フィルムに心奪われて:Lomography CN 100

2014-06-17

明るい日は、それぞれの色を派手に誉め称えるフィルムが必要。Lomography Color Negative 100 は、あなたの写真にため息の出るような色と非常に優れたシャープさを与える、微粒子と派手なトーンをもっています!

Lomography CN 100 はカラーネガフィルム。とても低い感度(ISO 100)です。晴れた日や、色を強め、向上させるためにフラッシュの補助とともに使う事がお勧めです。フラッシュが必要になってしまう問題は、露出計を備えた機材の使用や、シャッタースピードと絞りをセットすることで克服することができるでしょう。このフィルムは自然な色の上質なフィルムで、信頼できます。低い感度のおかげで、Lomography CN 100は昔のKodak Color Plusのように、大体どんなシチュエーションでも良い結果を出し、いつでも使えます。

大まかな仕様:

  • ISO100の低感度
  • コントラストは、行き過ぎない
  • 動きのある写真にはお勧めできない
  • 晴れた日にお勧め
  • 暗い場所や影の箇所を含む細かい所まで写すクオリティーが高い
  • 肌色の再現が素晴らしい
  • 標準的な写真のシチュエーションに望ましい
  • 35mmと120を販売している

Lomographyサイトより

私はこの 120フィルム をテストすることができて、とてもラッキーでした。このフィルムは、私のお気に入りの手頃な価格のネガフィルムであることは言うまでもありません。簡単に手に入れることができ、色は自然です。

下に、私がYashica MAT 124にLomography CN 100を装填して行ったファーストテストの写真をお見せします。

Credits: simonesavo

色はナチュラルで、コントラストのバランスがよいです。

Credits: simonesavo

太陽のもとで、このフィルムはうまくパフォーマンスします。前述したように、このフィルムのただ1つの欠点は感度が低いISO 100だということだけ。つまりたくさんの光が必要です。または、シャッタースピードや絞りを細かくセットできるよい機材を使わないと:)

Credits: simonesavo

実は、Yashica MAT 124とLomography CN 100で、私はうちの猫が飛び跳ねている動きのある写真を撮ることができました。写真が全てですね。屋内でさえも、うまくパフォーマンスしました。

Credits: simonesavo

さらに、6x18のピンホールカメラでもテストしました。これだと長い時間のシャッタースピードだけど、悪くないですよね?

Credits: simonesavo
Credits: simonesavo

私はこの粒子がすきです。粒子は低いISOのため、このフィルムにはほとんど存在しなく、滑らかです。細部とシャープさがイメージの中で際立っていて、私のお気に入りのフィルムの1つになりました。

2014-06-17 #gear #mm #yashica #negative #120 #review #color #cn #x #post #100 #124 #lomo #lomography #135 #iso #mat #belair #colore #rullino #jetsetter #simonesavo #6-12 #pellicole-da-amare simonesavo の記事
翻訳 kyonn

ホリデーシーズンがやってきた!ロモグラフィーのホリデー特集ページでは、ホリデー限定のコンペティションや、 クイズを開催中!大切な人へのクリエイティブなプレゼントをお探しの方はこちらのページをチェック!

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 【数量限定】Lomography Color Negative F²/400 が新登場!

    2017-02-23 #gear #ニュース Lomography の記事
    【数量限定】Lomography Color Negative F²/400 が新登場!

    F²/400フィルムは今までにないブルートーンの美しい鮮やかな発色を楽しめる個性的なカラーネガフィルムです。きめ細やかな粒子は、幅広い色合いを写し出し、現在市場で販売されているフィルムとは一味も二味も違います!X-Pro(リバーサルフィルム)を感じさせる、その特徴的な色はきっとアナログカメラ好きを魅了するでしょう。数量限定、なくなり次第販売終了なので入手はお早めに。

    2017-02-23
  • 《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017-11-20 #culture #ニュース #places choko3 の記事
    《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017年11月に25周年を迎えるロモグラフィー(Lomography)。25周年を盛大にお祝いするべく、なんとロモグラフィー発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップワークショップを12/2(土)に開催!ウィーンで撮影されたフィルムの上に、東京で撮影されたショットが重なる奇跡のフィルム…!仕上がりはそれぞれの国で展示予定。この記念すべき年にふさわしいワークショップにあなたも参加してみませんか?

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials lomographymagazine の記事
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

    2017-08-27
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    2017-03-21 #tutorials #ビデオ lomographymagazine の記事
    【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    フィルムを自分でスキャンすると色んな利点があるってご存知ですか?毎回のデータ化のコストもかからないし、現像所では取り扱ってくれないフォーマットのフィルムもスキャンできちゃいます。フィルムスキャンにまだ挑戦したことの無い方のためにスキャナ選びの注意点と便利なツールをご紹介!

    2017-03-21
  • メランコリックに酔いしれて: Megan Dohertyへのインタビュー

    2017-01-16 #people Ivana Džamić の記事
    メランコリックに酔いしれて: Megan Dohertyへのインタビュー

    Megan Dohertyの仕事は若さと自由に溢れる最高な瞬間を写真に捉えること。 彼女はフィルムが写真に特別な美しさを与えることに気づいて以来、アナログカメラを使っています。これまでにない新しい作品を次々と作り出し、私たちを魅了し続けるMeganの作品と魅力をご堪能ください!

    2017-01-16
  • Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    2017-04-20 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    ELUSIVEはこの地図を制作するために、世界中のフィルム現像所を集めました!世界中どこへ行ってもすぐに現像所を見つけることができます。掲載されていない現像所を見つけたら、ELUSIVEに伝えて地図をより充実させていきましょう!

    2017-04-20
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Gui Martinez:リバーサルの魅力

    2017-04-02 blaskovichs の記事
    Gui Martinez:リバーサルの魅力

    フィルム・フォトグラファーの Gui Martinezがロモグラフィーのマガジンに初登場!Guiの作品を観た人は誰でもリバーサルフィルムを利用したビビッドな色使いに目を奪われるでしょう。

    2017-04-02
  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03
  • ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    2017-03-23 #gear #culture #ニュース #people #places Katherine Phipps の記事
    ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    ロモグラフィーのコミュニティーに集まる皆さんにとってフィルムはまだまだ生き続けている文化ですが、アナログ文化の人気が高まるにつれてフィルムにも広く注目が集まるようになりました。最近では、なんとアメリカの人気報道番組『Today』で Al Roker がフィルムカメラの人気の秘密を探るためにロモグラフィーのニューヨーク支社を訪れました!

    2017-03-23
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • Maxime Simoncelliが描く魔力を持った幻想的な森

    2017-03-24 #people Ciel Hernandez の記事
    Maxime Simoncelliが描く魔力を持った幻想的な森

    私たちはまだ見ぬ美しさを求めてどこまでも旅を続けています。未知なるもののためには海を越え山を越え国境さえも越えていきます。写真家のMaxime Simocelliにとって森は驚きと神秘を発見できる場所のようです。

    2017-03-24
  • New Jupiter 3+ Art Lensと冒険に出かけよう

    2017-07-01 #gear lomography の記事
    New Jupiter 3+ Art Lensと冒険に出かけよう

    世界はあなたを待っています!New Jupiter 3+と一緒にまだ見ぬ素晴らしい景色を写真に捉えるための旅に出ましょう。