「光と家族」 写真コンテスト

桜咲く春、ゴールデンウィーク、暖かくなってカメラを持ちだす機会も多いと思います。今回、Lomography Gallery Store Tokyo初(!?)となるオンラインとのコラボ写真コンペを開催します! 今回のテーマは、「光と家族」。優秀作品はLomography Gallery Store Tokyoにて展示されます。

受付終了致しました。沢山のご応募ありがとうございました。

桜咲く春、ゴールデンウィーク、暖かくなってカメラを持ちだす機会も多いと思います。今回、Lomography Gallery Store Tokyo初(!?)となるオンラインとのコラボ写真コンペを開催します! 今回のテーマは、「光と家族」。優秀作品はLomography Gallery Store Tokyoにて展示されます。

今回のテーマは、「光と家族」

家族と言っても親兄弟姉妹、だけではありません。、家族の一員としてしっかりリビングに鎮座しているペットや、家族より時間を共有しているかもしれない友人知人、などなど、「家族」を広くイメージして頂き、写真をご応募く
ださい。
さらに、そこに「光」を加えてあげてくださいね。「光」は、太陽光、電球、カラースプラッシュフラッシュ、光漏れなど、こちらも広く「光」をイメージして捉えてください。愛夫妻、愛する息子娘、祖父母、親友、悪友、溺愛するペット、皆様の周りに溢れている「光と家族」の力作写真をお待ちしております。

なお、今回の優秀作品達は、ゴールデンウィーク期間(4/29 – 5/9予定)、Lomography Gallery Store Tokyoにて展示します。


応募要項
以下の「写真を投稿する」から写真をアップロードしてください。
(写真の応募には、ユーザーログイン、ロモホームへのアップが必要です。)

- カメラ
Lomography カメラは特に問いません。お気に入りのカメラで撮影した写真をご応募ください。

- 写真サイズ
アップロードされた写真から展示用の写真をLomographyにて印刷をしますので、写真サイズにご注意ください。

- 実寸L版サイズ( 89cm x 127cm )以上
- ピクセル換算 1,051×1,500 以上
- Horizon、スクエアフォーマットなどの場合は、短辺が上記短辺に相当するサイズ以上でご応募してください。
 
- 募集締切 :2010年4月25日(日)

- 優秀者賞品
1、Photo Frame
2、ゴールデン期間中作品をLomography Gallery Store Tokyoにて展示

- 応募枚数 :制限なし

2010-04-02 #ニュース #competition #light #family # # # #lomography-gallery-store-tokyo takuji の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • ゴトウヨシタカ フィルム写真展 "JACKETS"

    2018-05-10 gocchin の記事
    ゴトウヨシタカ フィルム写真展 "JACKETS"

    ギャラリー世田谷233にて ゴトウヨシタカ フィルム写真展 "JACKETS" を開催。今回の個展は今までのような写真の展示ではなく、写真を12インチのレコードジャケットにして展示をします!

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • キューバへと向かう旅:Enzo Iriarte

    2017-08-03 #places Ivana Džamić の記事
    キューバへと向かう旅:Enzo Iriarte

    若き写真家 Enzo Iriarteはまだまだ成長中。今回キューバを訪れた Enzoは、ビビッドな街並みと夏の太陽がまぶしい作品を撮影しました。夏服を着て思わずビーチへと行きたくなるようなショットをご覧ください!

  • #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    2018-04-26 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    #イットガーリー はインフルエンサーたちの日常を温かみのあるフィルム写真で切り取った写真集。いままで様々な形でコラボしてきた #イットガーリー × Lomographyが今回展示を開催することとなりました!来場者プレゼントもあるのでお楽しみに。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • #イットガーリー AYAMI × Simple Use Film Camera

    2018-05-12 erina の記事
    #イットガーリー AYAMI × Simple Use Film Camera

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回は役者を目指すAYAMIさんが Simple Use Film Cameraで撮影した写真をご紹介。

  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。