ギザの大ピラミッド(Cairo)

2010-04-15

ギザの大ピラミッド〔Great Pyramid of Giza〕とは、ピラミッド建築の頂点とされる「クフ王のピラミッド」です。世界の七不思議で唯一現存する建造物!積み上げられた石のサイズは、ショッピングモールの1つの店と同じくらいの大きさがあります。

Photo by Horizon

ギザの大ピラミッド〔Great Pyramid of Giza〕とは、ピラミッド建築の頂点とされる「クフ王のピラミッド」です。世界の七不思議で唯一現存する建造物で、このピラミッドはエジプト第4王朝のファラオ、クフ王の墳墓として紀元前2540年頃に20年以上かけて建築されたと考えられています。完成時の高さ146.6mは14世紀以降ヨーロッパの教会建築がその高さを超えるまで世界で最も高い建造物でした。

ギザの三大ピラミッド(ギザの大ピラミッド〔クフ王のピラミッド〕、カフラー王のピラミッド、メンカウラー王のピラミッド)が建造された時代は「エジプト古王国時代(第3-第6王朝)」であり、この時代のピラミッドは、規模・技術ともに最高水準を示すことから、当時のことは、別名で「ピラミッド時代」ともいわれています。
その中でも、クフ王が建設したギザの大ピラミッドは、ピラミッド建築の頂点とされ、最大規模を誇ります。

引用: Wikipedia

Photo by LC-A

私たちはそこで感嘆し、息をのむような体験をしました。この巨大な建物の前に立って見ると、積み上げられたそれぞれの石のサイズは、ショッピングモールの1つの店と同じくらいの大きさがあります。
写真が私の経験した全てを語ってくれるので、あまりこのピラミッドについて多くを語らないでおきます。このピラミッドには100エジプトポンドで入ることができます。中に何があるかは、ぜひ自分で体験してみてください。秘密がここで明らかにされてしまうと、それ以上おもしろくなってしまいますから。

それから、ここでラクダに乗ったことも忘れられない経験になりました。それは砂漠でしかできないエキサイティングな経験!空がとても青く、雲がほとんどなくて、とてもクリアでした。

Photo by Horizon

写真からもわかるように、残っているのは3大ピラミッドくらいしかありませんが、当時はこれ以上に沢山のピラミッドがありました。確か、今見れるような階段のような状態の代わりに当時は小さな110のピラミッドがあったはず。大抵の場合は完全に固体石灰石に覆われて、平らになっています。

とにかくこの場所をあなた自身でも体験してみてほしいです!

2010-04-15 #places #location #architecture # #culture # #cairo #art weechonghooi の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Yusuke Kitamura

    2016-07-20 #people ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Yusuke Kitamura

    花を撮るフォトグラファー、北村佑介さん。「全ての写真を大切な誰かに送るラブレターとして、何時間も何時間もかけて丁寧に作り上げています。」とHPにあるように、北村さんが写す花はどれも優しく、しかし力強くまっすぐ咲いている花ばかり。写真を見ると安らぎと共に心に迫るものがあります。さて、この度はひょんなところから繋がった北村さんに、現在プレオーダー中のDaguereotype Achromat 2.9/64 Art Lensを使って頂きました。もちろん写されたのは「花」です。

    2016-07-20
  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • Lomography XPro 200と日光の下で

    2016-03-12 #gear lomographymagazine の記事
    Lomography XPro 200と日光の下で

    雪が解け、冬が終わりを告げようとしています。我らが母なる大地は春の冠をかぶり、様々なものに生命を与えます。そう、外に出て写真を存分に撮る季節の到来です!この季節にはLomography XPro 200 35mmがぴったりです。

    2016-03-12
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Kealan Shilling: ニューヨーク『地獄の門』への旅

    2016-11-16 #places Ciel Hernandez の記事
    Kealan Shilling: ニューヨーク『地獄の門』への旅

    ニューヨークの喧騒の裏側には、怖い話や都市伝説といった奇妙な噂が常にあります。フォトグラファーのKealan Shillingとその友人たちは冒険を求めて、大胆にも「地獄の門」と呼ばれる建物まで旅にでたようです。そこで彼らのカメラに写ったのは…?

  • 19世紀の感動をあなたへ。元祖ダゲレオタイプを通して見る世界。

    2016-04-30 #ニュース #ビデオ #gear Lomography の記事
    19世紀の感動をあなたへ。元祖ダゲレオタイプを通して見る世界。

    元祖ダゲレオタイプを肌で感じることは、Daguerreotype Achromat Art Lensを開発するにあたり大変重要なことでした。ラボで開発しているだけでは分からない、19世紀当時の感覚を手に入れるべく、私たちはダゲールの家があるパリへと向かいました。

    2016-04-30
  • 閉ざされた世界の中へ: Christopher Payneが写し出した精神病棟の廃墟

    2016-02-09 #people #places Lomography の記事
    閉ざされた世界の中へ: Christopher Payneが写し出した精神病棟の廃墟

    建築物の写真家 Christopher Payne。彼の大判写真は、かつてのアメリカの将来を象徴する精神病棟の廃墟の様子を通して、私たちを歴史的な旅へと誘ってくれます。

    2
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • Takeshi Sugaによるバンド「Hammock」アルバムアートワーク

    2016-03-22 #ビデオ #people ciscoswank の記事
    Takeshi Sugaによるバンド「Hammock」アルバムアートワーク

    ドリーミーな作風で多くの人を魅了する写真家・菅武志さん。ロモグラフィーの製品を使った作品をWebマガジンでも多数紹介してきました。 そんな菅さんから、写真家としてのキャリア10周年の節目の作品のお知らせが届きました。それは菅さんの作風とも通ずるメランコリックで雄大、幻想的な音を放つアメリカのポストロックデュオ Hammock(ハンモック) とのコラボレーション。4月1日に発売する彼らの7枚目のアルバム『Everything and Nothing』のアートワークです。

    2016-03-22
  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

    2016-01-22
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    2016-05-06 #ニュース #gear lomographymagazine の記事
    世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    なんとDaguerreotype Achromat Art LensにCanon EFマウント、Nikon FマウントだけではなくPentax Kマウントのリターンが追加されることになりました!あまりに急な発表で驚かれた方もいらっしゃることと思いますが、私たちもこちらを発表することができて大変うれしく思います。世界規模での目標本数に達したためリターンとして正式に追加されます!

    2016-05-06
  • LC-Wideのいいところ10個教えちゃいます

    2016-06-10 #gear #tutorials Julien Matabuena の記事
    LC-Wideのいいところ10個教えちゃいます

    常にクリエイティビティを刺激してきたロモグラフィーですが、LC-Wideはその好奇心をさらにくすぐるとんでもない広角レンズ搭載35mmカメラです。10個の特長をお伝えしますので、ドドドッとあふれるアドレナリンを写真で表現してみてください!

    2016-06-10
  • 2016年2月のトレンド写真

    2016-02-29 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンド写真

    ロモグラフィーのコミュニティーには毎月大量のアナログ写真がアップロードされています。その中でもベストオブベストと呼ぶに相応しい写真には、賛辞の言葉を送らずにはいられません。さあ、今月人気を博した写真のショーケースをこの記事でご覧ください!

    2016-02-29