!この風潮は多分今後も変わることがないでしょう。スナップ写真の中でも、皆さまにインスピレーションを与える素敵な写真を選びました!

  • 『ダゲレオタイプ』にまつわる19世紀当時の人々の苦労話

    2016-05-02 #ニュース #gear Lomography の記事
    『ダゲレオタイプ』にまつわる19世紀当時の人々の苦労話

    1839年に誕生した『ダゲレオタイプ(銀板写真)』。撮影から現像までの全工程で様々な機材が必要で、フォトグラファーは機材の持ち運びに大変苦労しました。また撮影される側も10~30分と長い間じっとしていなくてはならず、同じく大変な思いをしていました。それでもなお、ダゲレオタイプは19世紀当時の大発明であり、今日の写真には欠かせない存在です。

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 【CP+ 2016】イベントレポート

    2016-03-05 #ニュース ciscoswank の記事
    【CP+ 2016】イベントレポート

    今年もカメラ・映像の大展示会CP+が終了しました! フィルムのラインナップに興奮するアナログ写真ファン、ユニークなレンズに驚く熟練フォトグラファー、ロモカメラを持って遊びに来てくれるロモグラファーの方々…。 連日たくさんの方々にご来場いただいたロモグラフィーブース。その様子をスタッフの撮影した写真と共に振り返ってみましょう!

  • LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    2016-02-18 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo'Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Street Photography: 非日常を探して

    2016-02-17 lomographymagazine の記事
    Street Photography: 非日常を探して

    いつもの日常が非日常へ、普通なものが普通でなくなる瞬間をとらえた写真をセレクトしました!

  • LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    2015-10-14 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    ドリーミーな世界観を作り出すフォトグラファーの菅武志さん。ロモグラフィーのコミュニティーでも何度か作品を披露していただき、まるで夢の中のような幻想的な写真の虜になった方も多いことでしょう。そんな菅さんは、長年活動の拠点としてきたイギリスから拠点を日本に移し、新たな試みに挑戦されています。初夏にはPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使い、ロンドンの庭園で美しく咲くボケの花を撮影していただきましたが、今回は日本で撮影したウェディング写真をシェアしていただきました。

  • なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    2016-03-17 #ビデオ lomographymagazine の記事
    なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    遠い昔、まだ写真技術が発展しておらず何も考えずにセルフィーを何百枚も撮るなんてことが出来なかった時代の写真では、人々は笑顔をみせず無表情で写っています。それは一体なぜでしょう?