三脚を立てたままLC-A+のMX(多重露光)スイッチを操作する方法

2015-04-13

LC-A+を三脚に取り付けると、カメラの底の部分と三脚の設置部分が固定されるため、多重露光用のMXスイッチを操作するのが難しくなります。なので、三脚を用いた多重露光がしたい場合は撮影ごとに三脚から取り外す必要があり少し面倒でした。そこで、それを解決する方法をいくつか考えてみましたのでご紹介します。ちょっと強引な方法もあるので誰にでもできるものではないのですが、機会(そして機械)があったらトライしてみてください♪

photo by hodachrome

長時間露光は、夜などの暗い場面で三脚等を使ってスローシャッターを切って撮影するというものですが、ロモグラフィーの世界では、そこに多重露光を用いて作品作りをする人もいると思います。(私の好きな撮り方の一つです)

しかし、 LC-A+ でトライする場合にはひとつ問題点がありました。それは、MXスイッチを操作する際、毎回三脚からカメラを取り外さなければならないということでした。つまり、LC-A+を三脚にセットすると、カメラの底部と三脚の上部(クイックシュー等)とがぴったり固定されてしまい、カメラ底部にあるMXスイッチに触れることができなくなってしまうのです。そのため、MXスイッチを操作するには、いったん三脚から(そしてクイックシューを)取り外して行う必要がありました。

これは面倒だと常々思っていたのですが、さしたる対処方法も浮かばないまま夜の多重露光などを行っていました。

そこで私は以下の方法を思いつきました。

方法①(難易度:高め) クイックシューに穴を開ける

一つ目の方法は、「カメラに取り付ける三脚のパーツ(クイックシュー)に穴を開けてしまえ!」というやや強引な方法です。これを行うことで、カメラにクイックシューを取り付けたままMXスイッチをスライドさせることができます(三脚の雲台からはいったん外す必要があります)。これができれば夜の多重露光でも負担と時間が大いに軽減できて撮影が楽になるというわけです。

ということで穴を開けてみたものが下の画像です。三脚のクイックシューに穴が開いているのがわかりますよね。もちろん、クイックシューは分厚い金属製なのでそんじょそこらの機械で簡単に開くようなものではありません。そこで、特殊な工具を使って開けました。(正確には友人に頼んで開けてもらいました)

穴を開けたクイックシュー

そして、それをLC-A+に取り付け、さらに三脚の雲台にセットします(下の写真参照)。

カメラに取り付け、三脚にセットします

一回シャッターを切ったら三脚の台座からクイックシューの付いたカメラを外して、ピンセットのような細いものでMXスイッチをスライドさせ、また三脚にセットします。これで二回目の撮影ができます。従来の完全に取り外す方法よりも時間は大幅に短縮され、ねじをグリグリ回す手間も省けるので体力的にも相当楽になります。

方法② (難易度:ふつう)ミニ三脚のパーツを外す

二つ目の方法です。こちらはよりシンプルで現実的な方法です。
それは、一般的に市販されている携帯用の「ミニ三脚」を使うというものです。下の写真のように、ミニ三脚にはネジ穴の下に丸い金属のプレートがあります。これはカメラの底部がこのプレートに当たって固定させるためのものです。

ミニ三脚

商品によってちがいますが、この丸いプレートは取り外すことができます。そうするとアラ不思議、MXスイッチへのアクセスが可能となります。
私はミニ三脚を3つ持っていますが、そのうち2つはこの丸いプレートを取り外すことができました。ちゃんとしっかりネジ穴の固定もできていますので安定感も悪くありません。
一回シャッターを切ったら指でMXスイッチをスライドすることも可能です。

丸いプレートを外します
MXスイッチの操作ができます

方法③ (難易度:ある意味かんたん)

三つ目の方法は、ある意味とてもかんたんです。三脚に穴を開けたりパーツを外したりする必要はありません。
それは、以下の写真のようなタイプのクイックシューを使う方法です。これを使えば、カメラにセットしたままでもMXスイッチを操作することができます。

切れ込みがあるタイプのクイックシュー

これは、ネジの部分とプレートの部分が稼動するタイプのもので、ネジが動かせるようにプレートにもともと細長い切れ込みがあるため、細いドライバーのようなものを突っ込めばMXスイッチを動かすことができます。
ただし、このタイプのクイックシューは、やや高価なプロ用三脚に使われている場合が多いのでどれでも使えるものではありません。

固定したままMXスイッチが操作できます

上記三つの方法を使うことで、時間や手間を大幅に減らすことができるようになります。
さらに、これらの方法により、私が個人的に最も期待しているのは、「ゴーストショット」というテクニックがLC-A+で容易になるという点です。
これは、まったく同じ構図で二回撮影して、片一方に人物を入れ、もう一方に入れないことで人物が透けて幽霊のように半透明になるという撮影方法で、ロモグラファーに人気の撮り方の一つです。
(この撮影方法については 人物が透ける!ゴーストショット(GS)の撮り方 をご参照ください)

二つの画像がまったく同じ構図になることが重要なので、上記の方法を使うことで、より正確なゴーストショットを作ることが可能となります。(ただし、上記方法①の場合はいったんクイックシューに固定されたカメラを三脚の台座から取り外すことになりますので、多少の像のぶれが生じる可能性があります)

以上、やや中上級者編ではありますが、三脚を使った多重露光をより楽にできるというTipsでした。

最後に、夜の多重露光のギャラリーをご覧ください。

photo by hodachrome

こちらはゴーストショット(GS)のギャラリーです。

photo by hodachrome

Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2015-04-13 #gear #tutorials #splitzer #tripod #long-exposure #lc-a #multiple-exposure #tipster #doubles #double-exposure #lca #lc-a # # # # hodachrome の記事

ホリデーシーズンがやってきた!ロモグラフィーのホリデー特集ページでは、ホリデー限定のコンペティションや、 クイズを開催中!大切な人へのクリエイティブなプレゼントをお探しの方はこちらのページをチェック!

他の記事を読む

  • 光のイラストを楽しもう!ロモグラフィーのライトペインティングガイド。

    2017-03-02 #tutorials lomographymagazine の記事
    光のイラストを楽しもう!ロモグラフィーのライトペインティングガイド。

    夜の写真をカラフルでエキサイティングなものにしてみたくありませんか?ライトペインティングに挑戦してみましょう!必要なのはライティング道具とカメラを固定する場所(三脚があれば◎)、それにバルブモードのあるカメラだけ。今すぐ光の絵画を始めよう!

    2017-03-02
  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

    2017-05-15
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【hodachromeが教える!】「多重露光」講座 in 京都

    2017-03-10 hodachrome の記事
    【hodachromeが教える!】「多重露光」講座 in 京都

    山本穂高(hodachrome)氏による、多重露光の撮り方を学ぶ講座が3/19(日)に京都で開催されます!アイデアやテクニックしだいで写真は見ちがえるほど幻想的なものに生まれ変わります。その撮り方を初心者の方でもわかりやすいようにテキスト・画像を使って説明します。多重露光をマスターして、春からの撮影ライフに新たなエッセンスを加えましょう♪

    2017-03-10
  • ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    2017-03-22 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    Lomo’Instant Automat Glass Magellan にクローズアップ・アタッチメントレンズを装着した場合の最短焦点距離は10cm。シャープでマクロなインスタント写真を思う存分楽しめるアクセサリーです!でも、いざ撮影しようとなると10cmっていったいどのくらい...?と思う人も多いはず。そんなときに便利な方法があります。

    2017-03-22
  • Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    2017-03-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    性的対象として見られがちな女性の身体については多くの議論があります。それは実際のところ何を意味し、どのような影響を及ぼしているのでしょうか。ここでは、女性を写した写真とともにその真髄に迫ります。

    2017-03-16
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03
  • Lorraine Healy の多重露光アタック!

    2017-02-28 #gear Lorraine Healy の記事
    Lorraine Healy の多重露光アタック!

    『Tricks With A Plastic Wonder』の著者 Lorraine Healy が今回は色んなカメラで多種多様な多重露光に挑戦。まだ多重露光を試したことが無い方も、これまでとは一味違う多重露光のヒントを得たい方も、是非ご覧ください!!

    2017-02-28
  • 女性として、世界を旅することについて。

    2017-03-07 #places Kamila Stanley の記事
    女性として、世界を旅することについて。

    女性が一人旅に出る理由は、たくさんあります。自分がちっぽけな存在だと知るため、成長するため、言葉を学ぶため、失恋から立ち直るため、世界の不条理をこの目で見るため、そして自分の人生を少しだけ変えるため。一人旅をしているとよく言われる言葉がいくつかあります。

    2017-03-07
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

    2017-03-16 #ニュース #people Jill Tan Radovan の記事
    CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

    ccwuはロモグラフィーのコミュニティーでもお馴染みなので、名前を聞いたことがある方もいるはず。台北・台湾を拠点とする彼は、いつもその素晴らしい作品で非凡な才能を証明してきました。ccwuのような才能溢れる写真家とNew Russar+ Lensが出会うと、どんな素晴らしい化学反応が起こるのでしょうか?覗いてみちゃいましょう!

    2017-03-16
  • 【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    2017-03-21 #tutorials #ビデオ lomographymagazine の記事
    【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    フィルムを自分でスキャンすると色んな利点があるってご存知ですか?毎回のデータ化のコストもかからないし、現像所では取り扱ってくれないフォーマットのフィルムもスキャンできちゃいます。フィルムスキャンにまだ挑戦したことの無い方のためにスキャナ選びの注意点と便利なツールをご紹介!

    2017-03-21
  • David Scard:Diana F+で写すプリピチャ、チェルノブイリ

    2017-03-07 #people lomographysoholondon の記事
    David Scard:Diana F+で写すプリピチャ、チェルノブイリ

    熱心なフォトグラファーでありアナログ愛好家であるDavid Scardは、プリピチャ、チェルノブイリへの旅行にDiana F+を連れていきました。Davidは悲惨な歴史によって有名な街を、美しくも忘れがたい風景に収めました。その貴重な体験について伺ったインタビューとともにご覧ください!

    2017-03-07