モンゴル、ブルガン州

2010-09-15

限りなく広がる草原、暖かいゲル(住居)、歯のないおばあちゃん、羊のフンを燃やしたゴージャスな香り!

モンゴルのブルガン州は、ウランバードルの北西で、Khövsgöl湖の東南に位置します。
そこは一面の何百マイルにも及ぶ、誰も踏んだことがない大草原地帯と、岩の多い山岳地帯が広がります。
何でも一番にやるという伝統的な精神がブルガンの人々にあり、この州はモンゴルの初の宇宙飛行士Jugderdemidiyn Gurragchaaへの出身地でもあります。

ブルガン地域の体験をするベストな方法は、ここの人たちと同じ時を過ごすことです。さらに言えば、モンゴルのどんな地域も同じです。モンゴルの強い遊牧民的な文化は、人々が容易に彼らの家にあなたを受け入れることを意味します。もちろん、予想できる大体の食事代などは支払います。
ger(遊牧民的なテント)に入って、西側でテーブルにつくと、通常、あなたはsuutei tsai(野牛バターから作られた紅茶)や、tarag(ヨーグルト)か、urum(濃厚なクリーム)、aaruul(チーズ)で挨拶されるでしょう。

私は最後に、80歳のおじいちゃんと彼の10歳の孫(もしかしたら息子かも。真相は聞いていません)の隣に座りました。 私たちが小さな丘に座っていると、彼らはオートバイでやってきたのです。私たちは、 ラクダに乗ったByambatogtoh さんに同行ました。ケータイ電話はステップの一部の場所でしか使用できませんでした。 (Byambatogtoh さんは「Hello!」とモンゴル語で大声で呼ぶことにほとんどを費やし、やめてしまいました。)

太陽が沈むと、おじいちゃんがわたしのipodにはいっていたモンゴルの音楽について尋ねてきました。( ここでは、例え隣人が約5マイル先であったとしてもすぐにうわさが広まります。) 彼は私がゲルに戻ると話した時、とても残念そうでしたが、私は、いつでも一緒に音楽を聴くよと教えてあげました。すべては、ジェスチャーや、砂に描いた絵で話しました。

どれだけ多くの時間ここで過ごしたとても、もう十分!なんて決してならないでしょう。

2010-09-15 #places #mountain #panoramic #location #horizon-perfekt #mongol #ger #bulgan # # # bensozia の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • ミステリープロダクト「ヒントその3」:その場で

    2016-08-30 #gear #ニュース Lomography の記事
    ミステリープロダクト「ヒントその3」:その場で

    ヒント1とヒント2を読んでも、まだまだぼんやりとしかイメージが出来ないあなたへ「ヒントその3」をお届け!

    2016-08-30
  • Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    2016-06-19 #gear denisesanjose の記事
    Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    海の中、川の中、ザーザー降りの雨の中、さらには大雪の時。どんな環境下でも愛用している LC-A+やLC-Wideを連れて行きたい!と願うことはありませんか?そんな時は「Krab Underwater Housing」!赤いカニのように固くて丈夫な防水ケースを付ければ、水深20mでもあなたのフィルム撮影欲を満たしてくれます!そしていまならLC-A+もしくはLC-Wideを購入すると、もれなくこちらをプレゼントするキャンペーン実施中!

    2016-06-19
  • 完売御礼!大好評の福袋が数量限定で復活!

    2017-01-06 refallinsasaki の記事
    完売御礼!大好評の福袋が数量限定で復活!

    例年同様、あっという間にに売り切れてしまったロモグラフィーの福袋。もっとたくさんの皆さまに届けたいという気持ちから、追加でご用意しました! お得な福袋で 2017年のアナログライフをスタートさせましょう!数量限定のためお急ぎください!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 2016年8月のトレンド写真

    2016-09-01 #ニュース lomography の記事
    2016年8月のトレンド写真

    8月もロモグラフィーのコミュニティーにはたくさんの写真が投稿されました!そのなかから、ベストに選ばれた最高の写真達をご紹介いたします。あなたのお気に入りがみつかるか、是非覗いてみてください。

    2016-09-01
  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    2016-11-12 1
  • 【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    2016-06-16 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    6月19日といえば?!そう、ロモグラフィーを象徴する実験的な35mmアナログカメラ・ LC-Aの誕生日!!!誕生日を記念して、今年はLC-AシリーズやLC-Wideに限らずアナログの"コンパクトカメラ”で撮影された作品も対象にしたコンテストを開催します!愛用機、フィルムそしてご自身のオリジナリティがあふれる作品を多くみれること、楽しみにしております。

    2016-06-16
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    2016-05-06 #ニュース #gear lomographymagazine の記事
    世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    なんとDaguerreotype Achromat Art LensにCanon EFマウント、Nikon FマウントだけではなくPentax Kマウントのリターンが追加されることになりました!あまりに急な発表で驚かれた方もいらっしゃることと思いますが、私たちもこちらを発表することができて大変うれしく思います。世界規模での目標本数に達したためリターンとして正式に追加されます!

    2016-05-06
  • LC-Aを愛用しているのは…あの人、あの人、そしてあなた!

    2016-06-29 ciaoannacotta の記事
    LC-Aを愛用しているのは…あの人、あの人、そしてあなた!

    「フィルム写真、何で好きなの?」に対して「●●だから!」とすぐ答えられる人もいれば、「なんとなく(なんだよなぁ)」と少し悩む方もいらっしゃると思います。ここロモグラフィーはフィルム愛で溢れています。中でもLC-A+やLC-Wideを愛用している方は日常的にフィルムで写真を撮っている方がほとんど。いままでロモグラフィージャパンが出会ったLC-Aラヴァ―の方を、今日は一挙にご紹介!またあなたが街で見かけたLC-A話があれば、ぜひコメント欄に投稿してください♪

    2016-06-29
  • 【CP+ 2016】ロモグラフィーブースでオリジナルグッズをゲットしよう!

    2016-02-03 #ニュース #people deco の記事
    【CP+ 2016】ロモグラフィーブースでオリジナルグッズをゲットしよう!

    2月25日(木)~28日(日)に、パシフィコ横浜で行われるカメラの祭典CP+。当日ロモグラフィーブースにご来場いただいた方にオリジナルグッズがもれなくもらえる特別なキャンペーンをご用意しております!ダブルチャンスではあのカメラが当たっちゃうかも!?キャンペーン詳細はこちら!

    2016-02-03
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 夜を明るく照らすのは

    2016-09-16 lomographymagazine の記事
    ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 夜を明るく照らすのは

    部屋の中は暗く写っちゃう?そんな時はフラッシュをたいてピカピカの美肌も一緒にゲットしちゃいましょう。 Lomo'Instant Automatはフラッシュ内蔵で暗闇も心配ご無用。いつでもあなたの美しさを引き出してくれます!

    2016-09-16
  • アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    2016-02-25 #tutorials lomographymagazine の記事
    アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    動物は予測できない気まぐれな被写体です。フィルムで撮影するとなると、更に難易度はあがるでしょう。動物の自然なありのままの行動を記録するのが一番ですが、動物園やサファリパークのような飼いならされた場所では、場所の制限もありますし、上手に賢くフレーミングする必要がありますね。この記事では、ロモグラフィーコミュニティーメンバーが写したお手本写真を参考に、アニマル写真の極意をリストアップしました。

    2016-02-25
  • LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    2016-02-18 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo'Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

    2016-02-18