三脚を立てたままLC-A+のMX(多重露光)スイッチを操作する方法

LC-A+を三脚に取り付けると、カメラの底の部分と三脚の設置部分が固定されるため、多重露光用のMXスイッチを操作するのが難しくなります。なので、三脚を用いた多重露光がしたい場合は撮影ごとに三脚から取り外す必要があり少し面倒でした。そこで、それを解決する方法をいくつか考えてみましたのでご紹介します。ちょっと強引な方法もあるので誰にでもできるものではないのですが、機会(そして機械)があったらトライしてみてください♪

photo by hodachrome

長時間露光は、夜などの暗い場面で三脚等を使ってスローシャッターを切って撮影するというものですが、ロモグラフィーの世界では、そこに多重露光を用いて作品作りをする人もいると思います。(私の好きな撮り方の一つです)

しかし、 LC-A+ でトライする場合にはひとつ問題点がありました。それは、MXスイッチを操作する際、毎回三脚からカメラを取り外さなければならないということでした。つまり、LC-A+を三脚にセットすると、カメラの底部と三脚の上部(クイックシュー等)とがぴったり固定されてしまい、カメラ底部にあるMXスイッチに触れることができなくなってしまうのです。そのため、MXスイッチを操作するには、いったん三脚から(そしてクイックシューを)取り外して行う必要がありました。

これは面倒だと常々思っていたのですが、さしたる対処方法も浮かばないまま夜の多重露光などを行っていました。

そこで私は以下の方法を思いつきました。

方法①(難易度:高め) クイックシューに穴を開ける

一つ目の方法は、「カメラに取り付ける三脚のパーツ(クイックシュー)に穴を開けてしまえ!」というやや強引な方法です。これを行うことで、カメラにクイックシューを取り付けたままMXスイッチをスライドさせることができます(三脚の雲台からはいったん外す必要があります)。これができれば夜の多重露光でも負担と時間が大いに軽減できて撮影が楽になるというわけです。

ということで穴を開けてみたものが下の画像です。三脚のクイックシューに穴が開いているのがわかりますよね。もちろん、クイックシューは分厚い金属製なのでそんじょそこらの機械で簡単に開くようなものではありません。そこで、特殊な工具を使って開けました。(正確には友人に頼んで開けてもらいました)

穴を開けたクイックシュー

そして、それをLC-A+に取り付け、さらに三脚の雲台にセットします(下の写真参照)。

カメラに取り付け、三脚にセットします

一回シャッターを切ったら三脚の台座からクイックシューの付いたカメラを外して、ピンセットのような細いものでMXスイッチをスライドさせ、また三脚にセットします。これで二回目の撮影ができます。従来の完全に取り外す方法よりも時間は大幅に短縮され、ねじをグリグリ回す手間も省けるので体力的にも相当楽になります。

方法② (難易度:ふつう)ミニ三脚のパーツを外す

二つ目の方法です。こちらはよりシンプルで現実的な方法です。
それは、一般的に市販されている携帯用の「ミニ三脚」を使うというものです。下の写真のように、ミニ三脚にはネジ穴の下に丸い金属のプレートがあります。これはカメラの底部がこのプレートに当たって固定させるためのものです。

ミニ三脚

商品によってちがいますが、この丸いプレートは取り外すことができます。そうするとアラ不思議、MXスイッチへのアクセスが可能となります。
私はミニ三脚を3つ持っていますが、そのうち2つはこの丸いプレートを取り外すことができました。ちゃんとしっかりネジ穴の固定もできていますので安定感も悪くありません。
一回シャッターを切ったら指でMXスイッチをスライドすることも可能です。

丸いプレートを外します
MXスイッチの操作ができます

方法③ (難易度:ある意味かんたん)

三つ目の方法は、ある意味とてもかんたんです。三脚に穴を開けたりパーツを外したりする必要はありません。
それは、以下の写真のようなタイプのクイックシューを使う方法です。これを使えば、カメラにセットしたままでもMXスイッチを操作することができます。

切れ込みがあるタイプのクイックシュー

これは、ネジの部分とプレートの部分が稼動するタイプのもので、ネジが動かせるようにプレートにもともと細長い切れ込みがあるため、細いドライバーのようなものを突っ込めばMXスイッチを動かすことができます。
ただし、このタイプのクイックシューは、やや高価なプロ用三脚に使われている場合が多いのでどれでも使えるものではありません。

固定したままMXスイッチが操作できます

上記三つの方法を使うことで、時間や手間を大幅に減らすことができるようになります。
さらに、これらの方法により、私が個人的に最も期待しているのは、「ゴーストショット」というテクニックがLC-A+で容易になるという点です。
これは、まったく同じ構図で二回撮影して、片一方に人物を入れ、もう一方に入れないことで人物が透けて幽霊のように半透明になるという撮影方法で、ロモグラファーに人気の撮り方の一つです。
(この撮影方法については 人物が透ける!ゴーストショット(GS)の撮り方 をご参照ください)

二つの画像がまったく同じ構図になることが重要なので、上記の方法を使うことで、より正確なゴーストショットを作ることが可能となります。(ただし、上記方法①の場合はいったんクイックシューに固定されたカメラを三脚の台座から取り外すことになりますので、多少の像のぶれが生じる可能性があります)

以上、やや中上級者編ではありますが、三脚を使った多重露光をより楽にできるというTipsでした。

最後に、夜の多重露光のギャラリーをご覧ください。

photo by hodachrome

こちらはゴーストショット(GS)のギャラリーです。

photo by hodachrome

Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2015-04-13 #gear #tutorials #splitzer #tripod #long-exposure #lc-a #multiple-exposure #tipster #doubles #double-exposure #lca #lc-a # # # # hodachrome の記事

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    2018-03-15 hodachrome の記事
    多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    多重露光アーティスト山本穂高氏(@hodachrome)主催による多重露光写真展「 カサナリノセカイ 」が京都で開催中です。コンセプトは「日常ではありえないような夢の世界──。何度でも心に刻んでほしい…」。全国から集まった多重露光好き・フィルム好きがそれぞれの幻想的な多重露光の世界を奏でます。ぜひ足をお運びくださいませ!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    2018-03-22 #gear
    Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    ぐるぐるボケを生み出すアートレンズ Petzval 58 Bokeh Controlで Raymond Chin (@raywychin) が多重露光に挑戦しました。花と被写体が重なることによって生まれた繊細な作品をご覧ください。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    2018-04-09 #places
    アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのMélanie Hubert-Crozet (@melanie_hc) が撮影したドバイでの多重露光ショット。アナログ写真でみるドバイは、私たちがイメージする街とは少しちがっていて何だか不思議。

  • もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    2017-12-31 #culture
    もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    日本のコミュニティーでも被写体として、大人気のネコちゃん。それも日本に限ったことではありません。世界中にはネコちゃん好きがたくさんいます。そんなネコ好きなアーティストがなんとも可愛らしい作品を披露!

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    2017-07-23 #culture
    ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    青は落ち着いた静かな印象を与える色であると同時に、冷たさを表す色でもあります。おそらく青が嫌いだという人は少ないのではないでしょうか?なぜ私たちは青に安らぎを感じるのでしょう?

  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。