Agfa APX (35mm, 400 iso):ユーザーレビュー

第四回ロモグラフィックデカスロンではLC-A+で撮られた白黒写真を大募集しています!
・・・ということで、Lomographyで取り扱っているフィルムの中でもLC-A+カメラと最も相性がいいAgfaAPX400/36フィルムのレビューをご紹介致します。

私はLC-A+に、初めて使う記念の白黒フィルムとしてこのフィルムを使うことにしました。このフィルムにしたのは、手に入りやすかったことから、気軽な感覚で選びました。初めて使った時、私は撮影に夢中になって撮っていたのではなく、きっちりと光の状況や内容でセッティング方法を変えて数日にわたってこのフィルムを撮影しながら撮り終えました。そして、 現像してみると、このフィルムで撮った写真のすべての写りにびっくりしました。

今までの私の少ない経験で、白黒フィルムにとってどれくらいの光の量が必要かを、はっきりとした写り具合とちょうどよい露光の為に周囲の状況とカメラとの相性、感度についてなど、特別な条件が必要なことに知っています。このフィルムはLC-A+と相性が良く、非常に信頼できてよい雰囲気に写る条件を広く持ち合わせていることをLC-A+にこのフィルムを通してみて確信しました。そして、LC-A+だけでなく、このフィルムを使ってみたいことに興味があるだれにも、このフィルムを使ってみることを自信を持ってお勧めします。

このAPXフィルムの私の好きな特長は、今まで使ったことがある白黒フィルムとの違いです。暗い部分だけでなく、より多くの段階の黒色を含んだ印象的な写りをします。それだけでなく、白色がとてもクリアに写り、私が今まで可能と思っていたグレースケールの段階より多くの色を与えてくれます。 ギャラリーで紹介している、私とボーイフレンドがフェンスの前で撮った数枚の写真はまさしくオズの魔法使いの序章の場面のようで、とても気に入っています。

私はこのフィルムをとても楽しみました。そして、私の LC-A+で撮ったアルバムの中の写真でも特にお気に入りです。きっとこのフィルムは、あなたが捕らえたいどんな瞬間にもノスタルジックな雰囲気を出し、愛着を与えてくれます。
白黒写真の虜になってしまった私は、これから先も確実にNO.1としてこのフィルムを使っていくでしょう!

第四回ロモグラフィックデカスロンの応募は こちら から

Agfa APX 400/36 Film のご購入は こちら
Agfa APX 100/36 Film のご購入は こちら

2010-04-08 #gear #apx #black-and-white #review #400 #film # #b-w # # strangelilgirl の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • ロモロケーション: Agfa Precisa CTで写し出す大阪の二面性

    2016-02-24 #places lomographymagazine の記事
    ロモロケーション: Agfa Precisa CTで写し出す大阪の二面性

    桜の季節の大阪城、道頓堀の街並み―大阪には日本の古き良き場所がたくさんあります。一方で、ユニバーサルスタジオジャパンのような西洋文化を取り入れた観光名所も多数。大阪港を構え商人の街として繁栄してきた大阪は、文化的な面でも面白い土地です。そんな和と洋の二面性が、近年海外からの旅行客を伸ばしている大阪の魅力なのでしょう。

  • クロスプロセスギャラリー: Agfa CT Precisa

    2016-02-02 #gear lomographymagazine の記事
    クロスプロセスギャラリー: Agfa CT Precisa

    正しい構成、完璧な被写体、そしてAgfa CT Precisaフィルムでクロスプロセス処理。この3つがそろったとき、出来上がった写真は素晴らしい結果を残します。優雅な景色から親しい人のありふれた素顔まで、スライドフィルム Agfa CT Precisaで写された写真を紹介します。

  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

  • New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: CAMPFIRE史上最も支援総額を集めたプロジェクトになりました!

    2015-06-22 #ニュース #ビデオ #gear K. Aquino の記事
    New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: CAMPFIRE史上最も支援総額を集めたプロジェクトになりました!

    クラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREにて支援を募集中の『伝説のポートレイトレンズ・Petzvalをボケ調節機能を備えた58mmレンズに!』プロジェクト。なんと、今までCAMPFIRE上て行われたプロジェクトの中で最も支援金額を集めたプロジェクトになりました!ご支援いただいた皆様、誠にありがとうございます!引き続き7/6(日) 00:00まで支援を受け付けているので、チェックし忘れていた方はこの記事でささっと現在のプロジェクト進捗状況を確認しましょう。

  • 12/16(水)のアドベントカレンダー: フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    2015-12-16 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/16(水)のアドベントカレンダー: フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    あなたの愛するカメラで、年末年始の思い出を切り取る準備は万端ですか?アナログ写真はカメラがあってもフィルムがなくては始まらない!あなたのアナログ熱をロモグラフィーがサポートします!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【募集終了】HAPPY 31st BIRTHDAY LC-A! Family Trip Workshop@鎌倉

    2015-06-01 #gear #ニュース ameli124 の記事
    【募集終了】HAPPY 31st BIRTHDAY LC-A! Family Trip Workshop@鎌倉

    ※本企画は定員に達したため募集を締め切らせていただきます。何卒ご了承のほどお願い致します。 LC-A Familyと鎌倉へショートトリップ!コンパクトな私たちの愛すべき相棒、Lomo LC-A が6月19日に31歳になるのを記念して、都内からほど近い美しき古都・鎌倉で6月20日(土)にワークショップを行います。

  • 【開催中】IDOBATA @Hikarie マーケットプレイス Lomo'Instant取り扱い中!

    2015-12-09 #people deco の記事
    【開催中】IDOBATA @Hikarie マーケットプレイス Lomo'Instant取り扱い中!

    渋谷Hikarie SinQs の5Fザ・マーケットプレイスに二子新地のおしゃれなカフェ兼雑貨店 IDOBATAが2016年1月31日(日)まで期間限定オープン中。Lomo'Instantなどロモグラフィーのカメラもご覧いただけますので、渋谷に寄った際には是非チェックしてみてくださいね!

  • テクニック: ilcontrariodimeが考案した「フォト・スクラッチ」

    2016-03-24 #people #tutorials bartolomo の記事
    テクニック: ilcontrariodimeが考案した「フォト・スクラッチ」

    人の創作意欲に限界はない!新しいものを取り入れ、新しいものを創り出すことは私たちのライフワークです。アナログ写真を愛するロモグラフィーコミュニティーのメンバーであるilcontrariodimeは、フィルムに何か思いついたものを描く「フォト・スクラッチ」というテクニックを作り上げました!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • New Russar+、Minitar-1 Art Lensが直営店Lomography+で取り扱い開始!オンラインショップでは通常発送・代引き支払いに対応しました!

    2015-11-13 #ニュース #gear Lomography+ の記事
    New Russar+、Minitar-1 Art Lensが直営店Lomography+で取り扱い開始!オンラインショップでは通常発送・代引き支払いに対応しました!

    大変お待たせいたしました!直営店Lomography+でLomo LC-A Minitar-1 Art Lens 、New Russar+ Art Lensの取り扱いを開始しました!